2018年10月12日更新
再婚で親の反対…。対処法をご紹介!

再婚で親の反対…。対処法をご紹介!

「やっとみつけた再婚相手。でも親に反対された」「反対する親を説得するにはどうすればいいの?」そんな再婚を親に反対され、悩みを抱えている方向けに「再婚を親に反対されたときの対処法」をご紹介します!

心配してるからこそ親は再婚を反対する

thinkstock (48880)
Licensed by Getty Images

再婚するにあたって親が反対している場合一つ覚えておかなければならないのは、親としては親なりにあなたのことを想って心配しているからこそ反対をします。

再婚の場合は特に一度離婚していることから慎重にならざるをえません。

まして、親の世代の方が離婚に対してより重く受け止めており、世間体を気にする人もいることでしょう。

そういったことから、焦らずにもっとじっくり再婚について考えてほしいと再婚に反対してしまう場合が多いようです。

再婚を反対された時どうする?

thinkstock (48881)
Licensed by Getty Images

再婚をしたいと思って親に相手を紹介しに行ったり、相談しても反対されてしまうという事はよくあることでしょう。

では、親に再婚を反対されてしまった場合はどのように対処すればいいのでしょうか。

具体的にできるだけ穏便に解決する方法を紹介します。

感情的にならず冷静に自分の気持ちを話す

まず、親に再婚を反対された場合は感情的にならないことが重要です。

結婚や再婚は将来に関わる重要な話ですし、家族間の関係も絡んできます。

あくまで冷静に話を進めるようにしましょう。

そして、冷静に話しながら自分はどのように考えているのか気持ちを伝えることが重要です。

親は心配しているからこそ反対するのであって、愛しているからこその反対です。

いかに自分が再婚した方が幸せなのかや、これからどうしたいと思っているのかを話しましょう。

説得してくれる協力者を探す

次に再婚を親が反対しているときの対処法としては、他に説得してくれる協力者を探すことです。

お互いに冷静に話し合ったとしても、第一人者同士が言っても周りが見えていないと判断されてしまう場合があります。

そこで第三者の協力を求めることで、客観的な意見から親を説得してもらえるように頼みましょう。

子供に再婚の話を持ち出されると、つい親の中には頭ごなしに反対してしまう人もいます。

ですが、第三者からの説得を受けることで冷静に話を聞けることもあるでしょう。

長期戦を覚悟する

次に紹介する親に再婚を反対された時の対処法としては長期戦にもつれ込ませることです。

再婚というのは非常に重要な決断です。

そのため、親としては慎重に考えてほしいと思う人が多いことでしょう。

なので、どうしてもいきなり再婚相手を連れてこられたり、再婚の話題を出されると反対してしまいます。

人間は時間が経つとその状況に慣れて、冷静に考えられるようになります。

長期戦にすることで親に冷静になってもらい相手との再婚も許してもらえるように何度も掛け合いましょう。

反対理由を一旦聞き、明示してもらう

再婚に親が反対されている場合は、なぜ反対しているのか理由を聞くことも重要です。

一度反対理由を明示してもらうことで、ではどうしたら認めてもらえるかがわかります。

相手の収入などの面でしたら二人で家計を回せると証明したり、収入アップを目指しましょう。

また、子供のことでしたらまずは子供が望んでいることや承諾を得ていることを説明しましょう。

いずれにせよ反対された理由がわかれば、そこを解決していくだけなので再婚に近づくでしょう。

自分の子供と再婚相手との仲の良さを見せる

再婚の場合はどちらかが子連れであるということも多いでしょう。

特に親が反対している方に子供がいる場合は、自分の子供が再婚相手と仲がいいことを見せることで理解を得ることができるかもしれません。

親にとって子供の幸せを願うことはもちろんですが、孫にはより幸せになってほしいと考える人がほとんどでしょう。

そのため自分の子供と再婚相手の仲の良さを見せることで、親からすれば孫が幸せになるのならばと考えて承諾してくれることもあります。

お相手の覚悟を親に見せる

最後に親に再婚を反対された時の対処法としては、相手の覚悟を見せることです。

親は何に対して反対なのかを知ることなども重要ですが、いかに本気なのかを知ってもらうことも重要です。

金銭面などに問題があったり、再婚にはまだ早いと思われていたとしても相手が本気で信頼できると感じたのであれば再婚を許してもらえる可能性もあります。

再婚は非常に重い決断であるからこそ、しっかりと覚悟を見せて認めてもらいましょう。

それでも反対された場合は?

