2018年10月12日更新
お見合いパーティー体験談 -婚活パーティー初心者の方へ-

お見合いパーティー体験談 -婚活パーティー初心者の方へ-

お見合いパーティーの体験談をお届けします。これから婚活パーティーへの参加を考えている人は、「婚活パーティーはこんな所なんだ」という感じをぜひ掴んでください。

20代が終わりかけているころ、友人の結婚式に何度か参加しました。幸せそうな彼女たち・・・でも自分は結婚どころか恋人さえいません。そんな現状に焦りを覚えて、何か行動しなければと奮い立ち、思い切ってお見合いパーティーへの参加を決意しました。

gettyimages (23976)
Licensed by Getty Images

お見合いパーティーの実体験

最初に参加したパーティー

最初に参加したのは、エクシオでした。築何十年、といったかなり老朽化した民宿の2階で行われました。中は「恋愛」からは程遠い、まるで会議室のような雰囲気でした。派遣会社の登録会でこんな会場を使用したことがあるなぁ・・・という具合の無機質さです。

会場入り

一応、開始時間の10分前には会場に着いていたかったので早めに受付に向かったのですが、2階であることが災いして、2階の会場へ続く階段は参加する男女がぎっしり並んでいます。私も階段に並びますが、自分の目のすぐ前に知らない男性のお尻があるし、私の下にいる男性からの視線も気になりました。スカートで参加するべきじゃなかったと少し後悔しました。

開始時間前

緊張を隠さないのも初心者感があって好印象

受付から渡されたプロフィールカードを書き、開始を待ちました。周囲の様子が気になっってキョロキョロしていたので、初心者感がまるだしだったと思います。しかし後になって気付いたのですが男性は「新規参加者」を喜ぶので、それを逆手にとって緊張を隠さないのもテクニックのうちかもしれません。

参加者全員と話す回転寿司タイム

合図と共に男性のみが移動

しばらくしてスタッフが前に出て大きな声で説明を始め、「開始の合図と共に、男性は横を向いて隣の女性に『はじめまして』と声をかけてくださいね」と伝えます。
そしてスタッフの「はじめ!」の掛け声と共に、男性は全員、左隣に座っている女性のほうを向き「はじめまして・・・」としどろもどろの挨拶から始め、お互いのプロフィールカードを交換します。

プロフィールカードの内容に触れる

だいたいが、「あっ、○○に住んでいるんですね・・・」と居住地についての話題が多いです。お互いが初対面なので、お互いが当たり障りのない会話で穏便に済ませています。1~2分程度でスタッフが合図するので、その合図と共に男性のみがひとつずつ席をズレていき、女性全員と会話をします。

アプローチカードの記入

気になる異性へアピールのチャンス

ひととおり全員が全員と話し終わったら、スタッフから配られる「アプローチカード」を記入します。そのカードに気になる異性の番号をかいて、それをスタッフが集計して、後に「○○番さんがあなたに気がありますよ」と紙でフィードバックしてくれるのです。

フリータイム

男性が主体で動く

アプローチカードの回収が終わったら、フリータイムです。自由に席を移動できて自由に誰とも会話できる時間なのですが、女性から動くことはまずありません。

アプローチカードのフィードバック

主に男性が、気になる女性が座っている席の横へ行き、「一緒に話、いいですか?」と切り出します。そのフリータイムの最中に、先ほど集計したアプローチカードの結果がスタッフより紙でフィードバックされます。

私の結果は

私は、新参者ということがウケたのか、初めての参加のときに、参加者30名ほどの男性のうち10名からの「好意」をいただきました。スタッフの親切心なのか、参加女性内における人気度も同時にフィードバックしてくれるようで、私が渡された結果用紙には、私に好意を寄せる10名の男性の番号と共に「人気ナンバーワン!」と書かれていました。

告白タイム

「告白カード」を記入してスタッフに渡す

しかし、私には気になるような男性はいませんでした。フリータイムが終わった後に記入する「告白カード」には、誰の番号も書かずに空白のままスタッフに渡しました。その後「告白タイム」に移り、集計した「告白カード」を元に、スタッフが「○番と○番さん、カップル成立でーす!おめでとうございまーす!」と結果を発表していきます。カップルは平均で3~5組くらいは誕生します。しかし私は空白で提出したので当然、誰ともカップルにはなりません。

カップル発表後から解散まで

男性から解散して女性を待つ

カップル発表後は、男性から先に解散になります。3分くらい空けて、女性も解散になります。カップル成立した男性は、相手の女性を出口付近で待ちます。私は誕生したカップル達を横目で見ながら素通りしました。

カップルになれなくても別の手段がある?!

諦めずにアプローチ

しかし、私は始めて知りました。「出待ち」という方法もあることを。

私が出口を過ぎると、4名ほどの男性が私に寄って来ました。「この後もし時間あれば、このまま食事でも」「連絡先だけでも」など、グイグイ寄ってきます。カップル成立しなくても諦めない精神力は素晴らしいけれど、本当に私にはその気はないので「すみません」と足早に通り過ぎました。

しかし、会場が駅の近くで、会場付近には特に何も施設がないので、必然的に帰る方向も同じになります。さっさと歩いて逃げようとする私の後ろに、ぞろぞろと男性たちが付いてきて、気持ち悪かったです。

お見合いパーティーの毎週参加について

思わぬデメリット

しかし真剣に出会いを探しているのは私も同じです。その後毎週のように参加しましたが、いつのまにか「あの人知ってる・・・前回も来てた」とか「あの人、前回私からのアプローチを断った人だ・・・」とか、参加者の顔ぶれがマンネリ化してきました。

見慣れた顔ぶれ

そういった人たちとの回転寿司タイムは最悪です。気まずいことこの上ありません。お互いのプロフィールカードなんてもう見飽きているくらいの回数をお互いが参加しているため、「まだ、良いコ見当たらないんですか?」とか「お元気でしたか?」「あれ?この前カップル成立してましたよね?」など、「早くこの時間よ終われ」感に満ちた会話をします。

体験から得た結論

何度も参加するのであれば遠方へ

ですので、お見合いパーティーは同じものに何度も参加するものではないことを知りました。他の企業が主催している別のパーティーでも、開催場所が近ければ「あの人、○○のパーティーでも見かけたことある・・・」という場合もあり得ます。もしお見合いパーティーへ参加するなら、それぞれの開催場所がかなり遠い距離のものをおすすめします。

ライター アイコン ライター情報

アモーレメディアを立ち上げた張本人であり、過去に結婚相談所の運営に携わり集客の難しさや婚活サービスとユーザーのミスマッチに課題感を持ち、日本の結婚後の生活や婚活事情に対して大学でも専門的に学び、常に新しい情報をリサーチしています。

明治大学出身、「21世紀の家族構成」について専門的に学ぶ


・結婚相談所の集客に携わり、現場の声や結婚相談所の情報の不透明さ・発信方法に課題を持ち婚活情報メディア「アモーレ」を立ち上げる。

結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
地域の結婚相談所を探す
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.