2018年5月15日更新
独身男性についてのまとめ|特徴・メリット&デメリット・結婚するためのコツ

独身男性についてのまとめ|特徴・メリット&デメリット・結婚するためのコツ

未婚率が高まり、その割合は年々高まっていると呼ばれる独身男性。では、独身男性の特徴とはどのような特徴なのか、独身のままでいるメリット・デメリット、独身を脱出するためのコツを現役の結婚相談所カウンセラーの方に解説していただきました。

独身(未婚)男性は一般的な時代に

gettyimages (45408)
Licensed by Getty Images

現代社会においては、結婚をすることが当たり前ではなくなりつつあります。

1960年までは、男性は30歳を超えたら9割以上が結婚をしている時代でした。

若いうちに結婚をして、家庭を持ち落ち着いた環境を築いてから、仕事に精を出すという流れが出来ていました。

1975年においては、30代の男性・女性共に約9割は結婚をしていましたが、この年を境に、未婚率は上昇の一途を辿り、1986年4月の男女雇用機会均等法の施行後は、更に未婚率は急速に上昇。

2015年の国勢調査においては、男性の未婚率は以下の通りとなっています。

年齢 未婚率
25歳 85.5%
30歳 55.0%
35歳 38.4%
40歳 31.4%

独身男性はなぜ増えたのか?

男性の未婚率上昇の主な原因としては、一つは仕事や賃金に関するものが挙げられます。

・女性の社会進出

・非正規社員の増加

・男性の所得低下

・転職市場の拡大

・三種の神器(終身雇用、年功型賃金形態、労働組合)の崩壊

などです。

特に雇用の問題は大きく、非正規雇用者の割合は、25年前の1991年と2016年を比較すると、全年齢で8.5%から22.1%に上昇、15-24歳で21.4%から52.5%に上昇、25-34歳で2.8%から16.0%に上昇している状況です。

結婚相手として、定職に就いている、安定的な収入があるということは、結婚する重要な要件になっていると言えます。

その他にも、趣味の多様化、結婚することのメリットを感じない、草食系男子といった異性とのコミュニケーションに不慣れな男性が増加していることなども原因に挙げられます。

また、独身でいる理由については、適当な相手に巡り合わない、まだ必要性を感じない、結婚資金が足りない、自由さや気楽さを失いたくないといったところが上位の理由となります。

また、近年で顕著な理由となっているのが、異性とうまく付き合えないというものです。

結婚をすることが当たり前ではなくなっている現代において、結婚することを今一度真剣に考えて、結婚をすることで、より豊かで幸せな人生を送って頂きたいと考えています。

そこで今回は独身のメリット・デメリット、独身男性の特徴、結婚するコツ、おすすめの婚活方法について解説していきたいと思います。

独身でいることのメリット・デメリットとは?

