2018年5月27日更新
婚活パーティーで連絡先交換。メール・LINEの頻度はどのくらいが正解?

婚活パーティーで連絡先交換。メール・LINEの頻度はどのくらいが正解?

婚活パーティーで連絡先交換したんだけれど、連絡を送る頻度がわからないし、送りすぎても、送らなくてもダメだしと悩んでいるかたがいらっしゃると思います。 今回はそんな、婚活パーティー後のメール・LINEの頻度!につい解説します。

婚活パーティーで連絡先交換。メール・LINEの頻度はどのくらい?

gettyimages (67133)

Licensed by Getty Images

アモラーのみなさん、アモってますか?

「やりすぎ」は引かれそうで怖い、「しなさすぎ」も相手が離れてしまいそうで怖い…と、相手への連絡頻度に頭を悩ませてしまう人は少なくありません。

今回は…出会えたチャンスを逃さないようにするための基本的なポイントをご紹介していきます。

メールを送るタイミング・頻度

thinkstock (67132)

Licensed by Getty Images

婚活パーティーでせっかく連絡先交換ができたのに…その先に繋げるための「正しいやり方」が分からず、もんもんと一日中そのことばかり考えてしまうようになる人もいるでしょう。

結論から言えば、全ての人に通用する「正解」はありません。人によって受け取り方が異なるからです。ただし…その中でも相手に好印象を与える「基本の姿勢」というものは存在します。

婚活パーティー後24時間以内に初メール

婚活パーティー後、最も心象の良い初メールは24時間以内です。ベストなタイミングとしてはパーティーが終わってから数時間後、家に帰っているであろう時間帯ですね。あまり遅い時間になるようであれば、翌日の午前中が良いでしょう。

できれば相手から連絡が来る方が嬉しいですが…もし、24時間経過しそうになっても連絡がないのであれば、こちらから連絡を入れましょう。

ただ待っているだけで連絡が来なかった状況では、その後も何となくぎこちなくなり…その先に発展するチャンスを流してしまう結果になりかねません。

メールを送る頻度は人によってそれぞれ、相手の頻度を見ながら適正頻度を見つける

人は職業や性格、一日のスケジュールにより…許容できるメール受信の頻度が異なってきます。連絡先交換をすることができたのであれば、会話の中にヒントはあるはずなので…さりげなく相手の日常スケジュールを探ってみましょう。

また、相手の職業確認も重要ですね。大きく夜型と昼型の仕事に分かれますが、場合によっては日勤でも夜勤のある職業かもしれませんし、休みが不定期な職場の可能性もあります。

最低でも職業状況を把握できれば…どの時間帯が迷惑にならないかの把握もできますし、頻度の想定もしやすくなるでしょう。

メールを送る頻度がわからなかったら思い切って相手に聞いてみる

だいたい…などの大よその想定をし、基本的な礼儀ある頻度で対応することが無難ですが、もしかしたらもっと連絡が欲しいと思う人かもしれませんし、もっと必要最小限の連絡だけにしてほしいと思う人かもしれません。

相手に最もベストな頻度が知りたいのであれば…ここはもう思い切って本人に聞くことをおススメします。

ただし、「いつでも大丈夫ですよ」の言葉は社交辞令の可能性があるので、この回答がきたらそのまま真に受けることなく…初めは様子見として礼儀的な頻度で対応しましょう。

メールを送るとき内容にも注意が必要

thinkstock (67134)

Licensed by Getty Images

自分の想いを伝えたい気持ちが強く、つい自己中心的な報告が多くなりがちなメールやLINE。相手に「自分を知ってもらいたい」「かまってもらいたい」という姿勢が全面的に出ている文面では、相手に避けられるようになる危険性もあります。

そのため、送る内容は重要です。これから意識すべき3つのポイントをご紹介しますので、今後の文面に取り入れてくださいね。

お疲れ様ですなど相手を思いやる内容を送る

いきなり自分アピールや自分の報告はNGです。気持ちが高ぶったり、繋ぎとめることに必死過ぎて焦りがでてしまうと、どうしても「要件」を先に話しがち。

対面であっても、始めの基本的な挨拶会話もなしに「私は○○が好き」「私の趣味は○○です」「今度○○に行きたい」など話し始めることはないはず。

「こんにちは」「お疲れ様です」など、状況に合わせた気遣いが見える挨拶言葉を、必ず文頭に付けることを意識しましょう。これは基本です。挨拶言葉がない文面が送られてきた際の第一印象として「失礼」になるでしょう。

学生の時のような意味のない内容は送らない

恋人や好きな片思いの相手、または意識している異性の友人に送るメール…を送る感覚で、婚活相手にメールをすることも好ましくありません。学生時代の恋愛メールではないのです。婚活しているからには…出会う相手は少なからず結婚を意識する相手です。

色々な合理性を考えた結果に婚活をしているのですから、学生が送るような意味のないメールの送信はやめておいた方が無難でしょう。学生気分を楽しめる相手もいるかもしれませんが、多くの場合「内容に意味がないメール」は「面倒くさい」と思うはずです。

メールの内容は「了解」など淡泊なものではなく中身のあるものに

どんなに効率よく時間を使おうと思っても、そこは人と人。あまりに淡白なやり取りになってしまうと…そこには「冷たさ」が生まれてしまいます。面倒くさいと思われないように意味ある内容を作ることはもちろんですが、そこに淡白過ぎる文面を入れることは避けましょう。

確認事項の返事として「了解」は間違ってはいませんが、いかんせん寂しさを覚えてしまいます。せめて確認事項を復唱し「○○ということですね、了解しました」と返信すると良いでしょう。

なお、「○○ということですね、了解しました。楽しみにしています。」など…締めにその時の感情も入れられればベストです。

真剣な出会いがある|アモーレおススメ婚活パーティー

パーティーパーティー

“婚活パーティーならparty★party”

「まずは人気の婚活パーティーに行ってみたい」
「みんなが行っているパーティーに行ってみたい」
という方であれば、PARTY☆PARTYがおすすめです。

なぜなら、婚活サイト、パーティー、結婚相談所を手掛ける業界最大手のIBJが運営するパーティーだから。

なんといってもPARTY☆PARTYの人気の理由は人気の個室お見合いです。

個室お見合いは個室で1対1で、一人につき約6~8分間ずつ会話できるパーティースタイルです。

カップル希望の前に気になる方にいいなアピールを送信でき、自分に好印象を持ってくれている方が分かる嬉しい仕組み。

こういった理由から多くの方が参加し、公式サイトによると、その数は月間50,000人にものぼるそう。

まさに婚活をこれから始めようとしている方にとって、「まずはここ」とおすすめできる婚活パーティーと言えるでしょう。

公式サイトにも詳細がたくさん記載されておりますので、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

婚活パーティーならparty★party

婚活パーティーで連絡先交換してからのメール頻度 まとめ

thinkstock (67138)

Licensed by Getty Images

婚活パーティーはカップル成立がゴールではありません。もちろん、カップルになることは目標の1つですが…そこはあくまでも通過点に過ぎないのです。重要なことはその先、結婚まで持っていけるかどうかなのですから。

カップル成立後のメールやLINEのやりとりが重要な鍵を握っています。相手の日常生活の中に、いかにスムーズにかつ迷惑になることなく入り込めるか…がポイントです。上手に活用し、有意義な婚活をしてくださいね!

以上アモーレでした!

ライター情報
銀座ホステスを経てライターに転身。現在はイケメン夫と結婚し、1児の母です。多くの恋愛経験、婚活経験から、少しでもためになる情報提供をしていきたいと思います。
結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.