• こん農家が結婚できない理由とは?婚活で出会いを探そう!
2018年10月10日更新
こん農家が結婚できない理由とは?婚活で出会いを探そう!

こん農家が結婚できない理由とは?婚活で出会いを探そう!

近年の農家数の減少に伴って、農家の未婚率も上昇してきています。日本の食卓、もしかしたら世界の食卓を支えてきた農家の方がどうして結婚できないのでしょうか。今回はそんな農家の結婚・婚活事情の問題点と解決策についてご紹介します。

一般的な農家という仕事は「肉体労働、天候に左右される」といったようなマイナスのイメージを持たれがちです。

逆に言えば、それくらいしか知られてなく、実際にはどんなものかは知られていません。

そこで今回は農家が結婚できない理由を分析し、婚活を成功させるためにはどうしたらいいかを一気に紹介します!

近年の農家の結婚事情〜上昇する未婚率〜

近年、農家の未婚率は急上昇しています。なぜ農家の未婚率が上がってきているのでしょうか。今回は、そんな農家未婚率の上昇の謎、またその問題原因、解決策について詳しく紹介します!

農家の未婚率

2010 年の国勢調査の結果によると、農林業に就業する 40-44 歳男子の未婚率は 33.1%、その他産業に比べて約 10 ポイント高くなっており、産業間格差が認められ る。さらに、同年の農林業センサスによる農家男子を見ても、彼らの専従者率は非常 に低いにもかかわらず、国勢調査と同様の結果であった。そこで、結婚が男子の所得 や所得の男女間格差で規定されるのであれば、農家未婚もまた経済的要因が影響を与 えていることが考えられる。

農家が結婚できない理由とは??

誤解される農家のイメージ

・必ず夫婦ともに農地で働かなければいけない ・親との同居がほとんど ・収入が全体的に低い このように悪いイメージだけが広がっている現状があります。

生活と仕事の密着感

農家の仕事は日常と大きく関わりがあります。 普通のオフィスワークと比べると、他にたくさんの社員がいなかったりするところも農家との結婚を避けられる要因の1つになっています。

生活地域の限定

農業を行うためには広大な土地が必要になので、一般的に田舎と呼ばれる土地で仕事・生活をすることが限定されます。 これも農家が結婚できない理由になっています。

農家という職業の不安定さ

最近は異常気象や天災などが多く発生しているので、さらに気にされるようになっています。 公務員や教師など比較的安定した職の人が求められるのも、これが理由のようです。

農家が結婚できない理由まとめ
農家が結婚できない理由まとめ
農家が結婚できない理由の1つとして、一般的なイメージの誤解というものがあります。

出会いがないを解消するために

行動力が大切です

出会いがない場合は、出会いを見つけていくことしか方法はありません。出会いは望んで待っていても、なかなかやってこないのです。そこで、婚活パーティーに参加をしてみるだったり、結婚相談所の無料カウンセリングに行ってみるなど、婚活を始めてみましょう。出会いがないと嘆く時間に、何ができるか考えてみましょう

>どこで出会うか

自分のコミュニティーで出会いを探す
→友人の紹介、合コン、職場の行事 etc

新たなコミュニティーで出会いを探す
→婚活サイト、婚活パーティー、結婚相談所、料理教室やジム(所属を増やす)etc

ひと昔前までの出会い方…お見合い

地方の過疎化が進行するにつれて、農家の結婚も難しくなってきているのです。

一昔前までは結婚相手が自然に見つからなくても、お見合いという出会いの方法がありました。

しかし最近はそもそもの人の数が減少しているので、それも難しくなっているのです。

結婚に重視される年収について

私の息子34歳のことで相談です。
なかなかお嫁さんがきてくれません、本人も積極的に出会いを求めているようですがうまくいきません。

息子は県内の農業高卒ですぐ農家をついで16年目です。年間を通して野菜(ほうれん草コマツナなど)を家族(私と主人の息子3人)で生産しており働きものです。
結婚の意思があっても出会いの場がないので、結婚ができないようです。
また、ひと昔前までの出会い方が使えなくなっているのも、ますます結婚を遠ざけている要因になっています。

