• 私の婚活の失敗談|婚活サービスによって出会いの効率が全然違う
2018年5月8日更新
私の婚活の失敗談|婚活サービスによって出会いの効率が全然違う

私の婚活の失敗談|婚活サービスによって出会いの効率が全然違う

街コン、料理コン、合コンなど複数のサービスを利用したからこそ見えてきた、私の婚活方法の失敗を皆さんに紹介してきます。婚活を見直したい人はぜひ一度お読みになると参考になるはずです。

今まで、様々な婚活を体験してきました。

頭では「この婚活は、だいたいこんな感じかな」と分かっていたつもりでも、実際に体験してみると「えっこうなるんだ」と驚くことも多々ありました。

どれも、実際に体験してみなければ分からなかったことです。

これから婚活を始めるかたや、今婚活を頑張っているかたの参考になればと、私の体験をお伝えします。

婚活の失敗から分かった発見

婚活の失敗から分かった発見

Licensed by Getty Images

効率が良い・悪い

合コン的なものは効率が悪い

私は合コン系のものでは、街コン、料理コン、あるいは普通に合コン、友人の紹介などを経験しました。

しかし、どれも「出会える数」が非常に効率が悪いことにふと気付きました。

私は、多くの男性を知りその男性を選別していくスタイルを自分の中で思い描いていたので、私にはまず多くの男性と出会える機会が必要でした。

その機会を求めて上記の合コン類に参加したのですが、出会える男性の数が圧倒的に少ないのです。

街コン

イメージとの違い

街コン、と聞くと例えば男200人、女性200人などでの町全体での大規模な合コンがイメージできます。

しかしそれは大きな間違いです。

街コンには時間制限があり、さらに店から店への徒歩での移動時間も考えると、実質マトモに会話することができる男性は、どんなに頑張っても8~10人程度なのです。

2名で1グループとして参加するので、グループ数でいうと4~5組の男性グループとしか知り合えないのです。

相席相手は運次第

店に入ると、スタッフが席まで誘導します。

そして案内された席で、先に座っていた男性グループと相席になり食事や会話を楽しむ、というものなのですが、まさに運によって左右されます。

到着順がすべてで指定ができない

店に入った瞬間、「いいな」と思った男性グループがあったとしても、こちらから「あの席がいいです」と指定ができません。

あくまで到着順に、スタッフが空席から案内していくので、どう頑張っても全く好みではない男性グループと相席になるかもしれないのです。

相席相手が好みではなかった場合

そういった、明らかに好みではなく、会話も嚙み合うことが期待できなそうな男性グループと相席になったら最悪の時間となります。

頑張って話を合わせて、美味しいはずの料理も味がせず、非常に苦痛の時間が流れます。

非効率的である理由

先述しましたが、時間内で知り合える男性グループの数は、せいぜい4~5組くらいです。

その中でも、自分も好みだなと思える男性グループは、1組いれば上出来なくらいです。

そしてその1組は、同じように自分のことを好いてくれるとは限らないことを頭に入れておかなければなりません。

街コンは、非常に運任せの効率が良くない婚活方法なのです。

料理コン

知り合える男性は2名のみ

これも運次第です。

しかも知り合える男性は2名のみで、婚活としては非常に効率が悪いです。

あらかじめ講師の先生が調理室における座席を指定するのですが、年代も好みも風貌もまったく関係なくランダムに振り分けられるので、全く好みではない人が同じ班になったら最悪です。

私が参加した料理コンでは、あきらかに不潔そうな人と同じ班を指定されてしまったので、不潔な人が作った手料理を黙々と食べる、という苦行を味わいました。

合コン

参加相手の事情はわからない

また合コンや友人の紹介も、出会える数の効率としては良くないといえます。

合コンなんてせいぜい男性3~4人程度の参加で、友人の紹介なら1名しか出会えません。

そして合コンは、彼女がいる男性が参加している可能性もあるし、あるいは人数あわせで無理やり連れてこられた、出会いに消極的な男性が参加しているかもしれないのです。

友人の紹介

1名しか知りあえないうえに人見知りにはキツイ

友人の紹介は1名しか紹介してもらえないし、「連絡先を教えるからあとは2人でやり取りして」と最初から丸投げされるケースもありました。

メールをやり取りして実際に会っても、「共通の友人がいる」という安心感よりも「知らない人といきなり2人で待ち合わせ」という人見知り感が前面に出てしまい、うまく会話も弾まず失敗に終わることが多くありました。

出会いの数が多いもの

お見合いパーティー

その点、発展させていくにはコツがありますが、お見合いパーティーや婚活サイトでは一度にたくさんの男性を知ることができたので、効率的な意味ではおすすめです。

ただ、お見合いパーティーは、同じ企業が同じ場所で主催しているものに何度も参加すると、参加者の顔ぶれも「常連さん」ばかりの面々になってきて新しい出会いどころではなくなるので、何度も同じものに参加しないようご注意ください。

婚活サイト

また婚活サイトでは、最初から男性の写真とプロフィールを知れて選別できたことは効率的でした。

また男性側からも、あらかじめ私の経歴やプロフィールを知ったうえでアプローチするか否かを決められる、というメリットがあると思います。

つまりメールをしてくれる男性は、必然的に私が「恋愛対象としてアリ」という男性ばかりになり、効率的でした。

しかし男性とメールを続けるのにはコツがあるようで、メールが自然消滅してしまった男性も多くいます。

結婚相談所

結婚相談所の利用が他のサービスと一番異なっていたのは、利用者の真剣度でした。

それなりに費用もかかるし、入会の手続きが面倒な分、利用者は真面目で誠実にパートナーを探している方ばかりでした。

月々の紹介に加え、自分から検索によって良いなと思える人にお見合い申請を送ることができ、出会う際も連絡先を交換できない仕組みになっていたので安心でした。

結婚までの効率の良さでいったら、一番良いなと思いました。

あと、慎重にお相手選びをしたいなと思うスピード結婚は嫌だなというイメージがあったのですが、仮交際ではなんと複数交際可能で、しっかりベストパートナーを選べる仕組みがあって、感動しました。

経験から分かったこと

自分に合った方法を選ぶ

どの婚活手段を選ぶにしても、メリットとデメリットは表裏一体だと思います。

ご自身に合った婚活手段を選ぶことが重要だと思います。

ライター情報
はじめまして、今回の記事を担当している「アモーレ編集部」です。婚活は全員が初心者、期待と不安が錯綜する業界だからこそ「婚活のはじめてを支える」を理念に掲げ、記事を書いています。「自分にはどの婚活サービスが向いているか」分からない方のために婚活相談窓口をご用意しています。詳しくはこちらをご覧ください。
結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
地域の結婚相談所を探す
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.