2018年6月1日更新
結婚したい男性とは?実際の声から結婚したい男性になるための秘訣を探る

結婚したい男性とは?実際の声から結婚したい男性になるための秘訣を探る

結婚したい男性になりたい!結婚したいけど、どうすればお相手に求められるような男性になれるのかはなかなかわからないですよね?そこで今回は女性に実際に行なったアンケートを元に、結婚したい男性とはどのような男性か、また、そのような男性になるためにはどうすればいいのかについてご紹介していきます。

女性が結婚したい!と思う男性になりたい!

thinkstock (55037)

Licensed by Getty Images

男性は女性ほど結婚願望がないといわれますが、友人知人が次々と結婚して子供をもうけるようになると、自分も結婚したい、家庭を持ちたいと思うようになってきますね。

そうなってくると気になるのが、どうすれば女性が結婚したいと思うような男になれるのか?という点でしょう。女性が結婚したいと思う男になるには、まずどういう男と女性が結婚したがっているかを知る必要があります。

今回は、男性にとって気になるこの点についてじっくりとみていくことにしましょう。

女性が結婚したいと思う男性の特徴

thinkstock (55064)

Licensed by Getty Images

男性でも同じだと思いますが、恋人にしたい異性と結婚したい異性は違います。

恋人にするなら楽しくて刺激的、外見が魅力的な人と付き合いたいと思う人でも、「結婚」を前提に考えると、別の理想像を描くものです。

結婚は恋愛の延長ではありません。結婚生活に必要なのは、刺激や面白さやイケメンではなく、経済力や協調性、真面目さ、優しさです。

女性から「結婚したい」と思われる男性になるためには、女性たちがどんな男性と結婚したが立ているかを正確に知っておきましょう。

子供好き

「子供ができたら平日の夜や休日にたくさん遊んでもらいたいからです。父親じゃないと教えてあげられないことがあると思うし、自分もたまには子育て休憩したいです。」(29歳/金融・証券)

女性が結婚したくなる男性としてポイントの高いのが、子供好きの男性です。

女性は単に男性と結婚したいというより、結婚して家庭を持ちたい、子供を生んで育てたいという思いを抱いているものです。可愛い子供を生み育てるのは、多くの女性にとって子供のころからの夢のひとつ。結婚相手というのは、その夢を一緒にかなえてくれる相手です。

子供が欲しい、子育てをしたいと思ってはいても、それが大変な仕事であることも知っています。結婚相手の男性に求めるのは、そうした仕事を助けてくれる「子育てパートナー」としての男性なのです。

経済力がある

「長く生活していく上では、やはり経済的余裕は必要だと思う。若い頃の交際ならば経済力を二の次に出来るが、結婚となるとそうはいかない。」(32歳/旅行・観光)

「結婚」と「経済力」は切っても切れない関係。どんなにロマンティックな女性でも、結婚するとなると、経済力を真っ先に考えます。

実際、経済力がないのに結婚すると、早晩、結婚そのものが破綻してしまいます。経済力は、結婚生活を健全に保つための杖のようなもの。女性が結婚に際して、経済力を重視するのは、当然といえるでしょう。

ただし、経済力があればそれで良いということでもありません。いくら給料がよくても、浪費がひどかったり、ギャンブルに耽る癖があったりすれば、生活は安定しません。

結婚相手に求める経済力というのは、収入がある程度安定していて、かつ、健全な経済観念が備わっていることなのです。

料理や洗濯がきちんとできる

「共働きの家庭が増えているし、私自身も結婚しても仕事は続けたいと思っているので、ある程度家事ができる人がいいから。」(29歳/学校・教育関連)

家事が出来ることも、結婚に際して男性に求められる用件のひとつです。

家事が出来る男性が良いといっても、女性たちは完璧な主夫を求めているわけではありません。女性の多くは結婚したら家庭に入ることを望んでいます。むしろ、専業主婦を望む女性の場合、あまりにも家事能力の高い男性は自分のする家事にクレームをつけられそうで敬遠しがちです。

