• 結婚したいならここ!おすすめの神社をご紹介!
2018年6月1日更新
結婚したいならここ!おすすめの神社をご紹介!

結婚したいならここ!おすすめの神社をご紹介!

この記事では結婚にオススメな神社をご紹介。全国の縁結びで有名な神社を取り上げております。日帰りや、一泊旅行のプランの一つに加えて、興味がありましたらぜひ行ってみてください。

結婚したい…!

gettyimages (54103)

Licensed by Getty Images

「結婚したい!けど、相手がいない・・・」

そんな状況に陥っている女性は少なくないのではないでしょうか?特に結婚したいという気持ちもなくすごしてきたけど、気がつけば友人知人が一人また一人と結婚していく年頃。「そろそろ結婚しても良いかな・・・」と思ってみたものの、結婚するとなると相手が要る。

が、ふと見回してみると、周りには結婚したいと思える人がいない。こうなると、いよいよ焦りが募ってくるものです。

とはいえ、結婚となると一生もの。デートの相手くらいならすぐに見つけられるけど、結婚相手を適当に選ぶというわけにはいきません。結婚は縁。ならば、縁を見つけなければ!

ということで、今回は縁結びで有名な神社をご紹介していきます。

縁結びで有名な神社って…?

thinkstock (54104)

Licensed by Getty Images

縁結びといえば神社。縁結びで有名な神社ってどういう神社があるのでしょう?その前に、縁結びって何なんでしょう?

縁結びというのは、言葉通り、縁(えにし)を結ぶこと。縁というのは人と人との関係を結び付けているものなんですが、その縁がもつれていたり、からまっていたりして、本来出会うべき人同士が出会えなくなっていることがあるのです

そうした絡まりあう縁をときほぐして結び直してくれるのが、縁結びの神様。その神様がおわすのが縁結び神社なのです

縁結びの神様として有名なのは、数々の神話の主人公として知られる大国主命(おおくにぬしのみこと)、「ヤマタノオロチ」話のヒロインである奇稲田姫命(くしなだひめのみこと)、少彦名(すくなひこな)、国生みの伊邪那岐命・伊邪那美命(いざなぎのみこと・いざなみのみこと)などです。

縁結びで有名な神社をご紹介!(東日本編)

では早速縁結びで有名な神社をご紹介してまいりましょう。

まずは、東日本の縁結び神社から。

東日本には様々な縁結び神社がありますが、今回ご紹介するのは、東京の神田明神、神奈川の江島神社、茨城の筑波山神社の三社です。

いずれも、縁結びの神社として有名であるのみならず、伝統ある社でもあります。国内外からの観光客であふれる人気の神社ですので、テレビでは見たことがあるけど実際に参拝したことはないという人は、ぜひ、この機会に訪れてみてください。

自分の周囲に縁を感じられない、愛する人との関係がいまひとつ上手く運ばないなど、縁がもつれていると感じる方々にお勧めです!

神田明神(東京都)

東日本の縁結び神社として有名なのは、なんといっても東京の神田明神。神田祭の映像は、皆様もテレビでもおなじみですね。

神田明神の主祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)、少彦名命 (すくなひこなのみこと)、平将門命(たいらのまさかどのみこと)の三柱で、一之宮に大己貴命、二ノ宮に少彦名命、三ノ宮に平将門命が祀られています。

大己貴命というのが大国主命の別名ですので、夫婦和合や縁結びにご利益があるということです。また、二ノ宮に祀られている少彦名命も縁結びの神様として知られていますので、あわせてお参りしてください。

御茶ノ水駅から徒歩5分ほどということでアクセスも便利。縁結びのお守り各種も人気ですので、是非一度おでかけください。

江島神社(神奈川県)

東日本の縁結び神社、二社目は神奈川の江島神社(えのしまじんじゃ)。日本三大弁財天のひとつとして名高いお社です。

江島神社の祭神は宗像三女神と呼ばれる奥津宮の多紀理比賣命(たぎりひめのみこと)、中津宮の市寸島比賣命(いちきしまひめのみこと)、辺津宮の田寸津比賣命(たぎつひめのみこと)の三女神様です。

宗像三女神は天照大神(あまてらすおおみかみ)が須佐之男命(すさのおのみこと)と「ご誓約」を交わされたときに誕生された女神さまたちで、縁結びのご利益があると言われています。

江ノ島電鉄の江ノ島や小田急の片瀬江ノ島から徒歩20分程度ですので、ぶらぶら歩きながら訪れるのに最適です。

筑波山神社(茨城県)

東日本の縁結び神社三社目は、茨城の筑波山神社(つくばさんじんじゃ)。筑波山を神体山としてお祀りする神社です。

主祭神は伊邪那岐命(いざなぎのみこと)・伊邪那美命(いざなみのみこと)の両神様で、筑波山神社では伊邪那岐命を筑波男ノ神(つくばおのかみ)、伊邪那美命を筑波女ノ神(つくばめのかみ)と呼びならわしています。

国生み神話のなかで数々の神様をなされた伊邪那岐命・伊邪那美命の二神は縁結びの神としても大変に有名で、夫婦和合、家内安全のご利益もあることから、家庭内に不和があったり、恋人との仲が思わしくないときに訪れると、乱れた縁が解けて円満になると考えられています。

お社にいたる参道では名物のがまの油売りも見られます。一度はたずねてみたい神社ですね。

縁結びで有名な神社をご紹介!(西日本編)

