【実録】大手の結婚相談所に失敗した人はこんな人

3.人に相談するのが苦手な人

これはほとんどの男性に共通する事ですが、男性は誰かに自分の悩みを相談する事をためらう生き物です。

自分の現状は理解しつつも、相談出来ずにいる方はとても多いです。

大手の結婚相談所で失敗した人はどうすればいいか?

 

自己改善

 

thinkstock (37829)
Licensed by Getty Images

 

婚活していること、大手に所属していることに安心せず、周囲の人に本気で結婚を考えているので誰か紹介して下さいと言ってみましょう。

どこに出会いのチャンスがあるか分からないので、新しいことをはじめたり、異性が 多く集う場所に出向く努力をする。

例えば女性なら、釣り・バイク・マラソン、男性ならヨガ・料理教室・英会話がおすすめです。

カギは、異性の比率が高いことすなわちハーレム状態であることです。

職場または近所のお節介なおばさんに紹介をお願いすることをお勧めします。

大手に所属している人(特に男性)は、データマッチングサイトから個別のお見合いにまでは簡単にこぎつけますが、交際からなかなか成婚に進展しない場合が多いです。

個人の結婚相談所は、思わず耳を塞ぎたくなるような、厳しいこともいう場合もありますが、カウンセラーも嫌われる覚悟を持って向き合っている証拠。

もしもなかなか結果が出ていないのであれば、一度個人の相談所に行くことをお勧めします。

※個人結婚相談所に来るメリット(マリッジテラス五反田の場合)

thinkstock (37832)
Licensed by Getty Images

 

結婚相談所によって、サービスや出会える人も大きく異なります。

マリッジテラス五反田のカウンセリングでは会員様の大切な個人情報だけでなく、過去の恋愛や家族のこと、仕事の悩みなど、雑談の中からその人の本当に求めているもの・本音を聞きだし最適な相手を提案するよう勤めています。

本音を聞き出すためには信頼関係がなくていけません。

何よりも会員様との信頼関係を大切にしています。

親身に相談にのってくれる相談所を見つけてみましょう!

thinkstock (37830)
Licensed by Getty Images

 

個人の相談所は料金やサービスが事業者によって異なるため、判断基準も難しいです。

一度、自分の現状を気軽な気持ちで相談してみると、まったく違ったアプローチで、ふさわしい相手を提案できるのではないでしょうか。

最後まで親身に相談にのってくれる相談所に行けばきっとご縁の方に出会えるはずです。

どんな人にも必ず運命の人はいます!

[関連]  結婚相談所における結婚(成婚)のタイミング