2018年10月12日更新
婚活サイトの離婚率は恋愛結婚より低いのはなぜ?|理由を解説

婚活サイトの離婚率は恋愛結婚より低いのはなぜ?|理由を解説

離婚率は現在非常に高くなってきています。しかし、婚活サイトで結婚したお見合い婚の離婚率はかなり低くなっています。なぜ婚活サイトでの結婚は離婚率が低いのか教えます!

婚活サイトで結婚した人の離婚率は低い

gettyimages (75452)
Licensed by Getty Images

みなさんアモっていますか?

日本の離婚率は2002年をピークに上昇に歯止めがかかっていますが、私たちの親の世代である30~40年前と比べると3倍近い高い数値になっています。

そんな中で注目すべきなのが、婚活サイトで結婚したカップルの離婚率の低さです。

婚活サイトの歴史そのものが浅いので、正確な数値は出ていませんが、一般のお見合い結婚の離婚率とほぼ同等の10%前後といわれています。

ネットを介した出会い、結婚に不安を覚える人もいる中、どうして低い離婚率を保っているのでしょうか。

その不思議を分析していきましょう。

お見合いは離婚率を下げる

gettyimages (75554)
Licensed by Getty Images

昔から言われているように、恋愛結婚よりお見合い結婚の方が、一般的に、離婚率が低くなっています。

日本では50年ほど前まではお見合いの方が結婚形態の主流でした。

お見合いで結婚したカップルと恋愛で結婚したカップルの数がだいたい同じくらいになったのが昭和40年頃、そして、以降は恋愛結婚が主流になります。

一方、離婚率のほうも、恋愛結婚が主流になるにつれて上昇していきます。

反面、お見合いで結婚したカップルの離婚率は以前どおり、変わっていないのです。

一時の情熱で結ばれる恋愛結婚と違って、お見合い結婚のカップルは簡単に離婚しない傾向にあるのですね。

大前提として全員が結婚を目標に登録している

お見合いで結婚したカップルが離婚しにくいのは、大前提として、互いが結婚を目標にしているからです。

これは婚活サイトでお見合い結婚したカップルについてもいえることで、少なくとも真面目な会員に関しては、全員が結婚を前提に登録しています。

婚活サイトで成婚したカップルは、恋愛の結果が結婚だった恋愛結婚カップルとは違い、最初から結婚を前提に相手を選んでいるので、結婚後に「落差」でがっかりすることがないのです。

恋愛の結果が結婚という恋愛結婚カップルと、結婚を目標に相手を選んだ婚活サイトのカップルとの差が、結婚後に現れるということです。

理想のタイプに会いやすい

お見合いや婚活サイトの利点は、理想の結婚相手に会いやすいという点にあります。

恋愛結婚は恋愛感情からスタートしますので、フィーリングが合えば、相手が理想どおりでなくても、条件が悪くても、恋におちて、付き合い始めます。

そして、そのままの勢いで結婚してしまうと、「こんなはずじゃなかった・・・」ということになり勝ちなのです。

その点、婚活サイトでは最初に条件を出して相手を探しますので、考えて選んだ理想の相手に会いやすいのですね。

フィーリングで選んだ相手か、考えて選んだ相手か、この差が離婚率の差に出てきているようです。

婚活サイトを使ったお見合い婚のメリット

gettyimages (75453)
Licensed by Getty Images

次は、婚活サイト特有のメリットについてみてみましょう。

婚活サイトを利用したお見合い婚には、従来の伝統的なお見合いを超えた、独自のメリットがあります。

一言で言うと、丁寧なサポートです。

婚活サイトは「婚活」という言葉が生まれた2008年頃から急速に一般化し、巨大なマーケットになりましたが、その背景には、深刻な非婚化、晩婚化、そして少子化の現状がありました。