thinkstock (45351)
Licensed by Getty Images

独身生活と結婚生活とでは、生活自体に大きな違いがあり、結婚をすることで生活が一変することになります。

結婚をすると、金銭的、時間的な面で自由度は大きく奪われます。

これまでの独身生活を基準に考えると、デメリットが大きく、窮屈に感じてしまうことが多いようです。

この変化を恐れて結婚に踏み出せなかったり、変化を好まず現状維持を選択している人が多いということも一つの特徴です。

独身のメリットを享受し続けていると、婚期を逃すことにもなるので、結婚に踏み切る時期や判断はとても大切になってくると思います。

結婚をすることで得られるメリットや幸せも数多くあります。

デメリットばかりに目を向けるのではなく、メリットにフォーカスすることで、結婚に前向きになれるのだと考えています。

独身でいるメリット

thinkstock (46528)
Licensed by Getty Images

自由な時間が持てる

独身でいる最大のメリットは自由で束縛されないところです。

特に、自由に時間をコントロール出来る点は、最大のメリットだと考えます。

好きな時に、好きなことが出来て、一人になりたい時はその時間を作れるので、既婚者と比べると時間的な自由度は計り知れないと考えます。

気楽、責任がない

独身男性は既婚男性に比べて背負うものが少ない分、好きな趣味や仕事に没頭出来るというメリットがあります。

好きなことにお金と時間をかけたり、夢を追いかけたりすることも出来ます。

ただし、期限を設けて、どこかのタイミングで見切りをつけることが大切になります。

判断を誤ると婚期を逃すことにも繋がります。

仕事に打ち込める

独身のうちは、仕事に打ち込めるメリットがあります。

最近では、働き方改革が進行して、過重労働の規制もありますが、独身の身であることで、仕事に打ち込むことが可能になります。

結婚をしていると、仕事だけではなく、家庭とのバランスが求められることになります。

独身でいるデメリット

thinkstock (46529)
Licensed by Getty Images

社会的信用がない、世間体が悪い

独身のデメリットの一つに既婚男性に比べると社会的信用がない、世間体が悪いというものがあります。

昨今では独身者が増加して、身の回りにも多いために実感が湧かないこともありますが、世間の見方は独身者が感じている以上に厳しいものがあります。

肩身の狭い思いをする

独身でいることの気楽さや居心地の良さがある一方で、周囲の見方は年齢を重ねるにつれて厳しくなってきます。

特に、自分の親世代の人からの見方は厳しくなります。

親戚の集まりや、同窓会に参加した時に、既婚者が多くなる年代ですと、参加しずらかったり、独身であることに触れて欲しくなかったりと、肩身の狭い思いをすることがしばしばあります。

婚期を失い、生涯独身のままというリスクが高くなる

一定年齢を超えて独身のままでいると、性格面などで何か問題がある人なのではないかという評価をされて、結婚相手として選ばれにくくなります。

最近の動向として、婚姻者のうち、男女いずれか一方が、あるいは両方が結婚経験者、すなわち再婚者離婚経験者である傾向が高くなっています。

「いつか結婚出来ればいい」というスタンスでは結婚できるどころか、結婚をますます遠ざけてしまいます。

寂しい、張り合いがない

独身のままでいるメリットに身軽さや精神的な気楽さがある一方で、年を重ねるにつれて、責任感や背負うものがないことによる寂しさを感じたり、張り合いが無くなったりします。

