転勤族の男性の婚活。向いている女性は誰かわかっていますか?

会社の命令で各地を飛び回る転勤族。そんな転勤族の場合、女性の選び方、婚活への考え方も少し変える必要があります。そこで今回は転勤族との結婚が向いている女性、向かない女性、転勤族のおすすめ婚活について紹介します。

転勤族の婚活事情

転勤族は海外に転勤になる可能性もあり、生活が大きく変わる可能性があります。

そんな転勤族は婚活に対して向き合う姿勢も少し考える必要があります。

そこで今回は転勤族の男性の婚活に関する指南をお話しします。

転勤族に不向きな女性

海外での生活に不安を感じる人

 (669)

女性自身が海外の転勤先の言語を話せなかったとしたら、その場合は女性にとってかなりのストレスや負担になってしまうでしょう。

また日本食が大好きで、海外の食べ物が嫌いという人も世の中にはいるでしょうからそのような女性も海外に帯同するのは厳しいと思います。

もし子供がいたとしたら、子供に関することも考えなくてはいけません。

転勤先の治安が悪かったら子供を外で遊ばせることも容易ではないし、医療施設も充実してるとは限らないし。

これによって女性にはさらなる負担がかかってしまうので、海外に転勤することを子供が英語などの語学に触れ合えるなどポジティブに考えられない人でなければ男性と海外に帯同することは厳しいでしょう。

子供を一緒に育てたい女性

 (675)
幼少期の家庭環境は、後々に大きな影響を及ぼします。そこで子供への影響を考慮して消極的になる女性もいるようです。

転勤族の夫と共に各地を転々とするなら、子供への影響も考えておかなければなりません。子供は「1人で残る」ということを選択することができませんので、家族が転勤で引っ越すとなれば、一緒に付いていくことになります。

となると、当然転校することになるわけですから、子供の精神面へのストレスは大変大きなものになりますね。せっかく仲良しな友人ができても、すぐに転校・・・これは子供にとって良い経験になることもあるかもしれませんが、やはり、難しい時期の子供にとっては辛いことになるでしょう。そして、そんな子供を支える親もまた、精神力が必要になることを覚悟しておきましょう。

寂しがりで甘えん坊の女性

 (692)
主婦のネットワークも転勤のたび変わるので、寂しがりな女性は転勤族との結婚は向かないといえるでしょう

専業主婦であった場合、家にいる時間は一人で、さらに子供がいなければ夫が帰宅するまで一人の時間を過ごすことになります。

もしパートなどで働いている場合はパート先で知り合いを作れるかもしれません。

しかし友達を作るのが苦手なひとであったら長い時間一人でいることになってしまうでしょう。

それは専業主婦のケースでもいえることで、近隣の主婦の人たちと友達になれないと1人でいることでしょう。

このように転勤が多いとずっとそばにいてくれる友達が作りづらく、毎回新しいコミュニティを作らなければなりません。

これをストレスに感じてしまう女性は転勤が多い人と結婚するのは向いていないといえます。

転勤族に向いている女性

専業主婦を希望している女性

 (702)

専業主婦になりたい女性に、狙い目の婚活男性、それは、転勤族です。

例えば、某婚活サイトには「転勤の可能性」という項目があり、転勤族の人は、ここが、「転勤の可能性はかなりある」といった表記がなされています。

通常なら、転勤の可能性が高いと、婚活市場では、避けられる傾向がありますが、専業主婦を希望する女性にとっては、隠れた狙い目と考えることができます。

転勤族は競争率は低いにもかかわらず、専業主婦になれる可能性は高い上、家族帯同での転勤なら、補助や手当もけっこう出ます。

gettyimages (106909)
Licensed by Getty Images

婚活サイトでは、結婚後は、専業主婦か共働きか、といった結婚観を、かなり細かく分類して、相手に開示しています。

例えば、専業主婦OKの男性でも、

・子どもが小さいうちは専業主婦でいて欲しい

・専業主婦でも共働きでも、そちらの意思を尊重します

といった区分があったりします。この2つは、けっこう違いますよね?

