2018年10月9日更新
結婚したい男性の「子どもがほしい」発言はNG?失敗原因5つと成功の秘訣!

結婚したい男性の「子どもがほしい」発言はNG?失敗原因5つと成功の秘訣!

結婚したい!将来子どもがほしい!そう気合をいれ婚活に挑む男性も多くいるでしょう。でも子どもがほしい発言、ストップ!結婚したい・子供が欲しい男性はまずは出産や育児などの問題を理解することが大事です。この記事では婚活成功のための秘訣も紹介します。

男性の「結婚したい・子供ほしい」発言は悪印象?

gettyimages (99384)
Licensed by Getty Images

結婚して幸せな家庭を築いていきたい!そう考えるからこそ、多くの人が婚活を頑張っているのだと思います。そして結婚後は子どもがほしい…と将来を想像しながらお相手を探す。全く間違っていません!

しかし!男性の「子どもほしい」という素直な言葉が婚活失敗のキーワードの1つになってしまう場合もあるのです。

なぜならば女性は「子どもがほしい」という男性の言葉に対して

・そのあとの事どこまで考えてくれているのかしら

・そう言えば女性は結婚に食いつくと思ってるんじゃないの?

というように身構えてしまったりします。せっかく2人が出会えても、なんてことない言葉で壁を作られてはたまったものじゃありませんよね。

そこでこの記事では、男性の「子どもがほしい」発言がダメな理由を5つ紹介し、「婚活成功の秘訣は?」「行き詰ったときにどう対応することが良いのか」をお話ししていきます。

男性の「子どもがほしい」発言で婚活失敗する原因とは?

gettyimages (97103)
Licensed by Getty Images

まずは最初に、なぜ男性が「子どもがほしい」を理由にすると、構えてしまう女性がいるのか...その理由5つは以下になります。

①:女性の年齢と出産の関係を理解していない原因①へジャンプ

②:妊娠できない原因が男性のケースもあることを知らない原因②へジャンプ

③:出産後にやってくる育児問題についての知識が乏しい原因③へジャンプ

④:女性みんなが子どもを望んで婚活しているわけではない原因④へジャンプ

⑤:自分の「理想的な結婚感」にとらわれ過ぎてしまう原因⑤へジャンプ

少しでもギクリ...!としたそこの男性皆さん。これからそれぞれ詳しく説明するので、ぜひ参考にしてください。

原因①:女性の年齢と出産の関係を理解していない

gettyimages (97793)
Licensed by Getty Images

一概にすべての女性に当てはまると断言することはできませんが、公益社団法人・日本産婦人科では女性の妊娠適齢期は卵子の数が急激に減少していく37歳あたりまでだと言われています。

他にも卵子は染色体の異常などが発生しやすくなる年齢が35歳ごろからということも分かっています。(以下引用で紹介)

さらに卵子の質の低下(染色体数の異常)については35歳頃より数の異常な染色体の割合が上昇する。卵子、および精子のような生殖細胞は、減数分裂を2回繰り返すことで二価染色体を一価染色体として配偶子に分配し、受精によってその数を回復する。加齢による染色体数の異常の原因は、減数分裂の過程で正常に配偶子を分配できないことである。

また、年齢が上がるにつれて出産のリスクも増加します。紹介できる最新のデータが2012年度になりますが、ぜひ参考にしてください。

ART妊娠率・出産率・流産率2012
ART妊娠率・出産率・流産率2012

繰り返しになりますが、女性それぞれによっては高齢出産といわれる35歳以上でも子どもを産むことはできます。しかし、ここで説明したように出産にはいろいろな問題が生じやすいというきちんとした知識を男性も理解する必要があるといえるのです。

女性の年齢と出産の関係まとめ

・妊娠適齢期は37歳あたりまで

・35歳あたりから染色体の異常が増加傾向にある

・出産のリスクは30歳後半から30%以上にあがる

今すぐ婚活成功の秘訣を読みたい!という方→秘訣へジャンプ

原因②:妊娠できない原因が男性にあるケースがあることを知らない

gettyimages (97794)
Licensed by Getty Images

例えば、女性は若ければ若いほど妊娠しやすいとされていますが、これは男性も同じです。男性の年齢が若ければ妊娠の確率はあがります

反対に、年齢が35歳以上になると精子の数は25歳時の約半分にまで減少してしまうという報告もあるので引用にて紹介します。

男性の場合も加齢による精巣機能低下に伴い精液量、精子正常形態率、精子運動率が減少し、精子DNAの損傷の割合も上昇することから、男性の年齢の上昇が妊孕能の低下や流早産率の上昇に寄与するといわれている。2000年の男性年齢と妊孕に関する疫学調査7)によると、25歳未満の男性を基準とすると35歳以上では一年以内に妊娠へ至る確率は1/2になると報告している。

このように、男性も年齢が上がるにつれて妊孕能が低下していくことがわかっています。

例えば、男女それぞれが高齢出産で生まれてくる子どもに与える障害も以下のようにあります。

・卵子の染色体異常によるダウン症や先天性な以上や疾患

・精子の染色体異常による自閉症などの病気

必ずの病気ではありませんが、こうした知識も学ぶことは大事なことと言えます。

今すぐ婚活成功の秘訣を読みたい!という方→秘訣へジャンプ

原因③:出産後にやってくる育児問題についての知識が乏しい

ライター アイコン ライター情報
要点はわかりやすく、読んで楽しめタメになる記事を書いていきます。
全国200件以上を訪問したアモーレが選ぶ結婚相談所ランキング
結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
地域の結婚相談所を探す
結婚相談所紹介バナー
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.