2018年8月29日更新
婚活アプリでプロフィールって何を書けばいい?|書き方・ポイント

婚活アプリでプロフィールって何を書けばいい?|書き方・ポイント

婚活アプリではプロフィールを書く作業は重要です。中でも一番の重要ポイントは「自己紹介文」と言えます。上手に相手に自分をアピールできる自己紹介文の書き方について解説致します。

婚活アプリでのプロフィールでは何を書けばいい?

gettyimages (88381)
Licensed by Getty Images

婚活アプリのプロフィールは就職の履歴書とは違うんだろうな~とは思っていてもどう違うのか、どう書けば印象に残るのか、いろいろと考えてしまいますよね。

必要以上に自分をよく見せることはありませんが、しっかりと自己アピールはする必要があります。

自分の気持ちが伝わり、相手に印象付けることができるプロフィールの書き方について解説致します。

プロフィールの書き方

gettyimages (88387)
Licensed by Getty Images

婚活アプリによってフォーマットの違いはありますが、書くべきことはかわりません。

まずは簡単なプロフィールの書き方です。

①ニックネームの付け方

登録は本名でしますが、プロフィールにはニックネームを書きます。

そのニックネームを本名を教えるまであなたの名前として使うわけですから、相手が呼びやすく覚えやすく、タイピングしやすいものとします。

例えば、ペットの名前やアニメのキャラクター有名人のニックネームなどにする人もいますが、ニックネームでその人をある程度イメージしてしまうこともありますから、やはり本名から考えたほうが良いです。

実際に本名を教えたときに、ニックネームとのギャップがないほうがいいからです。

②学歴・職歴の書き方

学歴についてですが、「大卒」「高卒」のように最終学歴を簡単に書きます。

有名大学卒業の方にたまにみられる、大学名まで書くのはお相手が引いてしまったり、鼻にかけている!というような印象を受けてマイナスなイメージを与えてしまうのでやめましょう。

職業についても、「事務職」「営業職」「保育士」程度の書き方でいいです。

詳しいことは仲良くなってからということです。

③趣味の書き方

趣味は嘘を書いてはいけませんが、「料理やお菓子を作ること」は男性受けがいいです。

「映画鑑賞」や「ゲーム」「アニメ」なども、同じ趣味の方への印象がよくなります。

映画、ゲーム、アニメのように幅広い趣味の場合は「特に○○系の映画が好きです。」[「○○の映画を観て感動しました」などある程度詳しく示したほうがわかりやすくなりますね。

自己紹介文で自分らしさをアピールするためのポイント

gettyimages (88389)
Licensed by Getty Images

自己紹介文では自由に自分の性格や考え方、生活について書いてよいのですが、どこまでなにを書いていいのかわかりにくいですよね。

ここからは自分らしさをどうアピールするかについて解説致します。

①まず見て貰ったことに感謝の気持ちを表そう!

たくさんのプロフィールの中から選んでみてくれているわけですから、「見て頂きありがとうございます」といれてから自己紹介をすると、好感度がアップします。

また最後にも読んでいただいたことへの感謝の言葉があるといいですね。

やはり良い気持ちで読んでもらうことは、その後のアプローチにつながります。

②入会理由・理想の結婚像などは明確に書こう!

入会理由を示すことは、婚活に真剣であることを表すことができます。

中には冷やかしの人もいますし、貴方が魅力的であればあるほど、冷やかしではないかと疑われる可能性があります。

「出会いがないから」「結婚を真剣に考えるようになって」など簡単でよいですから書くと相手に安心感を与えることができます。

また真剣であるならば、将来像もそれなりに考えられているはずですから、理想の家庭像や理想のカップル像について示しましょう。

③ネガティブな文章はNG!ポジティブなことを書こう!

「仕事がうまく行かないのでそろそろ結婚しようと思います」や「別れた彼氏を忘れさせてくれるような人と出会いたいです」のようなネガティブなことを書くのはNGです。

やはり人は明るいイメージの人と楽しい出会いを求めるものです。

休日の過ごし方などはその人となりが示せる部分でもありますから、インドア派なのかアウトドア派なのかなど楽しいエピソードを交えて書くのはいいですが、日常の悩みや弱みを見せるのは仲良くなってからにしましょう。

自分の長所として「初対面の人とでもすぐ仲良くなれます」「お話しすることが好きです」や相手に対しても「明るい人が好き」「面白い人が好き」などと示すと、貴方自身も明るく楽しい印象を与えることができます。

④相手への条件は書かない!

実際に年収や学歴、体型など条件はあると思いますが、それを相手への条件として自己紹介文に記載するのはやめましょう。

一般に条件が良いといわれる男性ほど、そのように書いてくる女性に嫌悪感を抱いています。

条件指定してくることそのものに女性のあざとさを感じるようです。

そのようなことで、せっかくの機会を逃す可能性があるのはつまらないので相手への条件を書くのはやめましょう。

⑤長い文章は読んでもらえない

いろいろと書きたいことはあると思いますが、相手の男性もたくさん検索し読んでいるわけで、長そうだと感じただけで、読まずに飛ばしてしまう可能性があります。

逆に短すぎても「雑な、いい加減な」印象を与えてしまいます。

大体400字程度が目安と言われています。

スマホの画面で言うなら、半分以上、スクロールしないで済む程度の文字数で書きましょう。

まとめ

gettyimages (88393)
Licensed by Getty Images

プロフィールと一言で言ってもいろいろと書くことがありますが、日記ではないのですから、読み手のことを考えて失礼のない文章で、だけど堅苦しくならない「この女性に会ってみたいな」と思わせることができるような楽しい内容を書きましょう。

楽しいプロフィールを書いて楽しい婚活をしてくださいね。

以上アモーレでした!

ライター アイコン ライター情報
結婚は人生のターニングポイント、皆様の不安や悩みを、少しでも多く解決できる情報を発信したいと思っております。よろしくお願いいたします。
結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
地域の結婚相談所を探す
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.