2018年5月15日更新
大学教授が結婚できない理由とは!?その解決策まとめ

大学教授が結婚できない理由とは!?その解決策まとめ

大学教授はモテていないイメージがありますが、そんなことはありません!しかし、忙しくて婚活ができていなかったり、婚活のコツを知らないだけで損をしていることが多いです。そんな結婚に向けての婚活術をご紹介していきます。

大学教授は女性にモテる職業ランキング6位!

ある調査によると、本当に女性にモテる職業ランキングは以下のようになっています。

1位:公務員
2位:医師
3位:弁護士
4位:商社マン
5位:消防士
6位:教員
7位:IT関係

このように、女性にとって大学教授は結婚相手にはとても魅力的な人だと言えます。

その理由としては、子供の教育面での安心感など将来を見据えたものがあげられました。

しかし、男性大学教授は意外にも結婚していない方が多いです。

なぜ、女性からは必要にされているのに結婚できていないのかどうしたら結婚できるのかをこれから見ていきたいと思います。

大学教授の未婚率が高い理由

①職場での出会いがない

大学生活を人生最初の分岐点とする学生も少ない中、そのような環境を創り整えるべく多くの学生たちの前に立ち、その名の通り“教授する立場”である大学教授は、学生の面倒を見なければいけないため、自身の私生活について考えることが少なくなってしまう傾向があります。

また、学会などではどうしても同じ分野の人が集まってしまうため、自身の学問や研究以外のコミュニティーに出会う機会も少なくなります

やはり、自身の置かれた環境の中で結婚を視野に入れた出会いを求めるとなると、誰かの助けを借りる手段が最適なのかもしれません。

②婚活している時間がない

各々選択肢の幅を広げようと日々励む学生たちが様々な視点で一人の教授から学び得ようと努力しているため、毎日の新しい問いかけにも順次対応してくれる“信頼関係”が学生と教授の間には必要となってきます。

そのため、忙しいけれど学生に対して親身に対応し、自身の時間を削っても授業に捧げている熱心な方も多いです。

そもそも、自身が学び進んだ結果として、その分野を極めた研究者ともいえるのが教授職であり、学生同様に日々学び、研究していかなければいけません。

そのため、論文に追われて合コンに参加できない学生がいるように、論文や学会に追われ私生活で婚活できない男性大学教授がいらっしゃるのは当然なことです。

③恋愛経験が豊富ではない

教授職に就ける立場の人は、学問の道を極めた中から更に選び抜かれた人にあたります。

現役の大学生が卒業するにも一苦労するであろう多くの困難な道のりを一つ一つ歩んできただけでなく、その経験を他人の人生において重要な知識や方法を習得するためには、並大抵の姿勢で学問に取り組む程度では乗り越えてこれません。

教授職に共通するのは“自分が得た学問の知識を授けるために時間を費やす”ことです。

そのため、多くの方が恋愛に目も向けずに研究に没頭してきたため、どうしても恋愛経験に乏しくなってしまいます。

男性教授の結婚事情 まとめ① 

男性教授の結婚事情 まとめ① 

やはり研究職なため、プライベートの時間を削ってまで働いているので、婚活している暇がないことが未婚率が高い原因だと考えられます。
Licensed by Getty Images

大学教授の結婚におけるアピールポイント

①1つのことに一途

自分の研究分野に没頭して打ち込めるということは、1つのことにとても集中できるとも言えます。

そのため、他のことには手を出さずに1つのことを極められるため、女性からは自分のことを大切にしてくれるイメージがあるという意見もあります。

このように、大学教授に対して真面目なイメージがあることは結婚にあたって大きなプラス要素でしょう。

②収入が安定しているので、家庭も安定しやすい

大学の教授としての仕事だけでなく、大学外の講演にゲストとして招待されたり、本を出版したりと、収入源がたくさんあるため生活が不安定になるということは、まずないでしょう。

