臨床心理士が結婚できない理由とその解決策まとめ

心の健康をサポートする臨床心理士。臨床心理士の仕事は結婚や出産してからも続けやすい職業ですが、未婚の臨床心理士が少なくありません。今回は、未婚の臨床心理士に向けて、結婚できない理由とその解決策をまとめました。

心の問題を抱えたクライアントに対して、臨床心理的技法を用いて問題解決をサポートする診療心理士。

臨床心理士には、臨床心理士の指定大学院もしくは専門職大学院の過程を修了し、臨床心理士の資格をもつことが求められています。

そのため、決して簡単になれる職業ではありません。

あなたの心のケアによって、悩みが解決し、喜ぶ依頼者の笑顔も嬉しいですが、結婚によって自分の家庭を持つ幸せはどうでしょうか。

それでは、臨床心理士の方が結婚できない理由と臨床心理士のあなたの強み、おすすめの婚活方法をまとめて紹介します。

thinkstock (17477)

Licensed by Getty Images

臨床心理士が結婚できない理由

○女性が多く出会いが少ない

実際に臨床心理士資格試験の合格者の男女比を見てみますと
・男性が25パーセントに対し
・女性が75パーセント
と7割以上が女性と圧倒的に多いことがわかります。
このように、臨床心理士同士の恋愛が起こりにくい構成比率になっています。

臨床心理士の多くが女性であり、女性にとっての出会いは少ないといった状況があります。

働き先によっては、男性と知り合える人もいますが、出会いがほとんどないという方も少なくありません。

出会いがなければ、恋愛に発展はしません。

恋愛に発展しなければ結婚に進展させられないので、結婚できないということになってしまうのです。

○家計を支える自信がない

 (17414)

臨床心理士は、稼ぐ方と稼げない方の収入幅が多い職業であり、平均すると収入が少ない職業の一つになるようです。そのため、交際をしてもなかなか結婚に踏み切れないといった状況にあります。結婚生活へ経済的な不安から、結婚できない臨床心理士の方が多くなっています。

結婚できない理由がわかったところで、幸せな結婚に向けて自分は異性からどのような魅力を持っているかをチェックしていきましょう。

臨床心理士のアピールポイント

○相手の話をしっかり聞ける

臨床心理士は、クライアントの悩みを聞き出し、感情を深く理解するプロです。

相手が話しやすい雰囲気をつくってあげられるあなたは、結婚相手の求める頼りがいを十分にもっています。

辛い時や苦しい時に寄り添ってくれる優しさがあるので、それはあなたの大きな魅力です。

○忍耐強さがある

クライアントがあなたのカウンセリング治療によって、すぐに悩みの解消につながるというケースは少ないもの。

少しずつ前に進んでいることは感じられるものの、忍耐強さを持って向き合わなければなりません。

そのため、上手く進めないクライアントを受け入れる心の余裕と忍耐強さが必要で、あなたのその忍耐強さは結婚相手としての魅力の一つ。

精神的にタフなあなたは結婚できるはずです。

○子育てや育児と両立できる

臨床心理士は比較的自分のペースで仕事ができ、休みも取りやすい働き方をしている人が多く、結婚後の子育てと両立しやすいので、そこも婚活のアピールポイントになります。

子育てと仕事を両立してくれるお相手となれば、家計の助けになってくれるという心強さがあるので、男性にとても魅力的な職業です。

あなたに結婚をすすめる理由

○精神的な安らぎが得られる

臨床カウンセラーは、依頼者のネガティブな話を聞く仕事なので、自分もネガティブな気持ちになりやすく、ストレスもたまりやすい職業です。

あなたには、精神的な安らぎの場がありますか?

結婚は精神的な安らぎを与えてくれます。

愛する人と一緒に生活できるようになるため、今まで感じていた寂しさは感じなくなるはずです。

○自分の子どもや家族ができる

あなたは自分の子どもが欲しくはありませんか。

子どもができると、賑やかで癒しある幸せな生活を営むことができます。

自分の子どもはとにかく可愛くて仕方がないものです。

ぜひ、子どものいる幸せを掴んでください。

家族をもたないと、話し相手も子どもの笑顔も何もない老後の生活をおくることになってしまいますよ。

[関連]  キャビンアテンダントは意外と結婚できない!?婚活事情まとめ