2018年10月12日更新
弁理士が結婚できない理由と解決策のまとめ

弁理士が結婚できない理由と解決策のまとめ

弁理士が結婚できないデータがあることを皆さんはご存知ですか? 年収も良く、高スペックと呼ばれる弁理士がなぜ結婚率が低いのか。 今回は、その理由と解決策についてまとめていきます!

「特許」「実用新案」「意匠」「商標」といった知的財産のことについてを専門としており、それに関する法律や専門知識を生かして仕事をする人のことをいいます。

国家資格である弁理士の資格を得るには、司法試験に次いで難易度が高いと言われている弁理士試験に受からなければならず、特許事務所に見習いとして勤務しながら専門学校やスクールに通い、何年もかけて合格を目指す人も少なくありません。

そんな、弁理士の結婚率が低い原因とはどういったところにあるのでしょうか。

そこで今回は、弁理士の結婚率低い理油と正しい婚活方法についてまとめていきます!

thinkstock (17107)
Licensed by Getty Images

なぜ弁理士の結婚率は低いのか

①理想を高く持ってしまう

高スペックというところが裏目に出て、今までに付き合っていた彼女の良いところを総集めした人を追い求めてしまうい、とても理想が高い女性を追い求めてしまうことが多いようです。

つまり、弁理士という仕事をこなしながら、自分に見合うようなハイステータスな女性と知り合うというのはなかなか難しく、その結果、なかなか結婚できないという結果になっています。

②出会いの幅が狭い

弁理士試験の難易度、合格率 | 弁理士の仕事、なるには、給料、資格 | 職業情報サイトCareer Garden (17095)

これは、弁理士試験を合格した男女比の割合になっています。

これを見てわかるように、男女比としては男性:79.6%、女性20.4%という比率になっており、男性の方が圧倒的に多い結果担っていることがわかりますね。

しかし、実は事務所によっては単純作業の仕事にパートの女性を雇うことがあり、男女比がさほど変わらないところもあります。

そのため、表面的な男女比が問題ではないといえます。

実情としては、既婚の女性がパートで入ることが多いため結婚に結びつかないというものがあるようです。

③業務が多忙である

弁理士は基本的に、特許出願などの仕事を行っています。

特許出願などでは、できるだけ早めに出願できるようにすることが仕事なため、忙しいときには土日の休みを返上して仕事をします。

そのため、急な仕事が入るときの忙しさから結婚ができないという状況になっているという可能性が考えられます。

istockphoto (17109)
Licensed by Getty Images

弁理士と結婚する魅力

①経済的な安定

弁理士の年収は、勤務先や経験、勤続年数で相当な差がでます。
弁理士の年収の水準は、約700万円程度といわれています。

勤務先は、特許事務所、一般企業がメインとなります。
一般企業だと弁理士の資格をもっていても資格手当てとして特別報酬が約5万~10万ほどつくようで、弁理士だからといって年収はあまり変わらないようです。
特許事務所では、特許の実務経験者だと年収も優遇されるようで、年収約800万円ぐらいが妥当といわれてます。

弁理士はとても高水準な収入を得ています。

弁理士の平均年収で700万円、特許事務所の特許の実務経験者だと平均800万円とその高さがわかります。

そのため、この不況が続く中で経済的に十分な安定が得られるということは結婚するにあたっておおきな魅力であると言えます。

②堅実なイメージ

弁理士は知的財産権に関する知識を持ち、企業だけでなく個人の特許対策まで行うという職業柄、「管理をきちんとしていそう。」というイメージがあり、それが派生して、真面目な人、堅実な人、几帳面な人という印象を持たれています。

スポーツ選手や外資系のサラリーマンに見られることですが、多くの年収をもらっているものの飲み代などに多く使ってしまい、結局手元に残るのは一般の人と変わらないかむしろ少ない、といった事態を起こす心配がありません。

老後を考えても、計画的に節税しながらコツコツと人生設計をした上で共に歩んでいけるイメージを持たれていることは弁理士の強みと言えます。

istockphoto (17125)
Licensed by Getty Images

出会いがない弁理士は?

出会いに積極的になりましょう

出会いがない場合は、出会いを見つけていくことしか方法はありません。出会いは望んで待っていても、なかなかやってこないのです。そこで、婚活パーティーに参加をしてみるだったり、結婚相談所の無料カウンセリングに行ってみるなど、実際に行動に写してみることが大切です。

出会いがないと嘆く時間に、何ができるか考えてみましょう。モチベーションが高い今が婚活の始め時なのです。

弁理士に適した婚活方法

結婚相談所の利用をオススメします!

高水準の給料をもらい、社会的な地位がある弁理士ですが、仕事が忙しく、デートをする時間や婚活をする時間の余裕がなかったりすると考えられます。

そこでAMOOREでは、弁理士の方が忙しい合間を縫って婚活する手段として、結婚相談所を活用することをお勧めします。

結婚相談所とは、独身の男女のみが入会できる場所となっています。

全国で約60万人以上の方が入会しており、幅広い職業の方が結婚に向けて活動をしています

では、弁理士になぜ結婚相談所が適しているポイントを見ていきましょう。

なぜ弁理士に結婚相談所が適しているのか

①ステータスを生かした婚活ができる

結婚相談所の女性にとって男性の年収は大きな判断材料になっています。というかもはや職業とならび、第一条件とすら言われています。

前にも述べた通り、年収の高い弁理士はこの点からも有利であると言えます。

合コンに来ている女性たちは容姿を重視する一方で、真剣に結婚に向けて動いている結婚相談所の女性は将来のことも考え、年収に目を向けていることがこの要因となっています。

②理想の異性と出会う可能性高まる

弁理士の方は、先ほど理想が高いことをお知らせしました。

しかし、結婚相談所にはあなたの希望を叶える仕組みがあるのです。

結婚相談所では、あなたの希望条件をもとにお相手を紹介してくれます。

地域、年齢、年収、職業、学歴、身長、体重、顔写真、婚姻歴、子どもについて、などさまざまな希望を設定することができるため、あなた好みの相手と出会える可能性が非常に高いです。

さらに、大勢の会員さんから紹介できるシステムがあるので、理想のお相手に出会える可能性が高まるのです。

gettyimages (17134)
Licensed by Getty Images
ライター アイコン ライター情報
はじめまして、今回の記事を担当している「アモーレ編集部」です。婚活は全員が初心者、期待と不安が錯綜する業界だからこそ「婚活のはじめてを支える」を理念に掲げ、記事を書いています。「自分にはどの婚活サービスが向いているか」分からない方のために婚活相談窓口をご用意しています。詳しくはこちらをご覧ください。
結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
地域の結婚相談所を探す
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.