2018年10月12日更新
【プロが答える】結婚相談所で出会えないのはなんで?

【プロが答える】結婚相談所で出会えないのはなんで?

結婚相談所に入ったのはいいけど、なかなか出会えない!出会いが多くある結婚相談所で出会いが少なくなってしまったのは何故なのでしょうか?今回は気になる結婚相談所で出会えない原因について千葉の結婚相談所婚活レッツの代表カウンセラー堀部さんに解説していただきました。

結婚相談所で出会えないのはなんで?

thinkstock (58320)
Licensed by Getty Images

結婚をしたい独身者が、結婚をするために利用するサービスの中で、最も結婚が出来る、成婚率が高いサービスが結婚相談所です。

特に、人的サポートがある仲人型の結婚相談所が最も成婚の実現可能性が高くなります。

しかし、最も結婚が出来る結婚相談所においても、思った以上に出会うことが出来ない、あるいはお見合いから仮交際に進まない、交際が軌道に乗らないといった人が多くいます。

なぜ、出会えないのか、どうしたら交際を軌道に乗せて、成婚を勝ち取ることが出来るのかということについて、お話をさせて頂きたいと思います。

結婚相談所で出会えない理由

thinkstock (58323)
Licensed by Getty Images

結婚相談所で出会えない最たる理由は、お相手が求める条件と自分が求める条件のミスマッチによるものです。

多くの婚活者は、自分のことを客観視出来ていないために、自分自身を高いところに位置付けてしまい、お相手に対しても高い条件を求めてしまうのです。

例えば、お相手の年齢に関しては、男性は年の離れた年下女性を求める傾向が強くあります。

30代後半や40代の男性は、5歳以上年の離れた女性、人によっては10歳以上も離れた年下女性を求めたりします。

しかし、女性が結婚相手として求める男性の年の差は、どの年代においても5歳未満の年上男性という実績データが出ています。(2017年度大手結婚相談所連盟の成婚実績データによる)

この様に年齢を一つ例に挙げても、ミスマッチが起こっていて、本来は最も出会える婚活サービスなのですが、希望条件を理想に近づけることで、マッチングせずに出会えないという結果が出ているのです。

自分を棚上げして、お相手に対しては高い条件設定をしている

結婚相談所で出会えない最たる理由は、お互いの希望条件のミスマッチによるものです。

特に、お相手に対する要望は高いのですが、自分自身のスペックや見た目・ルックスは、お相手に対する希望条件と見合っていないケースが大半です。

例えば、自分自身はメタボ体型だけど、お相手に対してはスリムか普通体型を望むといったことが挙げられます。

求めるのは自由ですが、当然マッチングしないので、お見合いが組めません。

対策としては、自分自身を改善して婚活力をアップするか、理想を下げるかになります。

婚活市場における自分の需要を把握出来ていない

婚活市場における自分の市場価値と需要を理解していないことも、出会えない大きな要因になります。

婚活需要を左右する主な項目としては、年齢、居住エリア、見た目・ルックス、学歴、年収(♂)、仕事(♂)になります。

自分のスペックを客観的に把握して、その条件に見合うお相手をターゲットにしていくことが大切になります。

やみくもにお申込みをして、活動してもまず成婚は出来ませんし、そもそも出会うことも難しくなります。

結婚相談所の婚活は、アドバイザーを横に従えて、相談をしながら戦略的に活動をしていかなければ、目的である成婚は実現しません。

理想を追求して、高嶺の花狙いをしている

結婚相談所の婚活で、絶対にやってはいけないことが、理想を追求することと、選り好みをすることです。

これをやっている人は、エンドレスの婚活になって、生涯独身のままとなるリスクが高まってしまいます。

どんなにスペックが高い婚活者でも、理想を追求するとマッチングが難しくなり、婚活が長期化することになります。

仮に婚活者が、これまでの人生で、イケメンや美人との交際歴があるならば、そのような対象を狙っても良いですが、そのようなお相手と交際経験もなく、これまでの恋愛経験も少ない人が、一発逆転を狙って、高嶺の花的な存在を目指すことは、無理があり、結婚相談所で出会えない大きな要因となっています。

結婚相談所の婚活は、戦略的に行うことで成婚が実現します。自分のポジショニングを把握して、お相手のターゲティングも戦略的に行って活動をすることで、短期間での成婚が実現することになります。