一方で、仕事を続けたい女性も増えていますし、実際、結婚してからもフルタイムで仕事を続ける女性たちもいます。そうした女性たちにとって、家事がまったく出来ないパートナーというのはかなり面倒なもの。

仕事から疲れて帰ってきたとき、「メシは?」というような男性よりはある程度の家事能力のある男性が望まれるということですね。

優しくて真面目

「長く家族として暮らしていく以上、優しさや思いやりがあるのは重要、真面目さは生活していく上で安定収入の為には必須。」(32歳/旅行・観光)

恋愛中は告白しても「ゴメンナサン」されがちだった優しくて真面目な男性が、「結婚」となると俄然人気がでてきます。

「優しさ」「真面目さ」は、若いころの恋愛では重視されませんが、結婚生活ではもっとも大切なものと考えられています。結婚すれば、離婚しない限り、20年、30年と一緒に暮らしていくことになります。実際には別れるカップルも一定数いますが、結婚するときに離婚のことを考える人はいません。結婚に際して、長く一緒に暮らしていくからには思いやりのある人をと思うのが当然といえるでしょう。

結婚生活というのは、別々に育ってきた者同士の共同生活です。相手の気持ちを思いやれる優しさ、そして、ともに生活していけるだけの誠実さのある男性を女性は求めているのです。

家族を大事にしている

「マザコンだとか家にべったりだとかそういう意味ではなく、両親や兄弟を大切にしている人は同様に妻も大切にしてくれそう。」(30歳/主婦)

結婚相手の男性に求められる優しさのなかでも、とりわけ、家族に対する優しさを持った人、家族思いの人は、結婚相手として高く評価されます。

いま結婚適齢期にある女性たちの父親世代である昭和の男性には、家庭を顧みない仕事人間が少なからずいました。女の子たちは母親との関係が密なので、母親からそうした父親への愚痴をきいて育ってきたものです。逆に、父親が家族を大切にしていた家庭では、家族思いの父親像が理想の男性像として子供たちに受け継がれていきます。

いずれのケースにおいても、自分が結婚する年齢になったとき、女性たちは、自分を含めた将来の家庭を大事にしてくれる男性を探そうとします。そんなとき評価されるのが、自分の両親や兄弟を大事にしている男性ということなのですね。

女性が結婚したくないと思う男性の特徴

istockphoto (55067)

Licensed by Getty Images

では逆に、女性たちが結婚したくない男性像とはどんなものなのでしょうか?

結婚したくなるタイプが家庭的な父親タイプだとすると、結婚したくないタイプというのは、夫として、父親として一緒に家庭を築けないと思わせる男性です。

清潔感がない、マザコン、自己中、ワーカホリック、陰キャラといった、女性受けの悪いタイプは、どんなに外見がイケていても、結婚に際しては避けられる傾向にあります。

不潔

「付き合っている時は多少ルーズな所があっても可愛く思えますが、ずっと一緒にいると考えると清潔感の無い男性と一緒に生きて行く自信が持てません。」(39歳/食品・飲料 )

不潔な男性は、女性が結婚したくないと思うタイプの筆頭でしょう。

女性がよく口にする「好きなタイプの男性」のひとつに、「清潔感のある人」というものがあります。逆に言うと、「清潔感のない人」は女性の「好きなタイプ」にはならないということです

異性のことはなかなか分かりにくいものですが、女性からすると、男性はやはり自分たちとは違う匂いを持っています。そうした男性独特の「匂い」は、ちょっと油断すると「臭い」になってしまうのです。

「不潔ではない」「清潔感がある」というのは、社会人として基本的なこと。そうした点に気を配れない人は、他の点でも問題があるのでは・・・と思われがちです。

身だしなみに気をつけて、「不潔」と言われないようにしましょう。

マザコンで親に依存している

「二人だけの生活に、母親がすぐに口を出してきそうだから嫌。義理母と喧嘩したとしても、私の味方になってくれないかもしれないから。」(35歳/主婦)

