2018年4月27日更新
初めての婚活カフェ |婚活カフェの体験談

初めての婚活カフェ |婚活カフェの体験談

婚活カフェというものを体験してきました。婚活方法も多様化し、どのサービスにどのような特徴があるのか、よくわからない方もいるかと思います。そこで、婚活カフェの体験について詳しく語ります。

地域の婚活カフェへ初参戦!

エクシオにアクロスパーティーと、全国でも大手の婚活パーティーにそれぞれ参加してみましたが、どちらも内容はほぼ同じ。

無機質な会議室での回転寿司に嫌気が差していたところ、友人から地域の婚活カフェへ参加したとの情報が。カフェでの婚活ということで興味津々!

とりあえずいい人がなくても美味しいケーキセットは食べれるということだし、金額も良心的だしってことで、次はそれに参加してみることにしました。

県の少子化対策事業

友人に教えてもらった情報をもとに調べてみると、あるサイトに行き着きました。

そこには色んなタイプの婚活パーティーが企画されていました。

そしてサイトの説明をよく読むと「県が少子化対策事業の一環として企業や団体として協働して行うサイト」と書いてあるではありませんか!

うちの県、そんなことやってたんだ・・・。

その中で、地域のカフェを会場としてのパーティーが今回の私の戦場です。

申し込み

今回参加するパーティーは40代中心、男性40〜51歳、女性36〜48歳。

私は女性では最年長。

男性は自分より若い女性を好む傾向にあるので、本来なら自分の年齢が設定年齢の若い方に近いパーティーに参加する方が有利なのですが、そこは私も若者狙いでいくことに!

早速ネットで申し込み。あとは当日が来るのを待つだけです。

gettyimages (24511)
Licensed by Getty Images

いよいよ当日

さてさていよいよ婚活カフェ当日。今回もまずは自分のイメージ作りから。

春らしくピンクのワンピースに白のレーシーなジャケットで、大人可愛くエレガントな女性をイメージして行くことにしました。

メイクも今回はピンクとオレンジをベースに、男性ウケを一番に考えました。

会場入り

今回の会場は川沿いのカフェとの事で、期待値大。

ビルの2階にあるカフェで、階段を上がっていくと昭和な感じの門構え。

扉を開けるとカフェというより喫茶店という感じで、狭めな店内にギチギチな感じで男女がひしめき合って座っていました。

男女ともに10対10の予定だったはずが、当日は男性9人に対し女性が12人!

隣の女性と肘が当たるくらいのスペースで、予想していたお洒落なカフェで優雅な雰囲気の中の婚活・・・の夢はあっさりと打ち砕かれてしまいました。

プロフィールカードの記入

席についたらまずはプロフィールカードの記入です。

これは先日行った婚活パーティーと同じ。

大きく違うのは、年齢や職業、年収、未婚か婚姻歴ありかといった、本来なら一番知りたい情報を記入する欄がないこと。

そういう事で人を判断せずに、ルックスとフィーリングで選べってこと?

うんん・・・良いような悪いような。

趣味や休日の過ごし方などの記入欄はあるので、それらを詳しく記入していきました。

thinkstock (24512)
Licensed by Getty Images

パーティースタート

最初に飲み物と、数種類用意されたケーキの中から希望のケーキを選びます。

女って食べ物に弱いよね、狭くて身動き取れないけど、とりあえず目の前にケーキが運ばれて来たのでパクついてたら、気分も和んできました。

みんなも自然と笑顔になり「美味しいですね〜」なんて会話したり。

確かに無機質な会議室で無言でスタートするまでの時間を待つよりは、緊張もほぐれてこれはいいかも。

みんなが一通り食べ終わったら、いよいよパーティースタートです。

ここからは他のパーティーと同じスタイル。プロフィールカードを対面に座っている男性と交換しお話をします。

その時間なんと1分!そして時間が来たら男性が席を一つ隣へ移動して行くという、毎度の回転寿司。

今回女性の方が人数が多いので、男性一人に対し女性二人でお話したり、待たされている間に女性同士でおしゃべりしたりという感じでした。

なにせ隣との距離が近いので、会話がいろいろ聞こえてくるのが嫌だったな。

当然こっちの会話も聞こえてるってことですもんね。

お気に入りの相手へアプローチ

一回目の回転寿司が終わった時点で、自分が気に入った相手を二人選んでカードに記入します。

それとは別に2名にメッセージカードを渡すことが出来ます。

これも大手の婚活パーティーと同じですね。

ただ大きく違うのは、一旦主催者がそれを集計した後そのカードをそのまま記入された相手へ渡すこと。

なので、カードを貰える人と貰えない人、つまり人気のある人ない人があからさまに分かってしまいます。

大手の婚活パーティーでは全員にカードを渡すので、中には誰も自分のことを選んでくれていなくて白紙の場合もあるかもしれませんが、それは本人にしか分からないので、みんなの前で嫌な思いをすることはないですよね。

私の隣にいた女性は、これが嫌でしばらくここの婚活カフェから遠ざかっていたと言っていました。

幸い私は何枚かカードを貰うことが出来たので、ホッと安堵。

ちょっとこのシステムは変えたほうがいいなーと感じました。

フリータイム

さて、いよいよここからはフリータイムに入ります。

一度目が終わった後に集計されたアプローチカードをもとに、主催者がうまく配置を考えて男性のみ席替えをします。

なるべく気に入った方とお話が出来るようにしてくれるんですね。時間は5分。

時間が来るともう一度席替えをして更に5分のフリータイムです。

5分もあればいろいろお話出来そうだけれど、なにせプロフィールカードに個人情報が少ないため、あまり突っ込んだ事を聞くのもためらわれて会話が広がらない。

最後はみんなで婚活事情の体験話を語り合っていました(笑)

