2018年6月3日更新
結婚相談所の選び方について結婚相談所カウンセラーが解説!

結婚相談所の選び方について結婚相談所カウンセラーが解説!

結婚相談所が気になるけど、選び方が分からない!ほとんどの方が利用するのがはじめてという結婚相談所。どの相談所がよくて、よくないかという物差しを持っている方はなかなかいらっしゃらないのではないでしょうか。今回はそんな結婚相談所の選び方について千葉県の結婚相談所婚活レッツの堀部さんに解説していただきました。

結婚相談所の選び方について解説します

thinkstock (72746)

Licensed by Getty Images

“婚活”という言葉が世間に広まって、婚活が一般的となった現在において、結婚相談所とそのサービスが結婚をしたい独身者の間で広く認知されるようになってきました。

結婚相談所のサービスというのは、結婚にまつわる相談を受けるだけではなく、お相手を紹介し、ご成婚して頂くまでお世話をするというサービスとなります。

結婚相談所での出会いは、昭和初期のお見合いとは異なり、結婚を前向きに考えている独身者が、効率的でライト感覚で出会える機会となっています。

昨今では、インターネットを利用してお相手を探し、お見合いという形でお二人だけで、ホテルのラウンジやカフェで会うというスタイルになっています。

一般的な恋愛による出会いと大差なく、出会いの一つの形態といったライトな感じになります。

また、結婚相談所に登録する人は、身元が保証された、各種条件につても証明書を提出することで保証された人だけが登録しているので、安心して利用できるサービスとなっています。

日本全国には、大小合わせて3000以上もの結婚相談所があると言われています。

どの結婚相談所を選ぶべきかという悩みを持たれている人も多いのではないかと思います。

今回は、あまたある結婚相談所の選ぶポイントについてお伝えさせて頂きたいと思います。

結婚相談所の種類

thinkstock (72796)

Licensed by Getty Images

結婚相談所は、大きく分けて2つのカテゴリに分類されます。

1つは、データマッチング型の結婚情報サービス、もう1つは、仲人型の結婚相談所です。

大きな違いは3つあり、1つ目はサービスの目的2つ目は人的なサポートの有無3つ目は交際期限の有無が大きな違いとなります。

データマッチング型

データマッチング型の結婚情報サービスは、資金力のある大手結婚情報サービス会社が運営しており、コンピュータ上で希望条件をマッチングをさせて、お相手を紹介するサービスです。

会員の身元保証、主要な項目の証明書類は取得している点では、仲人型の結婚相談所と相違はありません。

まず、ポイントの1つ目のサービスの目的ですが、結婚情報サービスの目的は、コンピュータ上でマッチングさせ、条件に合ったお相手を紹介することが主たる目的となります。

コンピュータ上で紹介をすることで、目的が達成されているので、お見合いがマッチングして、それ以降の交際については、当人同士が主導で行い、成婚に向けて活動をしていきます。

2つ目は、アドバイザーによる人的なサポートは得られないということです。

コンピュータ上で紹介されたお相手と、マッチングして交際した場合、人的なサポートは得られず、当人同士が自力で成婚まで到達する必要があります。

3つ目は、交際期間についてですが、結婚情報サービスでは、交際期間に制限はありません。

コンピュータ上での紹介以降は、当人同士が自力で活動することになるので、それ以降の交際期間などについても制限はありません。

仲人型

仲人型の結婚相談所は、個人、法人いずれかの形態で大小さまざまな結婚相談所が存在し、全国規模や地域規模の結婚相談所の連盟等に属し、連盟全体に登録する婚活者を紹介するシステムになります。

最近の仲人型の結婚相談所は、高度なコンピュータシステムを導入し、スマートフォンのアプリ対応をしているので、ネット婚活や婚活アプリと同等かそれ以上のシステムを搭載しているのが特徴です。

ポイントの1つ目である仲人型の結婚相談所のサービスの目的は、お見合いでお二人が出会ってから、サポートをすることで交際を軌道に乗せ、ゴールである成婚を実現することが主たる目的となります。

2つ目は、アドバイザーによる人的なサポートがメーンのサービスになるということです。

お見合いでマッチングしてから、交際を軌道に乗せて、成婚に至るまで、アドバイザーは婚活者と密接に連携を取って、モチベーションを維持させつつ、成婚を実現するまで、一緒に活動をしていきます。

3つ目は、交際期間に制限を設けているという点です。交際期間に制限を設けることによって、メリハリのある活動が出来て、短期間でお互いを理解しようとし、成婚を決断するために何をするべきかを真剣に考え、お互いに向き合おうとするのです。

交際期間としては、3ヶ月、あるいは6ヵ月としている連盟が多いようです。

結婚相談所を選ぶ際にチェックすべきポイント

thinkstock (72807)

