2018年5月15日更新
記事ライターは結婚できない?ライターが結婚するために知っておきたいこと

記事ライターは結婚できない?ライターが結婚するために知っておきたいこと

文章を書き、人に情報を伝えるライター。昨今さまざまなWebメディアが生まれ、記事や情報を伝えるライターの需要が増えています。そんなライターですが、未婚のライターも少なくありません。どうして結婚できないのか、どうすれば結婚できるのかまとめて紹介していきます。

文字を通して読み手にさまざまな情報を分かりやすく伝えるライター。

ライターとして名乗るのは正直誰でもできますが、ライターとして仕事を受け、続けられるライターは多くはありません。言葉をうまく使い、分かりやすく伝わりやすい表現で執筆しなければならないため、決して簡単な仕事ではありません。

そんな文章のプロであるライターですが、未婚の方も少なくありません。これから、ライターが結婚できない理由はなぜなのか、また結婚に向けてどう改善していくことが必要なのかなどについて紹介していきます。

thinkstock (17789)

Licensed by Getty Images

ライターが結婚できない理由

○一人仕事なので出会いが少ない

記事執筆ライターは、基本的に一つの記事は一人で書くので他の人と協力して行う作業はほとんどありません。そのため、インタビュー記事などを書かない限りは、基本ライター1人の仕事になるので、新たな異性との出会いは少ない職業になっています。

出会いの数が多いほど、恋愛に発展する確率が高く、結婚の可能性もあがるので、出会いがないのは結婚できない一つの大きな要因になっています。

○納期があるので忙しい

ライターには必ず締切(納品期日)というものが存在します。

文章を依頼されたら、当然締め切り期限があるのでその納期に間に合わせるように、計画を立て、執筆していかなければなりません。タスクを掛け持ちすることも多く、やらなければならない仕事が多いので、スピード感を持って量をこなしていく必要があります。

そのため、ライターはかなり忙しい仕事と言って良いでしょう。ライターが結婚できない理由の一つに、忙しさというものも絡んでいるようです。

○インドアになりがち

ライターの仕事場は、編集社や企業直属のライターでない限り、自宅です。(記事執筆には、PCさえあれば良いので、スターバックスなどの喫茶店で進めることもできますが…。)家で仕事ができるので、インドアになりがちです。

インドアですと人と関わりがなくて済んでしまうので、新たな出会いもありません。このままでは結婚できないと焦ってきたあなたは、休日などは、気分を変えて友達と遊びに出かけたり、出会いを求めるのも必要でしょう。

○完璧主義者の節がある

「文章を書く以上、納得のいく文章を作りたい」、「この表現でしっかり読み手に伝わるか」など「誰に、何を、どのように伝えるかを考えて書くライター」は自分に厳しく、完璧を追求したいという気持ちがあります。

一つ一つの依頼に真摯に応えようとしてきたからこそ、今あなたに依頼がたくさんきているので、それ自体は本当に素晴らしいです。しかし、結婚相手に対しても高い理想と完璧を希望していると、結婚できなくなってしまいます。人間完璧な人などいないので、相手への理想を下げることも必要かもしれません。

記事ライターに結婚をすすめる理由

○精神的な安らぎを得ることができる

ライターの仕事は一人で行っていくため、癒しや安らぎを必要としている人が多いのではないでしょうか。独身のままだと、この先の人生の不安もありますよね。

結婚によって、精神的な安らぎが得られるので、漠然として将来の不安も軽減します。仕事に真面目なあなたは、どうしても仕事メインになってしまいがちですが、結婚も大事な選択なので早めに考えていきましょう。

○子どものいる幸せな家庭を持てる

自分の子どもを持つ喜びは格別です。子どもは本当に天使のような存在で、育児や子育てが大変であっても、その大変さを吹き飛ばすような癒しを与えてくれます。愛する人との間に生まれた自分の子が可愛くないはずがありません。そのため、結婚をすることをおすすめしています。

