2018年10月9日更新
弁護士と結婚したい !弁護士との結婚はどうすればいい?

弁護士と結婚したい !弁護士との結婚はどうすればいい?

弁護士と結婚したい!でも実は弁護士の数は少なくて出会うのは難しい!?そんなレアな職業の弁護士の実態、求められている女性像、そして出会い方もご紹介します。

弁護士と結婚したい!

thinkstock (53052)
Licensed by Getty Images

「結婚相手は弁護士がいい!」そんなイメージをお持ちの女性も少なくないはず。しかし、そんな理想を思い描いているみなさんは、弁護士の数や年収などの実態・弁護士が望む女性像・弁護士との出会い方などをご存知でしょうか?

結婚相手には弁護士という具体的なイメージがあるからこそ、知っておきたい情報もたくさんあります。そして、弁護士の実態や弁護士との出会い方などの正しい情報を知っておくことで、理想を現実にするために取るべき行動をさらに具体化できるはずです。

弁護士の実態

thinkstock (53054)
Licensed by Getty Images

弁護士との結婚を現実のものにするために、まずは弁護士の実態から把握していきましょう。弁護士の数や年収、激務とされている勤務状態など、いざ結婚となった場合に「こんなはずじゃなかった」と後悔しないために必要な情報を紹介します。

弁護士は少ない!?

日弁連の弁護士人口と厚生労働省の1医師を比較してみると、2014年時点で医者は31.1万人。それに対して弁護士は2015年時点で3.6万人と圧倒的に弁護士の数が少ないことが分かります。

2000年ごろから導入されている司法制度改革によって弁護士の数は増えているとされているものの、プライベートで医師との出会いがないのと同じく、弁護士との出会いもかなりのレアパターンということがお分かりいただけるのではないでしょうか。

年収は意外とまちまち

そして、結婚相手に求める条件のひとつとして欠かせない年収ですが、弁護士の全員がもれなく高年収ということはありません。実は平成27年の国税庁の調査によれば、弁護士の4人に1人は年収300万円以下という事実が公表されています。そして、弁護士の50%ほどが年収700万円、残りの30%ほどの弁護士は年収1,000万円以上とされています。

「結婚相手は弁護士がいい」というイメージを現実のものにするためには、競争の激しい弁護士という仕事の実態も把握しておきたいといえるでしょう。

とても激務

弁護士としての働き方にもよりますが、基本的に年収に応じて忙しい日々を送らなければいけないという労働状況であるとイメージしておきましょう。弁護士にも個人で事務所を構えて経営をしている、大手事務所で出来高を含めた収入を得ているなど、さまざまな働き方が存在しています。

そのなかでも事務所を自分で営んでいる弁護士、大手事務所のなかでもエースとされるような弁護士は年収1,000万円以上を稼ぐために昼夜を問わず、走り回っている方も少なくありません。

弁護士が求める女性像

gettyimages (53055)
Licensed by Getty Images

弁護士の現状を把握できたところで、次に弁護士が求める女性像について解説していきます。プロとして活躍する弁護士を旦那さんにするためにはパートナーにもそれなりのスキルが求められます。今のうちから弁護士が日常のなかで求めるものを具体化し、準備を進めておきましょう。

多忙な弁護士の仕事への理解がある女性

弁護士として活躍している男性の仕事はしっかりと受け入れてあげましょう。人脈が弁護士としての実績を左右する条件となるため、普通のサラリーマンよりも付き合いが多いかもしれません。なかなか家にいない、連絡がとれないといった状況も想定して、しっかりと準備を進めておきましょう。

もちろんお互いの信頼関係が基本とはなりますが、忙しい弁護士という仕事を理解しつつ、ひとりでも充実した時間を作れる能力が求められるといえそうです。

仕事面、精神面で支えてくれる女性

「プロを支える」と言ってしまうと急にハードルが高くなりますが、弁護士をパートナーにしたい女性はそのくらいの気構えが必要です。特に自分で事務所を切り盛りしている弁護士であれば、仕事面から受ける精神的な負担もかなり大きいものでしょう。

そんなパートナーの仕事の成果を一緒に喜び、日々身体を気遣った振る舞いを表現してあげたいものです。「自分も仕事をしていたい」という女性は、あらかじめパートナーとの役割分担を決めておくといった工夫も必要になるでしょう。

話をしっかりと聞いてくれる女性、聞き上手な女性

弁護士に限ったことではありませんが、やはり聞き上手な女性はモテます。特に弁護士として活躍している男性であればそれなりに仕事に対するプライドが高く、プライベートのお互いの趣味の話よりも仕事の話のほうが多くなるかもしれません。

そんな状況でも余裕やゆとりを感じさせる女性は、しっかりと耳を傾けられるものです。「料理が抜群にできる」「貢献できる専門知識がある」といった具体的なスキルではなく、日頃の意識ひとつで変えられる振る舞いとして大切にしたい能力といえそうです。

弁護士と結婚するには

gettyimages (53056)
Licensed by Getty Images

ここまではあらかじめ知っておきたい情報を解説してきましたが、ここからは具体的に弁護士に出会うためのノウハウを紹介していきます。弁護士としてそれなりに稼いでいる男性がごく少数という現実を理解し、少ないチャンスをものにしていきましょう。

