2018年4月27日更新
女医が結婚難民に陥らないためには|現役カウンセラーが徹底解説

女医が結婚難民に陥らないためには|現役カウンセラーが徹底解説

女性の職業としてはトップクラスに収入が高いと考えられる女医。しかし、女医はなかなか結婚できないと言われています。そこで今回は女医の結婚の現実、なぜ結婚できないのか、またどのようにすれば結婚できるのかについて現役の結婚相談所カウンセラーの方に解説していただきました。ぜひご覧ください。

はじめに

gettyimages (41038)

Licensed by Getty Images

最近の結婚事情で、30歳で未婚の方の半数が10年後も未婚のままというデータがあります。

では、大学での卒業までの期間が長く、医者になってからも多忙な女医は、どれくらい結婚しているのでしょうか。

今回の記事では数ある職業の中でも結婚する事が非常に難しいと言われる女医の結婚について考察したいと思います。

女医の結婚についての現状

thinkstock (41068)

Licensed by Getty Images

2012年の総務省統計局の調査をもとに、武蔵野大学・杏林大学兼任講師の舞田敏彦氏が算出したデータによると、男性医師の生涯未婚率はたったの2.8%、それに引き換え女性医師の生涯未婚率は、なんと35.9%という驚異のデータが出ました。

すなわち生涯未婚の女医は3人に1人という計算になります。

女医の結婚は数字でみると思った以上に厳しい現実がありますね。

女医はなぜ結婚ができないのか

gettyimages (41044)

Licensed by Getty Images

ここまで、実際の数値で女医の結婚について確認してきました。

では、女医はなぜ結婚できないのかについて以下で考察していきたいと思います。

理由1.卒業した時点ですでに結婚を考えてもいい年齢になっている

一般の大学では考えられない一浪、二浪だけではなく、三浪以上の多浪や、社会人からの学士入学もあり、入学した時の平均年齢も他の学部より高くなっています。

それに加え、6年間で卒業できず留年する生徒も毎年一定数おり、卒業時の平均年齢はかなり高くなっています。

順調にいった場合でも4年制大学を卒業した人は社会人を2年終えた時期です。

友人が何人か結婚したという話も聞くころに不眠不休で多忙な研修医一年生となります。

このように、一般のライフイベントのタイミングとズレてしまうのが女医であり、周りが結婚に対して意識をしだした時、女医はまだまだ仕事が忙しく結婚について考える余裕がないという場合も多いのです。

理由2.忙しいので、デートの予定が合わない

医師の仕事は、不規則でハードです。

患者さんが急変したら下っ端の医者が呼び出されることも多いのでデートなどの約束がしづらいです。

加えて当直の後も仕事をする場合があり、体力勝負で休みの日は体を休めたいと思う方も多いようなので、一般の会社員とはなかなか予定が合わないといった現実があります。

理由3.男に頼らず生きていける

医師は他の職業に比べて、平均的に収入が多いので、自分が生活していくのには困りません。

経済的に頼らなくていいと結婚の意義や必要性を感じなくなります。

男性から見た結婚相手としての女医

thinkstock (41051)

Licensed by Getty Images

では現実問題として、女医は男性からどのように見られているのでしょうか?

一般的に医師になりたての頃は気の弱かった女医も、ミスの許されない医療現場で働いているうちに、段々と気が強くなってきます。

職業に誇りを持っているのでプライドも必然的に高くなる傾向があります。

医療現場でナースなどのスタッフに素早く冷静に指示を出すために強靭な精神は必要ですが、恋愛の場面でも「先生」気質が出てしまって、その辺の男性では扱いにくくなります。

当相談所「マリッジナビ」にも女医が多数登録していますが、お相手への条件に「女医という職業に引かない男性」とおっしゃる会員様もいらっしゃいます。

実際、収入も多く、しっかりしたイメージのある女医に劣等感を持ってしまう男性は多いのかもしれません。

しかし、女医にマイナスイメージを持ってない男性でしたら結婚することによる利点も充分にあります。

以下で女医と結婚するメリットについて確認をしていきましょう。

女医と結婚するメリット

gettyimages (41067)

Licensed by Getty Images

お相手が医者でない場合、二人で働くとダブルインカムで、経済的に余裕が出ます。

場合によっては男性に十分な収入がなくても生活が成り立ちます。

夫に何かあった時も経済的な不安が少ないです。

また病気や怪我をした時に医療知識がありとても頼りになります。

お相手が医師の場合は、子供の結婚相手に女医を望むご家庭もいまだに多い傾向にあります。

男性が開業医の場合も、即戦力として働いてもらいたいという希望がある場合、女医は大きなメリットです。

女医と結婚するデメリット

gettyimages (41066)

Licensed by Getty Images

家事などをきちんとやって、自分の帰りを待つ女性を奥様にしたいタイプの男性にとっては、思い描いていた結婚生活と余りにもかけ離れていて満足感が得られないかもしれません。

多忙な女医は家に帰っても患者さんの症例について考えたり、体を休めるためにゴロゴロしている事もあるかもしれません。

その分自分がカバーしてあげるという気持ちがないと、いつの間にか歯車が狂い始めてしまいます。

女医にまつわる「三分の一の法則」をご存知でしょうか?