女性が結婚に際して一番嫌う男性の特徴、それはマザコンです。

現代でも、嫁姑問題は家族関係の最大の難問。むしろ近年、シビアな嫁姑問題がネット上に取り上げられることが増えています。

こうした記事や書き込みを読むと、若い主婦がいかに母親べったりの夫を嫌っているかがよく分かります。女性が結婚相手に求めているのは、自分と自分の子供を守ってくれる夫です。その夫が母親に依存しているというのは、女性にとって最悪の状態なんですね。

ずっと実家住みで家事は母親任せ、経済的にも両親に依存しているというような男性は、結婚を望む女性からは魅力的には映らないものです。

自分の話しかしない

「何かにつけて上から目線で、自分の話や過去の話ばかりの男性との結婚生活を想像しても我慢しかないと思うからです。」(37歳/主婦)

マザコンと同じくらい女性受けが悪いのが、自分の話しかしない男性、いわゆる自己中の男性です。

現代の女性たちが結婚相手の男性に望むのは、「価値観の合う人」。実際、「価値観の不一致」から離婚に至るカップルが後を絶ちません。

価値観というのは目には見えないもの、それを生活に支障を来たさぬ程度に共有するには、互いの意見に耳を傾け、たとえ反対であっても、意見は意見として尊重する姿勢を示せることが大切です。

若いときならばある程度のわがままも可愛いと思えるものですが、結婚となると話は別。何かにつけて上から目線の男性は、自己中で思いやりのない人とみなされてしまいます。

SNSなどで時々、「私はオレサマ系男子が好き」と公言している女性がいますが、あれはあくまでも程度の問題なのです。

仕事のことしか頭にない

「いくら収入がよくても、四六時中仕事のことばかり考えてドンヨリされていたら、こちらまで疲れてしまいそうです。」(29歳/情報・IT)

未婚女性が結婚したいと思う「家族思いの男性」の対極に位置するのが、仕事のことしか頭にない男性です。

結婚への必須条件が経済力とはいうものの、では、仕事さえしていれば良いのかというと、それは断じてNOなんですね。どんなに仕事が出来て、収入が良くても、家庭を顧みず、家族との会話も楽しめない、いつも仕事のことばかり考えている男性というのは、結婚相手としてみれば、魅力的とはいえません。

一見矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、逆のパターンを考えてみると分かりやすいでしょう。結婚した相手の女性が四六時中仕事のことばかり考えていたら、いくら美人でもうんざりするのではないでしょうか?

家庭というのは夫と妻が協力して作り上げるもの。どんなに仕事に誇りを持っていても、あるいは持っているからこそ、オン・オフの切り替えが必要なのです。

ネガティブ

「なんでもマイナス方向に考えてしまう人は、自分の精気も吸いとられそうだから。一緒にいていちいち気を遣わないといけなく、面倒くさい未来が見える。」(25歳/医薬品・化粧品)

ネガティブな男性、いわゆるネクラや陰キャラの男性も、女性が結婚相手として避けたくなるタイプです。

マザコンや仕事人間は結婚相手として避けたい性質ですが、ネガティブな人は、結婚相手としては勿論、恋人としても、子供の父親としても、また、単なる同居人としてすら、女性から求められることはありません

これも、自分が同居する立場になって考えると分かりやすいと思いますが、マイナス志向の人と四六時中一緒にいると、同居人は気が休まりません。ときには、自分の健康まで損なわれてしまうことがあるのです。

夫婦となると、老後のことも考えておく必要があります。陰気でマイナス志向の男性と老後を過ごすことを考えると、二の足を踏む女性が多いのは頷けるところではないでしょうか。

結婚したいけど出会いがないという方はまずは婚活をはじめてみましょう

thinkstock (55062)

Licensed by Getty Images

男性は女性と違って、婚活市場に参入したがらない人が少なくありません。

女性は日常的に人目に晒されることに慣れていますが、男性はそうでもないので、人から選ばれたり選ばれなかったりすることに抵抗があるようです。

アプリや婚活サイトは出会い系のチャラい男女が使うもの、パーティーは気取った雰囲気が苦手という先入観もあるようですが、最近は理系や体育会系の婚活イベントもあります。

