2018年4月25日更新
【現役カウンセラーが解説】結婚相談所のメリットとデメリット

【現役カウンセラーが解説】結婚相談所のメリットとデメリット

結婚相談所ってどんなところ?使ってみたいけどイマイチよくわからない...。今回はこのような声にこたえるため、現役で結婚相談所のカウンセラーをしている方に結婚相談所のメリットとデメリットについて解説していただきました。ぜひご覧ください。

はじめに

thinkstock (38880)

Licensed by Getty Images

結婚相談所を運営していると「結婚したいけれど出会いがない!」と悩まれている方のご相談を受ける事が時々あります。

その時のご相談者の年齢や状況によっておすすめする婚活方法は大きく異なります。

実際に既婚者にパートナーと出会った経緯を調べた結果によると、多くは社内恋愛や取引先を含めた会社関係で、次いで学生時代からお付き合いしていた方や友人の紹介が多いようです。

また、スマホが普及した現代では出会い系アプリや、SNSで知り合って結婚される方も徐々に増えてきています。

では、会社関係には結婚に繋がりそうな方もいらっしゃらず、友人にも頼める方がいない、SNSや出会い系アプリでは不安、そんな方が結婚相手を見つけるにはどうしたらいいでしょうか?

一つの選択肢として、結婚相談所に入会してみるということする方法が挙げられます。あります。

しかしながら『結婚相談所』という名前は知っていても、その中身や本当のところがわかりにくく敷居が高いと感じている方は多いと思います。

そこで今回は、結婚相談所をあまり知らないという方に向けて、結婚相談所のメリットとデメリットを現役カウンセラーの立場から、赤裸々に書かせていただきます。

結婚相談所のメリット

結婚相談所を利用するメリットとして以下の4つが挙げられます。

・最短で結婚に真剣な方に出会える

・最初からお相手の趣味や家族構成がわかる

・トラブルが少ない

・婚活の悩みを相談できるカウンセラーがいる

それでは以下でそれぞれについて確認していきましょう。

①最短で結婚に真剣な方に出会える

thinkstock (38886)

Licensed by Getty Images

年収や公的書類を提出してまで入会しようとするので、結婚に真剣な方に効率よく会えるという事は最大のメリットです。

合コンやパーティーの様に、人数合わせで参加している人がいたり、恋人は欲しいが結婚願望はない方がいたりという真剣度の面では心配がありません。

②最初からお相手の趣味や家族構成がわかる

thinkstock (38889)

Licensed by Getty Images

婚活アプリでも趣味の欄はあるかもしれませんが、相談所では、家族構成や年齢、同居や別居、宗教、持病など細かな情報が最初からわかっているので安心感に繋がります。

また、趣味や自己PRの欄などは実際にお会いした時の会話のネタにもなるので、お会いした時の会話に困ることは少ないです。

③トラブルが少ない

thinkstock (38892)

Licensed by Getty Images

結婚相談所での交際は、スタートする時も終了する時も必ずカウンセラーが間に入ります。

お断りする時は直接お相手に伝えるのではなく、カウンセラーからお相手のカウンセラーに伝えます。

交際が終了したにもにも関わらずメールやlineを送る事も許されません。

面倒なトラブルに悩む事やお相手と揉めることによる精神的ダメージは一般の交際に比べて極端に少ないと言えます。

④婚活の悩みを相談できるカウンセラーがいる

gettyimages (38895)

Licensed by Getty Images

たくさんの人と出会う事ができる反面、お断りしたりお断りされたり、婚活中どうしていいかわからず悩んでしまう方もたくさんいらっしゃいます。

そんな時に第三者の客観的な視点を持った経験豊富なプロのアドバイスが受けることができるのは、大切な結婚相手を探す時には強い味方になります。

結婚相談所のデメリット

結婚相談所のデメリットは以下の4つになります。

・費用がかかる

・入会までのハードルが高い

・ルールがあり、従わなくてはならない

・非正規社員や収入が低い男性は土俵にも上がれない

それではメリット同様、以下でそれぞれについて確認していきましょう。

①費用がかかる

thinkstock (38900)

Licensed by Getty Images

はっきり言ってしまうと、結婚相談所で一番ネックな部分は料金です。

婚活サービスの中で最も高く、半年活動して成婚した場合でも30~50万くらいはかかってしまいます。

しかしながら、婚活サービスの中で結婚相談所は唯一カウンセラーという第三者のサポートを出会いから成婚まで受けることができるサービスであることを考えると、この料金はある意味最短ルートでの結婚のための必要経費とも考えることができます。

また、「結婚相談所の料金は高くて利用しにくい」といわれる原因の一つに初期費用が高いということが挙げられます。

理由の多くは20~30万円の「成婚料」と呼ばれる成婚時に発生する成果報酬が初期費用にはじめから組み込まれており、10万円をこえるような初期費用になってしまっている相談所であるというパターンがほとんどなのですが、実際はすべての相談所がそういうわけではありません。

