バツイチ彼女の長所短所と付き合い方をご紹介!

今の彼女がバツイチ彼女なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。バツイチ彼女と付き合う男性の中には過去のことについて知りたいけど、聞けない、どこまで聞いたらいいのかわからないという方もいるはず。そんな男性のためにバツイチ彼女の特長と上手な付き合い方について紹介していきます。

彼女がバツイチだった!

istockphoto (48075)
Licensed by Getty Images

 

「バツイチの女性と付き合いたい!」と「バツイチ限定」で相手を探す男性はなかなか少ないと思いますが、「付き合っていた彼女が実はバツイチだったなんて!」と、途中で衝撃の事実を知ることは珍しくはないことでしょう。

バツイチと知っただけで、なんだか腫れ物に触るような扱いをしてしまったり、今後の付き合いを考えてしまったりしませんか?

でもバツイチのお相手と付き合っているからといって、引け目を感じることも、別れを感じる必要もありません。

バツイチにはバツイチなりの「付き合い方」のコツがあります。

それを知れば、バツイチなんてことを忘れてしまうくらい、楽しく幸せな付き合いが待っていることでしょう!

バツイチ彼女の長所

gettyimages (48079)
Licensed by Getty Images

 

それでは、バツイチ彼女の長所から一緒に見ていきましょう。

そこには、未婚の女性には無いメリットがたくさんあるかもしれませんよ。

頼りがいがある

「自立しているのでしっかりしていて頼りやすそう」(32歳/男性)

バツイチとなった女性は、自分で自分の生活を切り盛りしていかなければなりません。

金銭面はもちろんですが、例えば重いものを持ち運ぶ必要があるときや高いところの電球を交換するときなど、些細なことであっても誰にも頼ることができないのです。

そのためバツイチ女性が、頼りがいがある自立した女性になるのは、ある意味で自然なことといえるでしょう。

経験が豊富

「一度結婚を経験しているので大人の落ち着き的なものがあってあこがれるし、男心もわかってくれてそう」(34歳/男性)

離婚は、必ずしも「悲しいもの」「大事な何かを喪失すること」・・・など、デメリットとしての面だけではありません。

離婚だって、貴重な人生経験の一つです。

例え離婚というマイナスの出来事だったって、人間としての深みを増してくれる側面もあるのです。

人は痛みを知っている分、他人に優しくなれることは事実です。

だからバツイチ女性には、未婚女性には無い大人の落ち着きがあるのです。そして、きっとその落ち着きと包容力は、離婚を経験しなければ培われなかったものかもしれませんね。

恋愛・結婚に対して現実的

「結婚というものに対して理解が深いので高望みしなさそうで付き合いやすいと思う」(36歳/男性)

一度は結婚経験があるバツイチ女性は、「結婚」というものに対して、かなり深い理解をしています。

例えば未婚の若い女性などは、「好きな人と結婚するのが夢♪」なんて、結婚について幸せな幻想を抱きがちです。

でも実際にそれを経験し、そして失敗の結果に終わったバツイチというのは、「結婚」に対して過度な期待が削ぎ落されます。つまり、かなり現実的な考え方になるといえます。

そういった女性は、結婚相手に対しても高望みはしません。「昔はちょっと危険な雰囲気の男性に憧れたけど、次に恋愛するとしたら堅実でまじめな男性がいいわ」なんて思っているバツイチ女性って、本当に多いんですよ。

バツイチ彼女の短所

thinkstock (48083)
Licensed by Getty Images

 

「長所と短所は紙一重」ということわざがあります。バツイチ女性のメリット・長所について見ていきましたが、必ずしも長所だけではないのは事実です。

バツイチ女性の短所も知ることで、きっと「バツイチ」についてさらに深い理解を得られることでしょう。

自分に自信がない

一度は離婚という大きな別れを経験した身ですから、多かれ少なかれ、彼女は心に傷を負っていることでしょう。

心に傷がある状態では、やはり自分に自信がなくなってしまうものです。

例えば、アプローチしようして彼女のことをいくら誉めても、「いえ、私なんか全然・・・」とか「そんなことないですよ」などと、謙遜しているわけではなく本心から否定されてしまうことも珍しくありません。

