• 結婚の紹介って一番何がいいの!?それぞれの紹介のメリット・デメリットまとめ
2018年5月13日更新
結婚の紹介って一番何がいいの!?それぞれの紹介のメリット・デメリットまとめ

結婚の紹介って一番何がいいの!?それぞれの紹介のメリット・デメリットまとめ

友人から、上司から、親から、結婚相談所からと結婚についての紹介のされ方はいろいろあると思います。ここではそれぞれのメリット・デメリットをまとめ、何が一番いいのかまとめてみました!

友人の紹介

メリット;相手のことを信用できる

友人からの紹介だと、最初からある程度理解した上で交際することができるため、相手との距離が近い状態からスタートできます。

なぜ、相手との距離が近いことがメリットかというと、最初のすれ違いや相手の性格などを理解するのに時間がかからず、うまくいけば交際から結婚までのスピード感があります。

また、友人に交際のことなどについて相談できるため、一人で悩んだりせずに済んだり、友人を通すことで直接相手にいえないことも間接的に伝えることができるため、お互いの問題を解決しやすいこともメリットです。

デメリット;あまり紹介されない

友人からいい人をそんなにホイホイ紹介されるわけでもないので、出会えるチャンスが少ないことが最大のデメリットと言えるでしょう。

「最近いい人いない〜?」と軽く友人に聞いたりしていませんか?

それでは、友人も本気でいい人を探してしれません。

しかし、あまりガツガツ友人にお願いするのも出来ないので、友人からの紹介を頼りに結婚するのは、運と我慢も必要かもしれません。

上司からの紹介

メリット;結婚してからも面倒を見てくれる

上司からの紹介の場合、結婚してからも職場などで面倒を見てくれることがメリットと言えるでしょう。

上司の推薦などで出世コースにのれたり、仕事も順調にいくようにサポートしてくれます。

たいていの場合は、上司の親族からの紹介が多いため、お相手の特徴や自分の情報を共有しておいてくれるため、お互い素性がわかっている状態なので安心です。

また、上司が仲人として根回しをしてくれるため、結婚まですんなりいく場合もあります。

デメリット;プライベートと仕事のメリハリがなくなる

上司の紹介で結婚してしまうと、上司が親族になる場合が多く、プライベートと仕事の境がなくなります。

正月に親族で集まるような時でも、自然と仕事の話になってしまい気が抜けないような状況で、いつも職場にいるような感覚になってしまいます

デメリット;断りにくい

上司からの紹介のもう一つのデメリットは、断りにくいことです。

上司からの紹介で、自分のタイプならいいのですが、どうしても無理な場合は断りたいでしょうが、どこかで仕事に影響するのではないかという不安もあるため、かなり悩まされると思います。

また、交際したにもかかわらず結婚まで至らなかったら、怒られはしないと思いますが、嫌なムードになることは間違いないでしょう。

結婚につながる紹介 まとめ①
結婚につながる紹介 まとめ①
上司からの紹介はうまくいけば、仕事も家庭もうまくいくためいいとは思いますが、その分リスクもあるのでよく考えたほうがいいでしょう。
Licensed by Getty Images

両親からの紹介

メリット;親公認の相手

よくある「親に反対されて結婚できなかった」や「無理にでも押し切った」なんて話を一度は聞いたことがあると思います。

しかし、親の紹介であれば、親が認めた相手しか紹介されないため、反対される心配もありません。

親公認の交際なので、結婚となれば親に紹介する手間も省けるためかなり効率がいいと言えます。

デメリット;親の面子を考えてしまう

親からの紹介であると、仕事や付き合いに影響しないかなど考えてしまい断りにくいという問題もあります。

また、政略結婚に利用されてしまう危険性もあり、最悪の場合は、昔のお見合いみたいに当人には拒否権がなく、勝手に親同士で話がまとまり結婚が決まってしまう場合もあるので気をつけましょう。

結婚相談所からの紹介

メリット;自分の好みの人を紹介してくれる

結婚相談所からの紹介としては、皆さんがイメージするのは仲人型の結婚相談所でしょう。

仲人型結婚相談所では、最初に自分のプロフィールと好みのタイプを伝えて、それを元に仲人がお相手を見つけて、両者がいい返事をすれば、初対面の場であるお見合いのセッティングまでしてくれます。

交際中も、悩みに対してのアドバイスをしてくれたりと手厚いサポートも特徴です。

データマッチング型結婚相談所では、結婚相談所サイト内で検索して自分でいい人を見つけていくスタイルです。

そのため、紹介というよりは自分で行動して、結婚するというような感じです。

デメリット;お金がかかる

今まで紹介してきた方法では、ほとんどお金がかかることはないと思いますが、結婚相談所でお相手を探すとなると、どうしてもお金がかかります。

しかも、10万円以上かかるところが多く、決して安いとは言えません。

しかし、結婚はプライスレスなので、お金だけで決めてしまい結果的には結婚できなかった、結婚生活がうまくいかなかったとなると意味がありません。

お金を第一に考えることはやめましょう。

結婚につながる紹介 まとめ②
結婚につながる紹介 まとめ②
それぞれメリット、デメリットあると思います。どれが絶対にダメでどれが絶対にいいということはないので、自分に合った方法で紹介してもらうのが一番だと思います。
Licensed by Getty Images

紹介された相手を断りたい時

うまい断り方

結婚相談所から紹介の場合きっぱり断ることが大事です。

会社の上司からなどは、「お話しは面白かったけれど、趣味が合わなかった」など相手のいいところを入れつつ、丁寧に断ることが無難です。

ダメな断り方

一番ダメな断り方は相手の嫌だったところを言ってしまうことです。

結婚相談所からの紹介の時は、自分の好みを伝える程度で。

会社の上司など知り合いからの紹介は、険悪なムードになるので相手のダメなところについて言ってはいけません。

結婚につながる紹介 まとめ③
結婚につながる紹介 まとめ③
知り合いからの紹介は断りづらいと思いますが、後になるほど状況が悪くなるので、最初のうちに断りましょう。
Licensed by Getty Images

結婚相手を探すなら結婚相談所がオススメ!

①紹介される人数が多い

結婚相談所によっては、何万人と登録しているので、普通に生活していて結婚相手を見つけるより、好みのタイプのお相手が見つかる可能性がはるかに高いです。

また、結婚相談所やプランによってまちまちですが、毎月10人ぐらいは紹介してくれます。

それも入会時に伝えた自分の好みのタイプを元に紹介されるので、友人の紹介などよりはずっといいでしょう。

②紹介を断りやすい

実際に、直接会って紹介や交際を断ることはなく、返事は仲人を通じて行うため、紹介やお誘いを断りやすく、すぐに気持ちを切り替えて次にいけます。

また、結婚相談所からの紹介を断ることは失礼ではないので、キッパリ断ることが自分のためでもあり、相手のためでもあるので大切です。

結婚相談所で、未来のパートナーを探してみてはいかがでしょうか。

ライター アイコン ライター情報
はじめまして、今回の記事を担当している「アモーレ編集部」です。婚活は全員が初心者、期待と不安が錯綜する業界だからこそ「婚活のはじめてを支える」を理念に掲げ、記事を書いています。「自分にはどの婚活サービスが向いているか」分からない方のために婚活相談窓口をご用意しています。詳しくはこちらをご覧ください。
全国200件以上を訪問したアモーレが選ぶ結婚相談所ランキング
結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
地域の結婚相談所を探す
結婚相談所紹介バナー
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.