• 母親が元彼を引きずっている件。未練のある女はスピッツでも聴いてろ
2018年8月3日更新
母親が元彼を引きずっている件。未練のある女はスピッツでも聴いてろ

母親が元彼を引きずっている件。未練のある女はスピッツでも聴いてろ

結婚生活開始から30年、私の母は未だに元彼を引きずっています__。なぜ女性は元彼を引きずってしまうのか、どうすれば過去を引きずらずにいれるのか。これは、そういった疑問への答えを完全に独断と私の価値観のみで綴った、自己満足の記事である。

元彼を引きずる女

gettyimages (93058)

Licensed by Getty Images

この世には元彼を拗らせる女が多すぎる。

これが普通に友達や自分の話なら良いのだ。

しかし、私の母は未だに元彼を引きずっている。

肉親が元彼を拗らせているなんて話、聞いたことがあろうか?

ない。我が母以外にない。

私はなぜか小さい時から、母親の元彼の名前を知っていたし、母親と二人で話す時には彼の話が出てきた。

もはや父親がネタとして母親に「〇〇くん!」と煽るレベルである。

父親と結婚して25年以上経ってもそれは変わらない。

一体全体、なぜ「元彼」という存在は女性の心を占め続けるのだろう?

なぜ元彼を引きずる?

gettyimages (93660)

Licensed by Getty Images

前提として、私の両親は非常に仲が良い。

よく二人でご飯に行くし、休日はしょっちゅう二人で旅行に行く。

父親は毎日家事を手伝うし母親をどこにでも連れていく優しい父親だ。

子供も3人いる。

仲良いからこそ、母親の元彼の話ができるという(歪んだ)側面も存在するのかもしれない。

しかし何十年経っても未だ昔を引きずるのは、父親よりも母親の性格に問題がある。というよりただの平和ボケである。

なぜ我々は元彼を引きずってしまうのか?その原因を私の独断で書き記そう。

元彼を理想化しすぎ

まぁ一番あるのがこれである。

母の別れた理由は結婚や仕事など現実的な問題を踏まえて父親を選んでしまったことであり、未だに

「お父さんは運命の人じゃない気がするの。」

なんてほざく。60歳にもなって。

しかしそれも中途半端な別れた方をした以上、元彼さんが理想化され、悪い点が見えなくなっているのだ。

例え外的要因が大きかったとしても別れてしまった二人には続かない理由というものが存在する。

どうしても元彼の良い点や自分の悪い点ばっかりしか思い出せないなら、元彼が鼻くそをほじってる場面でも想像してみよう。

自分の行動を悔やみすぎ

特に、「人に言われた通りにする」または「選択を人に委ねる」傾向がある人は要注意だ。

自分の行動を悔やむ人にありがちなのは、

「私はどちらでもいいからあなたが決めて。」

なんて言ってしまい、自分の行動を自分で決められなかったり、自分の気持ちに蓋をしてしまったりするのである。

自分の気持ちに素直になれ!!なんていうのが難しいし、実際自分の気持ちなんて分からないからそんなことになってしまうんだろうが、

「私は別れたくない!何があっても一緒にいる!」

という気持ちをしっかり持っていれば、別れた後も自分にはそういう気持ちと行動ができた、やりきった!ということで後悔はしないのである。

うっかり結婚まで人の意志に委ねてしまうともう大変だ。一生後悔するぞ。

まぁもし現在後悔してしまっているならもうそこから抜け出すのは難しいので、諦めて自分がそういう選択をしたということを受け入れて前を見るしかない。

自分の人間らしさを受け入れられていない

後悔する人にもう一つありがちなのが、

感情と理性が分離している。

論理的にものを考えるのは割とできるから、自分の行動も気持ちも後々になって冷静に分析できる。

しかし、実際に行動するときには咄嗟に正しい判断ができず、自分の一時的な感情で余計なことをしてしまう。

別れるつもりもないくせに「別れる」なんて言ってしまうメンヘラ、君のことだ。

しかし実際人間である以上、それは仕方ないことなのである。

しかし、「本当はそういうつもりじゃなかった!」ということは、人間である以上よくあることなのである。

君は人間臭いだけであり、その人間臭さを認めきれないから自己嫌悪に陥ってしまうのだ。

そしてその感情を抑制することを心がけてみれば何か変わるかもしれない。

とりあえず次だ、次。

未練のある女はスピッツでも聴いてろ

どうか正夢 君と会えたら
何から話そう 笑ってほしい
小さな幸せ つなぎあわせよう
浅いプールで じゃれるような
ずっと まともじゃないって わかってる

これはスピッツ「正夢」の歌詞である。

深くここで語るつもりはないが、元彼を引きずりがちな女性に聴いてほしい最高の名曲である。

そしてこれを聴いて目を冷まそう。

「ああ、私はまともじゃないんだ」と。

元彼を引きずる女に向けて

gettyimages (93657)

Licensed by Getty Images

まず、母に対して思うこと。

元彼の話を出された時、娘もかなり戸惑う。 何より、娘として母が今の家族に満足していないのではないかと非常に不安になる。

もちろん父親と信頼し合っているからこその発言であることも分かるが、母親に尽くして生活している父親を見ると非常に可哀想だ。

せめて今自分が持っている幸せを否定せずに受け入れてほしいし、それが無理なら最早、たまにはハメを外して浮気でもしてくれて構わないので、過去を振り切って欲しいものである。

そして、元彼を引きずっている女どもに思うこと。

復縁を望むくらいなら次に行け。

ライター情報
初めまして。東京に遍在する年齢不詳の女、BIです。 結婚に対する様々な情報や複雑な考えを、皆様に提供できたら嬉しいです。
結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
地域の結婚相談所を探す
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.