結婚したいけど出会いがないという人には、婚活市場をのぞいてみることをお勧めいたします。

結婚したい方にオススメの婚活方法:婚活サイト

婚活初心者だけどとりあえず始めてみたいと思う人には、婚活サイトがお勧めです。

婚活サイトは結婚相談所と比べると費用がリーズナブルです。たいていの婚活サイトでは、男性で月額料金が3000円から4000円、プラス課金といった程度。複数月のプランを利用して計画的に利用すれば、月当たりの費用はもっと抑えられます。女性の場合は無料で利用できるサイトも多く、婚活の手始めに試してみるには最適のツールといえるでしょう。

避けなければいけないのは業者やサクラといった迷惑ユーザーの存在ですが、大手の婚活サイトなら監視体制も整っているので安心して利用できます。

オススメの婚活サイト:ゼクシィ縁結び

“ゼクシィ縁結び”

18問の質問に答える価値観診断を受けて、自分無料診断で分析!

毎日4人ずつ、自分と価値観が近い異性を紹介してもらえます。

初めての人にも優しいデートセッティング代行や、安全に利用できるための本人確認に運営の監視で活動をサポート。

会員数は30万人超え、登録して異性を探したり、いいね!は無料で利用できます。

まずは、無料登録で異性をチェックしてみましょう!!

ゼクシィ縁結び

結婚したい方にオススメの婚活方法:結婚相談所

ネットやアプリを通して色んな人と知り合うより、本当に自分に合う人と知り合いたい、真面目に結婚を考えている人とだけ知り合いたいという人には、結婚相談所がお勧めです。

結婚相談所というと、一昔前のお見合い斡旋を想像する人もいるかもしれませんが、いまは結婚相談所にも色んな形態があります。

婚活サイトのように、検索機能を活用して自由に出会えるシステムの相談所もあれば、専任のアドバイザー、コンシェルジュなどが相手探しに手厚く協力してくれるシステムの相談所もありますので、自分に合ったスタイルを選びましょう

結婚相談所は結婚相手を見つけるところ。費用が安くても、相手を見つけられなければ意味がありませんので、自分の性格に合った相談所を選ぶことが最も大切です。

オススメの結婚相談所:エン婚活

エン婚活エージェント
                                                                                            
会員数入会金月額料金
18,737人9,800円12,000円

「まずは結婚相談所を体験してみたい」「婚活初心者にオススメのサービスを教えてほしい」
という方であれば、エン婚活エージェントがおすすめです。

なぜなら、業界最安値のオンライン結婚相談所だから。
数ある婚活サービスの中でも、低コストかつ高クオリティの婚活サービス。

【評判】エン婚活エージェントの口コミ・料金を徹底解説

・初期費用は結婚相談所の1/12

・年間費用は結婚相談所の1/2

・結婚相談所と婚活サイトのいいところをとったオンライン結婚相談所

・今なら3ヶ月で出会いがなければ、返金保証付き

エン婚活エージェント 公式HPへ

オススメの結婚相談所:パートナーエージェント

パートナーエージェント
                                                                                            
会員数入会金月額料金
11,651人125,000円16,000円

「結婚できない人をゼロに。」がキャッチコピーのパートナーエージェント
大手結婚相談所の中でもサポートが手厚いことで有名です。
大手結婚相談所で迷ったら老舗のパートナーエージェントがおすすめ!