年齢を重ねると寂しさなどの精神的不安が増幅する一方で、年齢と共に結婚が難しくなる傾向があるので、結婚のタイミングや判断は誤らないことが大切になります。

独身男性の特徴

gettyimages (46530)
Licensed by Getty Images

神経質、潔癖症が多い

神経質や几帳面な男性、潔癖症な男性は、独身男性に多い特徴の一つです。

神経質や潔癖症の男性は、普段の生活におけるルーティーンやルールがあって、それが乱れることを極端に嫌がります。

恋愛や結婚をすることで、お相手の女性によって自分のペースやルールが崩されることを嫌がり、独りでいることを強く望むことが特徴です。

独り暮らしが長かったり、暫くの期間恋人がいない人は、一人で生活することに慣れてしまい、人と交わることに抵抗がある男性もいるので、対策をする必要があると感じます。

スーツや洋服のサイズが合っていない

独身男性は、加齢に伴いファッションや身だしなみに無頓着な人が増える傾向があります。

特に、スーツや洋服のサイズが、自分の体型に合っていない人が目立ちます。

ダボダボの上着やパンツを身に付けている人が非常に多くいます。

オシャレに着こなしている男性は、体型に合ったジャストフィットの服装を身に付けています。

一方で、オシャレに関心がなく、無頓着な人は機能重視で、ゆったりとして、ダボダボなシャツ、ジャケット、パンツなどを身に付けています。

女性に好かれて、恋人や結婚相手をゲットする男性は、オシャレや身だしなみに気を使える男性です。

オシャレな男性は、色んなところに気が回り、気遣いが出来て、レディファーストも出来るので、女性から求められる男性となるのです。

婚活よりも仕事を優先する

婚活を疎かにして、仕事中心の生活を送っている独身男性は多くいます。

残念なことに、会社にはその人の代わりになる人はいくらでもいるのです。

自分がいないと仕事が回らないと思っているのは本人だけで、部下や同僚は付き合い残業を強いられているケースも多くあるので、いなくなって欲しいとすら思っているのです。

仕事を一所懸命にやることを否定はしませんが、日々の生活における仕事以外の割合を増やすことを意識することも大切です。

残業体質の人は、朝方に切り替えるなどの改善をして、プライベートの時間や婚活をする時間を確保して、豊かな人生を自ら切り開く努力が必要になると思います。

自分の人生の代わりは誰もいないのです。

男は黙って背中で語るものだと思っている

独身男性は、寡黙な男性、シャイな男性がモテると思っていたり、女性とベラベラとおしゃべりすることを良しとしないのです。

男は黙って背中で語るべしと思っている男性もいて、異性とのコミュニケーションを取ることが不得手な人が独身のままとなる傾向があります。

女性は、コミュニケーションを大切にする傾向が強く、会話を通じてフィーリングや相性を確認しているのです。

コミュニケーションが不得手な独身男性は、それをウィークポイントと捉えて改善するのではなく、それをプラスに捉えて、黙して語らずの男性が良しと解釈してしまい、独身からの脱却に苦戦を強いられていると言えます。

女性を見た目と年齢でしか評価しない

女性を見た目と年齢でしか評価しないのが、独身男性の一つの特徴になります。

自分のことは棚に上げて、女性の評価を見た目と年齢だけで行っているのです。

独身男性は、自分は太っていても、太った女性は許せない、自分は禿げていても、女性はロングヘアーじゃないとダメとか何かとケチをつけ、自分とはつり合いの取れない女性ばかりを求めようとするのです。

独身男性は、自分の見た目を改善することなく、女性の批判ばかりをしているので、女性からは相手にされず、独身のままとなっている人が非常に多いと感じます。

独身男性が結婚をするコツ

gettyimages (46531)
Licensed by Getty Images

結婚をする覚悟を決める

独身男性が結婚をするには、結婚をする覚悟をすることが大切です。

結婚をして、家庭を築いて、人生を前に進めることに重きを置いて、お相手選びをすることです。

理想を追求したり、選り好みをしていたら結婚など出来る世の中ではありません。

独身男性は、長期的な視点で婚活を考えたり、恋愛を楽しんでから結婚をしようと考えていたら、婚期を逃し、生涯独身のままというリスクが高くなります。

「本気で結婚するぞ」と強く胸に抱いて、真剣に婚活に臨むことで、初めて結婚が実現すると考えて、今すぐにアクションを起こして婚活に臨むことが大切になります。

自分の力を過信せずに、他人の力を借りる

独身男性が、結婚をしたいと考えて婚活をするなら、自分の力を過信せず、他人の力を上手に借りて婚活をすることが、結婚への近道だと言えます。

他人の力を借りるとは、友人や知人だけではなく、婚活を支援するサービスを利用することもその一つです。

これまで独身のままでいる自分のやり方を一度捨ててみて、例えば結婚相談所で、プロのアドバイザーから助言をもらいつつ、まずは素直に受け入れて、それを忠実に実行してみるということです。

自分の思考や想いでは、どうしても客観的自分を見る事が出来ず、お相手選びも自分とはつり合っていない、高嶺の花的な存在のお相手を目指してしまいます。

結婚に必要な情報やお相手選びをする際に、第三者の客観的な意見を聞いて、アドバイスを受け、自分自身の需要や立ち位置なども把握をした上で婚活をすることが、短期間で結婚を実現する大切なポイントになります。

相手を好きになる努力をする

独身男性が結婚をするためには、相手の女性を好きになる努力が必要になります。

そのためには、相手の良いところを見るようにして、逆に嫌なところやマイナス面や極力見ないようにすることが大切です。

結婚が出来ない独身男性は、相手の嫌なところを見付けようとしたり、粗探しをしようという思考が先行して、良いところを積極的に見ようとせず、減点方式で女性を見ている傾向があります。