そのためには、プロで有能なアドバイザーを横に従えて、一緒に活動をすることが大切になります。

結婚相談所で出会えない時の解決法

thinkstock (58331)
Licensed by Getty Images

結婚相談所の婚活で、なかなか出会えないという場合は、何かを変える必要があります。

これは簡単な話で2つしか方法はありません。

1つは自分自身を改善して、婚活力をアップすることです。

もう1つは、お相手の条件を下げることです。

大学受験で例えると解りやすいのですが、現在の偏差値が50の人が、偏差値70の大学を受験しても合格は出来ません。

大学に合格するためには、方法は2つです。

一所懸命に勉強をして、偏差値70まで学力を高めるか、現在の偏差値50まで志望校を下げて受験するかです。

婚活においても、高嶺の花的な存在のお相手に対してお申込みをしても、自分がそのお相手に見合っていなければ、マッチングはしません。

お相手に見合う存在になるために、自分磨きをして婚活力をアップするか、お相手に対する条件を下げるかのどちらかです。

このことが理解できた人は、出会いの機会を多く得られ、短期間での成婚が実現することになります。

自分のポジショニングと婚活市場における需要を把握すること

結婚相談所で出会えないのは、お互いの希望条件のミスマッチによるものです。

なぜ、ミスマッチが起こっているのかは、自分自身の条件を客観視出来ていないこと、婚活市場における自分の需要を把握出来ていないことに起因します。

自分の市場価値や需要を把握することで、お相手のターゲティングを正確に行うことが出来て、マッチング率を上げることが可能になります。

この作業を自分一人で行うことは難しく、結婚相談所のアドバイザーと一緒に意見を聞きながら確認をする必要があります。

自分の婚活需要をしっかりと把握して、自分のポジショニングを理解することが、出会いの機会を増やすために、まず必要なことになります。

ターゲットを変えること

結婚相談所で、お見合いがマッチングしないということは、ターゲットの選定に無理があるということが一番の原因です。

理想を追求して、高嶺の花を追いかけてしまうと、当然マッチングはせず、お見合いでお会いすることが出来ません。

仮にお見合いが成立したとしても、ライバルが多いので、交際に入ってもどこかで離脱してしまいます。

理想的なお相手は、ライバルが多いので、成婚を勝ち取ることがとても難しくなります。

それよりも、自分と見合ったお相手を見付けて、マイナス面がそれ程なく、希望条件のうち1つか2つ合致して、良いところが少しでもあれば、そのお相手に決めるぐらいの心づもりでなければ、結婚相談所で成婚をすることは難しくなります。

お申込みをする際に、3:3:4の法則を使う

結婚相談所で出会うためには、お申込み方法にテクニックが必要になります。

お申込みをする際には、ターゲットを3:3:4のバランスに分けてお申込みをすることが大切になります。

高嶺の花的な存在に30%、自分と同等のお相手に30%、最低条件を1つか2つクリアーしたお相手に40%という割合でお申込みをすることが大切になります。

毎月20人にお申込みが出来るのであれば、これを3:3:4のバランスでターゲットを選んで、お申込みをすることです。

当然、最低条件をクリアーした40%の中から多くマッチングすることになります。

多くの婚活者は、ほぼ100%を高嶺の花的なお相手に申込みをしているので、競争が激しくマッチングしないのです。

自分のポジショニングを理解して、それを基準にターゲットにバランスよくお申込みをすることで、マッチング率が上がり、出会いの機会が得られることになります。

【プロが答える】結婚相談所で出会えないのはなんで?についてのまとめ

gettyimages (58341)
Licensed by Getty Images

結婚をしたいと考える独身者は、結婚相談所で出来るだけ早く成婚をして、早期に結婚生活に入って家庭を築くことが大切になります。

多くの婚活者は、お相手選びに躍起になり、近視眼的になっているので、自分の人生全体を俯瞰で見ることが出来ていません。

大切なことは、人生を前に進めることです。

婚活は、人生の踊り場的な位置付けになります。

大学受験で言う浪人のようなものです。

本番である結婚生活に出来るだけ早期に入って、年齢によっては、新しい家族に恵まれる可能性もあるので、立ち止まらずに先に進んでいくことが大切になります。

理想を追求するあまり、成婚の可能性を失い、生涯独身のままとなっては、悔やんでも悔やみきれません。

結婚相談所の目的は、成婚あるのみです。

成婚が実現出来なければ、婚活に費やした時間、お金、労力の全てが無駄になってしまいます。

結婚相談所で成婚を実現するには、まずは出会いの機会を最大化することです。

出会うためには、婚活市場における自分の市場価値や需要をしっかりと把握して、それを基準にお相手の条件設定をすることで、マッチング率が上がり、お見合いが組めて、成婚の可能性が高くなっていきます。

婚活は、自分一人で活動しては絶対にいけません。

結婚相談所のアドバイザーから助言をもらいながら、連携を取って、一緒に活動をすることで、短期間での成婚が実現することになります。

ライター アイコン ライター情報
今回、記事を担当させて頂きました、婚活レッツです。結婚相談所で成婚をするには、正しいやり方を習得して、プロのアドバイザーと一緒にサポートを受けながら活動することが大切です。まずは、お見合いという出会いの機会を最大化すること。理想としては、3ヶ月で20人から30人とお見合いをすることです。交際に入ったお相手とは、お見合い後1ヵ月の期間が最も大切になります。この期間で、出来るだけ多くの方とお会いして、関係性を構築することが大切になります。お見合い後の1ヵ月で6回以上お会い出来れば成婚が見えてきます。婚活レッツでは、月に2回以上の面談を行う中で、具体的なアドバイスを行うことで、お断りをされない婚活をサポートしています。最後まで一度もお断りをされなければ、成婚が出来るのです!
結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
地域の結婚相談所を探す
結婚相談所紹介バナー
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.