2018年4月27日更新
アラサー婚活が厳しい理由とその解決策まとめ

アラサー婚活が厳しい理由とその解決策まとめ

アラサー婚活の現実をご存知ですか? 近年のアラサー婚活は厳しい状況になっていますが、そんな中でも見事に理想の結婚生活をゲットされてる方もいるのです。厳しいアラサー婚活の現実では、どのように戦っていけば良いのでしょうか。今回はそんなアラサー婚活の現実についてご紹介していきます。

婚活の現実が厳しいとお考えのアラサー男女のために、その原因を探って解決策を提案しています。今回のポイントは、「アラサーならではの強み」を理解して行動することです。失敗を恐れずに勇気を持って婚活に臨むことが、行き詰まった婚活の解決策となるでしょう!

また、こちらの婚活アラサー版もご覧ください!

アラサー婚活の現実と理想

男女ともに初婚年齢は年々高くなっています。厚生労働省の人口動態統計によると2001年の平均初婚年齢は男性が29.0歳、女性が27.3歳でした。しかし2014年には男性が31.1歳、女性が29.4歳と、男女ともにアラサーで結婚するというのが普通の時代になってきました。

それでも、「アラサー婚活の現実は厳しい」や「婚活しても相手が見つからない」という声が多く上がるのも事実。婚活で成功するアラサーと、そうでない人の間にはどんな違いがあるのでしょうか。「アラサー婚活の現実が厳しい」と嘆く声が「アラサーで婚活に成功した」という声に変わるように、婚活の状況が厳しいという人の共通点を探っていきましょう。

アラサー女性が厳しい理由

まずアラサー女性が婚活に失敗していく理由を探っていきます。20代の時にモテた経験のある女性ほど、アラサーになって婚活の厳しい現実にぶつかりがちです。ではなぜ過去にモテた経験があるアラサー女性の婚活はうまくいかないのでしょうか。

婚活相手に高望みしすぎる

結婚相手にある程度の条件を求めるのは当たり前のこと。一般的には女性の方が、相手に求める条件が多いようです。これまでモテた経験のある女性ほど、これが強い傾向にあります。

せっかく婚活で相手を見つけたのに、「もっと良い相手がいるはず」と考え始めたら危険なサイン。アラサー女性が陥りやすい危険な現実です。逃した魚は大きかったと後悔の残らないように気をつけましょう。

仕事に熱心で自分磨きをあまりしなかった

近年は女性も当たり前のように仕事で活躍する時代になっています。仕事をバリバリ進めることが楽しいという女性も少なくないでしょう。そのこと自体は喜ばしく良いことです!しかし今の日本の現実では、「仕事も結婚も子供も全てうまくいかせたい」というのは厳しい状況です。

また、仕事に熱中しすぎて、女性らしさも忘れてしまっては婚活すら厳しくなってしまいかねません。アラサーという忙しい時期でも、婚活や仕事の両立ができるバランス感覚を養っておきたいものです。

自分がアラサーだという自覚がない

特に女性にとっては「若さ」が婚活の場での大きな武器。うまく使うことで多くの異性にアピールすることが可能でしょう。ですが、アラサーになってしまうと既に使いづらくなってしまうのが欠点。むしろ重りになっていくかもしれません。

アラサー婚活で若さをアピールするというのは厳しいというのが現実です。アラサーになったのなら、それを受け入れて別の武器に持ち替えていく必要が出てくるでしょう。このタイミングを見失ってしまうと、いつまでもアラサー婚活の厳しい現実にぶつかったままかもしれません。

自分にあった婚活ができていない

とりあえずで始めてしまった婚活だと、自分にあってないことがあります。自分の状況がをよく考えずに始めたけれど、全然良い相手が見つからないなどもアラサーの未婚女性にある現実です。婚活を始める前に自分の状況や婚活の目的をハッキリさせてからスタートを切ってみてください。

積極的に行動ができていない

そんな悪くない誰かしらが、そのうち自分の元には現れるだろう…そんな甘い考えはアラサーになったら捨てましょう。また、婚活することに不安や恥ずかしさを感じる必要はありません。アラサーでもあの人が結婚できたから、私もそんな婚活しなくて大丈夫かな…なんて考え方は危険信号。周りにさらに置いていかれないよう、積極的に婚活をしていきましょう!