結婚をするコツは、良いところを見付けて、加点方式で相手の女性を評価することを心がけることで、結婚が近づくことになります。

良いところを極力見るように心がければ、自然と好きという感情が芽生えて、恋愛体質に変化して、結婚がしやすい状態になります。

相手の女性の良いところを見付けることを意識して、好きになることが結婚への近道です。

独身男性にオススメの婚活方法

婚活アプリ

gettyimages (46532)
Licensed by Getty Images

婚活アプリ、マッチングアプリは、雨後の筍のごとく非常に多くのサービスがリリースされています。facebookと連動したものも数多くあり、信頼性を担保しているサービスもあります。

結婚を真剣に考えてお相手探しをする婚活というよりも、遊び友達や恋人探しといったライトな感じで恋活目的で利用すると良いと思います。

結婚も最初は出会って、交際をするところから始まりますので、結婚には直結しませんが、ライトな感覚で利用すると良いでしょう。

また、利用する年齢としては、20代前半から後半ぐらいが主なユーザーになります。結婚までには少し余裕があって、まずは恋人を探して、交際に発展して、ゆく末は結婚というステップを踏むイメージで利用すると良いでしょう。

料金的にはリーズナブルで、証明書類の提出も不要で、ネット上で登録が完了してスタートが出来る手軽さが魅力的です。

マッチングしたお相手とは、コミュニケーションを取って、自力でデートに漕ぎつけて、交際に発展させていく必要があり、高いコミュニケーションスキルが要求されます。

すぐに結婚したいと考えていても、共通の目的で活動をしている人を見付けることが容易ではないので、恋活的な用途として利用することがオススメです。

結婚を真剣に考えたい、すぐにでも結婚をしたいと考える独身男性には、あまりオススメ出来ません。

また、異性とのコミュニケーションが不得手な男性は、アドバイザー等の人的サポートのある婚活サービスを利用することがオススメします。

婚活サイト

gettyimages (46533)
Licensed by Getty Images

婚活サイトは、婚活アプリやマッチングアプリと同様に、比較的若い年代のユーザーが利用する傾向が高いと言えます。

年代としては20代後半から30代前半ぐらいです。

書類の提出は基本的には不要ですが、身分証明書を提出することで、サービスの利用範囲が広がり、お相手からの信頼も得られるので、マッチングでお会い出来る可能性が高くなります。

料金的には、月額3000円程度の基本料で利用が出来るので、リーズナブルで手を出しやすいサービスとなります。

婚活アプリ同様、結婚には直結しにくいので、友達や恋人探しといった出会いの機会の一つとして考え、婚活というよりも恋活的な位置づけとして利用することをオススメします。

こちらも、自分の力でお相手とのコミュニケーションを取って、交際に発展させる必要があり、かなりの高度なスキルが要求されます。

異性とのコミュニケーションが不得手な男性は、高いハードルが待っていると考えられます。

また、交際をしても本来の目的である成婚(婚約と同義)まで実現するには、何をすれば良いのか解らない人も多くいます。

また、交際する期間や成婚をするためのタイミングなども判らない人が多く、誰に聞けば良いかもわからず、結局は手探りで活動をして、途中で交際終了になるケースが多いと思われます。