年収に関しては農家の方がぶつかる大きな問題です。 農家と一口で言っても収入には幅広く差があるので、そのぶん職業別で考えた時に結婚相手としてはなかなか挙げられないのも問題になっています。

問題が起きる農家の結婚生活

農家の結婚生活にはどんな問題が生じるのでしょうか。

それらの問題が解決されれば、大きく結婚に近づけるかもしれません。

現在、農家との結婚でネックになってしまっている部分を考えていきましょう。

両親との共同生活

両親との共同生活をしなければならないという事を避けたがる人は多くいます。 そのせいで介護などに問題が出ているのも事実ですが、両親との共同生活は婚いだ方にとって厳しい現実になっているのです。

出来る仕事が限定されてしまう

最近では女性も男性も自分の職をそれぞれ持つというのが、一般的な風潮になろうとしています。 先ほどもあげましたが、農家は夫婦でともに農業の仕事をしなければいけないことが多いので、それぞれの職を持つことが難しいのです。

gettyimages (15612)
Licensed by Getty Images

農家で結婚できる人の特徴

農家でも結婚できる人の特徴

○収入が比較的安定している作物を育てている

○農業体験婚活などを開催している

○農業に興味がある人と出会えた

○相手に自分の仕事の無理強いをしない

農家が結婚するための方法

まずは出会いの数を増やしていけるようにしましょう! まずは出会いの母数を増やすことから、婚活は始まります。 そんな中でアモーレがオススメする方法は結婚相談所の利用です。

農家が結婚相談所に入会すべき理由

上記に挙げた農家が結婚できる特徴を満たすためには結婚相談所の利用がオススメです。

平日や休日であっても作業が忙しくても婚活ができるようなサービスがあったり、農家の方にとって嬉しいサービスが用意されている結婚相談所があります。

もし本気で結婚を目指す方は結婚相談所をぜひ利用されてみてください!

結婚相談所について詳しく知らない方は、まずはこちらをお読みください。

・結婚相談所の入会と活動の流れ

後継者探しが出来る婚活方法があります!

後継者探しをしつつ、婚活を進められる結婚相談所というのもあります。 後継者不足が叫ばれる最近の農業界にはとってもお得な話ですよね。 ぜひ参考にしてみてくださいね!

結婚相談所のメリット

仕事と両立できる
自分の予定に合わせて活動をすることができる仕組みがある

出会いが安心
入会審査があり、結婚に真剣な人しか入会できない仕組みになっている

希望のお相手と出会える
検索や紹介など、様々な希望条件をもとにお見合いお相手を選ぶことができる

出会いの幅が広い
データベースを共有しているので紹介できる会員数は数万人規模

結婚までがスピーディー
仮交際期間では、複数の方と同時交際、新たなお見合い可能
効率よくお相手選びができ、結婚まで時間があまりかからない

強みを生かして婚活ができる
職業の強みを生かして婚活を進められる

バレずに婚活をすることができる
バレたくないということなら、相談所に配慮してもらえる

自分の成長に繋がる
相談所の仲人はたくさんのケースを見てきた、婚活のプロ。活動中の悩みや不安をアドバイスを受けながら二人三脚で進められる

農家が結婚できない理由と解決策についてのまとめ

農家が結婚できない現状から抜けだすのは、とても大変なことです。 今できる最善の婚活方法を選んで、しっかり婚活を進めていきましょう!

ライター アイコン ライター情報

アモーレメディアを立ち上げた張本人であり、過去に結婚相談所の運営に携わり集客の難しさや婚活サービスとユーザーのミスマッチに課題感を持ち、日本の結婚後の生活や婚活事情に対して大学でも専門的に学び、常に新しい情報をリサーチしています。

明治大学出身、「21世紀の家族構成」について専門的に学ぶ


・結婚相談所の集客に携わり、現場の声や結婚相談所の情報の不透明さ・発信方法に課題を持ち婚活情報メディア「アモーレ」を立ち上げる。

結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
地域の結婚相談所を探す
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.