• 再婚は大変?再婚で大変なポイントとそれでも結婚する方法を解説
2018年10月12日更新
再婚は大変?再婚で大変なポイントとそれでも結婚する方法を解説

再婚は大変?再婚で大変なポイントとそれでも結婚する方法を解説

再婚された方や、周囲の人から再婚は大変!と聞くことがあります。一体何が大変なのでしょうか。そしてそれでも再婚するのはなぜなのでしょうか。今回はその点についてまとめてみました。これから再婚を考えていらっしゃる方は参考にしてみてください。

やはり再婚は大変?

thinkstock (52770)
Licensed by Getty Images

少なくとも簡単に済ませられるものではありません。なぜなら、初婚同士の結婚よりお互いに慎重にならなければならないことが増えてしまっているからです。

「離婚した背景」や「前の配偶者との間の子供の有無」など、生活を一緒にするにあたり一緒に抱えなければ行けない項目が…多かれ少なかれ存在するからです。

再婚で大変なことは何か

thinkstock (52766)
Licensed by Getty Images

「周りからの理解」になります。再婚を決めるのは当人同士であり、「本人たちが納得して同意をしているのであれば問題なんてない」と思われる方も多いでしょう。

しかし、人間社会は1人で成り立っているものではありませんので、そう簡単に済む話ではないのです。

これまでの人生を支えてくれていた親・兄弟・親戚・友人と、心配をする身内たちから何かと反対の声を聞かせられるはず。周囲の人に理解してもらうこと、これが最も大変であり面倒なことになりますね。

再婚そのもので大変なこと

thinkstock (52772)
Licensed by Getty Images

①何かと偏見の目でみられる

「2回目だって」、「前の結婚を失敗した理由は何だろう」…等、周囲の心無い好奇の視線を目の当たりにする覚悟が必要です。何も悪いことはしていないはずなのに、後ろ指を指される感覚が拭えないのが現実です。

人は他人の不幸や噂が大好きな生き物が多いので、事あるごとに再婚者であることに対して偏見を持たれることがあるでしょう。

②結婚に不向き、わがままと思われる

その昔…結婚は「耐えること」を美徳としていた日本の風習の名残のせいか、日本人は離婚に対して「我慢が足りない」と判断する人は少なくありません。

そのため、離婚をする人は身勝手でわがままな人間と思われがち。「結婚が向いていない」なんて言葉をかけられることもあるでしょう。

相手に非があって離婚していたとしても、離婚したのであれば結果的にはどちらも同じ「忍耐不足」とレッテルを貼られてしまうこともあるでしょう。

③無意識に前の結婚と比較してしまう

「比べるつもりはない」と頭では思っていても、日常生活のささいなことでも無意識のうちに前の結婚生活と比べてしまうケースはよくある話です。

前の結婚を「なかったこと」にはできないのですから、いきなり記憶から消すこともできないものです。

「せっかく再婚して幸せな家庭を手に入れようとしているのに、前の結婚を思い出してしまうなんて」と、自己嫌悪に陥ってしまう方も少なくありません。この問題を解決するには時間が必要です。

子供がいるために大変なこと

gettyimages (52773)
Licensed by Getty Images

親の再婚は子供にとって心を激しく揺さぶられるような大きな衝撃になることが多いです。友人の目も気になる年頃になっている場合には周囲に「親が再婚した」と知られることへの恥ずかしさもでてくるでしょう。

子供の人生そのものを大きく変えるきっかけとなりますので、ナイーブな子供優先にことを進めなければいけません。

①子供が再婚相手になつかない、または再婚相手が子供をきらう

子連れでの再婚を希望している中、再婚したいと思った相手が子供嫌いの場合は大変な問題になりますね。結果的に再婚相手を取るか子供を取るか…の選択を迫られるのですから。

「親であれば子どもを取るのは当たり前」なのですが、中には再婚相手を選ぶ人もいるでしょう。

また再婚相手が子供好きであっても、子供当人が再婚相手になつかない場合も…同様の選択をしなければいけなくなりますね。「子供に我慢をさせる」ことも、結論としては「再婚相手を選んだ」ということになります。

②子供のしつけ方針が再婚相手と違う

教育方針の違い…これは由々しき問題です。教育方針は両親同じ環境にしないと、子供の心が情緒不安定になるからです。

両親ともに「言うことが違う」「求めることが違う」「怒るポイントが違う」という状況になると、子供は何が正しくて何をすればよいのかの判断が付かなくなるからです。

教育方針に違いがあるのであれば、お互いに妥協点を見つけあう必要がありますね。どうしても教育方針が異なり、話も平行線になるような相手であれば、再婚しても幸せな結婚生活には手が届かない可能性の方が高くなるでしょう。

