男性が婚活で交際初期に失敗しやすいデート

こんにちは。結婚カウンセラーのsanaです。

婚活中の男性がお見合いから交際へ進展。デート初日を終え、楽しい時間を過ごせたと思っていたら次のデートの予定が全く立たない。

お相手女性に「次はいつ会えますか?」とデート終わりに誘ってはみたものの、「予定が分かったら連絡します。」と言ったっきりLINEが音信不通に・・・。

こんな経験ってありませんか?いったい初回のデートで何か起こっているのでしょうか。

詳しく内容を探ってみるとみると、女性が次のデートに行きたい気持ちになれない理由が分かります。

男性が婚活で交際初期に失敗しやすいデート

お見合いから交際に進むと初回のデートは男性ならスマートに決めたいところだと思います。ところが次のことをデートで行ってしまうと交際終了という悲しい結果にも繋がります。

実際にあった事例からデートで失敗してしまう内容についてお伝えしていきます。

一緒に食事をした時に意外と見られているポイント

初回のデートは食事からという方も多いのではないでしょうか。実際にレストランで食事をした際にお断りに至るケースは意外と多いものです。

食べる時にクチャクチャと咀嚼音を立てていた

これは自分で気づいていない方もいるかも知れません。親しい人に聞いてみるのが一番です。また、鼻呼吸できない人に多いと言われていますので一度自分でもチェックしてみましょう。

食事は毎回するものですし、咀嚼音については女性からはとても伝えにくい部分でもあります。

お箸の持ち方が違っていた

お箸の持ち方については、男性からはほとんどない報告なので、「えぇ?その程度で?」と思われる方もいるでしょう。

「両親から箸の持ち方について厳しく言われ育ったたこともあり、ついつい気になってしまうんです。」と言います。違っていても直せば良い話ですが、こちらも女性からは言いにくいようです。

もし自分が違っていると気づいた場合は、今からでも正しい持ち方を学んで治してみましょう。

いきなりマイ箸でのシェア

一緒にお酒を飲むデートだったとしましょう。何品かチョイスして一緒にシェアすることもあると思います。そこで自分の箸で取り、その箸で食べてしまうという行為がとても嫌がられます。

まだ親しいとは言えない関係ですから、一度自分の口に入った箸でシェアするのは控えましょう。

お散歩デートに潜む危険

近頃は散歩デートも増えてきました。食事の後、少し公園を歩いて話しながらのデートも楽しいものですよね。ところがこんな悲鳴のような声が。

ヒール靴で休憩なしのお散歩デート

「私はヒール靴だったのに、1時間も休憩なしで歩いて疲れてしまいました。」男性から「休憩したいって言えばいいのに〜」という声が聞こえてきそうな話です。

散歩する時は女性の靴をチェックしてみてください。ヒールのある靴なら10分以上歩くだけで疲れてしまいます。散歩もデートコースに含まれている場合は事前に伝えておくのが良いと思います。

お店を歩き回って探すのも気を付けたいところですね。

また、散歩をするなら女性に時々このように声を掛けてあげてみて下さい。「足は疲れていませんか?少しベンチで休みましょうか?」こうした気遣いが二人の距離を一層縮めます。

歩くペースが速い

そして、歩くペースも大事です。女性は足捌きの良い服装だとしても男性の歩幅に比べると小さいです。自分のペースでスタスタと歩いていないか確認してみて下さい。

口に出さず必死について行こうと頑張る女性が多いので、歩くペースについては普段よりゆっくり目くらいがちょうど良いです。「あれ?口数が少ないな?」と感じた頃にはグッタリしているかも知れませんので気を付けましょう。

パーソナルスペースが近すぎる問題

以前、男性から「交際に進んだということは僕のことが好きってことですよね?」と聞かれたことがあります。

男性の気持ちと女性の気持ちは盛り上がるスピードが違います。お見合いから交際に進んだとしても、好意があるとは限りません。なんとなく話がしやすかった、特に嫌な気持ちがしなかったという0(ゼロ)スタートの方が圧倒的に多いのです。

いきなりスキンシップ!?

お見合いから交際に進むことで、既に好意があると思っている男性は、スキンシップもOKと勘違いしてしまう方もいるようです。

初回のデートが夕飯時ということもあり、薄暗くなってきたタイミングで帰りに手をいきなり繋ごうとしたところ、思いっきり拒否されたという事例が時々起こります。

または、手を繋げたと思っていても、女性は嫌と言えずに無理して繋いでるなんてことも。

これから気持ちが育っていく女性にとってスキンシップという行為はハードルが高いのです。良い人だと思っていたのに急なスキンシップにより不快感が湧き上がり交際が終了してしまいます。

パーソナルスパースを考える

一緒に横に並んで歩く時や、会話する時の距離感が意外と大事です。まだ恋愛感情を抱いていない相手と距離が近過ぎると女性は警戒心を持ってしまいます。

信頼関係を築く前の段階ですから、心の距離が縮まっていないのに、体の距離が近いのは気になりますよね。

体が触れない程度に距離を空け、また並んで座る際も適度なスペースを設けるようにしてみましょう。

男女の距離感について

いかがでしたか。

交際初期は微妙な距離感からのスタートです。

自分の気持ちと相手の気持ちは同じではありません。お相手への配慮や気遣いを忘れず少しずつ関係を温めて頂けたらと思います。

初めからプッシュが強いと女性は引いてしまいます。焦らずに余裕を持って接することで女性も安心できる相手だと思い心を開いてくれるようになります。

お見合いから交際に進んだ時の参考にしてみて下さい。

[関連]  アラサー婚活は高望みで狂う?よくある高望みとその解決策とは?