また、社会的にも信頼されてこそ多くの研究者から選抜される大学教授は、その生活を支える収入こそ信頼の証としてダイレクトに反映されています。

学生の将来のために日々働く大学教授は、社会の未来そのものに直接的な貢献をしているわけですから、安定した収入と同時に普遍的な信頼を得ているとも言えます。

③教育者であり社会的地位が高いので頼りになる

成績優秀で尚且つ友達に勉強を教えるのが上手い友達は比較的クラスの人気者ではなかったでしょうか。

このように幼少期の経験から進学するにつれ、大学というほぼ社会人として扱いを受ける場においても、やはり“人に何かを教える”ことに長けた人ほど多様な場面でコミュニティーから人気者だと認識されるだけでなく、大学という社会性が大きく影響する場での地位は高いものです。

また、大学教授というと知見があり、頭がいいイメージなので女性からは頼りになるなどの意見もあります

④子供の教育に力になってくれるイメージ

婚活を行う男女の理由の上位にもなる“子どもが欲しい”という希望の裏には、将来の自分の子のための教育環境・経済力・将来の生活環境設計など、多くの理想が含まれています。

そのどれもが大切なポイントとなるため、それ相当な理由がないことには妥協案を見つけようとしないものです。

その点では、社会に必要な教養・幅広い知見・ある程度の収入など、大学教授は女性が結婚相手に求める条件をほぼ満たせているので、大きなプラスポイントです。

男性教授の結婚事情 まとめ②

男性教授の結婚事情 まとめ②

社会的地位も高く、知見もあるため女性からは結婚相手として人気の職業といえます。
Licensed by Getty Images

出会いがないを解消する

行動力が何よりも大事

出会いがない場合は、出会いを見つけていくことしか方法はありません。出会いは望んで待っていても、なかなかやってこないのです。そこで、婚活パーティーに参加をしてみるだったり、結婚相談所の無料カウンセリングに行ってみるなど、婚活を始めてみましょう。出会いがないと嘆く時間に、何ができるか考えてみましょう

>どこで出会うか
自分のコミュニティーで出会いを探す
新たなコミュニティーで出会いを探す

①の場合
友人の紹介、合コン、職場の行事 etc

②の場合
婚活サイト、婚活パーティー、結婚相談所、料理教室やジム(所属を増やす)etc

︎結婚相談所をおすすめする理由

①授業や研究の隙間時間に婚活できる

教授という社会的な地位であると、講義の他にも講演会や研究発表会など、教え子達と社会の未来そのものへ直接左右する機会も多いため、“任務”を外した私的な時間に余裕を持って費やすことが困難です。

このような点を解決すべく、結婚相談所が存在しているのです。

必要な条件を的確に、自分の時間配分で利用するのは大学教授の得意分野でしょうから、決まったスケジュールの時間の空き時間を利用して、仕事のペースを乱すことなく婚活できることが男性大学教授に、結婚相談所をオススメできるポイントです。

また、自身の生活スタイルに時間の余裕が無い場合に一番幸いなのは、結婚相談所の仲人が一緒に考察点を分担してまとめてくれる点です。

第三者の助けを借りると、一人では気付かなかった問題点まで見えてくるなど、利点が多いものです。

②仕事に理解のある人と出会えるため生活リズムを崩さずに済む

男性が研究一筋で大学教授にまで上り詰めた場合、自身の得意分野である話題や私生活のリズムやパターンも、やはり同調することができる女性が理想的ではないでしょうか。

そのように専門的な生活と習慣のリズムを守るためには、理想の結婚相手の条件を適切に絞って出会うことこそが大切です。

それを可能にするのは、中立的な立場で端的にデータをまとめて提供することができる結婚相談所です。

過不足無く絞った条件の中から冷静に見極めて、結婚相談所という第三者のもとで、同じ興味や理想を語る時間を重ねることでお互いの時間を節約しながら理解を深められます

また、気の合う女性とは誰しも共通点が多いものですから、自身が忙しい大学教授の場合、相手の女性も忙しい地位で似た境遇の人と出会う確率が高いとも言えます。

結婚相談所では、まさに必要とされるべき人同士を結ぶという観点から、自身の仕事に理解のある人と出会えるのです。

③相談に乗ってもらえる

結婚相談所の良い点は、やはり第三者の目線で分析可能であることや当人同士では気付かないことまでアドバイスを得られるという点です。

結婚までに自分の理想的な伴侶に巡り合うまでに苦労する理由として、希望の時間・生活スタイル・収入などありますが、結婚相談所では第三者が冷静に仲介してくれるため無駄な点が一切なく、スムーズに婚活することができます

