2018年7月5日更新
婚活サイトで敬語ってどうすればいい?解決策をご紹介!

婚活サイトで敬語ってどうすればいい?解決策をご紹介!

婚活サイトでは敬語を使った方がいいの?でも、堅苦しくない…?」婚活サイトでの悩みの一つ「敬語」。この敬語をどう使いこなしていくかで相手の距離も縮めることが!そんな婚活サイトの敬語の悩みと解決策をご紹介します!

婚活サイトで敬語っていつまで使っていればいいの!?

thinkstock (72583)
Licensed by Getty Images

婚活サイトを使っていて、多くの人が迷うのが「敬語っていつまで使っていたらいいの?」ではないでしょうか。

「ずっと使い続けると距離が縮まらないし、かといっていきなり敬語を使わないのは失礼な感じがするし。。」

など、敬語をどこまで使うか、どこからどのようにして敬語をやめるかは、婚活サイトを利用するにあたり、非常に悩ましい問題の1つです。

そこで今回は、敬語を使う良さや使い続けることのデメリット、やめる方法やきっかけについて紹介します。

なぜ最初は敬語が良いのか?

thinkstock (72584)
Licensed by Getty Images

なぜ、婚活サイトでは最初は敬語が良いのでしょうか。

その理由は社会におけるコミュニケーションに通ずるものがあります。

最初に敬語を使用することのメリットを知っておくことで、メリットを知らずに敬語を使わない人よりも、素敵な出会いや婚活を卒業できる可能性が高くなります。

ここでは、婚活サイトで敬語を使うことの主な2つのメリットについて見ていきましょう。

そして、それらを参考にして敬語を使うようにしてください。

常識ある人と見られるため

婚活サイトで最初は敬語を使った方が良い理由が、常識ある人と見られることです。

これは婚活に限りませんが、プライベートでもビジネスでも、会ったこともない人との連絡に敬語を使わないのは失礼にあたります。

また、敬語を使わないことが原因で距離を置きたがる人もいますので注意が必要です。

常識ある人と見られるためにも、最初は敬語を使うようにしましょう。

最初のうちに敬語を使って嫌がる相手は、まずいません

結婚に真剣だと思ってもらうため

最初のうち敬語を使うことで、相手に「結婚に対して真剣に考えている人」と思ってもらうことが可能です。

敬語を使っていなかったら、「チャラくて遊び目的で婚活サイトに登録してそう」と思われる可能性があります。

敬語を使っていれば、「しっかりとしている人」「安心感のある人」など、誠実で真面目な印象を相手に与えることが可能です。

結婚に真剣だと思ってもらうためにも、最初のうちは敬語を使うようにしましょう。

敬語を使い続けるとどう思われる??

