2018年5月11日更新
結婚相談所とは?【5分でわかる簡単講座】

結婚相談所とは?【5分でわかる簡単講座】

結婚相談所についてご存知ない方に向けて、一から丁寧に、わかりやすく、説明をしていきます。結婚を目的とした、より確実出会いを提供する”結婚相談所”について、覗いてみよう!

結婚相談所とは?そんな疑問を解決していきます。

名前はどこかで聞いたことある「結婚相談所」。けれどもサービス内容については、よくわからない。

そこで、結婚相談所の比較サイトを運営しており、結婚相談所業界に詳しい弊社amore(アモーレ)が、皆さんの抱える結婚相談所についての分かりにくさを解消します。

thinkstock (27311)

Licensed by Getty Images

結婚相談所とは?

結婚相談所とは、結婚を真剣に考える方のための結婚相手紹介サービスのこと。

あなたの希望条件にぴったり沿った方を紹介できる仕組みがあり、あらゆる婚活方法の中で一番、結婚という目的に適うサービスを提供していると言われています。

2015年のリクルートマーケティングパートナーズの婚活サービス調査によると、日本人のおよそ12人に1人が婚活サービスで出会った人と結婚しています

その中でも一番高い数値を出しているのが“結婚相談所

今、一番注目を集めている婚活方法です

まず初めに、結婚相談所の利用者について詳しく見ていきましょう。

どんな人が活動をしているのか

会員数

結婚相談所の利用者の人数は全国でおよそ60万人

連盟制度や共通データベースの仕組みがあるので、一つの相談所であっても数万人規模の紹介ができます

男女比

男女比は女性の方が少し多く、割合はおよそ4:6になっています。

ということは、恋活アプリのように女性会員が無料で利用できるのでは?

と思うかもしれませんが、男性も女性も基本的に同額の料金体系になっています。

年齢層

会員の年齢は20代から60代まで幅広い年齢層の方が入会をしています。

30代がボリュームゾーンではありますが、女性は特に若い方が有利になる婚活市場という傾向もあり、若い方の利用が急速に伸びています。

学歴

親御さんが気にするポイントの一つのが、お相手の学歴。

男性の約60%以上、女性の約50%以上が大学卒・大学院卒の方

相手の学歴をお相手選びの一つの指標にしたい方にとっては、選びやすい環境となっています。

年収(平均年収)

結婚後の新生活を考えると、やはり気になるところがパートナーの年収。

男性の約60%が500万円以上、女性の約70%が300万以上となっています。

年収証明書による正確な年収の提出が求められるので、虚偽の申告をすることができない信頼できるデータです。

結婚相談所は他サービスと何が違うの?

皆さん、このような経験はありませんか。

婚活パーティーでは…

結婚意識に差がある、人気な人ばかりに集中してしまう、良い人になかなか知り合えない、一度会った人に会うと気まずい

婚活サイトでは…

登録している人の真剣度が低い、全然マッチしない、出会うまでのやり取りが面倒、全然良い人に出会えない

これが、結婚相談所なら解決

真剣度の高い出会い

結婚相談所は真剣度の高い出会いを保証しています。結婚相談所に入会するには、入会審査のための提出書類がいくつかあります。

役所で発行してもらう独身証明書、年収証明書、在籍証明書(勤務先がわかるもの)、資格証明書など。

これらの少し面倒な手続きが必要なので、それだけ結婚に意欲的な会員のみが集まっています。

出会いの数が多い

結婚相談所様々な出会いの種類を提供しています。例えば、

① コンピューターが細かい希望条件をもとにあなたにあいそうな相手を紹介するデータマッチングによる出会い
② 心理テストの内面の傾向による価値観マッチング
③ 自宅や隙間時間に自分のスマホでお相手を探せる検索によるお見合い申請
④ 担当アドバイザーによる紹介
⑤ 会員限定の婚活パーティーやイベント