また、自分では解決できない交際中の問題などにもアドバイスしてくれるため、婚活に悩んで仕事に集中できないということは無くなると思います。

このように、生活スタイルなど特殊で仕事に集中したい職業の方ほど、利用し易いサービスであると言えます。

④周囲に知られず婚活に励める

仲介業の責任は当人同士とは全く異なる重大な責任も伴うため、結婚相談所としては非常に繊細な立場で両者の条件を管理する必要があります。

必然的に慎重に仲介を管理されることにより、周囲には隠したままごく自然な出会いを男性の大学教授の地位を保ちながら探すこと可能にしているのです。

また、女性側の立場としても第三者の管理下の出会いである方が、より一層“婚活”として安心して真剣に取り組むことができます。

実際に、相手からのアプローチでも自分が承認しない限り、個人情報はほとんど知られないので、周囲に知られずに婚活することが可能です。

このように、結婚相談所では個人情報やプライバシーに関して、責任を持って扱っているため外部に流出してしまうなんてことはまずありません。

男性教授の結婚事情 まとめ③

男性教授の結婚事情 まとめ③

結婚相談所では、仕事の時間を減らすことなく婚活できることが、最大のメリットだと思います。
Licensed by Getty Images

結婚相談所のメリットまとめ

仕事と両立できる
自分の予定に合わせて活動をすることができる仕組みがある

出会いが安心
入会審査があり、結婚に真剣な人しか入会できない仕組みになっている

希望のお相手と出会える
様々な希望条件をもとに紹介されるお相手を選ぶことができる

結婚までがスピーディー
仮交際期間では、複数の方と同時交際、新たなお見合い可能
効率よくお相手選びができ、結婚まで時間があまりかからない

強みを生かして婚活ができる
経済力という一番の強みを生かして婚活を進められる

バレずに婚活をすることができる
バレたくないということなら、相談所に配慮してもらえる

自分の成長に繋がる
相談所の仲人はたくさんのケースを見てきた、婚活のプロ。活動中の悩みや不安をアドバイスを受けながら二人三脚で進められる

ゼクシィ縁結びカウンター

ゼクシィ縁結びカウンター

「結婚といえばゼクシィ」でおなじみのゼクシィが満を持して婚活業界に参入してきました。
それがゼクシィ縁結びカウンターです。
ゼクシィ縁結びカウンター最大の特徴は圧倒的な会員目線です。
いろいろ戸惑う事が多い婚活初心者の方でも、安心して活動できるよう、活動開始から成婚退会まで専任コーディネーターがサポートしてくれます。

この専任コーディネーター、何がすごいかというと、

デートの服装や場所、お相手の気持ち確認、伝えづらいお断りの連絡まで相談できるんです!

肝心な価格ですが、

初期費用は入会金の3万円のみ。月額費は9000円から始められます。

婚活が初めてで不安な方は、リーズナブルでサポートの充実しているゼクシィ縁結びカウンターから始めるのがよいのではないでしょうか。

ゼクシィ縁結びカウンター公式サイトへ
ライター情報
はじめまして、今回の記事を担当している「アモーレ編集部」です。婚活は全員が初心者、期待と不安が錯綜する業界だからこそ「婚活のはじめてを支える」を理念に掲げ、記事を書いています。「自分にはどの婚活サービスが向いているか」分からない方のために婚活相談窓口をご用意しています。詳しくはこちらをご覧ください。
全国200件以上を訪問したアモーレが選ぶ結婚相談所ランキング
結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.