銭湯で婚活!?裸の付き合いで成婚率UP!?歌垣風呂を調査してみた

合コン、街コン、恋活サイト…最近、様々な婚活の話をよく聞きますよね。今回ご紹介するのは、そのなかでも特に変わった婚活ですーその名は”歌垣風呂”。なんと銭湯で婚活するとのこと。はたしてどんな婚活なのでしょうか。調査してみました!

ここ数年で、「婚活」という言葉が完全に定着しました。

少し前ならば、結婚相手を見つけるためにイベントに参加したりするだけでも偏見を持たれてしまうことが少なくありませんでしたし、結婚相談所のような結婚を斡旋してもらうサービスを利用するなど言語道断だと考えている人も大勢いました。

古くから、日本人の結婚には「仲介人(仲人)」がかかわってきた以上、現代になって急に仲人に結婚相手を斡旋してもらうことが憚られるようになっていることは、ある意味では不思議なことです。

最近になって婚活ブームが起こったことによって、多くの人が婚活をはじめました。

特に最近では、「歌垣風呂」を彷彿させる婚活が注目されています。

日本人らしい「裸の付き合い」

歌垣風呂とは、分かりやすく言うと「銭湯で行う婚活」です。

歌垣とは、古代日本でも行われていた求愛の場で、特定の日時に男女が一か所に集い求愛の言葉を歌で詠みます。

歌垣を銭湯で行うので歌垣風呂という名前になっていますが、非常にユニークな催しだということでメディアにも紹介されました。

銭湯で行う婚活(歌垣風呂)ですから、当然参加者は全員裸です。

もちろん男女混浴で銭湯に入湯する訳ではありませんが、古き良き銭湯特有の「壁一枚隔てて分けられている環境」によって、入湯しながら会話をすることが可能です。

外見ではなく内面で選べる

比較的新しいタイプの銭湯では、男女風呂が完全に隔てられているところも多いですが、従来はつながっていました。

ドラマや映画のワンシーンで出てくることのある、「ちょっと石鹸貸して!」なんて微笑ましいやり取りができるのは、銭湯独特の構造だからだといっても良いでしょう。

歌垣風呂の目的は、「見た目に囚われない結婚相手選び」です。

銭湯の中で歌を詠み合い、相手の声や歌の内容から人物像を想像して候補者を選ぶわけですから、本当の意味で「人間性に惚れる」という結果に近付けると期待されています。

限定イベントだから楽しめる

銭湯で婚活をすること自体、限定的な環境でなければできません。

個人で銭湯に行っても同じことができるはずもありませんから、必然的に利用できる環境が限定されます。

今回開催されたことをきっかけに、全国各地で歌垣風呂を開催する流れができています。

結婚相談所が企画して主催する場合もあれば、特定の企業(銭湯経営者など)が主催することもあるでしょう。

もし、近場で歌垣風呂が開催される場合には、参加してみても面白いかもしれません。

婚活は成功しなければ意味がない

そもそも、婚活の方法は一つではなく、結婚相談所を利用する人もいれば婚活サイトや出会い系サイトを利用する人もいます。

どの方法が最も高い成果が期待できるのかは断定できないものの、「総合的なサポートを受けながら効率的に婚活を行う」という観点で評価すれば、結婚相談所が頭一つ抜きんでています。

例えば、大手SNS運営企業が運営している婚活サイトには、非常に多くの利用者が登録しています。

それこそ、数万〜数十万にも及ぶ候補者の中から恋人候補、結婚相手候補を探せるわけですから、自分の理想に限りなく近い相手と出会える可能性はあります。

膨大な候補者の中から候補者を探せる点は大きな魅力ですが、その代わりにすべて自分で行わなければいけないというデメリットもあります。

いかに魅力的な候補者がいようとも、いかに理想的な候補者がいようとも、その候補者を見つけ出してコンタクトをとらなければ始まりません。

また、インターネットサービスの場合は「本人かどうかがはっきりとしない」というリスクもあります。場合によってはトラブルに巻き込まれてしまう可能性もありますが、結婚相談所の場合はそのリスクを最小限度に抑えることができます。

まず、紹介は結婚相談所が行ってくれます。

登録者の中から適当な候補者を選出し、マッチングをしてくれるので自分で探す必要がありません。

また、しっかりと身元の分かる相手だけが紹介されるわけですから、やはり結婚相談所を利用することが賢明だといえるでしょう。

[関連]  転勤族の男性の婚活。向いている女性は誰かわかっていますか?