年齢のせいばかりにしている

アラサー婚活女性で「厳しい現実が…」なんて言う人の中には、自分の年齢のせいばかりにしてしまう人がいます。もちろん20代前半の女性と年齢で張り合っても勝てないものです。20代前半の女性が若さを武器にするように、アラサー女性にはアラサー女性の婚活の仕方があります。

人生経験から得た包容力や一人暮らしで培った料理の腕前などを持ち合わせている20代前半の女性は少ないです。まして婚活の場にそんな小娘は、なかなかいません。年齢のせいばかりにせず、アラサーなりの婚活で結婚を現実にさせていきましょう!

アラサー婚活の現実

アラサー婚活の現実

婚活がうまくいかないのは男性にも女性にも多くの理由があります。自分に足りていないものが何なのかしっかりとチェックしておきましょう。
Licensed by Getty Images

アラサー男性が厳しい理由

アラサー女性の婚活がうまくいかない原因を見てきました。続いてはアラサー男性の婚活失敗原因を考えていきましょう。男性の場合は、そもそも婚活への一歩が踏み出せないと言う方も少なくないようです。

自分に自信がない

「どうせ俺なんか結婚できない…」や「傷付くなら結婚しなくて良いや」などと自信を無くしてしまっているケースです。しかし、そのままで良いのでしょうか?ここで良いなんて考えてしまわないでくだい。婚活に積極的じゃない人は相手から見て魅力的でしょうか?まずは自分に自信がなくても積極的に婚活していってみてくださいね!

趣味の時間を奪われたくない

アラサー男性ともなると仕事やら友人との付き合いなど、いろいろ忙しくなるかもしれません。
それに自分には大好きな趣味があると、婚活に割ける時間は大きく減ってしまいます。厳しい婚活の現実から離れて趣味に没頭したいという気持ちもわかりますが、結婚を目指すのであれば、少し趣味から離れてアラサー婚活に打ち込んでみることも必要かもしれません。

ついつい言い訳をしてしまう

仕事、、独身の方が良い、、時間がない、、などなどの言い訳は簡単にできます。しかもその方が「楽」なんです。「厳しい現実の婚活に向かいたくない」という気持ちは間違ったものではないでしょう。

しかし、『今このタイミングでそこから抜け出す』そんな瞬間がないと、ズルズルち色々なことを引きずってしまいがちです。それに1つクリアできると、案外他のこともできてしまうもんです。

アラサー婚活の現実は、そんな楽なものじゃないとお考えかもしれませんが、もし現状に満足がいってないなら早めに動き出すべきです!

積極的に行動していない

婚活の場では待っていても何も現れないものです。急に空から可愛くて若い優しい女性が現れないかなぁなんていうのは、さすがにアラサーともなると「イタイ」ように聞こえてしまいます。アラサーになるまで生きてきたという自信を持って、積極的に厳しい婚活の現実にぶつかっていきましょう!

女性の目を気にしなくなる

女性からモテたい思わない男性はいません。20代の頃はオシャレに気を使ったり、異性の目線を気にして行動・言動をしていたかもしれません。しかしアラサーになって厳しい婚活の現実を知ると突然ズボラになってしまう人がいます。異性に対する意識がなくなると、出会いも少なくなり、結婚からは遠くなってしまいます。

その出会いの機会の少なさのせいで更に、異性を気にしなくなります。こんなスパイラルに陥ってしまうと、なかなか這い上がれなくなり、アラサーともなると婚活を諦めてそまう人も少なくないのです。

アラサーの方が知っておくべきこと

ここまでアラサー男女の婚活がうまくいかない原因について探ってきました。ここからはアラサー男女が婚活で失敗しないために、やるべきことをご紹介していきます。

20代と30代の婚活は違う

アラサーになって最初に意識しておくべきことは、20代と30代では武器になるものが異なるということでしょう。特に女性の場合はそれが顕著で、これまで強力な武器であった「若さ」は、アラサーになると頼りにすることはできません。もちろん男性にも同じようなことはあります。

婚活に対する勇敢さや、失敗を恐れない気持ちを保つのが難しくなり、自分に自信が持てなくなってしまいがちです。20代の婚活とアラサーの婚活はまったく違うものである事を忘れないようにしましょう。

若さ以外の武器で現実に挑む

若さを失った代わりに年齢を重ねて得たものもあるはずです。20代前半の頃には無かった人生経験によって、自分の中で豊かになったものを分かる人、そんな人はアラサーでも婚活でうまくいきやすいでしょう。社会的な地位や年収といった見えやすいものだけでなく、人間としての「寛容さ」や「思慮深さ」などは外からは評価しにくい部分です。