thinkstock (48882)
Licensed by Getty Images

ここまでは再婚に対して親が反対しているときにどうすればいいのかを紹介しました。

多くの親は今まで紹介してきたことを上手くすることで認めてくれるでしょう。

しかし、中には絶対に再婚には反対と聞く耳を持たない親もいることでしょう。

次はいくら説得しても再婚に承諾してもらえない場合の対処法を紹介します。

親よりも自分の子供を優先する

結婚や再婚するにあたって親の意見と承諾は非常に重要なことです。

しかし、再婚の場合は子供がすでにいることも多いでしょう。

そうなると現実的な問題として、子供を幸せにすることがなによりも重要であると言えます。

そのため、いくら話しても再婚を許してもらえない場合は子供の気持ちや幸せを優先して再婚に踏み切ってしまうということも必要です。

あくまで最終手段ですが、子供を養っていくためには再婚が必須という家庭もいるので、まずは子供を優先させましょう。

自分の気持ちを大切にする

再婚するにあたって子供のことを考えるのが一番ですが、自分の気持ちも重要です。

親に反対されてどうしようもなくなったとしても、結局最後に決めるのは自分自身です。

親とは血縁関係はあれど、生まれた時代も違うことから分かり合えないこともあるでしょう。

あなたの人生ですから再婚する場合もしっかりと自分が責任を負うと覚悟するのであれば、自分の気持ちを優先して再婚に踏み切ることも重要です。

なかには再婚して幸せそうにしているのを知って、許してくれることもあるので自分で行動することも大事でしょう。

覚悟を決める

どうしても親が再婚に対して許してもらえないのであれば、覚悟を決める必要もあります。

覚悟とは親と縁を切られることや、当分会えなくなる可能性も視野に入れて再婚するという事です。

再婚などの大きな問題では、すぐに解決しない場合が多いでしょう。

そのため、時間が解決してくれることを待つのも必要かもしれません。

親の反対を押し切って再婚して、絶対に幸せになって認めてもらえるように努力しましょう。

結果論として、再婚して今は幸せであるという姿を見せることで仲良くなれる可能性もあります。

再婚を決めるのはあなた自身

gettyimages (48885)
Licensed by Getty Images

今回は親に再婚を反対された時の対処法について紹介しました。

再婚は人生においても非常に重要な決断であるからこそ、親も心配して反対します。

しかし、最後に決めるのは自分自身です。

再婚するのもしないのもすべてはあなたの人生であり、あなた自身が一番いいと思える決断をしましょう。

その時はどちらがいいかなどはわかりませんが、自分で決めたことで覚悟も持てますし幸せになろうと努力することでしょう。

ライター アイコン ライター情報

アモーレメディアを立ち上げた張本人であり、過去に結婚相談所の運営に携わり集客の難しさや婚活サービスとユーザーのミスマッチに課題感を持ち、日本の結婚後の生活や婚活事情に対して大学でも専門的に学び、常に新しい情報をリサーチしています。

明治大学出身、「21世紀の家族構成」について専門的に学ぶ


・結婚相談所の集客に携わり、現場の声や結婚相談所の情報の不透明さ・発信方法に課題を持ち婚活情報メディア「アモーレ」を立ち上げる。

バツイチさんが再婚するのにオススメな結婚相談所とは?
結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
地域の結婚相談所を探す
結婚相談所紹介バナー
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.