バツイチ・子持ちの結婚相談所の利用について

今回はバツイチ・子持ちの方が再婚を目指すうえで有効な婚活の方法、結婚相談所について述べていきます。バツイチ・子持ちは利用できるのか?本当に結婚できるのかなど気になるところを深堀していきます。再婚にむけて注意すべき点なども記載しているので是非ご一読ください。

バツイチ・子持ちでも結婚相談所を利用できるの?

結論から先に述べてしまうと、バツイチ・子持ちの方も結婚相談所の利用が可能です。

今や3組に1組の割合で離婚していると言われる日本では、バツイチや子持ちの方の結婚相談所の利用者も増加傾向にあります。

もし新たに温かい家庭を作りたいと思う方には、結婚相談所のご利用をオススメしています。

結婚相談所のカウンセラーは、様々な方の婚活をサポートしてきた婚活のプロです。

バツイチ・子持ちの方がどのように婚活をすれば成功しやすいのかという方法論を知っており、精神面もサポートしてくれる心強い味方となります。

また、実際に結婚相談所でお見合いをする相手というのは、事前に見合い相手が子持ちであるということを受け入れています。

以上の点から、自分がバツイチ・子持ちというのを引け目に感じることなく、のびのびとした婚活を進めていくことができる結婚相談所はオススメです。

バツイチや子持ちの方に対するイメージ

良し悪しは別として、日本で離婚というものが「よくある話」になってきているのは事実です。

ひと昔前までは離婚に対するマイナスイメージが強かったかもしれませんが、現在はそれが変わりつつあります。

一度結婚を経験している方のほうが相手として頼り甲斐があったり、信頼しやすいといった声も多く上がっています。

バツイチや子持ちの方でも婚活しやすい環境が整ってきているのです。

結婚相談所 バツイチ・子持ちの婚活に関するまとめ①
Licensed by Getty Images

 

バツイチや子持ちの方向けサービスプラン

結婚相談所には様々なプランがありますが、その中にはバツイチや子持ちの方向けのサービスプランというのも存在します。

経済的な理由から結婚相談所の利用が不安な方向けのプランとなっていることが多く、結婚相談所で発生する費用がかなり安くなっています。

結婚相談所によっては、入会料が半額になったりするところもあるようです。

各結婚相談所によってサービスは異なるので、いくつか比較して自分に最適の場所を探してみてはいかがでしょうか。

バツイチ・子持ちから再婚へ

バツイチ・子持ちから結婚という幸せを掴むためには、もちろんまずは自分から動き始める必要があります。

そして結婚まで進むには、いくつかのステップを通過していかなくてはなりません。

ここではそのステップに関してご紹介していきます。

再婚へのステップ①

まずは当サイト等で自分にあった結婚相談所を見つけましょう。

そしていくつか話を聞いてみたい、詳しく知りたいという相談所をリストアップしたらとりあえず資料請求と無料相談をしてみましょう。

特に無料相談はカウンセラーとの相性や、実際に婚活する際のイメージも湧くのでオススメです!

入会する前に実際に様々な結婚相談所に足を運ぶことで、各相談所の雰囲気を体験することができます。

実際に行ってみて感じる、『何となく気に入った』や『何となく気に入った』は非常に大切な感想です。

資料では良さそうに見えていたけど、行ってみたらスタッフの対応がイマイチなどということがあるかもしれません。

ぜひ一度、足を運んでみてください。

再婚へのステップ②

入会することを決めて入会審査に通ったら、実際に動き始めましょう。

まずは自分の希望する相手に連絡を取ってみたり、お見合いのアポイントメントを申請してみるのです。

もしそこでお見合い相手が見つかれば、しっかり準備してお見合いに臨みましょう。

再婚へのステップ③

お見合いを何度か繰り返していくうちに、良い相手が見つかるかもしれません。

ここでポイントなのが、「もっと良い人」を求めようとしないことです。

そして交際まで発展したら、少し時間をかけてお互いを知ろうとしてください。

その途中からは当事者2人だけでなく、子どもも入れて会ってみるのが良いかもしれません。

再婚へのステップ④

交際も順調に発展して、相手と子どもとの関係も良好であったなら、いよいよプロポーズの段階に進みます。

結婚相談所の利用者は結婚願望がある方しか基本的にいないので、交際期間が短くてもプロポーズに行きつくことが多いです。

プロポーズが決まれば、晴れて幸せな家庭のスタートですよ!

結婚相談所 バツイチ・婚活の婚活に関するまとめ②
Licensed by Getty Images

 

バツイチや子持ちの方が気をつけるべき事

焦らずに婚活を進めよう

基本的に初婚者同士の結婚と大きく異なるのが、子どもの存在です。

そしてその中でも大切なポイントとなってくるのが、子どもの年齢です。

幼少期(小学校の低学年くらいまで)の子どもの場合は、年齢的にも父親が欲しい年頃ですし、あまり再婚に問題はないでしょう。

一方、反抗期や思春期に入っているお子さんの場合は、少し時間が必要かもしれません。

思春期の時期に急に最も身近な家族が増えるというのは、彼らに取ってとても大きな出来事です。

あまり子どもに気を使いすぎるのも、本人にとっては迷惑になることがあるので、適度にしっかりと現状を共有しましょう。

そのためにもまずは、自分のパートナーとしっかり話し合っておく必要があります。

ここをクリアしないと、次のステップへとは進めないでしょう。

子どもに関して

バツイチ・子持ちの方が結婚相談所を利用していく中でやってはいけないことは、子どもの存在を無視してしまうことです。

子どものことを気にしすぎるのも良くないのですが、新しい家庭に向けてある程度は相手のことを共有しておく必要があります。

そのためにも、あまり焦らずに婚活を進めていきましょう。

もちろんダラダラするのが良い訳ではないですが、子どもがいる場合には少し時間を取って進めていく必要があります。

それの方が結果的に早く結婚できたり、後々揉めることも少ないでしょう。

過去の失敗を相手に理解してもらうこと

もし前のパートナーの方が明らかに悪くて離婚したとしても、自分にも非があったかもしれないと相手には伝えましょう。

同じ失敗を繰り返さないためにも、離婚を過去の自分の失敗として伝えておくのです。

それでもし相手が自分の過去の失敗を受け入れてくれる方であったら、その方こそ再婚相手にふさわしい方なのではないでしょうか。

お互いが正直に共有する

パートナーや子どもとこれから一緒に上手くやっていくためには、始めから正直に話すことが大切です。

ここで情報を曖昧に伝えてしまうと、大抵後で何かしら揉め事に発展します。

そのようなことにならないためにも、お互いの考えや価値観をしっかり共有しておく必要があります。

嫌われたり、断られることを恐れずに、正直に相手に伝えましょう。

結婚相談所 バツイチ・子持ちの婚活に関するまとめ③
Licensed by Getty Images

 

バツイチ・子持ちの方には結婚相談所のご利用がオススメ

上記にあったように、結婚相談所の利用者でバツイチ・子持ちの方は増加してきています。

バツイチ・子持ちということを受け入れてくれる方に出会いやすいというのが、大きな理由となっているのでしょう。

もしバツイチ・子持ちの方で、再婚して温かい家庭を築きたいという方がいらっしゃったら、ぜひ結婚相談所を利用してみてはいかがでしょうか。

[関連]  【結婚相談所の総合ランキング1位】成婚にこだわるパートナーエージェントに取材をしてきました!