しかし、それらでも自分をアピールすることはできます。むしろ、結婚に対して本気であれば、そっちを大切にした方が良いかもしれません。アラサーになって若さの代わりに得たものが1つでもあれば自信に繋がります。そしてその自信はアピールしようとしなくても、自然と滲み出てくるものです。年齢相応のゆとりを相手に感じさせるのも大切かもしれませんね。

理想と現実の妥協点

「妥協」…それだけを耳にすると現実から逃げたようなイメージしかない単語ですよね。しかし、本当にそうなのでしょうか。アラサー婚活では、いかに妥協できるかも大きなポイントになってきます。

もちろんココだけは絶対に譲れないというポイントも持つべきです。しかし、本当にそれは現実の生活で必要なことなのでしょうか。自分の結婚にはどんな相手が良いのか、それは絶対に必要なことなのか、しっかりと見直してみてください。

『婚活』待っているだけでは相手と出会えない

先程から何度も繰り返していますが、「理想の相手が待っていたら現れた」なんてことは普通は起こりません。もちろん可能性がないと断言することはありませんが、宝くじよりも難しいかもしれませんね。コツコツと自分から婚活に動き出していく方が結婚を現実に近づけられるはずです。

アラサーだからこそ失敗を恐れない

何かのアクションを起こせば失敗することもあります。20代は失敗して学んでいくもの、アラサーはその経験をいかすものだとお考えではないですか?しかし現実ではアラサーでも失敗するものです。

20代と30代の違いは失敗からの立ち直り方なのではないでしょうか。20代よりも失敗を重ねているぶん、立ち直った数も多いはずです。素早く立ち直れるようになったアラサーだからこそ、失敗を恐れずに婚活に積極的に臨んでいきましょう。

厳しい現実を理想に近づけよう

『アラサー婚活の現実』この言葉を聞くだけでマイナスのイメージを持ってしまう人は多いのではないでしょうか。確かにアラサー婚活の現実は厳しいものです。

しかし、アラサー婚活の理想を現実に近づけるためには、まず現状に対する不安をなくしていく必要があります。自分の現実に対する不安が何なのかもう一度考えてみる必要はあるかもしれません。

「アラサー婚活は厳しい」に関する記事はこちら

現状の婚活に不安はないですか??

現状の婚活に不安を抱えているアラサーの方はいないでしょうか。今の婚活で本当に結婚できるのかどうか、自分と合う相手が見つかるのか、、など今の婚活に不安を抱く人も少なくないと思います。もし現状の婚活に不安があるアラサーの方はもう一度婚活の目的を考え直してみてください。

アラサーで本当に結婚したいなら…

アラサーで本当に結婚したいという方は結婚相談所のご利用をオススメします。結婚相談所には本気で結婚したいという方ばかりが婚活をしています。自分と同じ高い意識を持った人との婚活の方が結婚には近づけるのではないでしょうか。

婚活には結婚相談所がオススメ!

アラサーの忙しい時期でも大丈夫

まず結婚相談所の特徴として忙しくてもできるという点が挙げられます。と言うのも例えば合コンに参加して新たな出会いを見つけようとすると他のメンバーの予定に合わせて行動する必要があります。その結果、ドタキャンをしてしまったり失敗につながる可能性も十分あります。

しかし、結婚相談所の特徴として、自分主導でスケジュールを組んだり、仲人さんに間に入ってもらい、日程を柔軟に調整することができます。

また、繁忙期など自分の力だけでは全く婚活できない時期も、結婚相談所の力を借りることで、少しずつ進めていくことができますし、結婚相談所の人が寄り添って一緒に進めていってくれる形式の結婚相談所もあるので、そういったところに入会すれば、だらだらと婚活をやっていく必要がなくなり、また仕事に全ての情熱を捧げるという利点もあります。

結婚に対して本気の婚活ができる

先程から何度も挙げましたが、結婚相談所以上に結婚に本気な婚活はありません。結婚相談所に入会する際にはいくつかの書類提出が求められていて、その中には結婚に対する本気度を確認するものもあります。また結婚相談所のアドバイザーも結婚や婚活に関するプロです。そんな中で婚活ができれば、アラサーという厳しい現実の中でも結婚を手に入れられるかもしれません。

ライター情報
この記事のタグ一覧
30代向け 20代向け
結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.