出会いがないを解消するために

どうしたら良いか考えることから

出会いがない場合は、出会いを見つけていくことしか方法はありません。出会いは望んで待っていても、なかなかやってこないのです。そこで、婚活パーティーに参加をしてみるだったり、結婚相談所の無料カウンセリングに行ってみるなど、婚活を始めてみましょう。出会いがないと嘆く時間に、何ができるか考えてみましょう

>どこで出会うか

自分のコミュニティーで出会いを探す
→友人の紹介、合コン、職場の行事 etc

新たなコミュニティーで出会いを探す
→婚活サイト、婚活パーティー、結婚相談所、料理教室やジム(所属を増やす)etc

ライターにおすすめの婚活方法

結婚相談所の利用がおすすめ

出会いの少ない記事ライターにおすすめの婚活方法は結婚相談所の利用です。

結婚相談所とは、未婚の男女のみが入会でき、お見合いなどの紹介によりあなたの希望条件に合った人と知り合えるサービスです。

婚活サイトや婚活パーティーよりも料金的にハードルが高く見られがちですが、自分にあった希望のお相手と出会え、結婚することを目的としてしている以上、いくら費用を抑えても素敵な人に出会えなかったら意味がないですよね。

結婚相談所のおすすめポイントはたくさんありますが、いくつかピックアップして紹介します。

ライターに結婚相談所をおすすめする理由

出会いが安心な仕組みがある

結婚相談所の特徴として、入会審査というものを設けていて、独身証明書、年収証明書、卒業証明書、住民票などの提出を義務づけています。これにより、基本情報の詐称ができない仕組みになっており、結婚に真剣でない方や遊び目的の方が入会できない仕組みになっています。そのため、身元がしっかりした方と安心して会うことができます。

婚活パーティーや婚活サイト、合コンでの出会いはどうしても結婚への意識に差があるため、せっかく交際に発展しても結婚に至らずバイバイ…、貴重な時間を無駄にしたなんてこともあるんです。結婚相談所に関して言えば、結婚が共通の目的なので、時間を無駄にする心配がありません

あなた好みのお相手に出会える

結婚相談所では、 あなたの希望条件をもとにお相手を紹介してくれます。お見合いまでの方法としては大きくわけて2つあります。一つ目はあなたがあらかじめ設定した細かい希望条件をもとに、相談所側がお見合いの提案をしてくれる方法。もう一つは携帯などでマイページにアクセスし、希望条件をもとに条件検索をしてお見合いの申請を送る方法。

どちらも、地域、年齢、年収、職業、学歴、身長、体重、顔写真、婚姻歴、子どもの欲しさ、タバコ、お酒などさまざまな希望を叶えることができるため、あなた好みの相手と出会える可能性がとても高いです。さらに、大勢の会員さんから紹介できるシステムがあるので、素敵なお相手に出会えます。

結婚相談所のメリット

仕事と両立できる
自分の予定に合わせて活動をすることができる仕組みがある

出会いが安心
入会審査があり、結婚に真剣な人しか入会できない仕組みになっている

希望のお相手と出会える
様々な希望条件をもとに紹介されるお相手を選ぶことができる

結婚までがスピーディー
仮交際期間では、複数の方と同時交際、新たなお見合い可能
効率よくお相手選びができ、結婚まで時間があまりかからない

強みを生かして婚活ができる
職業の強みを生かして婚活を進められる

バレずに婚活をすることができる
バレたくないということなら、相談所に配慮してもらえる

自分の成長に繋がる
相談所の仲人はたくさんのケースを見てきた、婚活のプロ。活動中の悩みや不安をアドバイスを受けながら二人三脚で進められる

ライター情報
はじめまして、今回の記事を担当している「アモーレ編集部」です。婚活は全員が初心者、期待と不安が錯綜する業界だからこそ「婚活のはじめてを支える」を理念に掲げ、記事を書いています。「自分にはどの婚活サービスが向いているか」分からない方のために婚活相談窓口をご用意しています。詳しくはこちらをご覧ください。
全国200件以上を訪問したアモーレが選ぶ結婚相談所ランキング
結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
地域の結婚相談所を探す
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.