専業主婦になりたい女性は、最初から、専業主婦OKの男性が分かるため、婚活サイトの、こういう機能を利用するのも、いいんじゃないでしょうか。

誰とでも友達になれる女性

gettyimages (106911)
Licensed by Getty Images

やはり転勤族の男性と結婚するにあたって不安になることは転勤するたびに新しい友達を作らなくてはいけない交友関係についてでしょう。

もし子供もいるのであれば子供たちも同じ悩みを抱えているにちがいありません。

しかし、この問題にあたって友達を作るのがうまい女性、つまり社交的な女性にとっては転勤先の近隣の人と交流を深めたり、新しいコミュニティを作るのはさほど難しいことではないでしょう。

したがって、フレンドリーな女性は転勤族の男性と結婚することは向いているといえます。

転勤に強い職業

gettyimages (106912)
Licensed by Getty Images

転勤に強い職業としての代表例は看護師が挙げられます。

看護師という職は給料も高く、一旦結婚や出産などの理由で辞めたとしても求人募集が多く再就職しやすいとされています。

条件としては看護師免許がないと看護師の仕事ができないので1から勉強するとなるとそれなりの苦労は必要になってきます。

求人募集が多いという点では介護士も当てはまりますが、看護師と違う点は重労働をすることになる、給料が安いの2点です。

また看護師の他にも医療事務もおすすめできる職業です。

これにも資格が必要ですが、3~6ヶ月くらい勉強すれば試験に受かることができるされ、一生ものの資格になるので、女性からの人気は高いです。

転勤族と結婚するメリット

子供の将来の可能性が広がる

gettyimages (106914)
Licensed by Getty Images

 

転勤族の子供は、親が転勤するたびに自分が通っている学校を嫌でも転校しなければなりません。

今まで仲良くしていた友達との別れは決して簡単にできるわけではありませんし、新しく転校しに行く学校で新しい友達ができるかなという不安もあるので子供たちにとってはとても辛いこととなるでしょう。

しかし、転校を何回も繰り返していくうちに子供たちはある力を持つようになります。

それは環境に慣れ親しみやすくなる力です。

転校先の学校でも新しい友達を比較的に作れるようになっています。

これを上手く言い換えると、人との付き合い方が上手で社交的であるともいえるでしょう。

これは将来大人になったときに使えるメリットといえます。

つまり幾度の転勤を理由に転校を繰り返している子供は社交的なスキルを持ち、どんな場所にいったとしても臨機応変に対応して生活できる素晴らしい大人になれる可能性を持っているのです。

年収が高く経済的に安定している

gettyimages (106915)
Licensed by Getty Images

 

転勤が多い人の年収は一般的に高いとされています。

例をあげると、銀行員の年収は高いけれど転勤は早くて2年、遅くても6年の内に辞令が出されるそうです。

転勤先では社宅に入る、入らないの選択ができるそうですが、社宅は会社の福利厚生の一環の1つなので家賃は安いです。

転勤族は定住する期間が少なく新しい環境に慣れなければならない負担がある一方で収入は安定しているといえるでしょう。

転勤族はどのように婚活する?

街コンに参加する

gettyimages (106916)
Licensed by Getty Images

 

街コンとは一回ごとにある程度のお金を払えば一人でも参加できる全国各地で行われているパーティーのことを指します。

ここに来る人は一度に数百人から何千人までで、訪れる大規模な会になっており数多くの出会いを期待できます。

人も多いので自分の求めている条件に見合った人を探しやすいメリットがあるので、転勤族の男性にとってはもってこいの出会いの場でしょう。

職場の女性社員と恋愛する

gettyimages (106917)
Licensed by Getty Images

 

転勤が多いといつ辞令が分からないので友達の紹介などで女性と知り合ったとしてもデートをする回数がどうしても少なくなってしまったり、交際までいっても結婚しようとする前に辞令が出てしまって結婚できないなどの悩みが出てきてしまいます。

