2018年4月27日更新
婚活に成功する秘訣をこっそり教えます!

婚活に成功する秘訣をこっそり教えます!

婚活に成功するには秘訣なるものがあると感じています。それは実際に婚活をし、うまくいかなかった体験やうまくいった体験から学んでいくもの。今回は私が思う成功の秘訣をひっそり紹介します。

婚活は、ただやみくもに活動すれば実る、というわけではありません。

ポイントを抑えて活動しなければ、永久に婚活を続けることになります。

私の実体験より、婚活を成功させるための秘訣をお教えします。

婚活が成功する秘訣

婚活が成功する秘訣

Licensed by Getty Images

お見合いパーティーは何度も参加しない

常連になってはいけない

私は、男性の理想を高く持ちすぎた結果、毎週のように同じお見合いパーティーに参加してしまいました。

いつのまにか私は常連となり、男性陣も実は常連さんばかりということに気付きました。

でもそれって、冷静に考えると何も生産性がないんですよね。

新規で参加する人なんて、本当に数名程度です。毎回ガラッと参加者が入れ替わるならともかく、同じような顔ぶれで同じようにトークを重ねても、そこから何も発展しないんですよね。

同じパーティーでは新しいことは無い

ひとつのパーティーに入れ込みすぎても、むしろ逆効果です。

「売れ残り」「まだ相手が見つけられない人」などのレッテルさえ貼られかねません。

事実、同じように常連さんとトークすると「まだ良い相手見つからないんですか?」という会話に終始します。

でもそれって、当然なんですよね。

常連さんが常連さんの中で新しい相手を探そう、というほうが無理があるのです。

将来に不安があることはふせておく

男性によく聞かれること

婚活を続けていると、「何でここに参加しようと思ったんですか?」と男性に聞かれることが多々あります。

それは、お見合いパーティーでも、合コンでも、結婚相談所でも、すべて同じです。

私の本音としては「いや、もう30代になりかけているし、周りは結婚して子供さえいるのに、とにかく焦っているんです。

一人暮らしだし、このままでは老後さえ不安になるので、手当たり次第に活動しています」というものですが、そんな負の感情をまるまる相手に投げかけるのは、やめておいたほうが無難です。

私はそれで何度も失敗しました。

負の面を伝えるのは後回し

後々になって私の負の部分を知るより、先に伝えておいたほうが男性が選別できる、と思ったのです。

もし私のマイナスの部分を受け入れてくれない男性で、伝えた時点で去っていくのなら、それはそれでヨシ。

マイナスを伝えたうえで私と一緒にいることを望んで、それでもアプローチしてくれる相手ならばその後の展開がスムーズだろう、と考えたのです。

だから私は先に自分のマイナス面を伝えたのですが、結果として私の元に残ってくれる男性はいませんでした。

寄ってきてくれる男性ならわりと居ましたが、ほぼ初対面にしてマイナス面を受け止めることを期待するのは重すぎたようです。

体験をもとにポジティブ人間を演出する

私はその体験から、マイナスの事柄や不安などは、隠すように意識しました。

あくまで前向きな理由で参加していることを伝えるようにしました

「私の友人がこのパーティーで出会って幸せいっぱいで、「あなたも参加しなよ」って勧められて。

こういうのに参加するのは緊張するけど、いい出会いがあればと勇気を出して参加したんです」と

そのようにハニカミながら伝えたところ、むしろとても好印象として映ったようで、交際に発展することケースが増えました

理想のレベルを下げる

婚活中の友人について

同じように婚活をしている友人で、このような人がいました。

「やっぱ、一緒に生活するとなると経済力って重要じゃん?だから医師とか公務員とか、手堅い職業の人を見つけたいんだ。そのためには妥協しないよ」。

それはそれで良いのかもしれませんが、婚活、という長期的なスパンで考えたときに、頑固すぎる理想やこだわりは不要だと思っています。

特に女性は「賞味期限」が短い

事実、彼女はその理想に固執するあまり、もうかれこれ婚活歴が4年を超えそうです。

これってとても非効率ですよね。

お金と結婚するのではなく、その人の人格と結婚する、と考えを直せばもっとたくさんの男性が候補となるはずなのに・・・。

4年の年月が経過する間に、彼女もどんどん年齢が上がっています。

理想云々が通用するような余裕のある年齢ではなくなっているのです。

男性にとっての理想は、「自分より年下の女性」という需要が多いのは事実です。

彼女のように理想に固執せず、柔軟に考え方を変えていくことが婚活成功の秘訣になるでしょう。

週末を有効活用する

家に閉じこもらず、外に出よう!

平日には働き詰めの社会人であれば、土日くらいはゆっくり家でごろごろしたいものです。

決してそれは間違ってはいませんが、婚活中の身である以上は、土日は1日たりとも無駄にはできません。

あちらで開催されるパーティーに参加、次の日は合コンに参加、来週の土曜日は街コンの参加予定・・・など、スケジュールをできるだけ埋めておきましょう。

家でごろごろしていても何も発生しませんが、外に出れば出会いがあるかもしれないのですから。

もちろん、毎週の参加で疲れたら、何ターンか休んでも構いません。でも一休みしたらぜひ、また街へ繰り出しましょう

ライター情報
はじめまして、今回の記事を担当している「アモーレ編集部」です。婚活は全員が初心者、期待と不安が錯綜する業界だからこそ「婚活のはじめてを支える」を理念に掲げ、記事を書いています。「自分にはどの婚活サービスが向いているか」分からない方のために婚活相談窓口をご用意しています。詳しくはこちらをご覧ください。
結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
地域の結婚相談所を探す
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.