このままでは誰も結婚できなくなってしまうのではという危機感から生まれたブームですので、日本人の非婚、晩婚志向を繊細にケアしながら進展してきたのです。

大手の婚活サイトはどこも結婚問題の専門家がユーザーをサポートしているので安心して利用できるのですね。

専門家のサポートを受けられる

婚活サイトを利用してのお見合いの利点は、専門家のサポートを受けられる点です。

すべての婚活サイトが結婚相談所のような専任アドバイザーを配備しているわけではありませんが、大手の婚活サイトではサポートスタッフがついていますので、必要に応じてアドバイスを求めることができます。

たとえば、婚活大手のIBJが運営するブライダルネットでは、婚シェルと呼ばれるサポートスタッフがユーザー一人ひとりについています。

不審なユーザーがいれば報告できますし、自分の求めているタイプの人との出会いについて相談することもできるので、安心して活動できるのです。

結婚の影響で親と拗れることがない

婚活サイトでのお見合いの利点の一つに、結婚の影響で親との関係が拗れることがないという点があげられます。

これは、恋愛結婚との大きな違いですね。

恋愛結婚ではしばしば親の反対に遭い、結婚後まで関係が拗れてしまうことがあります。

熱情にかられているときは、親の声というのはなかなか耳に届かないものですからしょうがないのかもしれません。

一方、婚活サイトを介してのお見合い結婚では、最初から結婚を前提に付き合う相手を探すので、親との関係が拗れる可能性は低くなります。

結婚のせいで親子が不仲になってしまうのは、親にとっても、子供にとっても残念なことですので、そうした可能性を排除できるのは大きなメリットですね。

相手との関係をフラットな状態で始められる

相手との関係をフラットな状態で始められるのも、婚活サイトを介したお見合いの利点の一つといえるでしょう。

同じお見合いでも、仲人さんを介した伝統的なお見合いだと、家柄や家格といったことが取り沙汰されて、当人同士も面倒な思いをすることになりがちです。

婚活サイトを介したお見合いだと、こうした旧習に振り回されることなく、お互いの気持ちを尊重して交際を始められるので、後々まで気軽に付き合っていけます。

そういう点では、婚活サイトを介したお見合い結婚というのは、従来のお見合い結婚と恋愛結婚の良い所を合わせたようなシステムといえるかもしれません。

恋愛結婚のデメリット

gettyimages (75454)
Licensed by Getty Images

1960年代後半以降、伝統的なお見合い結婚は廃れていき、結婚=恋愛結婚という風潮に流れていきますが、恋愛結婚にも様々なデメリットがあります。

2000年代に入ってネットが一般化し、婚活という言葉が生まれて、新しい結婚への道が開かれました。

それまでは他に方法がなかったため、恋愛が結婚への王道だったわけですが、実のところ、恋愛結婚には日本人の性質にそぐわない点もありました。

「婚活」という言葉が生まれる背景となった非婚化、晩婚化、少子高齢化といった結婚、出産を忌避する傾向も、恋愛結婚のマイナスの側面から生まれたものといえるかもしれませんね。

好きという気持ちだけで結婚してしまうため後悔する可能性がある

恋愛結婚のデメリットとして誰もが真っ先に思い浮かべるのは、恋愛感情と結婚生活のズレです。

恋愛から結婚するカップルの多くは、好きという気持ちだけで結婚に向かってしまうため、後悔する可能性があるということですね。

勿論、恋愛結婚するカップルのすべてが恋愛感情だけで結婚するわけではなく、周囲の意見を入れて周到に考えた上、十分に準備して結婚するカップルもいます。

ですが、日本のカップルの傾向として、長く、周到に付き合ったカップルほど結婚しないで終わる、あるいは、長く付き合った相手と別れて、別の相手と結婚するという形が見られるのです。