③養育費が生活費に影響する場合がある

結婚相手に離婚歴があって子供がいた場合、その子供を引き取っているとは限りません。別れた配偶者が引き取り、養育費を支払っている可能性もあります。

子連れ結婚では血の繋がらない子供を一緒に育てていく大変さもありますが、養育費を支払っている場合には、再婚後の2人の結婚生活の金銭面に大きな打撃が出てしまうでしょう。

せっかく新しいスタートになるにも関わらず、いきなり節約生活を強いられることも珍しい話ではありません。

大変と思っても再婚をする理由 5選

thinkstock (52774)
Licensed by Getty Images

困難があることは承知の上で再婚に踏み切る場合、その先にはその困難を代償にしてもよいと思えるくらいの対価があるものです。

自分の今後の人生において、再婚することでメリットが得られるのであれば再婚に踏み切る決断の材料になるでしょう。

①生活に安らぎを見いだせる

結婚しなくとも人生を謳歌している人はいます。仕事に没頭したり、趣味に生きたり、結婚以外にも人生を彩ることはたくさんあるからです。

ただ、人生に「安らぎ」を与えてくれるのは親しい人や家庭になります。

自分を支えてくれるパートナーがいる、自分と人生を共にしてくれる結婚相手がいることで、疲れたときや悲しいとき、もたれかかれる安らぎがあることは本当に幸せなことでしょう。

②孤独感から解放される

1人での生活は気楽です。プライベートは自分だけの判断で過ごすことが出来ますし、誰にも気兼ねない休日を満喫することができるでしょう。しかし、日常のふとしたときに…急に寂しさを感じることもあるはず。

1人でいる時間が長くなればなるほど寂しさを感じる時間も増えていき、孤独感に苛まされることもあるでしょう。

誰か側にいてくれる、ただそれだけで真っ暗で冷たく感じる孤独感から救い出されることもあります。

③経済的安定を求められる

家計は、1人の収入より2人の収入の方が経済的に安定することは間違いありません。1人だと何かと心細いもの。何かあったときの余力も自信がないでしょうし、今後の人生においても不安しか見えないこともあるでしょう。

そこに自分と同じ、もしくは自分以上の収入を持ってきてくれる伴侶がいれば、不安が和らぐだけではなくより豊かな人生を求めることもできるようになります。

④子供に父親ができる

子供に親は必要です。もちろん、できることなら両親揃っている方が精神的にも経済的にも安定した生活を与えてあげることができるでしょう。そのため、再婚時に父親ができるメリットも大きなものになるはずです。

毎日ケンカをしていたり、精神的・肉体的な暴力がある家庭であれば、無理に一緒にいる方が子供にとって悪影響です。

離婚後、子供を抱えたまま再婚をするにあたり…良い縁に巡り合えれば、子供にとっても父親ができる幸せが待っているでしょう。

⑤老後が安心

近年では老人の孤独死が多く取り上げられています。年金もどんどん減らされ、人生最後のときを貧困と孤独で迎える人も増えている、そんな悲しい現実があります。

配偶者がいないとなるとその確率はぐんと高くなってしまうことから、老後、1人にならないように離婚後も再婚を考える方は少なくありません。

もちろん人の寿命は分からないので先に逝かれてしまうこともありますが、少なくとも1人の老後を味わう時間は少なくなるはずです。

再婚は大変?再婚で大変なポイントとそれでも結婚する方法を解説のまとめ

thinkstock (52776)
Licensed by Getty Images

大変です。その大変なポイントは「周囲の目」と「やり直す結婚生活の難しさ」になります。しかし、このようなデメリットを抱えてでも再婚するメリットには「1人では決して得られない安心感」があります。精神的にも金銭的にも。

時間がかかったとしても周囲に対しては誠実に真摯に向き合い、比べてしまいがちな前の結婚生活を…比較するのではなく参考にする心がけをすることで、少しずつ幸せな再婚生活を得られるようになるでしょう。

ライター アイコン ライター情報
はじめまして、アモーレではアナタの結婚を応援します。
バツイチさんが再婚するのにオススメな結婚相談所とは?
結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
地域の結婚相談所を探す
結婚相談所紹介バナー
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.