2018年4月23日更新
街コンの体験談 -街コン選びから体験まで

街コンの体験談 -街コン選びから体験まで

出会いの数を増やすために街コンに参加をしてきました!街コンを選ぶところから実際の体験まで、一連の流れを書きましたのでぜひ参考にしてください。

大好きな人と一緒にいたい……でも、そもそも、相手がいない……そもそも、出逢いすら……。だけど、そんな「そもそも」を打ち砕くべく、思い切って街コンに参加してみました。ぜひ、私の街コンの体験を参考にしてください。

gettyimages (24507)

Licensed by Getty Images

まずは参加する街コンを選ぶところから

ゲーム形式の街コンもあるけど…

街コンについてあれこれ調べていると、意外にもたくさん種類があって、どれに参加しようか迷ってしまいました。中には男女でクイズや脱出ゲームをおこなうものまでありました。

しかし。たしかにそういったゲーム付きの街コンも楽しそうでしたが、開催されるゲームに熱中するあまり、異性とじゅうぶんな会話ができないというデメリットもあるということなので、私は至って普通のシンプルな街コンにしようと決めました。

食事付きなら会話の時間をたくさんとれる

ここで一つ気にしたこと、それは「街コンは時間に限りがあること」です。恋人候補の条件が多数ある方は、その条件をクリアしている相手なのか見極めるためには時間がかかるものです。

恋人にするなら清潔感があり、色黒の肌で、身長もそこそこで…と理想の条件がとりわけ面倒くさい私。そこで、オーソドックスに“食事を楽しみながら異性と会話できるオーソドックスな街コンに参加を決めました。

移動する必要がないタイプの街コンへ

私が参加した街コンは、お店をはしごする必要はなく、オシャレなダイニングバーを貸し切ったものでした。街コン検索アプリで探し、見つけました。(アプリだと金額や会場、雰囲気や年齢層など細かく設定して検索することができるのでオススメです)。

参加費用は女性ひとり3,000円、ドリンク飲み放題付き。日曜のランチタイムに開催していたので、夜のお酒を飲む席が苦手な私にとって、とても気軽に足を運べました。

街コンの流れ

会場入り

会場となるお店に入り、名前を告げると、スタッフさんから手首にカチッと取り付けるピンク色のブレスレットを渡されました。男性はブルーのブレスレットでした。名札替わりですね。さっそく受付順にテーブルへ着席。すでに到着していた男性陣の姿もちらほら見受けられます。

恥ずかしながら人見知りである私はここで緊張してしまっていたのですが、ここでドキドキしているのは男性も同じだったようで、照れ笑いを浮かべながら軽く挨拶を交わしました。

その後「どこからいらしたんですか?」「土日お休みなんですか?」などいくつか質問しながら開始時刻まで待ちます。

そして開始の時間

参加者が集まったところで主催スタッフさんが当日の説明をしてくれ、開始時刻になるとドリンクや料理が運ばれてきました。

女性はずっと着席状態。目の前に座った男性としばらく会話を続けていると、スタッフさんの掛け声とともに男性がその場を立ち、ほかの女性が待つテーブルを回っていくという、いわゆる回転寿司の形で進行していきました。

男性が移動してくるごとにまずは自己紹介し、出身地や休日の過ごし方、趣味の話などを話していきます。

実際に会話してみた結果

男性と話せるのは10分間

男性が目の前に来て、そして去っていくまでの時間はピッタリ10分間でした。とにかく時間が経つのが早い!必要な会話(自己紹介)を済ませ、趣味、好きなものの話などを交わしていると、人見知りしている暇もないくらい、本当にあっという間に10分間が過ぎてしまいました。

とはいえ相手のプロフィールを知り、人の第一印象を決めるにはじゅうぶんな時間だったと思います。プロフィールに気がかりなところもなく、それでいて「気が合いそうだな」と思った人とはLINEのIDを交換してまわり、お腹も満たされたところでその日はお開きとなりました。

街コンが終わった後

ただ、終わったとは言いつつも時刻はまだ夕方前。ここぞとばかりに二次会へ連れ立つ人もいました。明日も仕事だった私は残念ながらすぐに帰路についてしまったのですが、帰宅途中の電車内で、なんと連絡先を交換した男性から次回、デートのお誘いが。

そのお相手は先述した「清潔感があり、色黒の肌で、身長もそこそこで、ボーダーラインをクリアしている男性」かつ「この人ともっとお話ししてみたい!」と、そう思える男性だったのです。もちろんすぐにオーケーしました。ここは欲張って正解です。二人きりのデートも楽しめました。

最後に

このように、食事を楽しみながら雑談するという“ふつうの”街コンだって出逢いに繋がるのだな、と実感しました。グループでおこなうゲームとは違って話の輪に入れないということもなかったので、大人数での会話が苦手な私にとって大助かりでした。

ただし街コンはあくまでも出逢いのきっかけ作りに過ぎません。得た出逢いを活かせるかどうかは自分次第です。この体験談がひとりでも多くの女性に役立てれば幸いです。結婚に向けて頑張りましょう!

ライター情報
はじめまして、今回の記事を担当している「アモーレ編集部」です。婚活は全員が初心者、期待と不安が錯綜する業界だからこそ「婚活のはじめてを支える」を理念に掲げ、記事を書いています。「自分にはどの婚活サービスが向いているか」分からない方のために婚活相談窓口をご用意しています。詳しくはこちらをご覧ください。
結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
地域の結婚相談所を探す
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.