などを行っています。

大手結婚相談所はこのように出会いの種類が多い傾向にあります。

個人結婚相談所は検索と紹介と出会い方の種類は少ないものの、出会い後のサポートまでお世話してくれる傾向があります。

結婚までの効率が良い

結婚相談所の出会いは真剣度が高いため、結婚までの効率が良いというだけの理由ではありません。

結婚相談所には仮交際と真剣交際の二つの交際期間があります。

仮交際期間では、複数の方と同時にお付き合いすることもできますし、新たなお見合いをすることもできます。

このため、効率良くパートナー探しができるのです。

また、アドバイザーのサポートも受けられるので、困った時にどうしたら良いか教えてくれるので、結婚への効率があがります。

安心の出会い

出会いの際はお互い緊張したり、不安に思ったりするもの。二人だけで知らない人と会うのは怖いと思うかもしれません。

しかし、結婚相談所にはお見合い(出会い)のルールがあります

例えば、カフェやシティーホテルのラウンジで、お話は一時間程度まで、ここでの連絡先の交換は禁止など。

また、相手の身元や詳細プロフィールを知った状態で知り合えるので、怖さはほとんどありません。

結婚相談所の活動の流れ

大まかな活動の流れは以下のようになっています。

(入会)→(マッチング)→(お見合い/コンタクト)→(仮交際)→(真剣交際)→(成婚退会)

入会をしたら、まずはお相手探し。

何もせずとも紹介を受けられます。またそれに加えて、自分から能動的に探すことができます。

そして気になる人がいたら、お見合いの申請。お気持ちが一致した時のみお見合い(コンタクト)が成立します。

会ってみて、話をしてみて、お別れをした後、
「もう一度会いたい、連絡先を交換したい」となれば仮交際という段階になります。

お相手を一人に絞り、より真剣にお付き合いをしたい場合、真剣交際に進展。

プロポーズを経て、婚約となれば成婚退会、幸せへの切符を掴めます。

こんな人に結婚相談所がおすすめ

・ 出会いの機会を増やしたい人
・ 真剣に結婚を考えている人
・ なるべく早く結婚したい人
・ しっかり選んでパートナーを決めたい人
・ 仕事で忙しく婚活をする時間がなかなかとれない人
・ 普段の生活では出会えないような人と知り合いたい人
・ サポートを借りながら婚活を進めていきたい人

これらに該当した方は、結婚相談所を利用する価値が十分あります。

皆さんの入会のきっかけ

結婚相談所を利用するきっかけは、主に次のような時に共通しています。

・一生独身の可能性に不安を感じるようになったとき
・自然な出会いでは難しいと思ったとき
・親や親戚に心配をさせられたとき
・ 友人・知人の結婚を知ったとき
・自分が結婚適齢期と考える年齢を迎えたとき
・ 恋人と別れたとき
・ 知人が結婚相談所を利用して結婚をしたとき

自然に出会って、恋愛して、2~3年後に結婚なんていう脳内だけのモデルプランを作っていましたが、そんなモデルプランを待っている時間は無い、その時既に32歳でした。「このままでは、子供が望めない年齢になってしまう!」という焦りと「結婚相談所にお金を払った出会いなんて、モテナイ女性で恥ずかしい」というプライドのせめぎ合いは、一瞬にして焦りがプライドを蹴散らしました。 【32歳 女性】

バツイチ子持ちの36才だった私は、子どもが小学校に入ったころから「再婚」を意識するようになりました。父親の必要性を感じたこと、シングルマザーであることの心細さからです。合コンや友人の紹介で出会いを探しましたが、全敗。そんな時、40歳の知人が結婚相談所で良い男性と結婚した話を聞いたのがきっかけです。 【36歳 女性】

