2018年5月13日更新
アラフォー独身女性の方必見!結婚に向けて、あなたに本当に伝えたいこと

アラフォー独身女性の方必見!結婚に向けて、あなたに本当に伝えたいこと

アラフォー独身女性の方がたくさんいます。そんな未婚のアラフォー女性に少しでも伝わったら良いなという一心で結婚に必要なことを書きました。大変長くなってしまいましたが、読んでいただけたら幸いです。

「アラフォー」、つまりAround40 。

この言葉の響きにどんと構えていられる人もいれば、小さくなってしまう人もいるでしょう。

そもそも、アラフォー、あるいはアラサーは、具体的な年齢を出さずに歳を伝えるために用いたのが始まりでした。

ですが、今は、「この言葉自体に差別や違和をあるよなあ」といった明確な怒り、またはぼんやりとした寂しさみたいなものを感じてしまう人も多いのではないでしょうか。

アラフォー=独身、といった連想を不特定多数の人がしてしまうことに。

「誰に何を言われようと関係ない! 人生は一度きり! 答えは一つではない!」

まさにその通りなのですが、そう思っていること、と、思い込もうとしていることには随分と差があります。

ここでは、どの道を選ぼうとアラフォー独身女性に元気でいてほしい、胸を張って笑顔でいてほしい、といった強い思いを込めて、様々な角度から、たくさんの情報、メッセージを送ろう、とそう考えております。

それは、アラフォー独身女性への一歩は、またはアラフォー独身生活においての日々の一歩は、気持ちの持ち方でがらりと変わるのですから。

独身率は上昇している?

アラフォーとは

アラフォーとは正確には、「35歳以上44歳以下」までを指します。(四捨五入の場合)

ですが、「人それぞれの感じ方」が重要ともされているので、一般的におそらく解釈されているであろう、「40代」のいう意味合いでも間違いではないです。

そのアラフォーですが、冒頭でも書いた通り、「アラフォー=独身」と連想する方が多いのが現状です。(それも「女性限定」といった部分も強いでしょう)

では今現在、未婚率(生涯独身率)は実際のデータ的にはどのぐらいいるのでしょうか。

35歳から、がらりと変わる

おそらくたくさんの媒体で言われているので、男女ともに「生涯独身率」が上昇していることはご存知のことと思います。

2015年分の国勢調査を参照すれば、バブル時代あたりから独身率は急激に右肩あがりを見せております。

女性に関して言えば、

25歳から29歳までは61パーセント、

30歳から34歳までは33.7パーセント、

35歳から39歳までは23.3パーセント、

とすなわちアラフォーは、10人中2人は独身ということになります。

そしてこのデータの注目すべき最大の部分は、五年結婚率、十年結婚率の部分です。

(つまり過去のデータを参考にし、五年以内、あるいは十年以内に結婚する人の確率を導き出したものです)

データによれば、三十五歳になると、五年結婚率、十年結婚率が一気に下がる傾向が見られます。

(三十四歳までは二十パーセント以上あったのが、一気に十パーセント代になる。すなわち、三十五歳を越えると、ようするにアラフォーになると、生涯独身を選ぶ人、たとえそれが意志ではないにしろ、多くなる、ということです)

このデータをどう見るか

このデータに関して、「もう駄目だ」と諦める人、「所詮データだから」と割り切れる人、「もうとっくに生涯独身でいるつもり」と聞き流せる人、とたくさんの感想があることでしょう。

ですが、どんな感想を抱くにせよ、視野を狭めることはしないでほしいな、と考えます。

それは未来は良くも悪くも見えないのですから。

しかし、「もうこういう道しかアラフォーには残されていない」「結婚なんて夢のまた夢」という考えに染まり、視野が狭くなれば、見えるはずの選択肢が見えなくなったり、できるはずの行動ができなくなったりします。

華やいだ未来が待っている、という約束も断言ももちろんできませんが、華やいだ未来が絶対にない、という約束も断言ももちろんできないのです。

だからこそ。

だからこそ、客観的な視野を持ち、今の生活、今の自分をしっかりと見つめていきましょう。

gettyimages (18454)
Licensed by Getty Images

アラフォー独身の特徴は?