婚活パーティー

gettyimages (46534)
Licensed by Getty Images

婚活パーティーは、リアルな出会いを求めることができ、実際にお会いをして、お話をする中で、フィーリングなどを確認できるメリットがあります。

また、パーティーによって、年齢や職業などの属性ごとのパーティーが開催されるので、対象を絞って参加することが出来ます。

パーティーには、1対1でお話が出来る形態と、大勢でお話をする形態など様々です。

特にフリータイムを設けているタイプですと、積極的に自分から声をかけていかなければ、コミュニケーションが取れずカップリングも難しくなります。

婚活パーティーも婚活アプリや婚活サイト同様に結婚に直結するサービスではなく、まずはお友達から恋人へと発展することを期待する恋活的なサービスとなります。

また、本人確認はしているものの、具体的なプロフィールの信憑性は高くはなく、結婚を本気で考える人には、オススメは出来ません。

対象年齢としては、20代半ばから30代前半ぐらいがメーン利用者となります。

婚活パーティーで出会えたお相手と、交際から成婚まで自力で到達するには、一定のコミュニケーションスキルや恋愛力なども必要になります。

異性とのコミュニケーションに慣れている人、恋愛経験が比較的多くある人は対応が出来ると考えますが、交際経験が少なかったり、異性とのコミュニケーションに不慣れな人は、サポート重視の婚活サービスが適していると考えます。

結婚相談所

gettyimages (46535)
Licensed by Getty Images

一定年齢を超えた独身男性が、本気で結婚を考えたいなら、結婚相談所で短期成婚を目指した活動をすることがベストな選択となります。

結婚相談所は、他の婚活サービスとは異なり、結婚に直結するサービスとなります。

今すぐにでも結婚をしたいと考える独身者だけが登録をしていて、登録者のプロフィールの主要な部分である、独身であること、職業、資格、年収、学歴などの証明書を取ることで保証を付けている点が非常に大きなメリットとなります。

結婚に対して前向きで、且つ身元が保証されて、氏素性がはっきりとしたお相手と出会えることが最大のメリットです。

また、結婚相談所では、成婚がしやすいとても重要な仕組みがあります。

それは、お見合いをしたお相手と交際が出来る期間に制限があるという点です。

結婚相談所の連盟などによって、期間は異なりますが、3ヶ月や6ヵ月で設定をしているところが多くなります。

要は、3ヶ月から6ヵ月の期間で、そのお相手との成婚を決断する必要があるということです。

この期間の制限があることが、成婚をする決断を後押ししてくれて、人生を前に進めることが出来るのです。

この期間的制限がないと、どのタイミングで交際を深め、将来的なお話や込み入ったお話をして良いのか、プロポーズはどのタイミングでするべきかなどが判らず、だらだらと交際をしている中で、交際終了となってしまうことも多くなるのです。

仲人型の結婚相談所の多くは、交際期間に制限を設けていて、アドバイザーの人的なサポートが入り、交際を軌道に乗せ、成婚を実現させる後押しをしてくれるので成婚率が高くなります。

結婚相談所について少し補足をしますと、結婚相談所は大きく分けると2つに分類されます。

1つは、データマッチング型の結婚情報サービス

2つ目は、仲人型の結婚相談所

成婚率でいうと、前者は3~5%、後者は5~8%程度となります。

婚活支援サービスの中で、最も結婚が出来るサービスは仲人型の結婚相談所です。

この2つのサービスは、広義の意味で結婚相談所というくくりになりますが、厳密には大きな違いがあります。

最大の違いは、サービスの目的です。

データマッチング型の結婚情報サービスの主たるサービスの目的は、コンピュータマッチングによって、お相手を紹介することです。

紹介した時点で、一つのサービスが完結しているので、それ以降は婚活者がお相手との交際を自力で行い、成婚を実現していくことになります。

ご紹介後の人的サポートはないので、自力で行っていくことになります。

また、交際期間にも制限がないので、成婚を実現させるハードルは高くなります。

一方で、仲人型の結婚相談所の主たるサービスの目的は、成婚です。

成婚を実現させるために、婚活者とアドバイザーが一緒に成婚を目指して活動をしていくことになります。

また、交際期間に制限があるので、その期間で成婚を実現させるために、スケジュール管理や、交際管理を密に行い、成婚の実現に向けてサポートをしていくことになります。

異性とのコミュニケーションに不慣れな人、交際経験が少ない人、暫く交際をしていない人や交際経験が無い人などは、アドバイザーが細かく指導をして頂けて、異性とのコミュニケーションの方法、お見合いやデートのマナー、会話のテクニックなどもアドバイス頂けるので、成婚が実現しやすくなります。