実際「成婚料」がしっかりと成果に基づいて(=結婚したときに)発生し、初期費用が安い成果報酬型の結婚相談所というのもあります。

私の場合、結婚相談所は初期費用は安価に設定して成婚という成果が出てから料金をいただく、成果報酬型の結婚相談所の方が理想だと考えているので、リスクが低く婚活を始められる成果報酬型の結婚相談所の利用をおすすめしています。

もし、結婚相談所で婚活をはじめようと思っている方は、決して安いとはいえない料金を払ってまで本当に結婚したいのかを確認するとともに、入会を検討している相談所が料金に見合ったサービスを提供してくれそうかどうか、「成婚料」はあらかじめ初期費用に組み込まれているのか、成果報酬型なのかを必ず確認しておきましょう。

結婚相談所のデメリット②入会までのハードルが高い

thinkstock (38903)

Licensed by Getty Images

入会のための必要書類(住民票、独身証明書、卒業証明書、国家資格証明書など)を取り揃えたり、写真撮影、面談など、忙しい方にとっては何度も足を運ぶのは、大変と感じるかもしれません。

結婚相談所のデメリット③ルールがあり、従わなくてはならない

thinkstock (38906)

Licensed by Getty Images

結婚相談所では、成婚退会するまでは旅行や婚前交渉は禁止のところが多いです。

多くの結婚相談所では、交際期間中に違反が発覚したら、すぐに成婚退会料を払って退会しなくてはなりません。

このルールは結婚相談所ならではのルールとなっており、遵守するのにストレスを感じてしまう方もいるようです。

ルール上はそう決められていますが、実際は男女間の事なので密かに旅行に行ったり、婚前交渉してしまうカップルもいます。

そのままきれいに成婚となればよいのですが、その後成婚に至らず女性側が傷つくケースも数多く見られました。

このようなトラブルを未然に防ぐ為のルールという側面があるので、面倒くさいと思ってしまうかもしれませんが、安全に双方婚活をするためこちらのルールを遵守してもらいたいと思っています。

④非正規社員や収入が低い男性には向いていない

thinkstock (38909)

Licensed by Getty Images

厳しい事を書いて申し訳ありませんが、正直に申し上げますと、結婚相談所に登録してる男性のほとんどは正社員です。

非正規社員の方や年収が極端に低い方は残念ながら結婚相談所での婚活は非常に難しいです。

しかし、そのような方は趣味のサークルや、パーティーなどお人柄が発揮できる所で婚活をすれば素敵な方に出会うかもしれません。

積極的に未婚の方が集まるいろいろな場所に足を運んでみてください。

結婚相談所はこんな人におすすめ

thinkstock (38912)

Licensed by Getty Images

結婚相談所は本気で結婚したい人が集まって、それをサポートする人が後押しするところです。

20代前半なら合コンや紹介やパーティーなどの選択肢もありますが、結婚したいと本気で思っているなら婚活サービスの中で最もはやく成婚できると考えられている結婚相談所がおすすめです。

初期費用は、他のサービスより高めですが、効果も高いのは立証済みです。

最近は若い女性の登録も増え、最後の砦と考えて入会される方との年齢差も開いてきています。

早く結婚して、その後キャリアを積むという合理的で、柔軟な考えも結婚には大切です。

男性も、女性が望む年齢差は3歳くらいであることを認識してください。

40代後半になって、出産可能な30代女性と結婚したい望む場合は余程、年収が高い場合でないと難しいです。

男性も少なくとも30代で婚活を始めたほうが、グッと成婚に近づきます。

終わりに

thinkstock (38913)

Licensed by Getty Images

これまでメリットとデメリットを書いてきましたが、結婚相談所は、合う合わないがはっきりしている所だと思います。

禁止事項になじめなかったり、いちいち交際の進捗状況を報告するのを面倒に感じたり、カウンセラーと相性が悪かったり、感じ方は人それぞれです。

ただ、「入りたい」と思った時には、婚活の状況が厳しくなっていることもあります。

「あと数年早く動き出していれば婚活もスムーズにいったのに…。」

と思われる方はたくさんいらっしゃいます。

年齢が高くなればなるほど、妥協や諦めなくてはならない事が増えてきます。

ネット上の情報だけでなく、実際に足を運んで情報収集して後悔しない婚活を進めてください。

結婚相談所は忙しい現代人にとって、自分が寝ている間に婚活を進めてくれて、面倒な後処理もしてくれるサポーターが伴走してくれる様なもの。

古いと感じていた結婚相談所かもしれませんが、思っている以上に進化していて忙しい方の強い味方ですよ。

ライター情報

はじめまして。マリッジナビの石田由美です。

昔から人と人を繋ぐのが大好きで、仲人は自他共に認める天職です。

お世話好きですが、おせっかいは好きではありません。

婚活がスムーズにいかずに人知れず悩んでる方のサポーターになり、一緒に進んでいきたいと思っています。

さあ、「楽しい婚活」始めませんか♪

【資格】
内閣総理大臣認証 NPO認定 心理カウンセラー
社会科教員免許
宅地建物取引士
管理業務主任者
ファイナンシャルプランナー
秘書検定2級
実用英語検定2級
普通自動車免許
大型自動二輪免許

結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
地域の結婚相談所を探す
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.