2017年10月15日更新
アラフィフシングルマザーの初めての婚活体験 アラフィフシングルマザーの初めての婚活体験
アラフィフの再婚を目指し、私は婚活をスタートさせました!そんな私の初めての婚活体験をお伝えします。

もう一花咲かせたい!

離婚してそろそろ2年。子供たちも巣立つ年頃になってきた。
離婚後は精神疲労でぐったりしていた時もあったけど、少しづつ元気も取り戻してきたし。
いやそれより来年になったら私・・・50歳!!
あっちもこっちも重力に逆らえなくなってきたお年頃。
孤独死したくなかったら、今すぐ婚活始めるしかないんじゃないの!!!
てな訳で、勇気を振り絞って婚活を始めてみることにしました。

gettyimages (24402)
Licensed by Getty Images

初めての婚活パーティー

ドキドキの申込み

いろいろな婚活ツールがあるなかで、私が選んだのは婚活パーティーでした。
婚活アプリは相手の顔が見えないのでなんだか怖いし、結婚相談所はなんとなく敷居が高く感じたからです。
だいたいこの年齢で婚活なんか出来るのかと思ったんだけど、ありました!
エクシオという婚活パーティーの大手企業が「40代中心」というパーティーを開催することが分かり、早速申し込みました。

パーティー当日

いよいよパーティー当日、朝からソワソワ。
まずは何を着ていくか、どんなメイクをしていくかでかなり悩みました。
人は見た目が9割。相手にどんな印象を与えるで勝負が決まります。
今が20代なら間違いなく男性好みのゆるふわ可愛い系で行くのですが、なんせ来年50のアラフィフ。
それなりに大人の魅力も出さなきゃと、落ち着いた紫のワンピースにばっちりメイクで行くことにしました。

会場入り

会場は某ターミナルホテルの個室。ということなので、それなりの会場を想像していたのですが、行ってみてビックリ!ものすごーく殺風景でまるで会議室。
長机にパイプ椅子が並べられているだけ。
最初に会費を払って身分証明書を見せるのですが、みんな無言で一列に並んでなんだかお葬式みたい。
それに男性陣のファッションを見てまたまたビックリ、婚活パーティーなのにその服装?っていうような方が多い。
これから未来のパートナーと運命の出会い♡・・・だなんて雰囲気は微塵もありません。

プロフィールカードの記入

席についたらまずはプロフィールカードの記入です。
年齢から始まり、職業、年収、未婚か婚姻歴ありか、血液型や星座、趣味や好きな音楽、カップルになったら行ってみたい場所などかなり細かく記入する欄があります。お互いこれしか情報がないので、とっても重要です。
女性としては特に相手の職業とか年収が気になりますよね。

パーティースタート

この日は男性9人女性8人参加。司会の女性の合図と共にパーティースタート。
まずはプロフィールカードを対面に座っている男性と交換しお話をします。
その時間なんと2分!そして時間が来たら男性が席を一つ隣へ移動して行くという、まるで回転寿司状態!!
初めて参加する私は緊張と要領の悪さから、誰と何を話したのかが全く分からないまま、あっという間に一周目が終了。
一応相手の事をメモする紙を渡されるのですが、なにせ時間は2分。
番号と名前を記入するのが精一杯で、全くメモが役立っていない。

お気に入りの相手へアプローチ

一回目の回転寿司が終わった時点で、自分が気に入った相手を二人選んでカードに記入します。これは後ほど集計されて、誰が自分のことを気に入ってくれているか分かるようになっています。
それとは別に2名にメッセージカードを渡すことが出来ます。
私も何人かから連絡先が書かれたカードをいただきました。
お気に入りに選んでくれた方はなんと6人も!
オバサンでもまだまだイケる!とちょっと嬉しくなりました。

再び回転寿司

さて、いよいよ二回目の回転寿司が始まります。一回目で失敗したので今度はお話しながらちゃんとメモを取ろうと思ったのですが、目の前に相手がいるのでなかなかそうもいきません。
それに初対面の方と一気に何人もお話するのって、思っている以上にすっごく疲れるんですよね。
だいたい興味のない人とは二回も話すことないし・・・。
笑顔もだんだんこわばっていきます。

告白カードの記入

二回のトークタイムが終了し、いよいよ最終的に自分の気に入った人を1番から3番までカードに記入します。
私はメモがうまく取れなかったのもあって、正直誰が誰だか分からない。
なんとなく感じ良かった(だろうと思われる人)を3人選んだのだけど、誰を1番に書くかが決まらない。だって番号と顔が一致しないから選びようがない。
最後の最後まで迷っていたら、司会の女性が「そろそろいいですか?」と詰め寄ってくる。
えーいどうにでもなれーーーと、適当に1番から3番まで記入してカードを提出しました。

カップル発表

さあ、いよいよカップル発表です。
「今日のカップルは3組です」と前もって発表。
それから次々に番号が呼ばれて・・・な、なんと私もカップルになってしまいました!!!
「カップルになった人はロビーに集まってください」とアナウンスがあったので、ロビーに行ったら男性が何人かいたのですが、なにせテキトーに番号を書いたものだから、相手がどの人かが分からない。
そのうち一人の男性が話しかけてきて、ああこの人か!と分かりました(笑)

アフターパーティー

パーティー後はまだ時間も早かったので、カップルになった方とお茶をして帰りました。
ですが特にその後は進展なし。

婚活パーティーに参加してみて

第一印象が大事

これは女性側からの意見ですが男性で40代以上ともなると、見た目に気を配らなくなってしまいがちの方が多いのかなと。
実はその後アラフィフのパーティーにも参加してみたのですが、この時はもっとそれを感じました。
スーツまではいかなくともせめてジャッケトくらいは着用したほうが、好感度が上がる気がします。
そして男性はやはりいくつになっても女を忘れない女性が好きなようです。
女性も出来ればスカートかワンピース、明るめの色で、女性らしさをアピールした方が人気がありますね。

プロフィールカードがどこまで事実か分からない

私が婚活パーティーを選んだ理由の一つが「婚活アプリでの出会いは嘘が多そうで怖いから」というものだったのですが、よくよく考えたらプロフィールカードもどこまで本当か分からないですよね。
参加時に免許証等での本人確認はありますが、それ以外は確かめようがありません。それを考えると一番安全なのは、やはり結婚相談所なのかなとも感じました。

時間が短すぎる

たった数分お話しただけでは相手がどんな方かも分からないし、ましてや自分との相性までは分かりませんよね。
あれだけ気力体力使って大勢の方とお話して、最終的にカップルになったとしても、それからまたいろいろ突っ込んでお話してみないと分からないことが沢山ある。
婚活パーティーは一見効率良いように思いますが、実はかなり非効率なのかも。

第二の人生を夢見る婚活組が熱い

婚活を始める前は、この年齢で子持ちで婚活ってどうなの?!と思っていたのですが、いやいやみんなかなり熱い!そしてすごく真剣です。
今やシニア婚活がブームになっている時代。まだまだ諦める必要は全くないんだなと感じれたことは、とても大きな収穫でした。
今はいろんなタイプの婚活があるので、自分に合ったものを選んでいけたらと思います。

はじめまして、今回の記事を担当している「アモーレ編集部」です。婚活は全員が初心者、期待と不安が錯綜する業界だからこそ「婚活のはじめてを支える」を理念に掲げ、記事を書いています。「自分にはどの婚活サービスが向いているか」分からない方のために婚活相談窓口をご用意しています。詳しくはこちらをご覧ください。
Copyright © amore All Rights Reserved.