2018年11月1日更新
結婚相談所で交際をお断りする時の相手への配慮

結婚相談所で交際をお断りする時の相手への配慮

結婚相談所に入会すると、お見合いや交際などを経験することでしょう。しかし、予想よりも多くの異性から同時にアプローチされたらあなたはどうしますか??今回は、結婚相談所で交際を断る方法や破局時の心構えについてご紹介します。

お見合いや交際の断り方

お見合いや交際って断ってもいいの?
お見合いや交際って断ってもいいの?
婚活中に必ず直面する問題ですね。
Licensed by Getty Images

結婚した夫婦でも夫婦喧嘩はありますよね。

自分と同じ考えを持った人間なんてこの世には存在しません。

結婚相談所で活動していても、お見合いを断らなければいけなかったり、ましてやプロポーズまでも断らなければならなかったりする時があるかもしれませんよね。

今回はそんなお断りをする時の心構えやポイントをまとめてご紹介します。

お断りすることって失礼じゃない?

断ることは失礼なの?
断ることは失礼なの?
断ること・断られることは当たり前のこと!
Licensed by Getty Images

婚活では、お見合いや交際において、断られることもあれば、断ることもまれではありません。

しかしながら、「うまく断れない」「断る時にいつも戸惑ってしまう」という人もいらっしゃいます。

お断りすることが失礼なのではないかと考えてしまう方もいるようです。

そもそも、「お断り」することは失礼なことなのでしょうか?

お見合いをお断りすることは失礼なことではない

お見合いは結婚につながる第一歩なので、慎重になって当たり前と言えるでしょう。

もちろん結婚するなら沢山の異性の中からパートナーを選びたいというのはみんな思っていることでしょう。

しかし、ここで問題となるのがお見合いの申請が沢山来てしまった時や、自分の理想と異なる人から申請がきた時です。

そうなれば、お見合いを断らなければならないでしょうし、断ったら失礼なのではないかとも思ってしまいますよね。

しかし、それは心配ありません。

なぜかというと、お見合いは断られることも珍しいことではないからです。

お見合いは誰しも経験するのでその分断られた回数も増えていきます。

もちろん自分も断られる可能性もあるので、気にせずに活動に励みましょう。

交際中のお断りは仕方がないこと

お見合いの後に待っているのが仮交際と本交際。

真剣交際である本交際がいざ始まると二人の共有の思い出が増え、それに伴って二人の関係は深まっていきます。

しかし、そんな時に意見の相違で別れてしまうカップルも多く見られます。

二人の関係が深まっていたからこそお別れすることは辛いことですし、なにより応援してくれていたアドバイザーの方にも申し訳ないと思う方も多いのではないでしょうか。

しかし、結果から言うと、それは関係ありません。

最初に付き合った人とそのまま結婚する人は少ないですし、納得がいかなければ別れましょう。

結婚相談所にいるからお別れできないということはありません。

上手くお断りする3つのポイント

上手に断るコツ
上手に断るコツ
3つのポイントをおさえよう!
Licensed by Getty Images

お断りすることは悪いことではないということはご紹介しましたが、相手に対して失礼な態度や文言で別れを伝えたらどうなるのでしょうか。

きっと相手は非常に悲しみ、そして、それを上回る怒りを覚えることでしょう。

それは、自分の信用やロイヤリティを落としかねない行為であり、やってはいけない行為といえます。

ですから、万が一お断りすることになった際には相手を傷つけない言葉や姿勢で別れを告げましょう。

きっとお相手の方も、気持ち良く受け入れてくれるはずです。

①お相手のせいにしない

まず第一に大事なのが、決して相手のせいにしないこと。

いくら相手に対して不快な気持ちを抱いたり自分とは合わないと思ったりしても、正直に言っていいというものではありません。

あなたが「その人のためを思って注意してあげた」「デート中に恥ずかしい思いをしたのだから、これくらいは言ってやりたい」と思ったとしても、断り方としては最悪です。

こう言われて「わかりました、次回から気をつけます」と言える人間なんてほとんどいませんし、反対に「プライドを傷付けられた」と怒らせてしまうこともあるかもしれません。

結婚相談所や婚活サイトを通じてやりとりをしている場合、ある程度の個人情報を開示しているということを忘れないでください。

顔と名前はもちろん、なんとなくの住所やお勤め先まで相手は把握してしまっているのです。

「もう二度と会わないだろうから」という理由でとんでもない断り方をしてしまったら、強烈なしっぺ返しが待っている可能性もあるのです。

自分の心のモヤモヤを晴らしたいからという理由で、このような断り方をするのは絶対にダメです。

②「私にはもったいない方です」と断るのがベスト

上手にお断りするコツは、「自分を下げて相手を上げる」ということです。

「私にはもったいない方ですから」という理由で断ればいいのです。

なかには「私はあなたのことが好きだ」「もう一度だけデートしてほしい」と食い下がる人も出てくるかもしれませんが、とにかく「私よりももっといい人がいる」と言い続けましょう。

これがもっとも角が立たず、あとあとトラブルになりにくい断り方です。

なお、断りにくいからといって、返事を引き延ばすのはNGです。

相手の貴重な時間を無駄にしていることになります。

断る時には、相手を思いやって、かつはっきりと!です。

③アドバイザーの力を借りる

お見合い後、相談所に連絡して、両者とも交際の意思を確認できた場合に連絡先を交換して交際してすることになります。

交際中も交際のお断りは相談所に告げてもらうことになっています。

結婚相談所で婚活をしていた場合、お断りをするのは比較的簡単とされています。

交際成立となるまでは、アドバイザーを挟んでやりとりをすることが多くなります。

ですから、断りたい時にもアドバイザーにその旨を伝え、自分で直接伝えるのが難しければアドバイザーの力を借りるのがもっともスムーズです。

結婚相談所に何でも相談してみましょう!

結婚相談所をフル活用しよう!
結婚相談所をフル活用しよう!
些細なことでも相談しましょう!!
Licensed by Getty Images

今回は交際を断る時の心構えやポイントについてご紹介しました。

相談所で活動する場合、最終的な目標は結婚することだと思いますが、その過程の中でも大変なことがたくさんあることが分かりますね。

結婚相談所の中にはマナー講座などの講習会を行っているところもあります。

断り方や相手への配慮に不安を感じている方は結婚相談所のアドバイザーに相談してみましょう。

些細な悩みから重要な悩みまでしっかり相談に乗ってくれるはずです。

結婚相談所で交際をお断りする時の相手への配慮

お断りすることって失礼じゃない?

・お見合いをお断りすることは失礼なことではない
・交際中のお断りは仕方がないこと

  

上手くお断りする3つのポイント

①お相手のせいにしない
②「私にはもったいない方です」と断るのがベスト
③アドバイザーの力を借りる

以上アモーレでした!

ライター アイコン ライター情報
はじめまして、今回の記事を担当している「アモーレ編集部」です。婚活は全員が初心者、期待と不安が錯綜する業界だからこそ「婚活のはじめてを支える」を理念に掲げ、記事を書いています。「自分にはどの婚活サービスが向いているか」分からない方のために婚活相談窓口をご用意しています。詳しくはこちらをご覧ください。
結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
地域の結婚相談所を探す
結婚相談所紹介バナー
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.