そこで職場の女性と恋愛をすることで仕事終わりにみんなで飲みにいったりだとか時間を上手く使えるようになり、その機会を使ってデートをしてみるなどの試みなどができるようになります。

同じ職場だと転勤が多いのを理解してくれる人も多いのでそういう点においても職場内恋愛は良いとされます。

年収を武器に結婚相談所で婚活する

 (751)
年収という武器があるため、結婚相談所でも魅力的な男性として見られることも多くなる可能性が高いです

結婚相談所を利用すると結婚の可能性が高まります。毎月それなりの出費をしていながら登録している人の本気度が高いことは想像に難くないでしょう。その金額を捻出すえるわけですから、今すぐ・どうしても結婚したい女性が登録してます。本気で結婚したい女性の方が、転勤というデメリットを受け入れやすいのがポイントですね。

ここで、結婚相談所を利用する場合に一点注意が必要になります。転勤先にある地元の結婚相談所ではなく、全国規模の結婚相談所を検討すべきです。地元の相談所の場合、婚活途中で転勤になってしまったらアウトですから。

転勤族のアナタが選ぶ、結婚相談所のポイント2つ
1.全国に支店がある結婚相談所
◆婚活途中で転勤になったとしても、転勤先の支店で婚活を継続できる

【要注意】
別の支店へ移転できない相談所もあるので、事前に確認する事!

2.自宅PCやスマホを使って、婚活できる結婚相談所
◆転勤先から支店が遠かったとしても、婚活を継続できる

転勤族におすすめな結婚相談所ランキング

1位 エン婚活エージェント

エン婚活エージェントほど、転勤族にとって、最適な結婚相談所はありません。

理由は4つあります。

①オンライン型だからエリアに縛られない

大手の結婚相談所でも全国の店舗数は30ほどで、更には別店舗の利用には追加料金がかかったり、 別のカウンセラーとなるため、初めましての0から信頼関係を構築することになります。

しかし、エン婚活エージェントであればオンライン完結型の結婚相談所なので、エリアに縛られることなく利用できます。

①圧倒的なコスパの良さ

結婚相談所で最もリスクが高いことは、初期費用の前払いです。

初めてみたら自分に合わなかった→しかし、最初に支払ってしまっていて辞めるのが勿体無い→辞めずに月額料金を支払続ける。

その点エン婚活エージェントでは、「初期費用が結婚相談所の1/12・年間費用が結婚相談所の1/2」なので、リスク回避できます。

②安心できる返金保証制度

「3ヶ月以内に出会えればければ返金保証」これはエン婚活エージェントの取り組みの1つで、特に婚活初心者から支持されています。

③結婚相談所ならではのサポート

さすがに高額なお金を払う結婚相談所には劣りますが、「お見合い申請」「会員の質」「婚活講座」など結婚相談所ならではのサポートを受けることができます!


エン婚活エージェント
エン婚活エージェント
  • アモーレ読者に多く支持されいる結婚相談所です。結婚相談所ならではのサポートもあり、コスパも良く婚活初心者には最も向いています。さらに、返金保証や退会の手続きもメール・電話だけで可能なの安心して利用できます。
公式サイトへanalytics

2位 パートナーエージェント

パートナーエージェントはいわゆる「ガチな結婚相談所」です。

全国に30店舗あるので転勤した先にある確率は高く、更に会員の1年以内の成婚率は93.2%。

しかし、その分料金も初期費用で10万円近くかかります。

結婚相談所としてはおすすめですが、そもそも転勤先にあるか分からないため、店舗型の結婚相談所は多少のリスクがあります。

パートナーエージェントでは資料請求ができるので、興味がある方は是非資料請求をしてみましょう!

(資料請求の郵便物にパートナーエージェントや結婚相談所の記載なしとできるのでバレるリスクはありません。)


パートナーエージェント札幌
パートナーエージェント
  • 全国に30店舗あり、会員の1年以内の成婚率は93.2%。
  • まずは、公式ページを見て資料請求をしてみましょう!
公式サイトへanalytics
[関連]  ハゲでは婚活は難しいのか|ハゲで婚活を成功させるコツ