2018年5月14日更新
婚活で付き合うまでの期間と知っておくべきこと

婚活で付き合うまでの期間と知っておくべきこと

婚活での付き合いは長すぎてもただの友達になってしまいますし、短か過ぎれば焦っているように思われてしまうかもしれません。付き合うタイミングは自分で決めて良いのですが、一般的に婚活での付き合うまでの期間と付き合うまでに知っておくべきことについてご紹介致します。

婚活でのお付き合いのタイミングって?

gettyimages (60429)
Licensed by Getty Images

みなさんアモっていますか?

婚活のためにおつきあいを始めるには、どのようなタイミングがベストなのでしょう?
また、おつきあいの期間はどれくらいが望ましいのでしょう?

折角の出会いを無駄にしないためにベストなタイミングをご紹介します。

だらだら会っていても意味がない?

gettyimages (60457)
Licensed by Getty Images

人生は選択の積み重ね。幸せになれるか否かはその時々の選択次第です。幸せを掴むには選ぶべき選択肢も大切ですが、タイミングも重要です。

結婚を目標にしている方が異性と交際を始めるタイミングや、交際中に結婚に踏み切るタイミングはどれくらいが理想的なのでしょう。

①ビビッときたので、会ったその日に付き合いを決める

結婚相手に出会った時、「ビビッと運命的なものを感じた」という話を聞いたことがあるでしょう。いわゆる、直観ですね。人を好きになるという感情は理屈ではなく本能によるものです。直観的に運命の人と感じることは稀かもしれませんが、ビビッとくるのは間違いなく本能によるもの。

このように本能的に気になるお相手は「運命の人」である確率が高いとも言われています
ビビッと感じたら、そのチャンスを逃してはいけません。その日その瞬間に交際を決めて、よりお相手を深く知りましょう。

②自分の条件に合うか見極めるためには1年ほど付き合ってみる

結婚はその後の人生を左右する大きな決断です。幸せな結婚生活を送るためにも、相性の合うお相手であることが大切。それを判断するのに理想的な期間は1年程度と考えられます。

付き合い当初は楽しい事ばかりでも、長く付き合ううちに相手の欠点が見えることもあるでしょう。それが、どうしても目をつぶれない欠点なら一緒にいることはできませんよね。

結婚相手に求める最低条件をクリアしているか否かは、ある程度交際してみないと判断できないもの。ですが、いつまでも結婚に発展しなければ、結婚の意志がないと判断されて破局に至る危険性があります。
そのため、交際期間は1年程度が理想なのです

出会ってから付き合うまでの期間

thinkstock (60475)
Licensed by Getty Images

お見合いならともかく、普通に異性と出会ったからといって、すぐにお付き合いが始まるケースは少ないでしょう。出会っただけなら「知り合い」という関係ですが、交際となれば「友達以上の親密な関係」です。

お相手の事を何も知らない状況で、安易に親密な関係になるのは危険です。

安心してお付き合いするためにも交際を始めるまでに、やっておくべきことがあります。

交際するまでに知るべきこと

thinkstock (60476)
Licensed by Getty Images

おつきあいをするか否かは、交際相手として見合った方なのか、判断してからでないと問題が生じてきます。ましてや、結婚を目標としているなら交際期間が無駄になる可能性も。

出会いからスムーズに結婚に発展するためには、次に挙げる情報をあらかじめ確認しておいた方が良さそうです。

①職業・経歴・家族関係・友人関係

お相手を取り巻く環境は、結婚後のあなたに大きく影響を及ぼす要因です

職業によっておおよその年収が推測できます。経済的に安定した結婚生活を送るためにも、一家の稼ぎ頭となる男性の年収は重要です。

また、最終学歴や職歴などを知ることで、相手の歩んできた人生が見えてくるでしょう。

そして、最も重要なのが、家族関係や友人関係です。結婚後はお互いの交流関係を共有する場面が多々あります。特に家族関係はあなたが後継ぎの嫁として重要な立場に置かれるか否かの大きな問題です。

②金銭感覚が自分の感覚に近いか

結婚とは生活を共にすることです。安定した生活を送るためには、家計が健全に回っていかなければなりません。

もしも、お互いと金銭感覚が大きく違っていたら、喧嘩の絶えない毎日になるでしょう。金銭感覚は価値観の違いでもあるので、いきなり相手に合わせるには無理が生じるはず。

特に家事全般をこなすには、買い出しをして材料を揃える必要があります。そういったことに支障をきたすほど金銭感覚が違っていると、あなたがストレスを抱えることになりかねません。

毎日、穏やかに生活するためにも、自分と金銭感覚の近い方かどうかは注目すべきポイントです。

③相手の欠点を知ったうえで許容できる範囲か

人間は誰でも長所と短所を持っています。ですが、人によって感じ方が違うので、他人から見れば長所でも、あなたにとっては欠点に見えるかもしれません。

お相手の欠点が許せる範囲かどうかは大事なポイント。「どうしても、この人のここが嫌!」と思うなら、その後の長い人生を一緒に過ごすことはできません

主婦の仕事は自分のためでなく、家族のために時間や労力を使うことばかりです。許せない欠点を持つ相手のために尽くす事ができますか?

「この人のためなら」と思えるようなお相手でなければ、幸せな結婚生活は送れません。

④人生設計(将来のビジョン)が現実的であるか

人それぞれに将来のビジョンを持っているでしょう。お互いのビジョンが似通っていると、積極的に協力しながら目標に向かうことができます。それによって、信頼感が深まり仲の良い夫婦になれるでしょう。

ですが、そのビジョンが現実的なものでなければ、思い通りにいかずストレスを溜め込むだけになってしまいます。
お相手が実現不可能な高い理想を追い求めてばかりで、あなたとビジョンが食い違っているなら、いずれ気持ちは離れていくでしょう。

⑤結婚の意志があっての婚活か

婚活と一口に言っても、人によって結婚したい気持ちの度合いが違います。「いずれ結婚したいけど、今すぐにしたいわけではない」「いい人が現れれば結婚を考えてもいいかも」この程度に捉えているお相手だと、真剣に結婚を考えている側は苛立つばかり。

交際が長引いた上に結婚に至らなかったとなれば、時間の無駄ですよね。あなたが真剣に結婚したいと思っているなら、お相手に強い結婚の意志があるのか、確認しておいたほうが良いでしょう。

婚活で付き合うまでの期間と知っておくべきことのまとめ

gettyimages (60478)
Licensed by Getty Images

婚活は人によって本気度が違います。もしも、あなたが真剣に結婚したいと思っているなら、気になる出会いがあったとしても、何も考えずに交際を始めるとリスクを負うかもしれません。

本当に結婚を前提にお付き合いできる方かどうか、最低限の情報を得てから交際をスタートさせるほうが、スムーズに結婚に発展するでしょう

無駄のない婚活で確実に幸せを掴んでください。

以上アモーレでした!

ライター アイコン ライター情報

アモーレメディアを立ち上げた張本人であり、過去に結婚相談所の運営に携わり集客の難しさや婚活サービスとユーザーのミスマッチに課題感を持ち、日本の結婚後の生活や婚活事情に対して大学でも専門的に学び、常に新しい情報をリサーチしています。

明治大学出身、「21世紀の家族構成」について専門的に学ぶ


・結婚相談所の集客に携わり、現場の声や結婚相談所の情報の不透明さ・発信方法に課題を持ち婚活情報メディア「アモーレ」を立ち上げる。

結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
地域の結婚相談所を探す
結婚相談所紹介バナー
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.