2018年6月1日更新
婚活で年収の低い人と出会った時のポイント

婚活で年収の低い人と出会った時のポイント

婚活で年収はとても重要な条件と位置づける人は多いと思います。しかし年収だけで結婚相手を選別してしまって良いのでしょうか。婚活で年収が低くとも素敵な人と出会うことはあります。そのような時どうすれば良いか、今回は婚活で年収の低い人と交際するときのポイントをご紹介します。

年収の低い人は婚活対象からはずすべき?

thinkstock (63726)
Licensed by Getty Images

裕福な生活をおくるために、年収が高い人と結婚したいと思う人は多いでしょう。しかし、中には希望の年収ではない人と出会うことも多いです。男性の平均年収は420万程度と言われております。年収600万以上など希望年収が高い人は、一度希望年収を見直して見ても良いかもしれません。年収が高いことが幸せになれるとも限りませんよ!

自分の好みにピッタリだけど年収が低い人なので迷う

thinkstock (63729)
Licensed by Getty Images

自分の好みにピッタリ合うことは、とても重要です。今後、人生を共にするわけですから好きな人と一緒に入れることが幸せな家庭と言えるでしょう。しかし、相手の年収が低いと生活に不安を感じてしまうことも多々ありますよね。そんな時は、一つずつ不安を除去していくことで迷いから脱出してみましょう。

年収の低い相手と交際したい時のポイント

thinkstock (63732)
Licensed by Getty Images

年収が低い人と交際するとき、いろいろと不安があるかと思いますので不安を一つずつ除去することが大事であるとお話ししました。では、実際に交際をする際のポイントがどこにあるのかについて紹介をします。一つずつ考えて、解決していけば不安もなくなり良い交際ができるはずです。

①年収以外の長所を理解出来ているか

交際する際に考えることは、年収だけではありません。相手の長所や交際したいと思った理由があるはずです。その点をもう一度しっかり見てあげることが大切です。

年収が低くても、計画性があり、貯金もしっかりしている方なら交際中や結婚後もほぼ問題ないでしょうし、相手の気持ちや考えを尊重してくれる人なら話し合いによって今後のライフプランも検討できるでしょう。また一緒にいるときの居心地が良いかも大切なことです。ストレスがない生活であればお金がなくても相手と一緒に頑張っていこうと思えるはずです。

②年収以外の欠点は、許容範囲か

自分も、相手も一人の人間です。それぞれに考え方や価値観があるため、自分にとって欠点となる部分がある場合が多いです。その欠点が自分へのストレスにならないかどうか、許容範囲、許せるかどうかという点も考える必要があります。欠点が許せるなら、受け入れることができるなら、今後の生活もきっと上手くいくことでしょう。

ストレスを感じてしまうと一緒にいることに苦痛を感じてしまい、お金の使い方にも表れてしまう危険性があります。そのため、欠点が許容範囲であることは大事なポイントの一つです。

③経済力はお互いが補えることと考える

経済力を保つためには、お互いが協力し合うことが大切です。年収が低い場合、不安を除くためにも共働きしている家庭も多いでしょう。多くの場合、ある程度の収入があれば経済力は安定します。

ライフプランを検討したり、生活費、保険費用等を見つめ直すことで平均以上の生活を送れるはずです。そういう意味でも、経済力はお互いが補えることと考えることができれば、心配することはないでしょう。

④自分が働くことに好意的か

自分が働くことに好意的か、つまり理解してくれる相手かどうかというのもポイントです。収入が少ないのに働かせてもらえないというのは、より不安が大きくなり心配になりますよね。働くことに好意的になってくれているということは、一緒に頑張っていこうという意志の表れです。

自分が働くことである程度収入面に関しては安心できる部分もあるのではないでしょうか?交際を始める前に、まずは相手に働きたいという意志を伝えてみると良いかもしれません。

年収以外で重要な婚活のポイント

thinkstock (63736)
Licensed by Getty Images

婚活中、相手に求める条件は年収だけではないはずです。性格や価値観、一緒にいて楽しいかどうかなど視野を広げてチェックすることも大切です。ポイントとなりそうな点をいくつか紹介します。相手の年収が低くても迷ったら一度チェックしてみましょう。きっと年収以外に見えてくることがあるはずですよ!

①真面目で堅実な人である

真面目で堅実な人は金銭面においても比較的きっちり管理している場合が多いです。逆に、適当だったり、雑な性格である人は管理が下手で無駄遣いが多かったり、貯金も少なかったりするかもしれません。そんな人の場合、将来の生活費、出産時や育児費、学費等、経済面で心配になってしまいますよね。

真面目で堅実であれば、経済面も少しは安心できるかもしれません。お金の管理という意味でも一度はその点をチェックしておくことが大切なポイントの一つです。

②コミュニケーションを大切にできる

やはり、不安や心配、困ったことがあれば何事も相談することが大切です。経済面に関しても同様です。人生の中で大きなお金が動くタイミングは何度かありますが、その時にお金がない、となりと大変です。そんな時にしっかりとコミュケーションを取って解決策を一緒に考えることは大切なことです。

他にも悩みに対してコミュケーションを取ってくれる人であれば、意外と何でも乗り越えていけるものです。年収に拘るのではなく、コミュケーションを取って一緒に頑張っていける相手を探してみましょう。

③趣味酒肴が似ていて共感出来る

趣味酒肴は、プライベート人生の中でも大変重要な時間です。日頃の疲れやストレスを解消するための重要な時間なのです。そういう意味でも趣味酒肴が似ているという点は大きなプラスのメリットになるでしょう。

思う存分、楽しめるだけでなく、相手と一緒に楽しむことができるというのも大きなポイントです。年収にとらわれず、会話の中で相手の趣味を聞いているのがよいかもしれません。もしかしたら、興味深い新しい趣味が見つかる可能性もありますので是非、探ってみてください。

④経済感覚が似ている

経済感覚が似ていることも重要なポイントです。物を買う時に、高くて良いものを買う人もいれば安くて良いものを探す人、質は落としても安い物を選ぶ人等様々です。それは、共用で使用するものや外食、日頃の生活費等、多くの場面で出くわすでしょう。そんな時に、経済感覚が似ていないと毎回喧嘩をしたり、話し合ったりしなければいけません。

経済感覚が似ていれば、わざわざ話し合う必要もあまりなく、スムーズな買い物やできることでしょう。1日の生活でお金が絡むことは非常に多くありますので、経済感覚が似ていることはとても重要なのです。

婚活で年収の低い人と出会った時のポイントのまとめ

gettyimages (63738)
Licensed by Getty Images

いかがでしたでしょうか?年収が高い人と結婚したいと思うことは当然ですが、それだけにとらわれてしまうと大切なことを見逃してしまうかもしれません。

収入だけでなく、視野を広げて相手のことをみてあげると、意外と収入なんてそこまで気にならないことも結構ありますよ。是非、よい相手を見つけるためにも収入だけにこだわらない婚活を実践してみてください

以上アモーレでした!

ライター アイコン ライター情報

アモーレメディアを立ち上げた張本人であり、過去に結婚相談所の運営に携わり集客の難しさや婚活サービスとユーザーのミスマッチに課題感を持ち、日本の結婚後の生活や婚活事情に対して大学でも専門的に学び、常に新しい情報をリサーチしています。

明治大学出身、「21世紀の家族構成」について専門的に学ぶ


・結婚相談所の集客に携わり、現場の声や結婚相談所の情報の不透明さ・発信方法に課題を持ち婚活情報メディア「アモーレ」を立ち上げる。

結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
地域の結婚相談所を探す
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.