• 再婚の苦労って…?再婚時の大変だったことや、その軽減策をご紹介
2018年10月12日更新
再婚の苦労って…?再婚時の大変だったことや、その軽減策をご紹介

再婚の苦労って…?再婚時の大変だったことや、その軽減策をご紹介

この記事では、再婚の苦労についてご紹介。再婚相手の子供に関することや、再婚相手のご家族への報告に関すること、再婚時の結婚式などで苦労したことなどをご紹介。苦労だけではなく、その問題に対する解決策になるようなリンクもご案内しておりますので、再婚に対して、戸惑いがある人、悩んでいる人、苦しんでいる人に見ていただきたいです。

再婚したい…!けど…。

gettyimages (49158)
Licensed by Getty Images

現在離婚率も増えていることから、バツイチになり再婚を考えている人はたくさんいます。

ですが、再婚するとなると相手の条件もより考えなければなりませんし、子供がいる場合は子供の将来や気持ちも考えなければなりません。

また、親に反対されないか心配という人や、すでに再婚には反対されている人もいることでしょう。

今回は再婚するにあたっての苦労や問題、その解決策について紹介していきます。

再婚時の苦労って…?

thinkstock (49159)
Licensed by Getty Images

先ほど再婚に関しての苦労を一部紹介しましたが、あなたは再婚にあたっての苦労をご存じでしょうか。

再婚をするにあたっては簡単に想像できる苦労もあればやってみないことには気づけないような苦労もあります。

まずは再婚するにあたってどのような苦労が具体的にあるのか見ていきましょう。

①前妻(夫)との子を自分が愛せるか不安

「バツイチ子持ちの方との結婚を考えた時、正直、自分の産んだ子ではない子を愛せるか、ちゃんと愛することが出来るか不安だらけだった。」(40代/男性)

上記のコメントはある男性の再婚時の悩みです。

自分がバツイチだったり、相手がバツイチで再婚する場合はどちらか、もしくは両方ともに子供がいる場合があります。

その時にいきなり自分に新たな子供ができることになり、愛せるかどうか不安になってしまいます。

また、自分の子供を相手が受け入れてくれるかどうかも心配になってしまうことが多いです。

②再婚する際、相手の親に反対されてしまった

再婚する場合は相手の親に反対されてしまうことも苦労の一つです。

現在離婚率は上がっていて、多くの人が離婚しているとは言えバツイチに対する印象はあまり良いものではありません。

以前は結婚すれば一生を添い遂げることが当たり前という感覚だったからです。

仮にあなた自身に原因がなかったとしても親世代の年配の方はバツイチという事で不安になり、反対されてしまう場合もあります。

また、自分の親にも再婚の場合はより慎重に選択するように忠告されることもあるでしょう。

③2度目の結婚式だっため、すごく気を使った

再婚する場合は、結婚式をどうするのかというのも苦労の一つです。

例えば再婚する側が男性で、相手側は初婚の場合は結婚式を挙げたいと思う人も多いでしょう。

しかし、男性側は一度結婚式をやっていて、親戚などに声を掛けずらかったりどうしても依然と比較されてしまうので気を使うことも多いです。

もちろん結婚式を挙げない場合もありますが、どうしても挙げる場合は様々な箇所に気を使います。

④子持ちで再婚したが、(自分の子が)なかなか再婚相手に懐かない

再婚の場合は子連れの場合も多いです。

そんな時に自分は相手のことを好きであっても、子供の方が再婚相手に懐かないということもあります。

次第に気を許すという事もありますが、元夫や元妻のことを子供は親であると思う分、余計反発してしまう場合もあります。

また、思春期での再婚などでは余計環境の変化に敏感で再婚相手と懐こうとしない子供もいますので、子供の意見もしっかりと聞くことが重要です。

再婚時の苦労はどうしたら軽減できる…?

gettyimages (49162)
Licensed by Getty Images

ここまでは再婚をするにあたっての苦労を紹介してきました。

再婚する場合は自分以外である相手の親の承諾や子供の気持ちも関わってきますのでより複雑です。

では、そんな再婚する時の苦労はどのようにしたら軽減できるのでしょうか。

①:前妻(夫)との子を愛せるか不安であるの場合

「初めは愛せるか不安だったけど、自分の大切な人の大切な人であると考えたら、愛にはすぐならなかったかもしれないけど、とても大切な存在になった。」(40代/男性)

上記のコメントは再婚時に相手の子供を愛せるかどうか心配だった男性が、結果的に子供も大切な存在になった気持ちです。

この言葉の通り、好きで再婚する場合は相手の子供含め愛する必要があります。

また、すぐにというのは難しいかもしれませんが、一緒に暮らしたり何度か会うことで大切な存在になることはよくあるので心配はいらないでしょう。

②の再婚する際に、相手の親に反対された場合

再婚する際に相手の親から反対されてしまう可能性は十分にあります。

しかし、そんなときは冷静に話し合って信頼してもらうことが重要です。

また、嘘や隠し事はせずに自分のだめだった部分などを話したうえで、いかに真剣なのかどうかを話しましょう。

再婚相手の親に覚悟を見せることで信頼してもらえ、承諾が出ることもあります。

もしくは第三者からも説得してもらうように再婚相手の兄弟とは親しくなっておくなどするとより反対されにくくなるでしょう。

③の2度目の結婚式をする場合

二度目の結婚式をする場合は何かと気を使う場面も多いですが、自分たちの人生であり、新たな二人にとっては初めての結婚式なので素晴らしい自分たちが良いと思える結婚式にしましょう。

また、式に呼ぶ関係者や親族はお互いが半々で呼ぶ必要もないので、初婚側に多く来てもらうのも問題ありません。

特に初婚側が女性の場合は結婚式に対して理想や夢を持っている人も多いので、女性の要望に応えるようにするといい結婚式になります。

④の子持ちで結婚したけど、(自分の子が)なかなか相手に懐かない場合

子持ちで再婚する場合は自分の子供が再婚相手に懐かないという問題もあります。

しかし、この問題はすぐにどうにかなる問題ではなく、時間が必要な問題でもあります。

あまりにもいきなり再婚相手との距離を縮めようとすると逆効果になるので、気長に待ちましょう。

また、子供の方から仲良くなるように近づくのは難しいので、再婚相手と協力して再婚相手から徐々に距離を近づけられるように努力するのがおすすめです。

再婚時の苦労まとめ

gettyimages (49193)
Licensed by Getty Images

今回は再婚するにあたっての苦労やその苦労を軽減するために気を付けることを紹介しました。

再婚は自分自身だけの問題ではなく、相手の親族や自分の子供など注意しなければならないポイントがたくさんあります。

しかし、しっかりとポイントを抑えることで円満に再婚できるので、この記事を参考にしていただけると幸いです。

ライター アイコン ライター情報

アモーレメディアを立ち上げた張本人であり、過去に結婚相談所の運営に携わり集客の難しさや婚活サービスとユーザーのミスマッチに課題感を持ち、日本の結婚後の生活や婚活事情に対して大学でも専門的に学び、常に新しい情報をリサーチしています。

明治大学出身、「21世紀の家族構成」について専門的に学ぶ


・結婚相談所の集客に携わり、現場の声や結婚相談所の情報の不透明さ・発信方法に課題を持ち婚活情報メディア「アモーレ」を立ち上げる。

バツイチさんが再婚するのにオススメな結婚相談所とは?
結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
地域の結婚相談所を探す
結婚相談所紹介バナー
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.