学生時代のつながり

結婚相手を探している女性が意外と見落としてしまっているのが、学生時代のつながりなどのすでにあるコネクションです。FacebookなどのSNSで繋がってはいるものの、「学生時代どうしようもなかったから」といった先入観から有効活用できていないケースが多いようです。

しかし、学生時代はどうしようもなかった男友達が、仕事を頑張っていることもあります。そして、その先に弁護士との出会いがある可能性もゼロではないため、ダメ元くらいの気持ちで連絡を取り合ってみるのもひとつの手段です。

弁護士同士、事務所などの職場

弁護士同士、事務所同士の職場の付き合いが、弁護士との結婚のきっかけになるケースもあります。弁護士同士というコネクションをもっている女性は限られていますが、よくよく調べてみたら事務所との付き合いが職場にあったという女性は珍しくありません。

また、営業の新規開拓やセミナー参加といった社会人としての目的を果たすための行動が、弁護士との出会いを果たしてくれることもあります。職場に有効な出会いがないという女性は、試しに自分のキャリアに役立てられるアクションを起こしてみましょう。

結婚相談所

「結婚に直結する弁護士との出会いが欲しい!」という女性は、結婚相談所を活用しましょう。おすすめの結婚相談所については後述しますが条件が明確であれば、その条件を満たしてくれる男性にほぼ間違いなく出会わせてくれるでしょう。

ただし、結婚相談所に足を運んでみると、あれやこれやと条件が変わってしまうことも珍しくありません。結果、結婚に対するモチベーションが下がってしまう可能性もありますので、出会いたい相手の条件はしっかりと吟味しておきたいところです。

弁護士と出会うのにオススメの結婚相談所:パートナーエージェント

パートナーエージェントanalytics
会員数初期費用月額料金成婚料
11,651人 125,000円 16,000円 54,000円

結婚できない人をゼロに。」がキャッチコピーのパートナーエージェント
大手結婚相談所の中でもサポートが手厚いことで有名です。
大手結婚相談所で迷ったら老舗のパートナーエージェントがおすすめ!

成婚率No.1の結婚相談所。

・先月成婚した人数、平均成婚期間など数値を公開中。

・全国に30店舗展開。

・上場企業が運営だからこその信頼と安全

パートナーエージェントの公式HPへanalytics

関連記事:【保存版】パートナーエージェントはどんな結婚相談所?完全攻略ガイド

弁護士と出会うのにオススメの結婚相談所:楽天オーネット

楽天オーネットanalytics
会員数 初期費用 月額料金成婚料
48,848人 106,000円 13,900円 0円

約48,000人業界最多の会員数を誇る結婚相談所、楽天オーネット。

自宅から理想の相手を探せる検索システムから、プロの方のお引き合わせまで、様々なスタイルでの出会いが実現できる結婚相談所です。

大手で老舗ならではの安心したサービスを受けたい方は、まずは2分間無料診断から始めてみましょう。

・会員数約48,000人1年間の申し込み可能人数198人という圧倒的な数字の強さ

・豊富な出会い方のスタイル

成婚料0円!

楽天オーネットの公式HPへanalytics

関連記事 : 楽天オーネットの口コミ・評判を徹底解説【本当に結婚できる?】

弁護士と結婚したい!まとめ

thinkstock (53053)
Licensed by Getty Images

弁護士との結婚を現実のものにするためには弁護士の実情や求める女性像、そして出会うための手段を具体的にイメージしておく必要があります。もちろん、なにげない日常のなかで結婚相手と出会うケースもありますが、こと弁護士となるとその可能性は限りなくゼロに近いといえます。

弁護士に出会える手段を選びながら、いざ結婚した際に「こんなはずじゃなかった」と後悔しないために、弁護士の実情を理解しておきましょう。

ライター アイコン ライター情報

アモーレメディアを立ち上げた張本人であり、過去に結婚相談所の運営に携わり集客の難しさや婚活サービスとユーザーのミスマッチに課題感を持ち、日本の結婚後の生活や婚活事情に対して大学でも専門的に学び、常に新しい情報をリサーチしています。

明治大学出身、「21世紀の家族構成」について専門的に学ぶ


・結婚相談所の集客に携わり、現場の声や結婚相談所の情報の不透明さ・発信方法に課題を持ち婚活情報メディア「アモーレ」を立ち上げる。

全国200件以上を訪問したアモーレが選ぶ結婚相談所ランキング
結婚相談所ランキング
エン婚活
エン婚活
月額費用
12,000円
ご紹介人数
19,648人
紹介保証
毎月3人以上
婚活パーティーランキング
PARTY☆PARTY
PARTY☆PARTY
参加費用
2,500円~5,000円
人数
男性8人:女性8人
形式
お見合い形式
婚活サイトランキング
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
月額費用
3,000円
平均マッチング数
7.8人
平均デート人数
3.2人
マッチングアプリランキング
ペアーズ
ペアーズ
月額費用
3,000円
会員数
500万人
マッチング数
4,000人
地域の結婚相談所を探す
結婚相談所紹介バナー
アモーレ
Copyright © アモーレ All Rights Reserved.