続いて西日本の縁結び神社です。

西日本には、出雲大社や八重垣神社など、縁結びのお社として名高い神社がそろっていますが、今回は交通の便の良い京都と奈良から二社ずつご紹介いたします。京都の貴船神社、下鴨神社、奈良の春日大社、大神神社の四社です。

いずれも、縁結びのご利益があることで知られていますが、それだけではなく、パワースポットとしても有名で、国内は無論、外国からのお客さんもたくさんみえる神社です。縁結びのご利益を得るとともに、霊験あらたかなパワーを手に入れることができます。

貴船神社(京都府)

西日本の縁結び神社。まずは京都の貴船神社。恋愛に大変縁の深い神社です。

貴船神社のご祭神は高龗神(たかおかみのかみ)、水の神様です。境内には霊泉があり、その霊力で占う「水占おみくじ」が大変な人気です。

貴船神社をいろどる縁結びの逸話のひとつは結社(ゆいのやしろ)と呼ばれる中宮(なかみや)の祭神である磐長姫(いわながひめ)の伝説。天孫瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が磐長姫の妹の木花開耶姫(このはなさくやひめ)と結婚しようとしたとき姉妹の父大山祇命(おおやまつみのみこと)は姉の磐長姫も共に差し出しましたが、瓊瓊杵尊は木花開耶姫とのみ結ばれました。磐長姫命はそのことを恥じ哀しみ、同じ悩みを抱く女性たちを救わんと縁結びの神になられたといいます。

夫との仲に悩んでこの中宮を訪れた平安の女流歌人和泉式部の逸話もよく知られています。水のパワーと恋のパワーを一挙に手に入れられる貴船神社、是非一度足を運んでみてください!

下鴨神社(京都府)

西日本の縁結び神社、二社目は京都左京区にある下鴨神社(しもがもじんじゃ)

下鴨神社というのは通称で、正式には賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)といいます。「古都京都の文化財」として世界遺産にも登録されている、伝統ある神社です。

ご祭神は、東殿が玉依姫命 (たまよりひめのみこと)。賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)、通称上鴨神社のご祭神である賀茂別雷大神 (かもわけいかづちのおおかみ)のお母様。西殿のご祭神は、玉依姫命の父である賀茂建角身命 (かもたけつぬみのみこと)です。

数多の社寺が並ぶ京都でも最も古い伝統を持つ由緒正しいお社ですので、遠くから訪れる人が後を絶ちません。縁結びの実力も折り紙つき。京都を訪ねる際は必ず訪れたいスポットです。

春日大社(奈良県)

西日本のお勧め縁結び神社、三社目は奈良の春日大社(かすがたいしゃ)です。

春日大社は奈良の顔といっても良いほどの名高いお社。「古都奈良の文化財」として、世界遺産にも登録されています。天然記念物でもある奈良公園のニホンジカを見ていると古代に引き戻されそうですね。

春日大社のご祭神は、武甕槌命(たけみかづちのみこと)、経津主命(ふつぬしのみこと)、天児屋根命(あめのこやねのみこと)、比売神(ひめがみ)の四柱です。

春日大社の縁結びの要は、縁結びの神様である大黒様がご夫婦で祀られている「夫婦大国社」。お一人でも心強いのにご夫婦揃っていると磐石ですね。近鉄とJRの奈良駅から「春日大社本殿」行きのバスが出ていますので、アクセスも便利。ご夫婦のご利益に預かりましょう!

大神神社(奈良県)

初御朱印。 #大神神社 #三輪明神 #御朱印 #奈良

A post shared by aki7232 (@72aki32) on

西日本の縁結び神社、四社目は同じく奈良の大神神社(おおみわじんじゃ)です。お社の創設にまつわる逸話が記紀の神話に残っているほど古く、由緒のある神社で、「大神」と書いて「おおみわ」と読む名称が示すように、神様の中の大神様です。

大神神社の主祭神は大物主大神 (おおものぬしのおおかみ)。大物主大神は、水を支配する水神様、またそこから、雷神、蛇神とも考えられています。また、配祀として大己貴神 (おおなむちのかみ)、少彦名神 (すくなひこなのかみ)の二柱も祀られています。

主祭神である大物主大神は女性との逸話の多いモテ神様。妻となる勢夜陀多良比売(せやだたらひめ)との間には、美人で名高い勢夜陀多良比売に一目ぼれした大物主大神が赤い矢に姿を変えて川に用を足しに来たおひめさまのほと(陰所)を突き、結ばれたという伝説があります。

大胆不敵な大物主大神様のご利益をいただいて、恋の勝利者になりたいですね。

結婚を考え始めたら行っておきたい神社のまとめ

thinkstock (54129)

Licensed by Getty Images

今回ご紹介した東日本の神田明神、江島神社、筑波山神社、そして、西日本の貴船神社、下鴨神社、春日大社、大神神社は、いずれも古来、民衆に愛されてきた古いお社です。恋する乙女たちや愛に悩む女性たちの守り神として、ときに縁を結び、ときには縁から生じた苦労を祓ってきてくれました。

自分は縁に恵まれていない、あるいは、縁がもつれてしまっていると感じる人は、是非一度これらの神社を訪れて、縁結びを祈願してきてください。本来持っている縁が正しく結ばれると、世界がまったく違って見えてくるものですよ!

ライター情報
VICKY.です。東ヨーロッパを拠点に活動するフリーライター兼キュレーターです。バツイチで、現在はロシア系ウクライナ人のパートナーと同居中。amoreでは婚活、恋活、恋愛テクニックに関する記事をお届けしています。黒猫とオレンジジュースとあんまりパリッとしてないクロワッサンが好き。よろしく!
結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.