2018年5月21日更新
これから結婚ラッシュの25歳!自分も結婚したい!

これから結婚ラッシュの25歳!自分も結婚したい!

そろそろ結婚ラッシュのはじまる25歳。結婚したいと思い始める頃ではないでしょうか。でも結婚するにも何をしたらいいかわからないし、どうやって結婚相手を見付けるべきかもわからないもの。そんな疑問を解決すべく、この記事ではそれらの方法をご紹介します。

25歳、そろそろ結婚したい!

thinkstock (55650)
Licensed by Getty Images

25歳に近づくと、その先にある「30歳」の大きな壁が見え始める頃です。まだまだ20代の半分ですが、結婚を意識する人が増えることから周りでは結婚ラッシュが始まる時期でもあります。

独身の自由さと結婚することで得られる安心を天秤にかけた結果、安心感の方を求める人が多いからでしょう。

具体的な行動はしていなくとも、「30歳になるまでに結婚して、子供を作って、家を買いたい」という漠然とした願望を持っている人は少なくありません。

将来を見据えて「25歳でそろそろ結婚したい」と明確な意思が出たときは、出遅れないよう…さっそく婚活を始めていきましょう!

25歳を過ぎると一気に周りが結婚し始める

                                   
  20~24歳 25~29歳 30~34歳35~39歳
平成5年 52.07% 72.61% 16.72%3.35%
平成10年 44.88% 66.16% 19.62%4.50%
平成15年 36.24% 60.82% 23.29%6.28%
平成20年 33.41% 61.84% 27.71%8.74%
平成25年 27.86% 59.41% 29.76%11.04%
平成28年 25.55% 57.98% 28.07%11.17%

25歳、四捨五入では30歳に繰り上げられますが、世間的な感覚であれば「ギリ20代前半」です。「若い」と分類される最後の年にもなります。

1歳しか違わないはずの25歳と26歳。しかし、その1歳の差で一気に20代後半に分類され…「若め」ではあってもすんなり「若い」と思われることが少なくなっていきます。

そのため、25歳までに結婚に繋がる出会いを探すことが、有意な結婚相手を探せる確率を高くさせることになります。

25歳までに出会いのあった人たちがそのまま結婚へ進むため、25歳を過ぎたあたりから一気に結婚率が上がっていくことは…統計結果が証明しているでしょう。

結婚するには今がオススメ!

thinkstock (55648)
Licensed by Getty Images

一般的に「結婚適齢期」とされているのが25歳です。学業が終わり社会に出て数年経過したフレッシュな時期。

しっかりとした人生設計を考えられる時期でもあり、その設計を実現させるスタートにも良い条件が整っている時期でもあるでしょう。

異性も結婚相手を探している人が多いので結婚しやすい

「結婚したい」と思う年齢は男女ともに同じ時期が最も多いので、その時期での婚活の成功率は高くなります。恋人探し…ではなく、結婚相手を探している人も多くなるため、出会いがあれば結婚までとんとんと話が進んでいくこともよくある話です。

年齢が上がることで既婚者が多くなり、結婚相手探しも難しくなり始めます。「素敵だな…」と思う人のほとんどが家庭を持っている現状を目の当たりにするでしょう。結婚適齢期の今こそ、結婚しやすい時期です。

経済的に安定する

20代は勢力溢れるイキイキとした時代ですが、まだ仕事の収入は少ないものです。1人暮らしをしているだけでもお金のやりくりは大変でしょう。将来に向けての貯金をしながらとなれば、なおさらのこと。

若いうちに結婚をすることで収入は単純計算で2倍になることから、経済的に安定するという大きなメリットを得られます。1人あたりの家賃も安くなるだけでも助かるはず。

貯金もしやすい環境になるため、子どもにかかるお金や家を買う頭金を貯めるなどの…将来的な計画も立てやすくなります。

家事などの負担を分担できる

独身時代は実家住まい以外、自分のことはすべて自分でしなければいけません。仕事を頑張る…だけでは生活が成り立たないため、仕事で疲れて帰って来た後も…洗濯や掃除が必要になってきます。休日も同様です。

また、毎日外食ばかりするゆとりもないので、料理もしなければいけません。その後の片づけもです。「生活」において、しなければいけないことが盛りだくさんです。

結婚して一緒に生活をする相手ができれば…この「家事」の負担を軽減させることができるでしょう。お互いに分担を持つことで、双方にメリットが生まれます。

出産のリスクが低い

現代では40代になっても無事に出産をされる高齢出産組が増えてきています。しかし、あくまでもそれはピックアップされたわずかな例にすぎません。

出産には多くのリスクを伴いますが、母体へのリスク、胎児へのリスクは年齢と共に上がることは間違いないのです。

体力があり細胞が若い年代の方が圧倒的にリスクが軽減されることは事実なのです。できるだけ若いうちに出産に望める環境は、お母さんにも赤ちゃんにも大きなメリットになるでしょう。