告白カードの記入

二回のフリータイムが終了し、最終的に自分の気に入った人を二人カードに記入します。

同時に連絡先を渡したい方へのアプローチカードも記入出来ます。

毎回感じますが、これがほんとに難しい。

というのも、絶対にこの人!って言う人がいないからなんですよね。

おまけに今回は年齢も未婚か婚姻歴ありかも分からない。

これはもう大きな賭けです。

なんとなく感じの良さげな人の中から、誰を1番に書くかで悩みに悩んで思い切って記入です。

カップル発表

さて、いよいよカップル発表です。

カップルになった人にだけ分かるシステムになっていて、カップルになった人には相手の番号が書かれた、カップル成立カードなるものが渡されます。

そしてそれと一緒にアプローチカードも渡されます。

最初のメッセージカード同様、貰える人と貰えない人がみんなに分かるので寂しい思いをする人も。

私はなんと今回もカップルに!アプローチカードは5人の方からいただき、隣の女性から「すごいねー良かったねー」なんて声を掛けられて、ちょっと返事に困ってしまいました。

アフターパーティー

今回は開催されたのが夜の時間帯だったのですが、軽くお食事だけ行きましょうとカップルになった男性からお誘いを受けたので、行ってみることに。

道すがらまず聞かれたのが年齢と婚姻歴。

ですよね!私もそれが一番気になるところ。

相手の男性に聞いてみたら、私より4歳年下の44歳でなんと未婚!!

んんっ ルックスもまあまあだし、ファッションセンスも悪くない、聞けばちゃんとした所にお勤めの様子。こ・れ・は・もしや・・・と思っていたら、いきなりさっきの婚活カフェでの愚痴が出始めた。

フリータイムの時に目の前にいた女性からなにやら失礼な事を言われたと、お店に着くまでずっとその話。

お店に着いて席に座ってもまだブツブツ言っている。

お店を選ぶセンスもいいし、オーダーもスマート、ちゃんとレディーファーストも心得ているのだけれど、なんだか嫌な予感。

なんとか話を変えて楽しく食事をし始めたので安心していたら、今度はやたらと私を褒めだした。

「綺麗ですね」「エレガントですね」「センスがいいですね」まではいいのだけれど「ほんと今日来ていた他の女はみんなイマイチで、貴方が一番美人でした」

はぁ?そんな褒め方ないやろ?!

そして次に出た言葉が「男もみんなイマイチな奴ばっかりで、俺が一番まともやった」「他の奴に負けるとは思ってなかった」

はぁーーーーーーー?!?!?!

そしてまたさっきの自分が失礼なこと言われたという愚痴が始まった。

おまけに途中なんども私の手を握ってきて、離しても離してもまた握ってくる。

あああ・・・そりぁその年まで未婚なはずだよね。

つーかそんな男だと見抜けなかった自分に腹が立つ。

完全に事故物件を当ててしまった。

thinkstock (24513)
Licensed by Getty Images

婚活カフェに参加してみて

相手の細かい情報は大切

今回一番感じたのはやはり相手の情報は多い方がいいという事。

とくに再婚組の者からすると、相手が未婚か婚姻歴ありか子供がいるのかいないのかはとても重要な情報。

今回カップルになった相手は未婚者。

もし分かっていれば絶対に選びませんでした。

なぜなら私はもう子供を産める年齢ではなく、初婚の男性の方なら子供が欲しいと願う方も多いはず。

未婚と聞いた時点でまずその事を聞いてみたら、子供が絶対欲しいとは思わないけど欲しくないとも思ってはいないと。

まあ、今回はまず性格面の不一致でお付き合いするには至りませんでしたが、婚活となると始めから結婚を前提としたお付き合いになるので、そこの情報は欠かせません。

そして女性からしたら相手の経済力も大切な指針になりますよね。

無駄な時間を過ごさないためにも、最初にある程度の情報は分かっていた方がお互いのためだと感じました。

カップルになったとしてもそこからがスタート

今まで婚活パーティー2回、婚活カフェ1回と参加して毎回カップルになったわけですが、結局どなたともお付き合いするまでには至りませんでした。

同じく婚活をしている方々に聞いても、なかなかその先が続かないとみな同じことを言っています。

結婚ありきで相手を見てしまうから、余計に難しいのかも知れませんね。

まだまだ結婚への道のりはながーーーくかかりそうです。

ライター アイコン ライター情報

アモーレメディアを立ち上げた張本人であり、過去に結婚相談所の運営に携わり集客の難しさや婚活サービスとユーザーのミスマッチに課題感を持ち、日本の結婚後の生活や婚活事情に対して大学でも専門的に学び、常に新しい情報をリサーチしています。

明治大学出身、「21世紀の家族構成」について専門的に学ぶ


・結婚相談所の集客に携わり、現場の声や結婚相談所の情報の不透明さ・発信方法に課題を持ち婚活情報メディア「アモーレ」を立ち上げる。

結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
地域の結婚相談所を探す
結婚相談所紹介バナー
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.