thinkstock (72585)
Licensed by Getty Images

ここでは、敬語を使い続けると相手にどう思われるか見ていきましょう。

最初の頃は敬語を使った方がいいことはわかりましたが、ずっと敬語を使い続ければいいかというとそうではありません。

過剰に敬語を使い続けてしまうと、相手にネガティブな印象を与えてしまう可能性があります。

敬語を使い続けることで相手にどう思われる可能性があるかを把握し、意識して敬語を使い、敬語を解除するタイミングを探るようにしましょう。

「仲良くなるつもりある?」

最初の頃に敬語を使うのはいいですが、敬語を使い続けることで相手に「仲良くなるつもりはあるのだろうか?」と思われてしまう可能性があります。

ある程度、距離が縮まってきたり、相手が敬語でのコミュニケーションを卒業したがっている場合は、敬語を使うのはやめましょう。

それでも敬語を使い続けてしまうと、逆に相手との距離が離れてしまう可能性がありますし、敬語をやめるタイミングを失くしてしまいます。

「私(俺)に興味ないのかも」

敬語を使い続けてしまうことで生じるデメリットとして、相手に「私(俺)に興味ないのかも」と思われることがあります。

婚活サイトに限らず、気になる人がずっと敬語を使っていたら、そう感じてしまいますよね。

特に気にならない相手や距離を置きたい相手であれば、そのまま敬語を使い続けるのもありですが、気になる相手に対しては敬語を過剰に使い続けるのはやめましょう。

相手に勝手に諦めさせないためにも、自然に敬語を解除してください。

「異性に慣れていないのでは?」」

いつまでも敬語を使い続けていると、相手に「この人異性に慣れていないのでは?」「まったくモテない人なのでは?」など思われてしまいます。

異性にまったく慣れていないと思われることで「コミュニケーション力も低い」「気配りもできない」と思われる可能性まであります。

異性に慣れていない相手を好む人もいますが、そういう人はかなり限られます。

敬語を使い続けることで相手にネガティブな印象を与えてしまうため、注意が必要です。

婚活サイトでどう敬語をやめていく??

thinkstock (72590)
Licensed by Getty Images

婚活サイトでどのようにして敬語をやめていくのがいいのでしょうか。

どこかのタイミングで敬語をやめないと、やめるタイミングを失ってしまい、ずっと敬語を使い続けなければなくなります。

相づち、名前呼び、会話が弾むようになってなど、敬語をなくすタイミングはいくつかありますし、受け身ではなく自分から提案することも大事です。

ここでは、敬語をやめるための主な方法やきっかけについて見ていきましょう。

相づちから

婚活サイトで敬語をやめていく方法として、相づちの方法を変えていくやり方があります。

いきなりすべての言葉で敬語をやめるのに抵抗がある方も多いはずです。

しかし、相づちであれば言葉も短いため、そこまで抵抗を感じることなく敬語をやめることが可能です。

たとえば、

「はい」 → 「うん」

「そうですね」 → 「そうだね」

などであれば違和感もほとんどなく使えます。

まずは相づちから敬語をやめてみましょう。

名前呼びから

ある程度距離が縮まり、お互いが名前を呼ぶようになったことをきっかけとして敬語をやめるのも1つの方法です。

名前呼びするようになったら、ある程度の信頼関係が築けている証拠でもあるため、

「よかったらそろそろ敬語を使うのをやめませんか?」

「もう敬語はやめない?」

など、敬語をやめる提案をしてみましょう。

距離も縮まっているため、相手も高い確率で敬語をやめることに同意をするはずです。

会話が弾むようになってからさりげなく敬語をやめる

自分から相手に敬語をやめることを提案しずらい場合は、会話が弾むようになったタイミングで、さりげなく敬語をやめましょう。

名前で呼び合うのと同じように、会話が弾むということは相手もある程度好意を持ってくれているということです。

距離が縮まっている証拠でもあるため、「〜〜ってたしかにいいよね!」「◯◯いいな〜、うらやましい!」など、会話の中で敬語をやめてみましょう。

相手も敬語をやめた反応が返ってきたら、そこからは敬語を使う必要はありません。

「仲良くなりたいから」と言ってストレートに提案する

敬語をやめる方法として、「仲良くなりたい」という理由でストレートに提案するのも効果的です。

「もっと距離を縮めてお互いのことがわかるように敬語をやめませんか?」

「敬語だと距離を感じるので素のままに会話しませんか?」

など、お互いのことをもっと知ることを目的に敬語をやめるよう伝えてみましょう。

相手にとってもメリットのある提案なので、よほどでない限りは断られることはありません。

婚活サイトで敬語をうまく使い分けよう!

gettyimages (72589)
Licensed by Getty Images

敬語を上手く使うことで、相手に好印象を与えることが可能です。

そのため、最初は敬語を使い、距離が縮まってきたら、さりげなく敬語をやめるかこちらから提案をして敬語をやめるようにしましょう。

ずっと敬語を使い続けると、相手にネガティブな印象を与えてしまいます。

今回紹介した内容を踏まえて、早速、相手とのコミュニケーションの取り方を変えていきましょう。

以上アモーレでした!

ライター アイコン ライター情報
はじめまして、アモーレではアナタの結婚を応援します。
結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
地域の結婚相談所を探す
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.