2018年12月13日更新
建築士が結婚できない理由とは!?解決策と結婚するコツまとめ

建築士が結婚できない理由とは!?解決策と結婚するコツまとめ

建築士はなぜ結婚しにくいのでしょうか?今回は建築士が結婚できない理由と結婚するためのコツを解説していきます。結婚したい建築士の方は必見の記事です。

建築士って結婚できる?気になるギモンを解説!

gettyimages (101331)
Licensed by Getty Images

建築士は手に職を持っている仕事で、将来結婚すれば理想の家を作ることも夢ではありません。

そんな期待を持っている人も多いと思いますが、建築士の結婚状況は30代でも未婚の男性が多いようです。

建築士になるには学歴も必要ですし、手に職があるので安定してそうですが、女性にとっては不安な面があり未婚率に繋がっているようです。

どこが女性にとって不安なのか、またどうしたら結婚に近づけるのかご紹介します。

建築士を結婚相手として見たときの3つの魅力

gettyimages (101349)
Licensed by Getty Images

結婚相手として実は魅力的な建築士。

その魅力について今ここで認識しておきましょう。

・将来的な安心感がある

・会社員でも独立してもある程度安定した生活が送れる

・将来理想的な家が建てられる夢がある

それぞれ詳しく確認していきましょう。

①将来的な安心感がある

建築士との結婚の魅力のひとつに、将来的な安心感があります。

建築士になるためには相当な勉強が必要不可欠なので、学歴もしっかりしています。

資格を取ることができれば、全国どこでも仕事ができるので、手に職があると、生涯に渡って建築のプロとして働くことができるので、結婚相手としても魅力的です。

建築士は芸術家タイプの人も多く、建物に関しては妥協を許さない人が多いため、真面目に建築の仕事に取り組む人が多く、自分の建てた建物にはプライドと誇りを持っています。

仕事に対して真面目に取り組んでいる人は、結婚相手としても魅力を感じるのではないでしょうか?

②会社員でも独立してもある程度安定した生活が送れる

一級建築士の資格を取得することができれば、独立して自分の会社を作ることができます。

会社に勤めていればある程度安定した収入を得られることができます。

独立して自分の会社を持つ人の多くは、自分に実力があると思っているので、自信がある人なら当然独立を考えるでしょう。

独立してから安定するまでは大変なことですが、自営業者と同じなので頑張りしだいでどうにでもなります。

一緒に辛い時期を頑張って乗り越えることができれば、より安定した生活が待っているでしょう。

結婚相手としてはどちらにせよ、将来に渡って安定した収入が得られることは魅力的です。

③将来理想的な家が建てられる夢がある

建築士と結婚をするなら、将来は自分の理想の家を自分たちで建てたいというのが夢でしょう。

家を建てることは人生の中でも一大イベントですが、建築士と結婚すればより自分の理想に近い家を建てることができます。

設計を業者にお願いするよりも、夫にお願いした方がより自分の意見を細かく伝えられるので、自分のわがままを言うこともでき、理想の家を建てられるでしょう。

家は生涯住むかもしれない場所なので、建てるなら妥協はしたくないものです。

建築士と結婚することでその妥協をしないで、理想に近い家を建てることができる夢があるのは魅力的です。

建築士の結婚を妨げている4つの理由

gettyimages (101333)
Licensed by Getty Images

結婚相手として魅力もある建築士ですが、なぜ現状として結婚できていないのでしょうか?

ここからは建築士の結婚を阻む理由について説明していきます。

・職場に女性が少ないので出会いがない

・労働時間が不定期で時期によっては忙しいため婚活ができない

・会社によっては給料が低いため、家庭が安定するか不安

・1級建築士の資格を取るまで大変なので婚活する暇がない

それぞれ詳しくみていきましょう。

①職場に出会いがない

一部設計の職場では女性の設計士も多くいますが、それでも建築士の職場では男性が圧倒的に多いです。

男女比にすると女性は2割程度しかいないので、ほとんど出会いがないと言っても良いでしょう。

職場で女性との出会いが少ないので、結婚を妨げている理由の一つとなります。

女性がいたとしても職場は危険な場所で仕事をしていたり、職人相手に作業をしているので、気を緩めることができません。

しかも建築士の多くは自分の建物に誇りを持っているので、仕事中は妥協することがありません。

建物には多くの職人たちが関わっていますが、全員がプロの職人です。

その職人たちと仕事をしている時に、女性だからという甘えもないですし、恋愛している余裕も一切ありません

それほど建築の世界は厳しい職場なので、女性がいたとしても恋愛に結びつかないことが多い現状です。

②労働時間が不定期で時期によっては忙しいため婚活ができない

建築士の結婚を妨げる要因としては、時間が不定期で忙しいことが挙げられます。

建築士の仕事は確実に納期までに、仕事を終わらせなければなりません。

そのため数か月先まで、予定がギッシリ埋まっていることが多いです。

日曜日は職人さんも休みですし、雨が降ったりして作業ができない日があると、納期がだんだんと迫ってくるので、余計時間が足りなくなります。

現場では事故を起こしてはいけないので、それほどピッチを上げて作業することはできないので、時間を延長して作業することになってしまい、時間に余裕も無くなっていきます。

忙しい時期は仕事が終わって帰宅すると、夜遅い時間になることも多いので、婚活をする時間をとることができません。

勤務時間が不規則になりがちな仕事なので、もしも彼女ができたとしてもデートの約束をするのも難しいかもしれません。

休みの日には普段の疲れが溜まっているので、疲れてぐったりしてしまう人も多いでしょう。

出会いを求めようとしても、仕事が不規則だとなかなか婚活することができないので、結婚が遅くなってしまいがちです。

③会社によっては給料が低いため、家庭が安定するか不安

ライター アイコン ライター情報
はじめまして、今回の記事を担当している「アモーレ編集部」です。婚活は全員が初心者、期待と不安が錯綜する業界だからこそ「婚活のはじめてを支える」を理念に掲げ、記事を書いています。「自分にはどの婚活サービスが向いているか」分からない方のために婚活相談窓口をご用意しています。詳しくはこちらをご覧ください。
結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
地域の結婚相談所を探す
結婚相談所紹介バナー
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.