女医の三分の一が生涯未婚、三分の一は結婚してもその後に離婚、幸せな結婚生活を送れるのは三分の一というものです。

せっかく結婚しても、お相手を間違えると残念な結果に陥ります。

では、どうしたら女医は幸せな結婚を送る事ができるのでしょうか?

女医が結婚するには

thinkstock (41065)

Licensed by Getty Images

正確なデータはありませんが、男性医師の約半分は、女性医師以外の医療関係者や、医局秘書などと結婚しているようです。

女医が自然に医師と結婚する時代は終わりました。

では女医が結婚するにはどうしたらいいのでしょうか?

学生時代にお付き合いしていた方や、研修医時代に知り合った方、他にも友人に紹介されたり、もしくは趣味の会などの仲間と結婚する事が理想的だと思います。

しかし、恋人もいないまま、キャリアを積むために必死で仕事に専念して、気付いたら崖っぷちの年齢になってしまったという方もいらっしゃると思います。

医者になったとたんに急にモテだす男性医師とは反対に、恋人のいない女医は苦戦を強いられることもあります。

職場では、看護師など圧倒的に女性が多いので婚活の環境としては決していい環境とは言えません。

ですが環境を嘆いていても仕方ありません。職場に結婚相手が見つからないようでしたら、例えばランニングやゴルフのサークル、ワインの勉強会、スポーツクラブなど男性が集まりそうな場所に積極的に出かけてください。

女医が結婚相談所に入会すべき理由

thinkstock (41064)

Licensed by Getty Images

とはいえ、忙しい女医にとって「結婚はしたいけど、時間をかけられない」という方がほとんどではないでしょうか?

そんな方に是非利用してもらいたいサービスがあります。

それが結婚相談所です。

事前にプロフィールがわかっているので、お見合いで出会ってから最短3ヵ月程で、結婚するかしないか決まる夢のようなシステムです。

また、結婚相談所に入ったら、結婚相談所以外での出会いのチャンスはすべてあきらめなければならないのではないかと思う方もいるかもしれません。

そこはご安心を。

結婚相談所は出会いを提供するだけでなく、あなた自身の婚活力を高めるためのサービスですので、もし他で出会いがあったら、純粋に応援してくれる相談所も多いです。

実際、私は入会面談で、「マリッジナビに登録したからといって安心しないで他でも出会えるチャンスがあったら是非お相手探しをしてね!」と話しています。

婚活では「時間」というリソースは一番大切なので、ご自身の婚活力を高めて、いろいろな場所でお相手探しを積極的にしてみましょう。

最後に

thinkstock (41063)

Licensed by Getty Images

女医が一番結婚に繋がる人と出会う時期は学生時代だと思います。

実は私の娘も女医で、大学は医系総合大学でした。

チーム医療を重視した大学で、一年の時は山梨県富士吉田市で医学部、看護学部、薬学部など全ての学部が一緒に寮生活をしていました。

そこでできたカップルは吉カプと呼ばれ多数の男女がお付き合いしているのを、微笑ましく見ていました。

娘からの話でリアルに感じるのは、女医が一番モテるのは学生時代だということです。

ですがその時期が過ぎ、仕事一筋になって、はたと結婚相手がいなかったと気づいた時はどうしたらいいのでしょうか?

女医に限らない事ですが、ストライクゾーンを広げて、条件を柔軟にすることが大事だと思います。

決して妥協しろと言ってる訳ではありません。

職業も「医師以外は考えられない!」という事では、成婚への道のりは難しいでしょう。

視点を変えて、「仕事や子育てをサポートしてくれる人」というキーワードに変えると理想的な結婚ができるかもしれません。

結婚は自分の人生を大きく左右するイベントです!

固定観念を捨てて、医師という素晴らしい仕事を続けていきながら、心安らぐ家庭を持つためには、時には意識の変換も必要だと感じます。

大変な努力を重ねて医師という職業についた女医さん。

一度きりの人生!

医師としても、妻としてもどちらも精いっぱい楽しんでもらうようにエールを送りたいと思います!

ライター情報
はじめまして。マリッジナビの石田由美です。 昔から人と人を繋ぐのが大好きで、仲人は自他共に認める天職です。 お世話好きですが、おせっかいは好きではありません。 婚活がスムーズにいかずに人知れず悩んでる方のサポーターになり、一緒に進んでいきたいと思っています。 さあ、「楽しい婚活」始めませんか♪
全国200件以上を訪問したアモーレが選ぶ結婚相談所ランキング
結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.