2018年4月27日更新
街コンの体験談 | -初めて街コンに参加をしてみて-

街コンの体験談 | -初めて街コンに参加をしてみて-

街コンに参加してきました!街コンの流れから様子まで、詳しく私の体験談をお伝えします。街コンの参加を検討している方はぜひ参考にしてみては。

街コン、という言葉が最近ニュースなどでよく取り上げられるようになり、現在いろんな街で普及してきていますよね。私は、彼氏が欲しくて地元の街コンに真剣に参加してきました。2名ずつでの参加になるので、友人を誘って2人で参加しました。

街コンって、聞いたことはあるけど実際どんな感じなのか知りたい・・・と気になっているあなたに、私の体験談をそのままお伝えいたします。

thinkstock (24244)

Licensed by Getty Images

街コン開始時間まで

集合場所にて受付を済ませる

集合は、駅ビルの最上階でした。最上階はレストランフロアなのですが、エスカレーターを昇ってすぐのところに簡易的な長机が用意されており、そこで受付を済ませます。あらかじめ予約していた氏名を告げて料金を払います。引き換えに、色のついたリストバンドを渡されます。

これが、「街コン参加者である証」として、協賛店である様々な飲食店に自由に出入りすることができるのです。遊園地で言うところの「フリーパス」のようなものです。制限時間(街コン終了)まで2時間です。2時間なら協賛店間を自由に行き来できます。

スタッフの説明を全員で聞く

受付を終えて手首にリストバンドをつけたら、すぐ横の会議室のような場所に案内されました。開始時間になったらそこに参加者全員が集まり、開始にあたってのスタッフの説明を聞きます。

実はこの会議室での集合が一番緊張しました。地元で開催される街コンだけあって、「知り合いや同級生が参加していたらどうしよう・・・街コンに参加しているところを見られていたら恥ずかしい」と変な見栄が邪魔をして、私はビクビクしながら参加者全員を見渡していました。

いよいよ街コンがスタート

説明終了後、解散して自由行動へ

マイクでのスタッフの説明を聞き終えたら、解散です。地図を渡されるので、その地図を見ながら街を歩きまわります。協賛店は地図上で大きく描かれているので、その協賛店に入って、スタッフの案内で男性2名の座る席と私たち2人が相席となるシステムです。協賛店は合計で10店舗くらいありました。

意外なデメリット

しかしそれぞれが近い、とは限りません。開催は夏の夕方だったのですが、結構な気温の中、汗だくで次の店へ歩かなければなりませんでした。協賛店のジャンルはそれぞれ違います。寿司屋やイタリアンレストラン、バー、中華料理店など様々です。協賛店に入ると、それぞれの店が軽食を出してくれます。

しかし「この店行きたい!」と思った店が駅の反対側だったりするので、移動時間だけで結構な時間がかかります。なので、店をメインにするのか、出会いの数を増やすことをメインにするのか、自分の目的を考えなければなりません。

参加した目的によって行動を分ける

『いろんな店に入っていろんな食事を楽しむ!』というグループは、徒歩でかかる移動時間も気にせず行きたい協賛店に行くのもアリだと思います。しかし私はあくまで出会いの数を求めていたので、「今いる場所から一番近い店」を目指し続けました。

店に入ると相席になるものの・・・

しかし街コンというものは、非常に運まかせで、効率が悪いです。真剣に出会いを求めて参加している人には非常に物足りないです。協賛店に到着すると、案内スタッフが席まで案内します。その席にはあらかじめ男性グループが座っており、そのグループと相席になって食事やトークを楽しむのです。

相席の相手は運次第

しかし、店に入った順で席が決まるので、相席になる男性グループを、こちらで選ぶことができないのです。スタッフの案内で「こちらに」と言われた席に、明らかに好みではなく話も合わないような男性グループが座っていたとしても、「いやこの席はちょっと」と断れないのです。いや、断ることもできると思いますが、男性グループと目が合っている状態で、しかも目の前にして断ることは出来ません・・・。

店には制限時間がある

それぞれの店にいられる時間は、決まっています。20分間でその店を出なければなりません。もちろん一旦出た後に再度入店することは可能なのですが、とにかく20分間でスタッフが「お時間でーす」と退店を促すので、一度は退店しなければならないのです。ですが、20分間を待たずに、自主的に退店することはできます。入店して3分で退店、ということも可能なのです。

当初のイメージ通りにうまくいかない

私はとにかく出会いの数を増やしたかったので、もし好みではない相手だった場合、出された軽食だけササッと食べ、すぐに退店して次の店に向かう予定でいました。しかし実際、好みではない男性グループだとしても、実際に相席になって3分で席を立つというのは、あまりにも相手に失礼な気がして・・・結局、それぞれの店で制限時間の20分間をフルに使ってしまいました。

相手の男性グループも同じ心境でいたと思いますが、「この女性グループ、好みじゃないな・・・他の女性グループに替わってくれないかな、もしくはもう退店したい・・・」と思っても、やはり実際に相手を目の前にすると実行できないものです。なので結局、「相性悪いな・・・話も合わない!好みじゃない!」と思った相席男性たちと、お互いが席を立てないまま制限時間を無駄に過ごしました

街コン終了

何も収穫無く終了

そんな調子で、好みではない男性たちとばかり相席になり、嚙み合わない会話で各お店で制限時間をフルに使ってそのまま街コン終了時刻を迎えました。

店から店への移動時間も考えると、相席として出会えた男性グループはたった4グループほどです。社交辞令で携帯アドレスは交換したりしましたが、お互いに結局一度もメールをしていません。

街コンに参加したい人へアドバイス

真剣に出会いを探していて、出会いの数を求めているのであれば、街コンは非効率的なので、あまりおすすめはしません。どんな男性たちと相席になるかは、まさに運次第、なのです。

ライター情報
はじめまして、今回の記事を担当している「アモーレ編集部」です。婚活は全員が初心者、期待と不安が錯綜する業界だからこそ「婚活のはじめてを支える」を理念に掲げ、記事を書いています。「自分にはどの婚活サービスが向いているか」分からない方のために婚活相談窓口をご用意しています。詳しくはこちらをご覧ください。
結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.