そしてその結果、あまり長続きすることなく破綻して終わるというカップルが近年よく見られます。

結婚までの時間がかかる

恋愛結婚のデメリットとして専門家があげるのは、結婚までの時間がかかる点です。

これは日本人に顕著な傾向で、国立社会保障・人口問題研究所「夫妻の結婚過程」によると、夫婦が出会ってから結婚するまでの平均交際期間は4.3年とのことです。

この20年間で1.72年も長くなっている上、出会った年齢も遅くなっています。

過去5年間に結婚したカップルについてみても、男女とも平均25歳前後での出会いですので、結婚する年齢は30歳近くということになってしまいます。

そして、その時期に結婚し損ねると、非婚化の波に飲み込まれるということです。

欧米のカップルのように、出会って、気があったらストレートに結婚という方向に進まないのが日本の恋愛カップルの特徴なんですね。

お見合い婚で幸せになれる

gettyimages (75456)
Licensed by Getty Images

恋愛結婚にもメリットはあるし、決して悪いものではないけれど、デメリットもあるということが見えてきましたね。

では、お見合い婚で幸せになれるんでしょうか?

婚活サイトを介したお見合い婚はまだ新しい形態ですが、これまでの結婚形式で満足を得られなかった人たち、カップルになれなかった人たちにも満足を与えています。

相手に対する不安感を持たずに結婚できる点、結婚までの時間がかからない点、物質的に安定した結婚生活を得られる点など、恋愛結婚にはないお見合い婚のメリットを生かし、幸せになっているカップルは年々増えているのです。

ほとんどの人が生活が安定している

婚活サイトを介したお見合い婚の利点は、経済的に安定した結婚生活を得られる点です。

婚活サイトを利用したお見合い婚で結婚したカップルのほとんどが、安定した結婚生活を送っていると報告されています。

これは当然のことで、婚活というのは、安全で安定した結婚生活を見つけるための活動です。

婚活サイトでは、健全な結婚生活につながる情報を検索して、相手を見つける努力をするのです。

そのため、サイト側は、独身証明のほか、必要に応じて、収入証明、学歴証明などの提出を受け付けています。

個人の婚活ではなかなか訊けないようなことでも、サイト側が提供してくれるので、安全な人と出会えるわけです。

遊び目的の人を避けることができる

婚活サイトでのお見合い婚の利点は、遊び目的の人を避けることが出来る点です。

恋愛がなかなか結婚にまで至らないのは、男女双方の結婚への感情に隔たりがあるからです。

一方は真剣に結婚を考えていても、他方はまだ遊びたい。

そういう心境のズレがあると、結婚にはいたりません。

また、同じ婚活イベントでも、一般的なパーティーなどでは、遊び目的や軽い冷やかし気分で参加している人もいます。

こちらもひっかかったら最後、時間を無駄にしてしまいます。

その点、婚活サイトでのお見合いでは、あらかじめメッセージでそうした遊び目的のユーザーを排除することができます。

ただ、そのためには、監視体制の整った、大手の婚活サイトを選ぶことが大切です。

おすすめ婚活サイト

ゼクシィ縁結びanalytics
会員数 月額費
約50万人 2592円~(税込)

真剣に結婚を考えたお付き合いを考えている人にオススメなのが、ゼクシィ縁結び。

会員の真剣度は勿論、あなたと合いそうな人の紹介や、デートセッティング代行など婚活アプリの域を超えたサポートをしてくれます。

価値観マッチングにより、あなたに合った人を毎日ご紹介

・場所から時間まで、面倒なデートセッティングをスタッフが代行

まずは無料登録で、気になる異性をチェックしてみませんか?

ゼクシィ縁結びanalytics

お見合い婚は恋愛結婚より離婚率が低い まとめ

gettyimages (75463)
Licensed by Getty Images

婚活サイトを介したお見合い婚は、まだ10数年の短い歴史です。

ただ、お見合いという形態は日本の社会に長く根付いてきました。

現在の婚活サイトによるお見合い婚は、こうした日本の伝統と新しいネット社会の自由恋愛の良いところを取り合わせたような新しい結婚形式です。

恋愛の延長としてではなく、最初から結婚を見据えた結びつきだけに、離婚率も低くなるということなんですね。

管理体制の整った婚活サイトを選び、安全で安定した結婚生活を目指しましょう!

以上アモーレでした!

ライター アイコン ライター情報
はじめまして、アモーレではアナタの結婚を応援します。
結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
地域の結婚相談所を探す
結婚相談所紹介バナー
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.