デメリットにも目を向けましょう

結婚相談所の最大のデメリットは

料金の高さ

結婚相談所の料金は約15万円〜50万円(1年間活動した場合)となっています。

相場感としては、30~40万円程(1年間活動した場合)が一般的です。

「え、なんでそんな高いの?」

料金の内訳はプロのカメラマンによる写真撮影、登録料、サービス提供料や活動サポート費、成功報酬としての成婚料などになっています。

「まって、でも高いお金払ってうまくいくとは限らないんでしょ?」

はい、その通りです。

高い金額を払っても成果に繋がった場合は、後悔は全くありません。

しかし、期待していた結果が得られない場合、相談所を変更したり退会したりするケースも増えています。

やはり相談所選びに失敗すると、金銭面、精神面ともに大きなショックを受けてしまいます

だからこそ…だからこそ、入会前の相談所選びが極めて重要です

皆さんは相談所選びを失敗しないように、気をつけましょう。

結婚相談所選びのよくある失敗例

・あまり考えず、検索で一番上に表示されたところに入会をしてしまった

・口コミサイトの評価を信じて入会を決めてしまった

・どの相談所もサービスは変わらないだろうと思い込んでいた

・友達に紹介されて自分にも合うと思ってしまった

・料金が高くて活動を続けられない状態に

多くの人が辿ってしまった失敗の道を歩まないように、

・インターネットの情報を信頼せず

・自分の目と耳で活動の特徴や違いを把握し

・自分にはどのサービスの利用が向いているかを比較し

最後は自分の直感を信じて慎重に決めることが必要です。

インターネットの情報は万能ではない

口コミサイトや2chは信用してはいけない

結婚相談所 口コミ」で検索をして、出てきた口コミサイトの情報を鵜呑みにしないように注意をしてください。

というのも、口コミサイトは大きな問題点を抱えているからです。

結婚相談所は利用頻度が低いため本来なら口コミが集まりにくい領域です。

自然な口コミは発生しにくく、見分けるのが難しいので、口コミで相談所を選ぶのはかなり危険です。

また、

関係者の書き込みがある

自作自演の書き込みがある

といった問題も抱えています。

2chで情報収集する方もいらっしゃるかと思いますが、これも情報の信頼性という観点でとても怪しいです。

では、何をもとに入会する相談所を決めていけば良いのでしょうか。

信憑性のない口コミや2chの情報ではなく、活動スタイルやサポート内容を比べて違いを把握しましょう

結婚相談所の比較するためには、一括の資料請求がおすすめです。

そして、インターネットの口コミではなく、きちんと各社の話を聞いて、不安と疑問を解消し、最後は自分の直感で慎重に選ぶのが最適だと思います。

結婚相談所を比較する際に見るべきポイント

結婚相談所を比較する際にチェックしておくと良いものは以下の8項目

①出会いの数が豊富かどうか
②料金が無理のない範囲かどうか(初期費用、月額費、お見合い料金、成婚料、休会費)
③休会制度があるかどうか
④活動スタイルが自分にあっているか
⑤具体的なサポート内容
⑥会員数と成婚実績
⑦自宅からの距離
⑧担当するアドバイザーとの相性

結婚相談所のよくある質問Q&A

Q 詐欺とかが怖いのですが…

大手相談所であれば、詐欺の心配は全くありません。

個人結婚相談所の場合は、顔や名前がHPに出ていて、住所や電話番号が乗っていて、仲人の人柄が出ているところなら安心と言えます。

あとは、アドバイザーと会ってみて、親身にサポートをしてくれそうかで判断するのが良いでしょう。

Q サクラはいない?

婚活サイトや出会い系サイトでは、サクラの存在を確認した方も多いかと思いますが、結論から言うと、サクラなしでも十分な会員数が確保できているので、サクラはいません。

また、メッセージのやり取りにお金がかかる訳ではないので、そのような悪質な手口はできない仕組みになっています。

Q どこがおすすめなの?

地域別におすすめ結婚相談所を紹介していますので、すぐに決めたい方はこちらをぜひ参考にしていただくと良いかと思います。

Q ダサそうじゃない?

活動している人は皆さん真剣です。

一昔前のお見合いと今のお見合い(コンタクト)は全く別物です。

テクノロジーによる利便性が高まっているので、古くささはほとんどありません。

自然な出会いが少なくなった今、結婚相談所を活用した出会いはとても効果的です。

Q 親にばれない?

資料請求の際や紹介書の送付の際、会社名を伏せて送るといった配慮も可能なので、家族に利用を秘密にしておくことができます。

Q 無理矢理お見合いとかさせられない?

させられません。会いたい人と会えるシステムがあります。

写真や条件、プロフィールで判断するのは大変なので、まず会ってお話ししてみること(お見合い)を推薦する場合があるかもしれません。

しかし、基本的にあなたの考えを尊重してくれるので心配いりません。

Q 自分でも入会できるの?

結婚相談所には入会基準がありますが、入会拒否されてしまうケースは僅かです。

基本的にはどなたでも問題なく入会できますのでご安心ください

Q 良い人って本当にいるの?

無料カウンセリング、無料シミュレーションで実際に確認をすることができます。

istockphoto (27304)

Licensed by Getty Images
ライター情報
はじめまして、今回の記事を担当している「アモーレ編集部」です。婚活は全員が初心者、期待と不安が錯綜する業界だからこそ「婚活のはじめてを支える」を理念に掲げ、記事を書いています。「自分にはどの婚活サービスが向いているか」分からない方のために婚活相談窓口をご用意しています。詳しくはこちらをご覧ください。
結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
地域の結婚相談所を探す
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.