2018年5月15日更新
中学教師は結婚できない?なぜ出来ないのか。そしてその解決方法!

中学教師は結婚できない?なぜ出来ないのか。そしてその解決方法!

高校受験や部活動の指導など、これから大人になっていく子どもの教育に携わっている中学教師。 その中学教師はの結婚率は以外と低いということで知られています。 今回は、その理由と解決方法についてまとめていきます!

教育という分野で生徒一人一人に寄り添い、授業や部活の顧問や高校受験などのサポートを行っている中学教師。



中学教師になるには、教職課程のある学校で教科別の 教職課程を修了し、中学教員免許を取得する必要があり、 免許取得後も競争倍率の高い、教員採用試験に合格しなくてはならず、決して簡単になれる職業ではありません。

中学教師は子どもたちの面倒見が良いので結婚率が高いと思われがちですが、実はそういうことでもないらしいのです。

これには、仕事が忙しい上に出会いが職場しかないためであると考えられています。

では、具体的にさらにどのような要因が中学教師の結婚を妨げているのか。そしてその解決方法はどのようなものがあるのかについてまとめていきます。

istockphoto (16358)

Licensed by Getty Images

なぜ中学教師は結婚できないのか

①仕事が忙しいため、婚活をする時間がない

中学教師という仕事は、幼稚園や小学生と違い子どもたちの間でも反抗期の子が出てきたり、家から出なくなってしまう子、いじめなど様々な問題が生まれてきます。

その中でさらに、部活の指導や授業、受験など様々な課題が中学教師にはあり、それを毎年続けていきます。

そのような子どもの成長を見守り、育てていくという責任重大の仕事をしている最中で婚活をする時間がなくなってしまうのも当然です。

そういったことから、プライベートになかなか時間がとれないといった事情があり、結婚が遠くなっているという状況が生まれてしまっています。

②出会いの幅が狭い

データえっせい: 中学校教員の女性比(教科別) (16376)

これは、中学教師の各教科担当教員の構成図です。

このように男女の比率が一定ではなく、男性の方が明らかに多い結果になっています。

中学教師は「職場結婚」が多いとされていますが、男女比が一定でないがゆえに職場で結婚ができない人たちはそのまま独身を貫いてしまっていることがあるようです。

また、大学などの教師などは学生との禁断の恋をしてしまうことが有名ですが中学教師であると生徒がまずそのような年齢にさえ達していないため、禁断の恋ですらできませんね。

もしそのようなことをしてしまったら、社会的な禁断を破ることになってしまいますね。

gettyimages (16414)

Licensed by Getty Images

中学教師と結婚する魅力

①安定した給料

<統計資料>
小学校・中学校教員
・平均年齢:43.9歳
・平均月給:428,548円

出典:総務省「平成22年地方公務員給与実態調査結果の概要」

これを見てもわかる通り、中学教師は公務員という立場なので収入は国が保証しています。

国の仕事に携わっている時点で国が破綻でもしない限りリストラなどの心配もありません。

また、教師という職業は資格職であるので、手に職を持っている安定職です。結婚相手に経済力は欠かせません。そのため、結婚をする上での中学教師という職業は非常に有利ですね。

②子どもの教育に慣れている

当たり前のことですが、中学教師は一般の人と比べて毎日生徒を相手にしているわけですから、子どもの教育に慣れていることもありますし、教育者という立場から勉強の知識も人一倍あります。

なので、結婚して子どもが生まれた時に、教育者として立派な子どもに育ててくれるといったイメージが強く持たれることが多いです。

そのため、結婚を考える上でこのステータスは婚活に非常に有利で魅了的であると言えますね。

③倫理観がしっかりしている

子どもたちに教育する上で、最も大切なことは道徳ではなく、倫理観ですよね。

それを中学教師は生徒に教え、一人一人の自我を支える重要な役割を担っているわけですから中学教師の方は倫理観を大切にしています。

そのため、中学教師は皆から先生と呼ばれるに値するしっかりとした人が多く、結婚する相手としては適切であると言えます。

thinkstock (16416)

