お見合い後のデート2回目のコツ・攻略法

「お見合いで意気投合したお相手と初めてのデート!でも、お見合いで会った方とのデートってどうすればいいのかわからない!」今回は前回に引き続き、そんなお見合い後2回目のデートについて結婚相談所カウンセラーの方に解説していただきました。

お見合い後のデート2回目のコツ・攻略をご紹介します

 

まず知って頂きたいのは、2回目のデートという状況です。

お見合いで出会い、お相手はあなたの事を良さそうな方だと判断して交際に発展しました。

そして、初めのデートであなたに少し好意を頂いたという状況です。

この2回目のデートで、あなたの魅力をしっかり伝える事が出来ればお相手はあなたと真剣に向き合って交際していきたいと考えます。

このデートを成功させる事が、成婚にグッと近づくと考えて下さい。

では、そんな状況で知っておいて欲しい事をお伝えしますので、是非参考にして下さい。

お見合い後2回目のデート場所

オススメの場所

お見合いと初デートでいろいろとお話は出来たと思います。

お互いの生活環境、趣味、価値観など、今日はそれを踏まえて楽しめるか?という事がデートのテーマになります。

初めてのデートやお見合い時に話題になった場所などもお薦めのデート場所です。

それはインドアでもアウトドアでも良いのですが、お互いが笑顔になれる場所が最適だと思います。

水族館などでいろんな海の生物を見ながら、ゆったりと楽しく会話できるような場所。

もしくは、軽いスポーツを一緒にして笑顔になる場所として、ボーリングやラウンドワンのスポッチャなどもいいでしょう。

大切なのは、二人で楽しめる場所、そして二人が笑顔になれるデートにして下さい。

ダメな場所

前回お話した、初めてのデートで避けるべき場所と同じです。

まだ親密になっていない状況では下記のような場所は避けて下さい。

・USJやディズニーなど、待ち時間が長くなりそうな場所や時間が読めない場所

・ドライブデートも避けて下さい。まだ二人だけの空間で話すだけのデートは厳しいです。

・映画館。デートの主役は二人なので映画を主役にしては意味がありません。

この2回目のデートが今後を左右する重要なデートなので、場所は注意して下さいね。

お見合い後2回目のデートの服装

【男性】オススメの服装

初めてのデートと同様に、清潔感のある服装、そして品のある服装が好ましいです。

初めてのデートと違う点は、行く場所(デート場所)によってスタイルをチョイスする点になってきます。

例えば、軽くスポーツを楽しむ場合なら、靴が革靴ではおかしいですよね。

服装も少しカジュアルなスタイルにすべきです。

行く場所が決まればお相手と相談するのもひとつの方法です。

明日のデートは、少しカジュアルな服装にしましょうか?と提案するのもひとつです。

※口臭やニオイもファッションのひとつですから、ご注意下さい。

携帯できるマウスウォッシュやフレグランスも準備されておくと便利です。

【男性】ダメな服装

 

