2018年12月9日更新
結婚相談所で入会拒否された!入会審査・入会資格でよくある9項目から解説!

結婚相談所で入会拒否された!入会審査・入会資格でよくある9項目から解説!

結婚相談所の入会で入会拒否されることはあるのです。そうなると、自分が入会拒否されずに受け入れてもらえるかどうか心配ですよね。どのような場合に拒否されてしまうのか、入会審査・入会資格はどうなっているのか、詳しくまとめました!

この記事では下記項目に関して書いています。
・入会拒否される理由
・入会審査・入会資格でよくある9項目
・特殊な入会条件
・入会基準が緩い婚活サービス
・年収が低くて断わられた場合

入会拒否があるって本当?

実は本当にあるのです

結婚への最短ルートが結婚相談所の入会と言われるくらい、結婚相談所の需要が高まっている現在ですが、入会したいと思っても入会拒否されてしまう場合があることを皆さんはご存知でしょうか。

入会拒否の理由や入会に関すること、年収が低くて断わられた場合はもうダメなのかなどについて、これから詳しく説明していきます!

入会拒否は本人のため

結婚相談所は入会審査というものを設けています。

入会審査では、本人の年齢、年収、学歴、独身であることを書類で確認します。

さらに、相談所のスタッフと面談をすることによって、本人の印象、人柄を確認します。

相談所がわざわざこれらの手続きを踏むのには理由があります。

それは、会員本人が幸せな結婚をすることが、結婚相談所の役目であり責任でもあるからです。

その方を結婚に導く自信がない場合は、残念ではありますが本人のために入会をお断りする場合があるのです。

どんな場合に入会拒否されてしまうの?

その方を結婚に導くことが難しいと判断する根拠がある場合

結婚相談所によって入会審査の過程、必要書類、審査基準は異なっており、入会拒否に一律の基準があるわけではありません。

入会拒否の根拠は本人には伝えないのが一般的ではありますが、断られる方は、相談所にとって「本人を結婚に導く責務」を果たせるか不安に思う根拠があったのだと思ってください。

結婚相談所の入会拒否
結婚相談所の入会拒否
入会拒否に相談所統一の基準はないが、その方を結婚に導くことが困難な根拠がある場合に行われる
Licensed by Getty Images

入会審査・入会資格でよくある9項目

【入会審査・入会資格でよくある9項目】
①心身ともに健康である
②年齢の条件を満たしている
③定職を持ち、収入条件を満たしている
④結婚願望がある
⑤最終学歴の条件を満たしている
⑥理想が高すぎない
⑦独身であること
⑧マナーや一般常識がある
⑨反社会的勢力でないこと

①心身ともに健康である

多くの結婚相談所では入会条件に、心身ともに健康であることの記載があります。

これは心身ともに健康でない場合、その方の結婚活動をサポートしきれない可能性があるためです。

その場合、お客様本人にご迷惑をかけてしまうことに繋がるので、入会をお断りせざるを得ません。

②年齢の条件を満たしている

年齢に関しては、18歳以上の結婚相談所もあります。

しかし、一般的には20歳以上の方だけと言う条件を提示している結婚相談所が多数です。

また、中には年齢に上限を設けている結婚相談所もあります。

ですが、そんな結婚相談所は少数なので若くないから登録できないということは、ほぼありません。

なぜなら、年齢だけでは成婚の可能性を測ることはできないからです。

そのため年収、性格などの全ての要素を鑑みて、総合的にその方の見立てをし、判断します。

大手なら、中高年限定のプランも用意されているので心配はありません。

下記はシニア限定の結婚相談所です。

楽天オーネットスーペリア
楽天オーネットスーペリア
  • 女性45歳以上男性50歳以上に特化した大人世代向け結婚相談所。スーペリア専門の無料相談もあるので、下記より申し込んでみましょう!
公式サイトへanalytics

③定職を持ち、収入条件を満たしている

結婚相談所の入会資格として一般的なものの1つとして定職の有無が条件な場合もあります。

特に女性側は、結婚に対して何よりも生活の安定を重視します。

また結婚相談所も、定職に就いている人の方が会費などの支払いが滞る確率が低いと判断します。

多くの結婚相談所は正社員じゃなくても入会可能です。

収入条件を満たしてさえいれば、派遣・アルバイトも入会できます。

ですが、株で儲けている方や、フリーランスの場合は結婚相談所に入会できないことも少なくありません。

何故なら、結婚相談所は収入よりも定職があるかを見ているからです。

男性は定職についていないと断られる確率が高いですが、女性は無職やパートでも入会できる場合が多いです。

④結婚願望がある

結婚願望が弱い方は入会に適さないのが結婚相談所です。

もっと言えば、結婚相談所というサービスは、早く結婚したいと希望する人しか受け入れない仕組みになっています。

それは、会員さんの貴重な時間を無駄にしないための配慮でもあります。

これにより結婚に真剣な人しか入会できないため、会員の質は保障され、最適な婚活サービスが提供できるのです。

結婚相談所の高い料金を払うというのに、結婚願望が弱いの!?と思うかもしませんが、親が無理やり入会させたなどの場合が多いです。

ライター アイコン ライター情報

アモーレメディアを立ち上げた張本人であり、過去に結婚相談所の運営に携わり集客の難しさや婚活サービスとユーザーのミスマッチに課題感を持ち、日本の結婚後の生活や婚活事情に対して大学でも専門的に学び、常に新しい情報をリサーチしています。

明治大学出身、「21世紀の家族構成」について専門的に学ぶ


・結婚相談所の集客に携わり、現場の声や結婚相談所の情報の不透明さ・発信方法に課題を持ち婚活情報メディア「アモーレ」を立ち上げる。

結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
地域の結婚相談所を探す
結婚相談所紹介バナー
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.