2018年5月16日更新
婚活で出会った人には敬語?敬語はいつ辞める?

婚活で出会った人には敬語?敬語はいつ辞める?

街中を歩くカップルが敬語をつかっているところは滅多にみたことがないですし、もしそんなカップルには違和感を感じますよね。でも簡単なようで意外と難しいタメ口へのシフト。そこでこの記事では婚活で出会った人との敬語からタメ口への変え方に関してご紹介していきます。

婚活でタメ口はダメ?敬語はいつ辞めるべき?

gettyimages (61568)

Licensed by Getty Images

婚活をしていて、相手が年下でも同い年でも年上でも、話す時は敬語になってしまいますよね。

フランクにタメ口で話す人もいますが、第一印象で常識知らずと思われてしまう危険があるので、どうしても敬語になる人が多いです。

敬語は初めのうちはいいですが、関係が深まっていくうちに壁を感じる原因にもなります。

敬語はいつやめたらいいのか、みんなはどうしているのか気になる敬語について、どんどん掘り下げていきますよ。

はじめましての時は敬語で

gettyimages (61565)

Licensed by Getty Images

はじめましてのときは、敬語になりますね。

どうして無意識に敬語になってしまうのか、敬語で話さないことでどんなデメリットがあるのかを知ると、敬語の大切さに納得しますよ。

いきなりタメ口は印象が良くない

フランクに会話をした方が距離を近づけるのが早いのでは?と思ってしまいますが、実はそれは逆効果!

初対面で敬語を使わずに距離を近づけようとすると、この人は常識知らずなのかな?と反対に距離を置かれてしまう危険が高まります。

見た目ではなく、常識を持っている人とお付き合いしたいと思うのはごく自然なこと。

いきなりタメ口で話されてしまったら、いい気分にはなりません。

もし気になる人がいたら、まずは敬語で話すようにしましょうね。

相手が年下で違和感があっても最初は敬語で

年下ならタメ口でもいいでしょ!と思ってしまいがちですが、実は年下こそあなたのことをしっかり見ています。

年上の人はどんな風に接してくるのかな?と思って、同い年や年上よりも敬語に関して敏感になっているので、もしあなたが敬語を使わないと印象が悪くなってしまいます。

もし相手が年下に見えても、童顔で実は年上だったなんてこともあるので、見た目だけで判断するのもとても危険ですよ!

もし年齢を聞いて年下だったとしても、絶対にはじめは敬語で話すようにしましょうね。

敬語を辞めるタイミング

gettyimages (61564)

Licensed by Getty Images

はじめは敬語で話していたとしても、実際にタメ口に切り替えるタイミングはいつがいいのか気になりますね。

どのタイミングでフランクに話すとより関係がグッと近づけられるのか、素朴な疑問に迫ります。

できる限り早い方がいい

できるだけ早い方がいいというのは、出会ってから1週間という短時間ではありません。

少なくとも出会って1か月、または、お互いに敬語をやめようと話が出たタイミングでやめるようにしましょう。

話しているとお互いに、もう敬語はやめてもいいんじゃないかと思う瞬間が出てきます。

そのタイミングが、できるだけ早く来るようにコミュニケーションを取るように心がけてみましょう。

コミュニケーションを取るだけで、敬語を使っていても一気に関係が縮まるようになりますよ。

一回目のデート

LINEや電話で話していても、直接会って話したりデートをしてみないと関係ってなかなか近づきませんよね。

もし敬語をやめるタイミングを狙っているのであれば、1回目のデートの最中に、敬語の中にタメ口が混じってしまった演技をしてみましょう。

そうすると相手から、もう敬語やめようか!と言ってもらえる可能性がグッと高くなります。

敬語にタメ口が混じってしまう姿もかわいく見えて、関係に火がついちゃうかもしれませんよ。

二回目のデートまでにはタメ口に

2回目のデートまでにはタメ口になれるように頑張ってみましょう。

敬語は丁寧で素敵な言葉ですが、あまりにも敬語の期間が長すぎると、この子は距離感を感じているのかな?と思われてしまいます。

2回目のデートということは、あなたと一緒にいることが楽しいということ。

つまり、もっと親密な関係になれる可能性がとても高いという意思表示なので、2回目のデートをしている間に、タメ口でもいい?と聞いてみるのもアリですよ。

敬語からタメ口へ切り替える方法

gettyimages (61563)

Licensed by Getty Images

敬語からタメ口に切り替える方法を伝授します。

過去に切り替えるタイミングを間違えてしまった人、いつタメ口にしていいのか分からない人など、もっと親密になるには必見の内容になっていますよ。

一番いいのは自然と変えていくこと

1番自然で楽なのが、自然と変えていくことです。

自然と変えると聞くとなんだかハードルが高い気がしますが、相手と話していたら間違えてタメ口が出ちゃった!くらいの状態が自然な状態です。

最初はかしこまって敬語だったけれど、タメ口になることでさらに親密になっていきたいと思っているからこそなので、もし相手がタメ口を絡めてきたら、親密になりたい合図ととらえて、こちらからアピールするのもおすすめですよ。

直接聞いて切り替える

相手の様子をうかがって言葉を変えるのは面倒…。

そのタイプのあなたは、相手に直接タメ口でもいい?と聞いてみましょう。

その時に相手も快く受け入れてくれるのか、まだ敬語を使っていてほしいという感じなのかで、今の時点での親密度もわかります。

聞いてみてタメ口じゃ嫌だという人はなかなかいませんが、相手に聞くことで気遣いがでいる子と思ってもらえます。

タメ口を話していいかを聞くだけで、関係の深さも感じ取れるので、ぜひ実践してみてくださいね。

メールやSNSでさりげなく

直接聞くのは苦手だけれど、メールやLINEならタメ口をさりげなく入れられる人は、メールやLINEでタメ口を使ってみましょう。

ここでのポイントは、会話の内容すべてをタメ口にしてしまうと、わざとらしさを感じたり、急にどうした?と相手を驚かせてしまいます。

メッセージの最後にさりげなくタメ口を入れる方が、自然でさりげなさが出ておすすめです。

面と向かって言うのは緊張しますからね。

メッセージをじょうずに利用して、タメ口で話せる関係に近づきましょうね。

いつまでも敬語だと二人の距離は縮まらない

いつまでも敬語を使っていると、どんなに時間が経っても関係を近づけることはできません。

直接聞いてみたりメールやLINEを使ったり、あなたが好きな方法や得意な方法でタメ口に持っていくことがとても必要です。

今まで何をしってのか分からなかった人も、ここで紹介した方法を使うと、なんだかできそうな気がしてきませんか?

タメ口を卒業することはカップルになるにはとても重要なので、どの方法が相手とあなたにとって適切なのかしっかり見極めましょう。

婚活でタメ口はダメ?敬語はいつ辞めるべき?のまとめ

gettyimages (61562)

Licensed by Getty Images

タメ口は友達と話しているときはなんてない言葉ですが、相手のことを大切に思うだけで、何を話していいのか分からなくなってしまいますよね。

今までタメ口を使うことを申し訳なく思ってしまって、他の人に先手を取られてしまったり、幸せを逃してしまった人は、ぜひここでのアドバイスを生かして距離を近づけてみましょう。

ライター情報
結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.