迷うことは悪いことではない

「四十にして惑わず」という言葉があります。

40歳になって、道理も明らかになって自分の生き方に迷いがなくなった、という意味です。

ですが、ここはあえてアラフォー独身女性には迷うことをおすすめします。

時にはどうしようかと考えること、振り返ること、ということが大切ということです。

そうすれば新たな道、選択肢、やるべきことが絶対に見えてきます。

自分を客観視することが必要なんです。

なぜ今一人なのか。それを考える

おそらくアラフォー独身の方は下記のタイプのどれかに当てはまるのではないでしょうか?

1 経済的に余裕があり、また一人の時間に慣れ、一人の方が楽だと思っている部分が強い
2 長くつき合っていた彼と別れ、次の恋愛に踏み出せなくなった(結婚のチャンスを逃して別れた)
3 出会いが圧倒的に少ない

この中に、「結婚相手に対する望みが高い」であったり、「好きな人がなかなかできない」はあえて外しています。

なぜ外したかというと、それを言える人はおそらく、あるはずの選択肢がまだしっかりと見えているからです

気持ちのゆとり、余裕と言ってもいいかもしれません。

そんな人に対し、「分かってないな。多少の妥協は必要なんだよ」「昔の自分を見ているみたい」とそう思う人が、嫌に達観して考えてしまう人が、上記三つのタイプのどれかに当てはまる、と考えます。

アラフォーに過剰に辛さ、重さを感じてしまう人です。

タイプ三つの共通点

三つに絞ったどれもに共通して言えることは、アラフォーという年代を境に、結婚という選択肢が見えなくなってしまったこと

(言葉を換えるのならば、何をしていいのか分からなくなってしまっている)

また婚活や出会いを求める行動をすること自体を諦めてしまったこと、が挙げられます。

もし婚活をしていたとしても、心のどこかで、「高望みはできないし」「結婚はできないだろう。一生一人だろうな」といった鬱々とした自分がいませんか?

これを打破するためには、先にも述べたように「自分を客観視すること」が一番です。

すると、「まだまだこれからも乙女」という発想に繋がり、今見ている白黒の景色に色が付くことでしょう。

絶対に結婚してやる、婚活を頑張るんだ、と心底から思える自分になれます。

gettyimages (18458)
Licensed by Getty Images

一人の方が楽なタイプの方へ

まずは、「1 一人の時間が長く、一人の方が楽だと思えてきた」のタイプの客観視、転換、です。

言い換えるとこのタイプの方は、「一人でいることが辛くなく、今まで寂しさを感じてこなかった」ということでしょう。

アラフォーになるまではきっと、「まあのんびりいけばいいでしょ」といった余裕もあり、生活に辛さや寂しさを感じることはなかったことでしょう。

結婚、婚活、出会い、に対して無頓着だったことでしょう。

恋愛をしていなければお金もかからない、ファッションに気を遣わなくていい、といった部分に利点を感じ、また気の合う友人(結婚前で時間が作れた同僚も含む)、ボーイフレンド以上彼氏以下という存在の方もいたかもしれません。

それなりに毎日が楽しかった。
ということになります。

ですが、気付けば気の合う友人の数やボーイフレンドはいなくなり、鬱陶しいとさえ思っていた両親からの結婚話、婚活話も聞かなくなり、もっと言えばそれが禁句となっているこの事態に、あせりを感じてしまっている部分はありませんか? 

また、このアラフォー独身生活に染まり、だらしない部分が突出してきていませんか?

「もう独身のままで本当にいい」「婚活はしない」と思う方の否定はもちろんしません。

ですが、ここは既述した通りに、自分を客観視、考え方の転換、をしてみてください。それでも、果たして今の考えに変わりはないか、と心を分析してみてください。

まずしっかりと見つめてほしいのは、今はまだ若い、ということ現実です。

若さは好きな場所にも行くことができますし、仕事が充実していれば、雑多なことは考えないと思います。

ある程度の蓄えがあれば食べ物には困りませんし(それは貯金の総額ではなく、とりあえず暮らしていけるという環境、状態を指します)、クリスマスなどのイベントシーズンやベビーカーを引いた母子に対して、ふん、と顔を背けることもできることでしょう。

