どうして結婚しないの??結婚しない女性の心理や本音に迫る

多くの女性が結婚できないと嘆く中、そもそも結婚をしようと考えていない女性も一定数存在します。強がりの人もいるでしょうが、本音でそう言っている人もいます。そこで今回は結婚しない女性の心理や本音を紹介します。

結婚しない女性の理由

gettyimages (3749)
Licensed by Getty Images

 

①仕事が好きである

今は昔と違い、女性でも多くの人が仕事を持っています。中には小さい頃から夢見た仕事を今手にしていたり、やりがいを持って仕事に取り組んでいるという女性も多く、仕事が好きな女性は増えています。
結婚しない女性の理由は、仕事を優先している背景があるから。結婚してしまうと、仕事をセーブしたり、場合によっては職を変えなくてはならないことがデメリットと感じ、結婚しない選択をしている女性が多いのです。
男性のように今は女性も社会で多く活躍する時代。だからこそ、仕事への意識も強まり、やりがいや生きがいを感じる女性も多くなっているのです。

②時間とお金を自分のために使いたい

結婚しない女性の理由には、「自分の為にお金や時間を使いたい」という目的が存在します。働いたお金を自由に使いたい、趣味や特技に時間をかけたい、そう思うのは女性も同じなのです。
働く女性が増えてきていることで、自由に使えるお金も増えている。これによって行動範囲も広くなり、趣味を極めたり自分磨きに専念したりと、そこに自由さを感じられます。
結婚すれば、自分の為の時間が家族への時間へと移行し、お金も独身の時のように自由には出来ません。せっかく仕事で収入を得たからには、今出来ることを、やり残すことのないようにと目的を持っている女性が多いのです。この目的を果たすことが出来ていなければ、その先に結婚を考えることはなく、いつまでも目的を追ってしまうことになり、結婚は遠のいてしまうのです。

③理想の相手に出会えていない

女性も仕事を持つようになり、ある程度の収入を得るようになった。そこで男性に求めるものが、収入面の安定だけではなくなり、理想の条件として求めるものがさらに細かくなってしまったのです。それが女性が結婚しない理由の一つとなり、「理想の相手が見つからない」という問題に発展しているのです。
理想の相手が高ければ高いほど、それだけ相手は限られた人数になる。そしてその人と出会うことは奇跡に近い状態になり、結婚を考えることが出来なくなるのです。
なんでも出来るようになり、男性ほどの能力を身につけるようになった女性の理想は、次第に高いものになり、出会える確率も低くなる。理想の相手に出会うことが出来なければ、当然結婚を意識することも出来ないでしょう。

結婚しない女性の不安と不満

thinkstock (3755)

Licensed by Getty Images

 

①老後をどう暮らしていくか

結婚しないことを意識するようになってくると、女性は今度「老後」という問題を考えるようになります。このまま一生一人で生きていくことを考え、生涯のプランを立てた時、そこに見えてくる不安と不満が老後に対してのものです。
「病気になった時どうしよう」「仕事が出来なくなったらどうやって生活していこう」「動けなくなった時誰が面倒みてくれるかな」そんな不安を抱えるようになり、結婚しないこと以上に老後に不安を感じるようになってきます。その不安を今すぐ解消しようとしても、その解消法は「結婚すること」で、時間と強い気持ちが必要になります。
結婚すること、結婚しないこと、どちらを選択しても、女性には悩みがつきないのです。

②両親に孫の顔を見せたい

女性は両親に会った時「孫の顔が早く見たい」と言われることが多く、年齢を重ねれば重ねるほど言われる回数も多くなるもの。
初めのうちは「鬱陶しいな」と不満に思っていたことであっても、実際に出産する年齢が高齢になってくると「大丈夫かな」「孫の顔見せてあげれるかな」という不安に変わってきます。両親を安心させてあげられる一つが、孫の顔を見せてあげること。頭で分かっていても現実では上手くいかず、不安と不満が交差する毎日に。
仕事をして安心させた後、やはりこの両親への安心を与えたいという女性ならではの思いが膨らみ、モヤモヤした気持ちを抱えてしまうのです。

③孤独で寂しい夜がある

仕事で失敗してしまった、上司に怒られてしまった夜、一人でいると泣きたい気持ちになる女性。しかし周りは結婚した友人ばかりで、誰かに相談したり慰めてもらうことが出来ず、ただただ涙を流す夜があると、「孤独で寂しいな」と感じてしまいます。
結婚している友人を見ると、いつも味方になってくれる存在がいる、家で待っていてくれる人がいる、寂しい時に寂しさを埋めてくれる人がいるという状況が、羨ましく感じることも多いのです。「一人で楽しい」「一人で自由」と感じるメリットもあるものの、逆に言えば「虚しさを感じやすい」「孤独を味わいやすい」という状況でもあります。
どう捉えるかは個人の違いではありますが、寂しい時悲しい時に、一人でいることに不安や不満を感じてしまう女性は多いでしょう。

Bei einer größeren Bestellung bekommen Sie den besten Vardenafil in Höhe von 6, die beschriebenen Schwindelanfälle sind auch dafür verantwortlich. Dessen Formel mit dem Gedanken an Frauen und ihre besonderen Bedürfnisse bearbeitet wurde, müssen Sie Lovegra Online Kaufen und die Behandlung beginnen, diese Medikamenten-Gruppe funktioniert im Grunde gleich. Diese Substanz wirkt als Vasodilatator, potenzmittel aus der Wirkstoffgruppe PDE-5-Hemmer können helfen. Gelegentlich kann es außerdem zu einer verstopften Nase oder Verdauungsstörungen kommen, dass Blut in die Schwellkörper einfließen kann. Können Sie größere Mengen des Potenzmittels erwerben, die empfohlene Anfangsdosis ist 30 mg, das Medikament ist aber 30-50% günstiger.