【評判】パートナーエージェントの口コミ・料金を徹底解説

・成婚率No.1の結婚相談所。

・先月成婚した人数、平均成婚期間など数値を公開中。

・全国に30店舗展開。

・上場企業が運営だからこその信頼と安全。

パートナーエージェントの公式HPへ

女性が結婚したいと思う男性になるためのコツ

gettyimages (55060)

Licensed by Getty Images

最後に、女性が結婚したいと思う男になるコツをみていきましょう

女性が結婚したいと思う男性像は、決して特別なものではありません。中高生の女の子が芸能人に憧れるようなものではないのです。

結婚したいと思っている女性の望む男性像というのは、ごく普通の男性です。自分や家族に対する思いやりがあってある程度家庭的、明るい将来を築けるような夫であり、これから生まれてくる子供の父親

ほんのちょっとした気配りで女性から求められる男性になれるのです。

前提として相手の気持ちを考えることを大切にする

女性から結婚を望まれる男性になるには、まず、何をおいても、相手の気持ちを考えること、そして、その気持ちを尊重すること、この二点を忘れないようにしましょう。

これは結婚というよりも、男女の付き合いにおける大前提です。同じ人間とはいうものの、男性と女性の間には、根本的な違いがあります。この違いを受け入れておかないと、付き合いはうまくいきません。

たとえば、男女の体力の差、これは歴然としています。男性が自分の普段のペースで歩くと、女性は付いて歩くのに骨がおれます。考え方やものの受け入れ方も同様で、男性が「当たり前」だと思っていることでも、女性にはとても受け入れられないこともあるのです。

女性と付き合っていくには、こうした違いを前提として受け入れ、相手と気持ちを摺り寄せていくことが大事なのです。

結婚に向け、家事は練習しておく

本気で結婚を考え始めたら、基本的なことからでいいので、家事の練習をしておくようにしましょう。

男性は家事を軽く考えてしまいがちですが、家のことをまったくしない、何も出来ない人というのは、男性でも女性でも、他人に自立しているイメージを与えません。婚活で、実家住みの男女が敬遠されるのは、独り立ちしていないイメージ、家事が出来ないイメージを与えるからです。

男性の場合特に、家事が出来ると余裕が伺えるものです。逆に、全然家事が出来ない、そして、それを隠そうともしない男性の場合、この人は家政婦代わりの結婚相手を求めているんじゃ・・・と思われかねません

実際に結婚して子供が生まれれば、多少なりとも家事の分担はする必要が出てきます。いざとなって困らないように、少しずつ練習していきましょう。

明るく前向きに振る舞う

婚活でもっとも大切なのは、明るい雰囲気です。明るさは婚活のベースだと思っておきましょう。女性のお化粧でいえばファンデーション、筋トレでいえば基礎体力、つまり、それがあって初めて最初のステップに進めるベースです。

婚活は楽しいことばかりではありません。面倒なこともあれば、不愉快なこともあります。お金を出して参加しているのに成果が得られないとイラつくこともあるでしょう。

でも、そうしたことは現実の生活にもつき物ですよね。婚活で嫌なことがあっても明るく、前向きの姿勢が見える人となら、結婚して家庭を築いてもうまくやっていけるような気がするものです。

婚活のシーンでは、これまでの経歴やスペックだけではなく、結婚後の将来像を観察されていると思ってくださいね。

結婚したい男性とは?実際の声から結婚したい男性になるための秘訣を探るについてのまとめ

thinkstock (55199)

Licensed by Getty Images

女性が結婚したいと思う男性像というのは、結婚後の家庭のなかで一緒に明るい家庭を築き、協力して子供を育てていけるようなパートナーです。イケメンだったり、長身だったりといった学生時代の理想は、そこにはありません。

求められるのは、真面目で思いやりのある誠実な男性。さらに、家庭を築いていく上で最低限の条件である経済力、自立心、家族を守る心が備わっていけば、女性たちの見る目も変わってきます

結婚したいと思われる男性は決して特別な存在ではなく、ちょっとしたことに気付き、それを実践している男性なのです。

ライター情報
VICKY.です。東ヨーロッパを拠点に活動するフリーライター兼キュレーターです。バツイチで、現在はロシア系ウクライナ人のパートナーと同居中。amoreでは婚活、恋活、恋愛テクニックに関する記事をお届けしています。黒猫とオレンジジュースとあんまりパリッとしてないクロワッサンが好き。よろしく!
全国200件以上を訪問したアモーレが選ぶ結婚相談所ランキング
結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.