ですが、もしその若さが、つまり体力が衰えてきても、パートナーがいなくてもいい、や、結婚を諦めて良かった、とそれでも言い切れるか、ということです。

アラフォーということに対し、過度なプレッシャー、あるいは重さを感じる必要はないのです。

遅すぎることはありませんし、まだ様々な方法、選択肢があるのです。

こうなるしかない、独身はしょうがないんだ、という発想はどうか捨ててください。

gettyimages (18456)
Licensed by Getty Images

結婚のチャンスを逃して別れた方へ

次に、「2 長くつき合っていた彼と別れ、次の恋愛に踏み出せなくなった(結婚のチャンスを逃して別れた)」です。

長すぎる恋愛は上手くいかない、といったよく聞く言葉に当てはまる恋愛――しかし、これを後悔や失敗と考えないでください。
学んだ、とそう思ってください。

長くつき合えたということは、
① 喧嘩をしても仲直りすることができた(その術を知っている)
② 時には引くことが大切、ということを分かっている
③ 重要視しなければいけない部分、妥協してもいい部分を理解している
④ 「恋愛」の先にある、「安堵」なり「夫婦愛」「人間愛」なりに近いものを経験している

ということになるとは思いませんか。

言うなればこれは、「人を見目がある」であったり、「もし次に『恋』をしたら失敗はする確率は少ない」であったり、「婚活が大いに有利になる」ということです。

自信を持って胸を張って進んでほしいな、と思いますし、下を向いていたら、新しいパートナー、未来の結婚相手が目の前にいても気付くことはできないですよ、とも言いたいです。

thinkstock (18459)
Licensed by Getty Images

出会いが圧倒的に少ない方へ

最後に、「3 出会いが圧倒的に少ない」についてです。

これは職場に既婚のおじさんしかいない、や、そもそも女性だらけの職場で独身男性がいない、いても年下ばかり、といったところでしょう。

恋がしたくても恋さえするのが難しい環境――ここでも自分を客観視してみてください。この状態を冷静に分析してみてください。

職場恋愛は割と上手くいかないことが多い、ということ。

不倫というゴールの見えない行為に走ってはいないこと。(もし過去にあったとしても、大事なのは「今」ですので、「今」を基準に)

そういう状態にあなたはいるということです。

下記に詳しく記載しますが、「出会い」というのは、図書館で同じ本を取ろうとして素敵な人と手が重なる、といった運命的なものは存在しません。

ですので、出会いがある状態になる、出会いがある環境へと体を向ける、ということ、これが必要なのです。

そしてどのタイプでも言えることですが、残念ながら、「運」の量は平等ではありません。

独身から脱出するためには「運」はある程度は必ず必要です。
じゃあどうすればいいか。
持っている「運」を上手く引き出すことです。
じゃあどうやったら引き出せるか。
それは、気持ちの持ち方が重要、なのです。

アラフォーで独身――もう遅い、終わった、婚活は無意味、ということはないのです。

gettyimages (18460)
Licensed by Getty Images

アラフォー独身は何して過ごしている?

アラフォー女性の休日の過ごし方

よく、「マンションとペットを飼ってしまったら生涯独身決定」みたいなことを聞きます。

マンションを買うということは計画性があることだと思いますし、ペットを飼うことは慈愛に満ちた行動とも思えるのですが、世間一般的にはそうは取られないというのが現状です。

アラフォー独身女性は普段何をして過ごしているのか。休日は何をしているのか。
様々な媒体から調べていくと、どうやら下記のことが多いようです。

DVDを観る
インターネットをする
ただ体力の回復をする
同じ独身女性との女子会
スポーツジムに行く
マッサージ、エステに行く
ギャラリー巡り、
買い物
洗濯、掃除

このどれかに当てはまるのではないでしょうか。
そしてここで挙げた過ごし方には、三つ言えることがあります。

1 楽しいのか楽しくないのか分からない休日になっている
2 自分のためだけの(それは未来のあなたのための時間ではなく、今のあなたのための)時間の過ごし方になっている
3 無気力な時間潰しになっている(時間を潰している、潰している、のです)

となります。

もっと言えば、三連休があったとしても、その連休を上手く使わない、使えない、ということです。

あなたは独身の負のサイクルにはまっていませんか?

過ごし方をここでも客観的に分析する

洗濯、掃除、はしょうがないこと、と言い訳もできますが、「しょうがないこと」と思っている時点で楽しくはないでしょう。

料理が趣味だとしても、「ただ食べるため」と考えずに、「花嫁修業」と結婚を前提にして考えれば、新しくいろいろなものを作ってみよう、と思う気持ちにもなれますし、手際を意識し、栄養や献立などを真剣に考える(勉強する)要素にもなります。

つまり未来のあなたのためになります。

買い物は、生活用品が増えていませんか? 