25歳で結婚するデメリット

thinkstock (55647)
Licensed by Getty Images

結婚を考えるようになった際に、始めに知っておくべきことは結婚をしたときのデメリットです。最初から把握していることで心の準備もできますし、必要に応じて独身時代のうちに対策ができることもあります。

大きな決断をするときにはメリットばかり見るのではなく、必ずデメリットも把握しておくようにしましょう。

自由な時間が減る

まず第一に、「誰かと一緒に生きていく」となる時点で自分だけの時間は軽減します。1日の時間は誰もが同じだけの決められた時間ですが、相手への配慮や気遣いも必要な「2人の時間」も配分に入れなければいけない状況になるのが結婚です。

今までその多くの時間を「自分のためだけ」に使えていた独身時代と違い、相手との時間を優先しなければいけない場合もあるからです。

自由に使える時間がなくなると感じる生活に変わってしまうでしょう。自分の時間が少なくなることでストレスを抱えてしまうこともあるでしょう。

自由にお金をつかいにくくなる

結婚してから得た財産は夫婦の共有となります。…これも大きなデメリットになりますね。結婚することでお財布を統一されるケースが多くなります。また、お財布は夫婦別であったとしても同じだけ家庭に入れなければいけないお金が発生します。

1人で自分の采配で好きに使えていたお金に限りが出てくるようになるでしょう。独身時代に貯めた隠し貯金でもない限り、今までのような買い物ができず、欲しい物が買えない…ことを、何度か経験することになるはずです。

子供ができると、普段の生活や仕事に影響が出ることも

お金、時間、ともに「2人」となることで発生するデメリットがある結婚ですが、さらに子供が増えることで「3人・4人」と、増えた分だけかかる時間とお金が発生します。

夫婦だけでの生活ではまだストレスを感じることもなかった人でも、子供が出来たことで使えるお金も時間もまた大きく軽減されることから…初めてストレスを持ち始めるというケースも少なくありません。

仕事や自分に対して制限がかかってくる中でも家庭がある安心感と、ふと孤独や将来への不安を感じながらも独身時代の自由な生き方と、どちらもメリットがあり、どちらもデメリットがあるものです。

結婚相手を見つける方法

gettyimages (55646)
Licensed by Getty Images

25歳は出会いのチャンスがたくさんあります!しかし、そこには若いからこそ恋愛対象としてだけの出会いが多く紛れています。

「結婚までは考えていない…」と思う相手と付き合うのは、結婚までの道のりが遠くなってしまうでしょう。これから、結婚を前提とした出会いのチャンスを掴むために5つの方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください

職場

生活の中では職場にいる時間が最も多いでしょう。これは、職場の中で出会いがある確率は1日の中で最も多い…ということにも繋がります。結婚適齢期の今は、異性が結婚相手として求めてくれる可能性もあるでしょう。

年の近い相手も既婚者である確率が低い時期なので、さらに結婚相手と出会える可能性が増えてくるはず。自分の職場はもちろんのこと、取引先の人や会社に出入りする人との出会いも重要です。

どこに出会いがあるか分からない環境なので、常にアンテナを張っていることがチャンスを逃さないポイントになるでしょう。

友人の紹介

自分の職場や友人の間だけでは出会いが見つからなかったという場合、友人の繋がりのサポートを受ける方法もあります。職場、元々の友人関係、過去の学校関係など、自分の持っているフィールドの広さには限りがあります。

しかし友人たちはそれぞれ、職場に友人関係など…また違うフィールドを持っています。これは友人が自分では出会えなかった人たちとの繋がりも持っていることになるのです。

友人に新しい繋がりを紹介してもらうことで「出会えなかった出会い」に出会うチャンスが広がるでしょう。

学生時代の友人

学生時代の友人とは学校を卒業することでまったく会う機会がなくなることが多いです。そのため、懐かしさを求めて同窓会をする人も多いでしょう。学生時代の友人は、すでに出会っていた過去の出会いになります。

過去に何も発展しなかったにも関わらず、お互いに社会人になってからの再開で交際スタートとなるケースも珍しい話ではありません。成長した姿に魅力を感じたからでしょう。

過去の友人との再会は、お互いの学生時代を知っている仲だからこそ、初めて出会う人よりも安心感のある「改めての出会い」になります。ここにチャンスがある可能性も十分にあり得るのです。

婚活サイト・アプリ

「どこにも出会いがない」と嘆いている人は…「出会う人が少ない」環境にいる人かもしれません。もし、自分が求める出会いがない現状に悩んでいるのであれば、婚活サイトやアプリを使うことをおススメします。