甘えるのが苦手

バツイチ女性は、男性に甘えることが苦手です。

なぜなら、一度は信用して寄りかかった相手が、スッと身を引いてしまうことを経験したからです。

また同じ思いを経験したくない・・・という自己防衛の気持ちが働くのも、無理がないでしょう。そのため、甘えることに対しては特に慎重になるのです。

表現を変えれば「自立している」ともいえますが、彼女にベタベタと甘えられるのが好きな男性にとっては、少し物足りないかもしれませんね。

恋愛・結婚に対して臆病

離婚を経験した女性は、次の恋愛に対して臆病になりがちです。

もし気になる人ができたとしても、「また見る目がなかったらどうしよう」とか、「優しそうで素敵な男性だけど、結局男性なんてみんな別れた夫と変わらないのかも」と、自分にブレーキをかけてしまいます

まして、結婚となると尚更です。例えば、「今回の離婚で、親にはとても心配をかけた。二度目の失敗があってはいけない」など、余計に慎重になるのです。

バツイチ彼女と上手に過ごすポイント

thinkstock (48077)
Licensed by Getty Images

 

<p「バツイチ女性は、扱いが難しいのではないか」「結婚経験さえない自分なのに、結婚どころか離婚の経験さえある女性と、どう接していいか分からない」・・・そんな悩みを抱える男性は、多くいます。

バツイチの肩書きを持っていたって、人間であり、普通の女性です。本質的には未婚の女性と何も変わらないのですが、コツを知っていたほうが楽しく過ごせるのは確かです。

それでは、バツイチ彼女と上手に付き合っていくためのコツを、お教えいたしますね!

彼女の過去について知っておく

バツイチの女性と付き合うなら、なぜ「バツイチ」になったのかを知っておくことは大切です。

もちろん聞きにくいとは思いますが、今後長く本気で向き合っていきたいのなら、知っておくに越したことはありません。

例えば旦那の浮気が原因で別れたのなら、あなたは誠実な彼氏であれば良いのです。ギャンブル依存で別れたのなら、あなたはギャンブルには一切手を出さなければ良いのです。

理由が分かれば、解決方法も見えてきます。

本当の意味で「解決」したときに、彼女の心の傷にはようやく瘡蓋が出来るでしょう。そしていつかその瘡蓋が剥がれたとき、新しい人生をあなたと笑顔で踏み出すのです。

焦りすぎない

例えばあなたは未婚で、結婚を焦っているかもしれません。でもバツイチの女性に対して、結婚について焦っている姿勢を見せてはいけませんよ。

元々結婚や恋愛に臆病になっている女性に対して、それを急かすことは彼女にとってプレッシャーになります。

急かしたことで、うまくいくものもうまくいかなくなってしまうかもしれません。

バツイチ女性との恋愛や結婚は、焦らず、ゆったりと長い目で見てあげてくださいね。

彼女の過去について気にしすぎない

離婚を経験して今はフリーになったとはいえ、一度は愛し合った男性がいるのは事実です。プロポーズをされたときは、涙を流して喜んだかもしれません。

・・・彼女の過去は全て、消せない事実として存在します。あなたがいくら彼女の過去に嫉妬したって、過去のことを根掘り葉掘り知りたくなったって、あまり意味を為しません。

彼女が生きているのも、あなたが生きているのも、「今現在」です。過去にこだわりすぎるよりも、未来のことを考えていったほうが建設的だということを、忘れないでくださいね。

バツイチ彼女のまとめ

thinkstock (48078)
Licensed by Getty Images

 

バツイチ彼女との付き合い方や特徴についてご紹介してきましたが、いかがでしょうか。

知識を身につけてコツを押さえれば、彼女に新しい幸せな人生を与えてあげることができます。

「バツイチだから」と諦めたりしないでくださいね。彼女に本当の幸せをあげられるのは、あなたしかいないのですから。

[関連]  結婚したいけど相手がいない...そんな人が行うべき3ステップとは?