スーパーマーケットやドラッグストアでの買い物ももちろん買い物であり、必要ですが、服や雑貨を見てまわることが減ってはいませんか?

もし見て回ったとしても、「お洒落をしたい」という願望より、「同じ服を着ているのが恥ずかしい」といった思いで購入していませんか?

未来のあなたのためにすることをしましょう。

体力回復、マッサージ、そういったことを心掛ける、言わば頑張るあなたは素敵ですが、素敵=魅力的、にはなりません。

完璧が思っているより愛されないことは、おそらくアラフォー女性ならばご存知のことでしょう。

仕事はほどほどにしましょう。他の部分(婚活)に使える体力を残しましょう。

それが未来のあなたを変えるのです。

DVD観賞、女子会、ギャラリー巡り、素晴らしい趣味だと思いますが、どうしても今やらなければいけないことではない、と心のどこかで分かっているから、楽しめません。

もちろん、「いけない」とは言いません。話題が豊富になるのですから。

ですが、そういった趣味をする時、ほんの少しでも、「未来の自分のため。その時に豊富な会話ができるようになるため」と考えながら行なってください。

きっと今より楽しくなりますし、顔付きも柔らかくなっていくことでしょう。

そしてジム、エステに関してです。

これは一見、未来のあなたのためを思って行なっているように見えますが(ある意味、婚活にも見えますが)、「昔の自分に戻りたい」と思って行なうのと、「綺麗になって未来を変えたい」と思ってやるのとでは大きな違いがあります。

後ろを見るのではなく、過去を見るのではなく、未来を見てやるほうが、やる気の度合いが違ってきます。

気持ちを変えれば、何をするにも張りが出ますし、楽しくなりますし、結果、選択肢が増えることになるのです。

thinkstock (18461)
Licensed by Getty Images

一人を減らす努力

分かりやすい婚活だけが、出会いを運んでくる、「運」を引き寄せるわけではないです。

もし趣味が、「旅行」であった場合、自然に、「一人旅」という、「一人」を最初から付けてしまってはいませんか?

別に誰か異性と行きなさい、と言っているわけではなく、「一人」が当たり前、と思っていることは、いささか可能性を狭めています。

もちろん良くも知らない人と旅行は嫌でしょう、誰か同性を誘いたくても時間の都合がつかなかったりすることでしょう。

ですが、知らないうちに、その旅行の思い出さえ、自分一人が眺める心のアルバムの中にしまっていることは、悲しいことだと感じます。

「こんなところに行ったよ」と誰かに話すこと、「ここは将来、彼と行きたいな」と思いながら旅行パンフレットをめくること、そうすればまた一歩、あなたは確実に前へと進めます。

一人を減らす努力、というのは、「一人でいたくない」と真剣に考えることであり、それによって行動、気の持ち方を変わってきます。

どんなことでも急には変わりません。

徐々に、小さなことから変えていけば、やがて遠くに見える未来が変わってくる、そう断言できます。

「アラフォー独身生活」に、小さい変化を付けて過ごしてみてください。

gettyimages (18462)
Licensed by Getty Images

脱独身を果たすためには

自分の意識の変革をしよう

ここまで読んだ方はきっと、「知らない間に殻に閉じこもっていたかもしれない」と考えてくれていると思います。

脱独身、まだまだ行けるぞ、アラフォー。

そう強く思いながら、婚活、幅広く言えば出会いを意識して行動してみましょう。

モチベーションを上げる努力をすること、具体的な対策を練ること 結婚は自然なものだと思っている観念を無くすこと、です。

すなわち、「自分の意識の変革」をすることです。

婚活、出会い、と真摯に向き合うこと、それは昨日までのあなたの考えを捨てることです。

冷静な野望、客観的な視野、反省できるプラス思考、これらが大切となります。

恥ずかしさを捨てる

具体的にはどういうことか。まずは、恥ずかしさ、言い方を変えるのならば部分的にプライドを捨てることです。

婚活自体を恥ずかしい、と思っていては、何も変わりません。
「誰かいい人いない?」と訊ねることは恥ずかしい、と思っていては、何も変わりません。

先にも話した通り、図書館で同じ本を取ろうとして素敵な人と手が重なる、といった運命的な出会いはありません。

あるとしてもそれは一握りの方でしょう。
運、あるいは運命は引き寄せるものです。

今までの反省や学んだことを次に繋げることです。

「こんないい女がいるのに、全く今まで出会ってきた男はどれだけ盲目なんだ」と思うこと、
「きっとこの出会いのために今まで私は独身だったんだ」と明日そう思える自分を想像すること。

婚活に羞恥を感じる必要はありませんし、逆に言えば今の時代、恥ずかしい、と思うこと自体、恥ずかしい発想です。

そして、「恥ずかしい」にやはり共通して言えることですが、洋服を選ぶさい、「無難」なほうばかり選んでいませんか?