婚活アプリ、婚活サイトや婚活パーティーといった婚活支援サービスは、どちらかというと異性とのコミュニケーションに慣れていて、自力で活動が出来る人向け、そして年齢的には20代から30代前半ぐらいの少し時間的に余裕を持てる人が利用すると良いでしょう。

35歳前後の年齢を超えて、本気で結婚をしたいのであれば、結婚に直結した結婚相談所を利用することをオススメします。

また、コミュニケーションスキルに自信がない人、異性とのコミュニケーションに不慣れな人も、アドバイザーのサポートを常に得られる結婚相談所のサービスがオススメです。

独身男性は自分のライフプランなども考慮して動き出しましょう!

gettyimages (46537)
Licensed by Getty Images

日本において、男性の多くは20歳から50歳までに結婚をしていきます。

男性の初婚平均年齢は31.1歳です。

30歳男性の未婚率は55.0%、40歳の未婚率は31.4%です。

50歳で一度も結婚をしていない独身男性は、23.4%です。

4分の3の男性は、50歳までに一度は結婚をして、4分の1は50歳で一度も結婚をせずに独身のままとなります。

50歳を超えると結婚はほぼ難しいと考えられますので、20歳から50歳の間で結婚をしていくことになるのです。

この30年間の中で、自分自身はどのタイミングで結婚をするべきかなのか。

若いうちは、やりたい事や夢を追いかけることも大切です。

仕事に関しては、最初の数年は覚えたり、慣れることに必死で、ある程度仕事を覚えて、責任のあるポジションで仕事をするようになるのは30代に入ってからです。

仕事も楽しくなり、遣り甲斐も感じ、ライバルにも負けたくない一心から仕事中心の生活になってしまい、気づいた時には周囲は結婚をしている状況になっています。

独身男性は、出来るだけ早期にご自身のライフプランを大まかに考えておくことがとても大切になります。

その中での結婚の位置づけは大きなものになります。

20歳から50歳までの30年間で、結婚をどのタイミングでするのか。

また夢や、やりたいことなども期限を設けて行うことが大切になります。

時には見切りをつける選択も必要になります。

人生は、選択と決断の連続です。

結婚も人生の中の決断です。

恋愛結婚だけが、結婚のプロセスではありません。

結婚をしたいと思った時に、すぐに動き出し、一つの目的である結婚が実現しやすい方法を選択することも大切です。

結婚相談所は、最後の砦という位置づけが浸透していますが、本来は最も結婚が実現しやすいサービスなので、一番最初に利用するべきなのです。

結婚相談所のサービスは、若い人ほど大きなメリットを享受出来ます。

一定年齢を超え、年齢が増加するごとに、婚活市場における需要は加速度的に下落すると言われています。

将来のライフプランを考えて、結婚をすることが当たり前ではなくなっている時代だからこそ、結婚することにもっと熱く、真剣になって、後悔をしない人生を送って頂きたいと切に願います。

ライター アイコン ライター情報
今回、記事を担当させて頂きました、婚活レッツです。結婚相談所で成婚をするには、正しいやり方を習得して、プロのアドバイザーと一緒にサポートを受けながら活動することが大切です。まずは、お見合いという出会いの機会を最大化すること。理想としては、3ヶ月で20人から30人とお見合いをすることです。交際に入ったお相手とは、お見合い後1ヵ月の期間が最も大切になります。この期間で、出来るだけ多くの方とお会いして、関係性を構築することが大切になります。お見合い後の1ヵ月で6回以上お会い出来れば成婚が見えてきます。婚活レッツでは、月に2回以上の面談を行う中で、具体的なアドバイスを行うことで、お断りをされない婚活をサポートしています。最後まで一度もお断りをされなければ、成婚が出来るのです!
全国200件以上を訪問したアモーレが選ぶ結婚相談所ランキング
結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
地域の結婚相談所を探す
結婚相談所紹介バナー
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.