初めてのデートと同様に、カジュアル過ぎる服装は避けましょう。

・Tシャツにデニム

・ダメージジーンズは、以ての外です。

・お見合い時と同じスーツ

・アクセサリーも必要ありません。

・その他、清潔感のないものは論外です。

【女性】オススメの服装

初めてのデートと同様に、男性が女性らしさを感じられる服装を意識して下さい。

下はスカートもしくはワンピースなどオーソドックスで女性らしさを感じられる服装がベターです。

目立つ色柄より、柔らかい雰囲気の方がいいでしょう。

カジュアルな服装でもヒールもしくはパンプスで足元が綺麗に見えるようにして下さい。

デートする場所によっては、少しカジュアルなスタイルで良いと思いますがスカート、ヒールもしくはパンプスは必ず着用して下さいね。

その他の注意点は、初めてのデートと同じで以下の点に気を配って下さい。

体系にもよりますが、可能な限り体のラインが美しく見える服装にして下さい。

男性は、見た目の女性らしさや、爽やかな色気に惹かれます。

アクセサリーは大きめより、小さ目でさり気ないものが好感を持たれます。

ピアスは揺れるものに男性は惹かれやすいと、心理学では言われています。

指先のお手入れも抜かりなく!派手な色より上品で控え目な色をチョイスしましょう。

【女性】ダメな服装

初めてのデートと同様にお考え下さい。

以下の服装は避けましょう。

・パンツは論外です。

・カジュアル過ぎる服装

・スニーカーや足のラインが美しくみえないサンダル等

※バランス的にカジュアルになった場合は、小物やアクセサリーで女性らしさ、爽やかな色気を演出して下さいね。

・肌の露出が多い服装。軽く見られがちになりますのでご注意ください。

お見合い後2回目のデート時間について

時間帯

お昼前後が最も望ましいです。

1回目のデートと同様、健康的なデートが望ましいので、夜は避けた方が無難です。

夜のデートはもう少し親密になってからの方がいいですね。

デート時間の長さ

半日デートくらいまでが望ましいです。

1回目のデートは、ある意味お試しデート的な要素が強かったのでお互い気疲れしない程度にランチデートがお薦めでしたが、今回はデート本番という捉え方をして下さい。

何処かに行くというイベントと食事デートくらいの時間が妥当です。

「次はもっと長い時間のデートがしたいな」とお互いが思えたらベストです。

お見合い後2回目のデートの会話について

男性

お互いの事を解放していく会話が望ましいです。

いわゆるあなたのお人柄や考え方を、お相手に伝える事が重要です。

例えば、子供の頃の話、どんな風な幼少期があり学生時代はどうだった。

そして家族の話など、あなたの人となりを話して、あなたをオープンにして下さい。

まず、あなたが自分の話をし、そしてお相手にも同じ質問をしてあげるのが良いでしょう。

質問をするというは、非常に大切です。

お相手に質問をしないと、お相手は自分に興味がないのかな?と判断してしまうからです。

ただ、質問は応えやすい質問がいいので、まずは自分の事を話して、その後質問。

このパターンを繰り返しながら会話すると、お相手も話しやすくスムーズに進みますしあなたがリードしてくれた印象が残り、女性はあなたに頼りがいを感じてくれます。

やはり、女性は男性にリードして欲しいと心の中で願っています。

話しのスタート、話題の提供はあなたから切り出してあげて欲しいです。

あまり、思いつかない時は、あなたが彼女に聞いてみたかった事などを質問するのも
いいでしょう。

「彼女は自分に興味を持ってくれている」と嬉しく感じ取ってくれますよ。

ただし、考え込むような難しい質問はダメですよ。空気が重たくなりますので。

女性

男性同様、女性も自分の事を解放する会話を心掛けて下さい。

男性から好かれる女性は、このデートで自分の弱点を明るく可愛く話せます。

「実はあまり器用じゃなくて、料理はするのですが、レパートリーが少ないんです」

「実はドジな所があって、友人からはたまに天然って言われています」

などそれでも、嫌いになったりしません?なんて付け加えられたら男性はあなたを可愛く、愛おしく感じたりします。

軽い自虐は空気を和ませてくれます。

少しずつ、あなたのキャラクターを解放して、あなた自身も気を使わず楽しめる空気を作ってみて下さい。

男性は、常に「自分がリードしなくては・・・」と内心焦っていたり、堅くなっています。

そこで、あなたが柔らかい空気を出す事で、彼も安心感を覚え、素を出しやすくなり本来の魅力を解放していけますよ。

お見合い後2回目のデートの注意点

自分を解放するのは、このデートが非常に大切だからです。

お互いに今後の判断をする為に、自分らしさを出さなくてはいけません。

しかし、あなたの欠点ばかりを言う必要はありません。

それは重いし楽しくありません。

2回目のデートは、本当に相性が合うか?を確かめるデートです。

まだ、結婚観や価値観をぶつけ合う必要はないと思っておいて下さい。

このデートで結婚後の事を話しあう時期ではありません。

むしろ、このデートが交際のスタートだという気持ちを持ってみて下さい。

お見合い後2回目のデートのコツ

必要以上のプレッシャーを自分に与えない事です。

お見合いでお相手を確認し、1回目のデートで好感を持てたから2回目のデートです。

本当に結ばれる相手なら、あなたの素を出して結ばれます。

あなたの素を出してダメなら、縁のなかった人なんだという気持ちでデートに挑んで下さい。

一番簡単そうで、一番難しいのが「自分を解放する事」かも知れません。

しかし、そこを出さずに交際を続けてもどこかで破綻してしまいます。

勇気を持って自分を解放して下さい。

その向こうにあなたの望んだ結婚があります。

お見合い後のデート2回目のコツ・攻略法

婚活の本番はお見合いではありません。

やはり交際からが本番です。交際で一番重要なのは努力ではなく、相性です。

あなた自身が自分を解放していないと、後悔が残ります。

それはお相手も同じ事です。仮に交際が終了になってもそれは、それでいいのです。

運命のお相手でなかっただけの事です。

好かれる為に努力するだけの交際にしないで下さい。

あなたらしさを出せるお相手を選べばいいのです。

それがお互いの幸せに繋がります。

頑張ってはダメですよ~(笑) 楽しんで婚活して下さいね。

[関連]  巷で話題の映画婚活(映画コン)とは?|概要・口コミ・オススメの映画コン