イタい人、と思われたくないという発想から、同じようなライン、色、柄の選択をしていませんか。

あるいは、新しい自分に会いたい、という考えの欠如。

派手な服を着なさい、セクシーな服を着なさい、ということではなく、お洒落していると思われる自分が恥ずかしい、という考えはやめましょう。

気合い入っているな、という分かりやすい恰好、メイクは、女性が思っているより、男性は嬉しいものです。

もっともっと今の自分を魅力的にアピールしてください。
男性は鈍感です。だから求めているのは分かりやすさです。

この人となら一緒に過ごせそうだ、という思いを相手に抱かせることです。

部分的に取り繕い、部分的にさらけ出す、こういう高度なテクニックは、アラフォーだからこそできる、とそう思いませんか?

婚活は就活と似ています。
最高の自分を、最高に見える自分を相手に見せることです。

知っていることを、知っていないようなふりをすることが大切

次に、知っていることを知っていないようなふりをすることが大切
です。

知っている知識、経験、考えを全面に押し出す必要はないのです。

例えば誰かとデートした場合、行ったことのある場所、食べたことのあるもの、乗ったことのあるアトラクションもあるでしょう。

でもその、「私は全て分かっている的な部分」は見せずに、純粋にその時間を楽しみましょう。過去は捨てましょう。過去は見せないようにしましょう。

未来の結婚相手としてふさわしいかを見定めたければ、相手の本性を見たければ、たくさん笑い、たくさん話し、こちらが心を開いていることを相手に知らせることが大切です。

すると相手も心を開き、あなたが見たかった部分が、聞きたかった箇所が分かるはずです。

変な焦りを抱くことなく、話の順序、言葉の選択を考えることなく、理解することができるはずです。

自慢話はやめましょう、
自虐的な会話はやめましょう、
自分が寂しくなるだけです。
相手の話に耳を傾けましょう、
男性を立てましょう、
そうすれば変わります。

相手に負けたくない、という感情はいらないです。

一歩引けとはいいませんが、同じ目線、同じ速度で歩くことを心掛けることです。

自分の趣味を優先する部分も要りません。出会いのチャンスを見逃さないようにしましょう。

さいごに

最後まで読み、「よし、頑張るぞ!」と思ってくれた方がたくさんいてくれるのは嬉しいですが、どちらかといえば、「よし、恋愛するぞ!」「よし、結婚するぞ!」と思ってくれた方がいるほうが嬉しいです。

ブリッ子的要素を持てとは言いませんが、おそらくそういうふうなことを目指したとしても、同性から嫌われるような、そこまでブリッ子にはなりきれないのでは? と思います。それがアラフォーです。

適度に可愛らしく、そうなれるはずです。そんな素晴らしい女性になれるはずです。

乙女を強く強く意識してください。

笑顔は未来の自分を変えます。絶対に変えます。白黒の世界に色を必ず付けます。

婚活の一度や二度の失敗にめげないでください。

ライター アイコン ライター情報

アモーレメディアを立ち上げた張本人であり、過去に結婚相談所の運営に携わり集客の難しさや婚活サービスとユーザーのミスマッチに課題感を持ち、日本の結婚後の生活や婚活事情に対して大学でも専門的に学び、常に新しい情報をリサーチしています。

明治大学出身、「21世紀の家族構成」について専門的に学ぶ


・結婚相談所の集客に携わり、現場の声や結婚相談所の情報の不透明さ・発信方法に課題を持ち婚活情報メディア「アモーレ」を立ち上げる。

この記事のタグ一覧 アモーレ ロゴ
40代向け 30代向け
全国200件以上を訪問したアモーレが選ぶ結婚相談所ランキング
結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
地域の結婚相談所を探す
結婚相談所紹介バナー
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.