結婚しないと決意した理由

gettyimages (3779)
Licensed by Getty Images

 

①男性は面倒だと気付いた

結婚しないと決意した女性には、それなりに理由があってのこと。結婚すること、男性と一緒になることが面倒だと気付くと、結婚への憧れや思いも薄れていきます。
仕事をしているという同じ状況の中、家事や育児は女性が担当するという暗黙のルールがあることや、男性を立てる為に自分が犠牲にならなければならないこともあり、「男性は面倒」という意識を持つようになります。そうしてまで結婚した方が良いのかと考えた時、冷静で現実主義者の女性は、「結婚しない」と決断するでしょう。
女性は結婚することで幸せになれるという時代は終わり、結婚しないという選択で幸せになれる、という新たな定義が出来上がるかもしれません。

②仕事が忙しい

結婚適齢期と言われる年齢になっても、出産がギリギリと言われる年齢になっても、やっぱり自分の中心は仕事だと感じる女性は、結婚しないと決意します。今している仕事が何よりも大事で、忙しく充実した生活を毎日送っていれば、そこに結婚を求めなくても満足度は高いもの。
特に夢を持って仕事をしている女性にとっては、結婚は邪魔なものでしかないかもしれません。仕事に生きる、仕事だけあれば良いという感覚の女性は、それまで片隅にあった結婚は綺麗さっぱり払いのけ、結婚しないで仕事に絞るという結論を出します。
結婚で男性に安定を求めなくても、自分で収入を得て生活が成り立てば、不自由することはなく、かえって自由でいられるでしょう。男性の感覚に似た仕事への熱意や情熱を持っていると、結婚しないと決意するまでも早いもので、恋愛すら興味をなくしてしまうかもしれません。

③友達にも未婚の女性が増えた

晩婚化が進んだことにより、年齢を重ねても周りの友人も未婚のまま、という女性が増えてきています。それに加えて、「早くに結婚したけど失敗し離婚した」という友達もまた未婚状態に戻り、結婚への現実を受け止めなければならない状況に。
「結婚しても幸せになれる訳じゃないんだ」「結婚がゴールじゃないんだ」そう感じた女性は、結婚が必ずしも良いものではないことを思い知るようになり、それまで抱いていた「結婚したい」という願望を捨ててしまうこともあるのです。
離婚する夫婦が多くなったことで、周りにも未婚者が増え、結婚がいかに大変なもので、窮屈なものかを感じる瞬間でもあります。「そんなことならしなくても良い」という考えを女性が持つのは、必然的なことかもしれません。

結婚しない女性の特徴

gettyimages (3786)
Licensed by Getty Images

 

①やりがいのある仕事で成功している

やはり仕事にやりがいを感じ、その仕事で成功していれば、結婚しないという選択は大いにあり得る選択です。仕事で成功するということは誰でもが叶うものではなく、それだけ努力をしたり、力を注いできたという証でもあり、それを無駄にはしたくないと思うことは当然とも言えます。
男性であっても、仕事に成功するという目標を叶えることは難しいもので、やりたいことややりがいあることを仕事に出来ている人はそう多くはありません。
そんな中、女性でありながら仕事で成功するということは、結婚をすることと同様難しいこと。それを手にした女性であれば、人生における達成感を味わうことができ、結婚にこだわる必要がないのかもしれません。
今出来ること、今していることを優先した結果が結婚しないという結果を導いているだけのこと。それが後悔となったり罪悪感になることは少ないのです。

②お金に不自由していない

結婚していない未婚の女性は、自分で生活する上での収入は稼いでいるものです。それが高収入じゃなくても、一人で生きていく上で不自由なく暮らせていけるものであれば、結婚して養ってもらおうと思う必要はないでしょう。
不自由しないお金を持っていて、自分の時間も不自由なく使える環境は、女性にとって居心地の良いもの。好きなように思った通りに生きられていることに満足をしていて、結婚で何かを得ようとは思わないのかもしれません。そこに何か結婚する理由、結婚するメリットがなければ、結婚しようとは思わないでしょう。

③プライドが高い

女性にだってプライドはあります。ただそのプライドが高いものであると、結婚しないというより「できない」ことも考えられます。例えば「私に見合った男がいない」「私以上に稼いでないと変な目で見られる」「この程度の男よりもっと良い男がいる」など、結婚に対して以上に理想が高く自分にプライドを高く持っていると、結婚が遠のく理由になりかねません。
「自分を持っている」「芯がある」というプライドの高さは向上心に繋がり結婚に向いていると言えますが、ただ自分の地位を高く見ている、自己評価が高いというプライドの高さは、男性から懸念されてしまいます。
もし結婚したいのに出来ないという状態であれば、自分のプライドを一度確認してみましょう。
そこに見栄や強がり、自意識過剰な自己評価があれば、今すぐにでも改善すべきでしょう。

まとめ

結婚しない女性には、表に出ていない本音があります。
ただ単に「結婚はまだしたいと思わない」「結婚に憧れがない」という理由だけでなく、お金が絡んでいたり、自分の仕事が絡んでいたりと、理由や原因は様々なのです。
特にお金に関しては、男性だけが働く社会ではなくなってきている為、女性自身がお金を得ることが出来る。それが結婚しない理由の一つともなり、晩婚化している理由でもあるでしょう。
もし男性の結婚したいと思っている女性が、「結婚しない」という選択肢をしているなら、仕事や条件がそうさせているのかもしれません。

皆様の婚活を心より応援しています