Licensed by Getty Images

出会いがないを解消するために

積極的な行動が必要

出会いがない場合は、出会いを見つけていくことしか方法はありません。出会いは望んで待っていても、なかなかやってこないのです。そこで、婚活パーティーに参加をしてみるだったり、結婚相談所の無料カウンセリングに行ってみるなど、婚活を始めてみましょう。出会いがないと嘆く時間に、何ができるか考えてみましょう

>どこで出会うか
自分のコミュニティーで出会いを探す
新たなコミュニティーで出会いを探す

①の場合
友人の紹介、合コン、職場の行事 etc

②の場合
婚活サイト、婚活パーティー、結婚相談所、料理教室やジム(所属を増やす)etc

中学教師にオススメの婚活方法

結婚相談所がオススメです!

未婚女性に聞いた結婚したい職業ランキングを見て嘘ではないテクを使った話 (16420)

「未婚女性に聞いた結婚したい男の職業ランキング」で公務員として1位に輝いていながら、結婚率があまり高くないろいう状況から考えると、求められているというのに積極的に自分から働きかけていない、もしくは働きかける時間的余裕がないため婚活ができていないと考えることができます。

そんな中学教師が忙しい合間を縫って行う婚活方法として、結婚相談所を利用するという手段があげられます。

中学教師に結婚相談所をオススメする理由

①出会いの幅が広がる

現在、結婚相談所を利用している人は全国で60万人以上と結婚相談所のあり方が今までと変わってきています。 結婚相談所に入会すると、何万人という規模で出会いの幅が大きく広がります。 さらに結婚相談所に入会している人は、入会する時の書類や審査を受けて入会した人たちなので、サギなどの不安要素も払拭され、結婚に真摯になって向き合っている人たちが集まっています。これが結婚相談所の一番の魅力の部分であるといえます。

②忙しくても婚活が可能!

中学教師の仕事のような忙しい仕事でも結婚相談所であれば婚活と仕事を両立できるという点が特徴の一つです。

結婚相談所では、仲人という存在を通してお見合いで知り合った相手と連絡を取り合うため、忙しいときに連絡を返さなければならないという心配事が払拭されます。

また、現在大手の結婚相談所などではネットを使ってお見合いの申請ができるため、結婚相談所に訪れなくてもスマホやパソコンで婚活をする事ができます

③ステータスを生かして婚活ができる

先ほど中学教師はお相手にとって魅力的な職業であり、婚活に有利になることを紹介しました。

あなたのステータスの強みを最大限に生かせる婚活方法が結婚相談所なのです。

結婚相談所は入会の段階で、職業、年齢、年収、学歴をはじめとしたあなたの基本情報が登録され、それがプロフィールページに反映されます。

その公開プロフィールをもとに相談所の会員がお見合いの申請を送ることができるようになっています。

お見合いの際には、お互いが相手の職業や年収について把握した状態で出会うことができるので、あなたの強みを生かすことができるのです。

結婚相談所のメリットまとめ

仕事と両立できる
自分の予定に合わせて活動をすることができる仕組みがある

出会いが安心
入会審査があり、結婚に真剣な人しか入会できない仕組みになっている

希望のお相手と出会える
様々な希望条件をもとに紹介されるお相手を選ぶことができる

結婚までがスピーディー
仮交際期間では、複数の方と同時交際、新たなお見合い可能
効率よくお相手選びができ、結婚まで時間があまりかからない

強みを生かして婚活ができる
職業の強みを生かして婚活を進められる

バレずに婚活をすることができる
バレたくないということなら、相談所に配慮してもらえる

自分の成長に繋がる
相談所の仲人はたくさんのケースを見てきた、婚活のプロ。活動中の悩みや不安をアドバイスを受けながら二人三脚で進められる

ライター情報
はじめまして、今回の記事を担当している「アモーレ編集部」です。婚活は全員が初心者、期待と不安が錯綜する業界だからこそ「婚活のはじめてを支える」を理念に掲げ、記事を書いています。「自分にはどの婚活サービスが向いているか」分からない方のために婚活相談窓口をご用意しています。詳しくはこちらをご覧ください。
全国200件以上を訪問したアモーレが選ぶ結婚相談所ランキング
結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
地域の結婚相談所を探す
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.