どうしてもインターネット上での出会いは信憑性に欠けると不安になってしまうこともあるでしょう。確かに、見えない初対面との相手との出会いになるため、その気持ちは分かります。

しかし、SNS時代とも言われる現代社会では婚活サイトやアプリを上手に使うことで、婚活成功を手にした人がたくさんいることも事実です。安心して利用できるおススメサイトをご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

25歳にオススメの婚活サイト・アプリ:Pairs

Pairsanalytics
会員数 月額費
600万人 2,480円~(税込)

会員数600万人。今どんどんと頭角を現している婚活サイトは、Pairs。

多機能な出会いを利用することで理想の相手・価値観の合う相手とマッチングできるので、恋をしたいあなたにオススメのサイトです。

出会い以外にも楽しめるコンテンツが沢山あるので、無料登録から始めてみませんか。

Facebookとの連携で簡単に登録

・豊富な条件検索機能

共通の趣味で繋がれるコミュニティ機能

Pairsanalytics

25歳にオススメの婚活サイト・アプリ:ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結びanalytics
会員数 月額費
約50万人 2592円~(税込)

真剣に結婚を考えたお付き合いを考えている人にオススメなのが、ゼクシィ縁結び。

会員の真剣度は勿論、あなたと合いそうな人の紹介や、デートセッティング代行など婚活アプリの域を超えたサポートをしてくれます。

価値観マッチングにより、あなたに合った人を毎日ご紹介

・場所から時間まで、面倒なデートセッティングをスタッフが代行

まずは無料登録で、気になる異性をチェックしてみませんか?

ゼクシィ縁結びanalytics

婚活パーティー

「たくさんの人と出会い、その中から結婚相手を探したい」と思っている人にぴったりなのが婚活パーティー。実際に相手を見ることもできるメリットがありながらも、お見合いのように堅苦しくなく、1対1での紹介でもなく…パーティーを楽しむ感覚で婚活ができるラフなスタイルが人気です。

個人的にじっくり話ができる時間を設けながらも、自由に話ができる時間もあるため、気負いすることなく気軽に楽しめるでしょう。

たくさんのパーティーが開催されているので「どれにいったらいいのか分からない…」という人にオススメの婚活パーティーをご紹介します。

25歳にオススメの婚活パーティー:OTOCON

婚活パーティー OTOCONanalytics

真剣に婚活したい人にオススメするのは、OTOCON。

男女比への拘りや全ての参加者と必ず二回以上話せるような仕組みに徹底しており、その丁寧なサービスに満足することは間違いありません。

・OTOCONが作り出す婚活に特化したお洒落な空間でのパーティー

一対一でじっくり話せる小規模パーティー中心

・友割・誕生月割・早割により最大1500円 OFF

OTOCON 公式サイトへanalytics

25歳にオススメの婚活パーティー:PARTY☆PARTY

婚活パーティーならparty★partyanalytics

年間参加者数60万人以上、カップル成立は20万人以上に上るPARTY☆PARTY。

細かい年齢や職業条件の設定のもと、100種類以上ものパーティーが開催されています。

自分にぴったりなパーティーを探して参加してみましょう!

・1対1、個室でじっくりお見合いできる少人数スタイル

・早く申し込めば早割で最大1500円OFF

婚活パーティーならparty★partyanalytics

25歳、そろそろ結婚したい!のまとめ

istockphoto (55645)
Licensed by Getty Images

年齢が上がれば上がるほど、婚活は不利になってきます。あくまでも世間一般的な感覚の話になりますが、25歳までが若さの武器を最大限に使える時期であります。そのチャンスを上手に使うことで、より有意な婚活をすることができるはず。

25歳で結婚願望があるのであれば…お金では買えない、今しか値打ちのない「若さ」が使えるうちに、婚活に励むことをおススメします。

ライター アイコン ライター情報

アモーレメディアを立ち上げた張本人であり、過去に結婚相談所の運営に携わり集客の難しさや婚活サービスとユーザーのミスマッチに課題感を持ち、日本の結婚後の生活や婚活事情に対して大学でも専門的に学び、常に新しい情報をリサーチしています。

明治大学出身、「21世紀の家族構成」について専門的に学ぶ


・結婚相談所の集客に携わり、現場の声や結婚相談所の情報の不透明さ・発信方法に課題を持ち婚活情報メディア「アモーレ」を立ち上げる。

この記事のタグ一覧 アモーレ ロゴ
20代向け
全国200件以上を訪問したアモーレが選ぶ結婚相談所ランキング
結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
地域の結婚相談所を探す
結婚相談所紹介バナー
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.