• 婚活での失敗例まとめ|成功のためのコツも大公開!
2018年4月27日更新
婚活での失敗例まとめ|成功のためのコツも大公開!

婚活での失敗例まとめ|成功のためのコツも大公開!

婚活で失敗しないために最も参考になるのが実際の婚活経験者の失敗例。失敗例を見ることで、どんな失敗をしやすいのかや、失敗した時にどうすれば良いのかの対応などについても書かれています。今回はそんな婚活でよくある失敗例をご紹介していきます。

『婚活での失敗例』と言うのは、自分がこれから婚活を始めていくときに役に立ちます。婚活に参加する前から実際の現場の状況を知ることができるからです。

婚活で失敗して残るものは『後世に残せる失敗例』と『疲れ』だけです。失敗例からは学べるものがあって、今後に役立たせられるかもしれませんが、疲れに関しては何も残りません。
ただのマイナスです。だからこそ、他人の婚活の失敗例を参考にして、自分が失敗しないようにしていくのです。

婚活経験者の失敗例を参考に、同じような失敗をしないように注意していきましょう!

実際の失敗例を見てみよう!

相手との会話に関する失敗例

気になっている男性がいたにもかかわらず、フリータイムが始まってすぐに一人の男性に話しかけられてしまった時です。 「すぐに話を終わらせるのも申し訳ない」という気持ちからなかなか会話を終わらせることが出来ませんでした。 仕切り直す為に「お手洗いにいってきます」といって一度会場を離れたものの、戻ってくるとすぐにまたその男性に話しかけられてしまい、 結局自分の気になった男性に話しかけることができなかったことがありました。 会話の切り方がわからず、曖昧にしてしまった私の行動が原因での失敗です。

会社員 女 25 埼玉県 あにー

お相手の方が緊張されているのか人見知りをする方だったので、積極的にこちらからバンバン喋りました。 会話の間を空けてはいけないと思い、連続的に。すると突然席を立ちどこかへ行かれました。 後で聞いた話によると、その方は一方的に話をする行為に対して気分を害されたとのことです。 よかれと思いした事が裏目に出てしまったという苦い経験です。

会社員 男性 28 奈良県 ゆっきー

婚活する場が自分にあっていない

前にカップリングされて何度かデートしたけれどフェードアウトした方と、また別なお見合いパーティーで会ったことがあって、なんとなく微妙な空気が流れたことがあります。カップリング後のフェードアウト例、周囲の話を聞いてもけっこう多いです。私の場合はもう終わっていたので問題ないんですけど・・・やはり気まずい(笑)。同じ会社だったので、少し時間を空けるか、別な会社のパーティーに参加すれば良かったです。

会社員、女性、38歳、北海道、MIYA

セレクトして参加したパーティーの内容が、年齢が低かったのもあって、自分より若い人が多かったのです。ですから、自分の年齢を話した時点で、会話が弾まなくなってしまったことなどがありました。 きちんと参加するパーティーの内容をおさえてから参加したほうが良いです。実際、年齢でここまで判断されてしまうのも、自分の中でもショックでした。もう少し、自分に見合った種類のパーティーを選べばよかった、と思いました。

会社員女性 33歳神奈川県ほしさん
婚活の失敗例まとめ
婚活の失敗例まとめ
Licensed by Getty Images

婚活で失敗する原因

婚活が失敗してしまう原因としては『積極性が足りない』『なんとなくで婚活してしまう』『相手に高望みをする』『婚活の場が自分にあっていない』の4ポイントが挙げられます。この4ポイントをしっかりと抑えて、失敗しないようにしていきましょう。

積極性が足りない

婚活の失敗例として最初に挙がるのが『積極性』が足りていないと言うことです。積極性が足りていないと、出会いの数や結婚に対する意識が低くなってしまいがちで、婚活がうまくいくことが少ないものです。

積極性が足りない原因は人によって様々ですが、自分の婚活の動きと婚活に対する意識があっていれば、問題ないでしょう。ただ、結婚したいと言う気持ちばかりで婚活の質がイマイチであったり、婚活の質は良くても自分にそこまで結婚の意識がなかったら意味がありません。

自分からではなく相手を待つような婚活をしていても、良い出会いはありません。自分から積極的に婚活をしていけるようにしましょう!

なんとなくで婚活してしまう

婚活をする上でとても危険になってくる「なんとなく」と言うワード。全てを綿密に動こうとしても疲れてしまうだけですが、ある程度は考えを持って婚活をしていかないと失敗してしまうでしょう。
婚活を始めるタイミングや交際相手との大事な局面で「なんとなく」決断してしまうと失敗してしまうかもしれません。

ある何かの婚活サービスを利用する時に「あまり情報を集めないで婚活を始めたらうまくいかなかった」なんて失敗例もあります。その結果として婚活に疲れてしまい、婚活が面倒になってくるのです。

この問題の根本にあるのが、結局は「なんとなく」という気持ち。ある場面は「なんとなく」で、ある場面は慎重にというように明確にしておかないと、自分も後々失敗例を綴る側になってしまうかもしれません。

相手に高望みをする

どんなに積極的に婚活に参加しても、相手に高望みをしてしまうと厳しいでしょう。結婚相手ともなると、慎重に条件の良い人を探してしまいがちですが、高望みをしすぎてうまくいかなかったなんて言う失敗例もあります。

高望みをしてしまったと言う失敗例を挙げている人ほど最終的には結婚できています。高望みしているかどうかが分かってからは婚活がスムーズに進んだという人もいます。

自分の求める条件が高望みかどうかは一人だけで判断するのは難しいものです。自分の求める条件に関するアドバイスがもらえる婚活サービスを利用することも大切でしょう!

婚活の場が自分にあっていない

婚活の失敗例として最も挙げられるのが『婚活の場選び』について。もっと調べてから婚活を始めれば良かったという人もいます。

近年の婚活ブームの影響で様々な種類のものが登場してきています。その結果として、逆にどの婚活を利用すべきか分からないという方も増えています。

そんな時に悩まれる方は自分の目的と自分の状況を考えて選んでいけるようにしましょう。自分が本気で結婚したいのか、それともただ単に出会いが欲しいのか、などの自分の目的を優先して婚活をしていきましょう!

失敗の常連にならないために…

失敗の常連にならないためには、しっかりと自分の婚活の目的をはっきりさせる必要があります。
またそれだけではなく、人が挙げている失敗例をちゃんと参考にすることも必要でしょう。

自分だけでは解決が難しいとお考えの方にはサポートが充実している婚活サービスを利用してみてください。自分だけでは分からない弱点を客観的な視点でアドバイスしてくれるはずです。

本気で婚活するなら…

先程から何度かご紹介していますが、自分の場にあった婚活をすることは非常に重要です。失敗の数が一気に減るはずです。もし、結婚に対して本気の意思があるのであれば、結婚相談所のご利用をおすすめします。
ライター アイコン ライター情報

アモーレメディアを立ち上げた張本人であり、過去に結婚相談所の運営に携わり集客の難しさや婚活サービスとユーザーのミスマッチに課題感を持ち、日本の結婚後の生活や婚活事情に対して大学でも専門的に学び、常に新しい情報をリサーチしています。

明治大学出身、「21世紀の家族構成」について専門的に学ぶ


・結婚相談所の集客に携わり、現場の声や結婚相談所の情報の不透明さ・発信方法に課題を持ち婚活情報メディア「アモーレ」を立ち上げる。

結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
地域の結婚相談所を探す
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.