Licensed by Getty Images

結婚相談所選びというのは、非常に難しく、どこに登録をして活動することがベストなのか、判断はとても難しいと思います。

選ぶポイントとして、次のポイントを踏まえて選ぶと良いと思います。

1つ目のポイントは、自力で活動するかサポートを受けるかというポイント。

2つ目のポイントは、実際に話を聞いて、結婚が出来るイメージが沸くかどうかというポイント。

3つ目は、誰が何をしてくれるのかというポイント。

この3つのポイントを中心に、結婚相談所の選定をすることをおススメします。

また、安易にやってしまいがちなミスですが、料金が安いから、家や職場から近いから、ネットの口コミの評判が良いからという理由で結婚相談所を選んでしまうと、結果として、サポートが十分に得られず、成婚が難しくなってしまうので気を付ける必要があります。

自力で活動するかサポートを受けるか

先にも述べたように、結婚相談所のカテゴリは、データマッチング型の結婚情報サービスと仲人型の結婚相談所に分類され、自力で活動したいという人は結婚情報サービスを選択しても良いと思います。

ただ、婚活をして成婚まで到達することは簡単なものではありませんので、アドバイザーや仲人の力を上手に借りて、サポートを受けることで成婚が実現しやすくなる点は考慮するべきだと思います。

実際に話を聞いて、結婚が出来るイメージが沸くかどうか

結婚相談所選びをする際に、大半の人は事前にインターネットで情報を得て、その上で絞り込みをして、実際に話を聞きに出向くことになると思います。

口コミサイトや評価サイトの一部では、広告料を支払うことで良い評価を掲載をしたり、口コミについても業者やメディアが依頼者である結婚相談所の意向を反映して意図的に記述しているケースもあります。

インターネットの情報に頼り過ぎず、まずは結婚相談所に出向いて、直接システムやサポートについて、お話を聞いてみることが大切です。

アドバイザーにシステムやサポートについての話を聞く中で、自分自身が結婚出来るイメージが沸くかどうかはとても大切になりますので、一つの判断材料として頂くと良いと思います。

誰が何をしてくれるのか

結婚相談所選びで、最も大切なことは、サポートを得られるかどうかです。

実際にサポートをしてくれるアドバイザーがどんな人で、信頼できる人なのか、知識・能力は高いのか、実績はあるのか、何をしてくれるのか、どの程度サポートをしてくれるのかといったところは、説明会等でしっかりと聞いた上で、判断することが大切です。

また、言いづらい指摘をしてくれたり、改善ポイントを指摘してくれることも重要なポイントです。

仲人型の結婚相談所とは言え、結婚情報サービスと同じく、アドバイザーから放置され何もサポートが受けられないという婚活者もいるようです。

誰がどんなサポートをしてくれるのか基準に、結婚相談所選びをすると、失敗はないものと思います。

結婚相談所の選び方について結婚相談所カウンセラーが解説!についてのまとめ

thinkstock (72805)

Licensed by Getty Images

結婚相談所選びのポイントは、自分自身が結婚出来るのか、またその可能性が高いのかどうかと言う基準になってくると思います。

まず、自力で活動したいのか、人的なサポートを受けたいのかによって選ぶべきサービスが異なります。

当然、サポートが得られるサービスの方が成婚率は高いということになります。

自力で活動したい人は、データマッチング型の結婚情報サービスを、サポートを得て活動したい人は、仲人型の結婚相談所がおススメとなります。

結婚をしたい独身者は、結婚が出来る可能性が高いサービスを選択し、活用していくべきです。

自分自身が結婚をするために、結婚相談所やアドバイザーが、自分のために何をどれだけやってくれるのかを見極めることが大切です。

それによって結婚が出来る可能性がどの程度期待できるのかを確認する必要があります。

そのためには、実際に出向いて、お話を聞くなかで、何をしてくれるのか、どんなサポートをしてくれて、それによって結婚が出来そうなのかといったことを、説明してもらい、納得した上で決めることが大切です。

結婚相談所の目的は、成婚することだけです。

これが実現出来なければ、活動にかけた時間、費用、労力の全てが無駄になります。

結婚相談所選び、アドバイザー選びは、成婚出来るかを左右する大きなポイントになるので、慎重に行って頂きたいと思います。

ライター情報
今回、記事を担当させて頂きました、婚活レッツです。結婚相談所で成婚をするには、正しいやり方を習得して、プロのアドバイザーと一緒にサポートを受けながら活動することが大切です。まずは、お見合いという出会いの機会を最大化すること。理想としては、3ヶ月で20人から30人とお見合いをすることです。交際に入ったお相手とは、お見合い後1ヵ月の期間が最も大切になります。この期間で、出来るだけ多くの方とお会いして、関係性を構築することが大切になります。お見合い後の1ヵ月で6回以上お会い出来れば成婚が見えてきます。婚活レッツでは、月に2回以上の面談を行う中で、具体的なアドバイスを行うことで、お断りをされない婚活をサポートしています。最後まで一度もお断りをされなければ、成婚が出来るのです!
結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
地域の結婚相談所を探す
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.